2011年09月14日

Steins;Gate #24 「終わりと始まりのプロローグ」4

これがシュタインズゲートの選択だよ。いい最終回でした。そして……



じっくりやったなあと思いました。原作に比べて落ち着いた感じでしたね。いい終わり方でしたし。

 アバンからOPへの入り方が面白いですね。EDへの入りがいい作品というのは多いですけど、OPの入りがいい作品というのは珍しいです。

 紅莉栖を助けに過去に戻る前の情景では、まゆりが倫太郎の手を取るシーンが良かったです。本当にまゆりはいい子ですね。でも、逆にそういう行動を取るということはまゆりには倫太郎に対する恋愛感情はないのでしょうか? 兄妹みたいなもの? ときどき姉っぽい感じもしましたけど。

 前回あれだけスルーしていたダルがだんだんと事実を受け入れていって、鈴羽に自分の嫁のことを聞こうとするのが面白いですね。

 過去に戻ってからは2度目の余裕からかテキパキこなしていくところが良かったです。そしてサイリウムセーバーの不具合。アクシデントに対してすぐに代案を立てられるのもいいですね。危険過ぎる賭けですけど。
 未来に戻るときに倫太郎が過去の自分の姿を確認して、心の中で呟いてから去るシーンが追加されているのが良かったです。

 ラボメンにピンバッチを配るところはやはりいいですね。

 そしてラストの再会シーン。紅莉栖の表情が良かったです。


saga1986 at 06:53│Comments(0)TrackBack(0) あにめ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント