2014年10月05日

ソードアート・オンライン供‖14話 「小さな一歩」3

 ファントム・バレット編もようやく決着です。次回まだ総集編がありますけど。



 2クール目はキャリバー編とマザーズ・ロザリオ編をやるみたいですね。


 新川に襲われる詩乃を助けに現れた和人。これからイケメンタイムかと思われましたが、あっさり反撃されていて驚きました。アスナを救ったときのようにはいかないものなのですね。新川君大分弱っちい感じなんですけど……
 結局、彼女を救ったのは彼女自身でした。作品的にもそれが正解なのでしょうね。思想的にも今度の展開的にも。一方的にキリトに救われた形になると、アスナとの泥沼の未来しかなさそうですし。

 いじめっ子たちと対峙する詩乃。いっぱいいっぱいでも頑張ってクールにしているところが、いかにもアニメ的ですが、よかったです。ここも彼女自身でどうにかしているシーンですね。彼女が立ち直る過程が描かれているのがいいです。

 和人が迎えに来て菊岡に会うところは、シノンというよりもキリトの今後で重要な感じですね。新川に面会に行くシノンは描かれそうにないですし、逃げている金本は後々出てきそうですしね。

 シノンをダイシー・カフェに誘う和人。なんだかナンパしているような雰囲気で詩乃が警戒しているのが面白いです。中で待ち構えていたのは明日奈と里香。これは修羅場かなと思わせておいていい話に無理矢理持って行こうとするのが面白いです。
 過去の詩乃の事件で救われた人もいる。よくそんな人たちを見つけて連れてきましたね。和人がそうするようにしたとはいえ、明日奈たちの能力がなかなかに侮れない感じです。
 新川の件、いじめっ子の件と自己解決してきた詩乃ですが、最後の最後でそうではない形でも過去を清算できたのが良かったですね。



saga1986 at 09:59│Comments(0)TrackBack(2) あにめ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アニメ ソードアート・オンラインII 第14話「小さな一歩」感想  [ くまっこの部屋 ]   2014年10月12日 18:00
「それはシノン、君が会うべき人に会っていない。聞くべき言葉を聞いていないと思った
※今回は不満が多いので、好きな人は閲覧をお薦めしません。 胸のコインが守ってくれた。リアルのキリトはあまり強くない。狂った新川に圧倒されちゃってますね。新川役:花江夏樹の熱演が素晴らしい。それでも起死回生の一撃…を食らわすどころか致命的な薬物食らってしまっ

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント