2010年08月15日

戦国BASARA弐 第六話 「脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪拳!!」3

秀吉一人で天下取れそうですね。



要塞・富嶽の大砲って凄いです。妙に人徳がある元親がいいですね。彼を慕って協力を申し出てきた人たちを船に乗せないのがまた格好いいです。でも、肝心の富嶽のデザインが……

慶次は利家のところへ帰って来ていました。怪我をしているのに出ようとする利家がいいですね。五郎丸……
加賀には秀吉から出陣命令が出ていました。利家の出方を伺っているようですね。なかなか苦しい状況です。それでも利家とまつが慶次に自由にさせるのがいいです。

富嶽の十一尺巨砲が面白いです。荒唐無稽な強さですね。元就は冷静ですね。半兵衛の意図を察して時を待っていたようです。上手く元親が乗せられているような気がしますが、大丈夫なのでしょうか。
秀吉が単身海に出てきて……なんか無茶苦茶ですね。海の水がなくなってしまいましたし。十一尺巨砲も効きませんし。秀吉凄過ぎです。

陸に上げられた富嶽は四方を囲まれ、窮地に陥っていました。そこへ幸村がやってきました。寄り道ばかりしていたのでしょうね。
富嶽は陸も進みます。もう何でもアリですね。秀吉は単身富嶽に乗り込みます。秀吉は高圧的ですね。2人の戦いを見て幸村の心が揺れます。加勢したいのでしょうね。佐助の一軍の将という言葉が重いですね。
秀吉は元親を圧倒します。秀吉の言っていることはもっともなんですけど、元親としては従えませんね。元親は秀吉にボコボコにされてしまいました。

幸村は決断しました。元親に加勢するようです。幸村らしいですね。信茂が止めないのもいいですね。小勢で参戦した武田軍。最初から劣勢です。信茂が……
元親はまだ諦めていないようですね。最後に捨て身の反撃、そして富嶽は沈みます。短い見せ場でしたね。

政宗は秀吉が四国を落としたのを感じているようです。でも、余裕な感じです。秀吉さえ倒せばという考えのようですが、その秀吉が化け物なんですけど。


saga1986 at 18:04│Comments(0)TrackBack(0) あにめ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント