2019年11月10日

ソードアート・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第5話 開戦前夜

 大人ヴァージョンの幼アリス登場で、テンションあがりました。




 整合騎士の鎧姿のアリスは格好良くていいですけど、ツーベルク時代のあの姿もかわいくていいですね。


 今回、開戦前夜ということで、いろんなキャラの心情が描かれていて面白かったですね。でも、普通大戦物だと戦に臨む者としてのあれやこれやになるところですが、そこはSAO、恋愛というかそれ未満な心情描写でほぼ通して終わりました。人間臭くていいのですけど、よくよく考えると開戦前夜っぽいところが薄いですね。
 戦闘の前のいろんな状況から生まれる心情というのではなくて、まず誰彼は誰某が好きというのがありきでの表現と組立のような気がします。

 とはいえ、ロニエとティーゼが再登場したり、アリスがエプロンドレスな格好に変身したり、ファナティオが素顔で出てきたり、アリスとファナティオの微妙なやり取りがあったりと見どころも多いです。それにアリスが今回、戦うわけでもないの妙に格好良く描かれていましたしね。お話としては面白かったです。






saga1986 at 08:18│Comments(0) あにめ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント