名古屋市千種区の「桃巌寺」で、土地売却で得た収入の一部を住職が私的に使っていたとして、名古屋国税局が約1億5千万円分の給与の源泉徴収漏れを、宗教法人桃巌寺に指摘していたことが19日、関係者への取材で分かった。関係者によると、寺は土地を2013年に約2億円で売却。このうち約1億5千万円分は、住職と同居する女性が、宝飾品の購入などに使っていたとみられる