2010年09月05日

戦国BASARA弐 第九話 「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」4

筆頭とアニキは気が合い過ぎですね。凄く同類です。




政宗と元親が激突。でも、最初から仲間フラグですね。気が合いそうですもの。

伊達軍と長曾我部軍は家臣団もなんだか同系統ですね。筆頭とアニキの激突。長曾我部のアニキコールに伊達軍の筆頭コール。どう見ても同類です。元親の台詞が政宗に影響されて巻き舌になっているような気がするのですが、気のせいでしょうか。

小十郎のところには久秀がやって来ていました。彼は小十郎を利用するつもりなのでしょうか。久秀は刀語りを始めたのかと思いましたが、ちょっと方向性が違いますね。小十郎を痛めつけて政宗との戦いを有利に進めるようです。

政宗は六爪を抜きました。元親もまた本気になります。ようやく2人とその部下たちはお互いの正体に気付いたようですね。

元就は元保と共に富嶽のところにいました。富嶽改め日輪だそうです。元就はやはり豊臣と結んだままでいるつもりはないみたいです。日輪として再登場があるのでしょうか。また海が割れるの?

武蔵と幸村は稽古をしています。幸村が飛ばされています。ひょっとして武蔵ってそこそこ強いの? 考え事ばかりしているようではありますが……思ったことを口にしてしまうのが面白いですね。
政宗が六爪を使うと聞いて8本で練習するという武蔵ですけど、どうやって持つのでしょうか。政宗の話をして元気になった幸村でしたが、武蔵の反撃にあいます。石投げはまだしもトラップはやり過ぎですね。
そのとき義弘の下に敵襲の報が……

政宗と元親は轡を並べて進軍。信玄の同盟は断るのに、元親とは一緒に行くのですね。好敵手という話を聞いて幸村のことを思い出すのがいいです。彼も幸村が甘いということは感じているのですね。

豊臣軍に攻められた義弘の作戦はでっかり釣り野伏だそうです。豊臣の後詰には元就が控えています。釣ってもその後が怖いですね。
半兵衛は元就の意図もお見通しのようですね。日輪をさらに奪うって…。幸村のことも察知しているようです。なんか凄いですね。体の方はかなり危なそうです。

寝ている慶次のところにかすががやって来ます。謙信は慶次を応援しているみたいですね。そしてかすがは利家が出陣したことを伝えます。慶次のやったことが無駄になってしまいますね。夢吉がいなくなったのが気になりますね。

いよいよ決戦というところでもめる政宗と元親が面白いですね。お互いが最後のいいところを取ろうとしているのが。
政宗に久秀からの文が届きます。小十郎は無事なのでしょうか。


saga1986 at 17:28│Comments(0)TrackBack(1) あにめ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

ゆめきちが家出とか ( ´Д⊂ そして筆頭と帝王の遠恋はいつ終わるのー(´・ω・`)でも何だか片倉君からお手紙が届いて2人の恋(←)に展開がありそうです☆ ※片倉君=変態パンツ仮面のことです ・筆頭vs兄貴かっこよかったなあヽ(´▽`)/ ・00@映画のCM見る度にSEED....

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント