相続人が1人の場合には相続の問題はないが、相続人が複数いた場合には、相続分の算定が必要になります。
 民法は、遺言優先主義によっているところから、遺言で各相続人の相続分の指定(指定相続分)があれば、その指定された相続分を基準として遺産分割等を行うこととなりますが、遺言のない相続では法定相続分が基準となる。
 法定相続分については、よく理解されているところでありますが、民法の規定は次表のとおりである(民法900)。
 
区分 配偶者
(必ず相続)

(第一順位)
父母
(第二順位)
兄弟姉妹
(第三順位)
A B C D
Aのみ 全額
AとB 1/2 1/2
AとC 2/3 1/3
AとD 3/4 1/4
A〜C 1/2 1/2 ×
A〜D 1/2 1/2 × ×
Bのみ 全部
BとC 全部 ×
BとD 全部 ×
B〜D 全部 × ×
Cのみ 全部
CとD 全部 ×
Dのみ 全部
 法定相続分に関して、代襲相続がある場合の代襲相続人は、被代襲相続者の相続分をそのまま受け継ぐこととされており、この場合に代襲相続人が二人以上あるときは、その被代襲者の相続分を均分することとされている(民法901)。