2011年06月08日

Steins;Gate #10 「相生のホメオスタシス」4

オカリンはいい人ですね。でも……




萌の消えた秋葉原。フェイリスのメールの威力は甚大です。再開発に関わってきたと言うだけはあります。街がまるごと変わっても彼女との関係はあまり変わらなさそうです。彼女との出会いをダルが説明するところが良かったですね。原作より分かりやすいです。

 まゆりとるかはコスプレの写真を見てスタイルの話をしています。貧乳は……とまゆりが言っても全然説得力がないですね。まるで女の子のような会話に倫太郎は……これは酷過ぎますね。ルカ子がかわいそう。このやってしまった感が辛いですね。

 拷問を受けたと倫太郎。実際は正座なのですけど。それを聞いて反応する鈴羽。彼女のリアクションが毎度ながら普通ではなくて面白いですね。サイクリングに誘ったのは倫太郎を慰めるためなのか、ある意味彼に慰められるためなのか。鈴羽の父親の話を聞いた倫太郎の行動がいいですね。彼は根が凄くいい人っぽいです。この前の紅莉栖のときとそっくりですね。

 鈴羽が心配な倫太郎は尾行するとか言っていますけど止められてしまいます。彼はまゆりと買出しに。子どものときの熱の話はそのままリーディングシュタイナーの発動ですね。あのときの世界線改変は何が原因なのでしょう? タイター?

 料理をする女子組がものすごく不安を煽る動きを見せているのですけど……紅莉栖の鍋の様子とか、まゆりが包丁振るう様子とか。フェイリスをダシに嘘をつかれて呼ばれたダルが少し可哀想です。

 未来ガジェットをいろいろいじくるところが面白かったです。アニメだとこういうものだというのが分かりやすくていいですね。
 
 ブレーカーが落ちた暗闇でデレる紅莉栖がいいですね。アニメの紅莉栖はこういう部分がよく描かれますね。そんな彼女に倫太郎も少し優しくてよかったです。

 結局、鈴羽は現れません。心配された料理は見た目はまとも?

 さよならとメールして消えた鈴羽。父親に会えなかったことを察した倫太郎は彼女を止めるためDメールを送ります。彼女のいる世界線へ。前夜のパーティーの様子が楽しそうでいいですね。そしてやはりアップルパイは不味かったようです。

 鈴羽の父はバレル・タイター。この名の意味するところは?


saga1986 at 06:45│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント