2019年12月08日

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第9話 剣と拳

 ステイシア神降臨。





 アスナというよりはやっぱりステイシアという感じなんですよね。アニメ特有の顔一緒なのに正体分からないパターンのアレですよね。それだけにヴァサゴが「閃光」だと見破ったというのが凄いことなんだと思います。


 今回はシェータ回のはずだったんですけどね、やはり最後の最後でアスナが全部持っていっちゃいましたね。SAOは半分はアスナの物語だと思います。だからプログレッシブって重要。はやく続きを!

 シェータのあのわけわかんない感じが好きなんです。思った以上にアニメの彼女は良かったです。毎回、ダークテリトリー側の人間臭さ描きます的な描写がありますが、今回はシェータも込みなので、わざとらしさが幾分かというか、そこはいつも通りなんですけど、なんだかいい感じにまとまっている感じでした。

 ロニエがヴァサゴの存在を看破するところも良かったです。でもやはり実力がまだ……彼女のピンチに現れるステイシア。どう見ても視聴者からはアスナなんですけど、まだだれか分からなくて、アスナっぽいよというのが正解なのでしょうか。



saga1986 at 00:45│Comments(0) あにめ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント