佐川のブログ

佐川ピン芸人が思いついたことをかきます。 ちょっとアフィリエイトっつうやつをしてみます。

今年もあの季節がやってまいりました。
夏休みに小学生が作るゆうちょ銀行主催のアイディア貯金箱の展示会の季節!夏休みに提出して約半年後。全国から約5万点の作品が集まり絞りに絞られた約240点の作品が東京、大阪、愛知等全国6ヵ所のイオン(へんぴな場所にある)で2,3日間(たった)展示されるのです!

大阪を含むって書いてたけど今回の関西は京都のイオンでした。 でも去年も泉佐野くらいまで行かされたのでまあかかった時間と交通費はさほどかわりません。

しかし、そんな文句言いでめんどうくさがりの僕ですが、わざわざ一人で電車を2回乗り換えて1時間強かけて電車賃も1000円以上払って(親のピタパなので実質タダやけど1000円分の後ろめたさは感じてます)行くだけの価値があるんです!

2017-01-29-14-01-24

まあこんな感じで展示されていますね。
写真撮影を禁止されているのかって言うほど、おそろしいくらい誰も写真を撮っていませんでした。

例年R-1の一回戦のパークスホールの正面に置かれている参加者たちが記念撮影をするでっかいパネルの、第41回アイディア貯金箱コンクールバージョンもありましたが、ゆうちょのスタッフさんに頼む勇気がなかったので記念撮影はしていません。

正直、入選作品は足を運ばなくてもゆうちょのホームページでこうやって公開されているんですよ。
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/activity/csr/abt_act_csr_concours.html
でもやっぱり生で見ないと分からないこともあるもんですわ。 

足を運んでみると分かるのが、このためだけにわざわざへんぴなイオンに訪れるやつはまーーいないこと。ほとんどが買い物のついでに偶然見つけてよってきたファミリー。

なにより情けないのがそれを買い物ついでに見にきた大人が
「ほとんど親に手伝ってもらったんやろうな」
「どうせキットやろ?」

とか言うとんや!お前らなんのイキリやねん!小学生相手に何の張り合いしとんじゃ!ほんで、キットであろうが親に手伝ってもらったとかホンマにどうでもええんじゃ!マジでそれはどうでもいい!それも含めての小学生ならではのスピリッツを楽しむんじゃ!(スピリッツにするかエッセンスにするか5分悩んだ。)
それにこの会場には入選した子供が自分の作品を親と一緒に観にきてるかもしれない。(係りの人にいうたら記念品をもらえる仕組み)作った子がその場におるかも知れないという想像力の欠如。
ほんまに、俺の目からビーム出てたら焼き殺してましたよ。よかったな、俺の目からビームとか出んで。

話はそれましたが(貯金箱だけに!)一アイディア貯金箱コンクールファンとしての感想を書いていきます。
もし来年挑戦する小学生やその両親がみていたら参考になるかもね。(訂正:さっき「貯金箱だけに!」とか言いましたけど何もかかってなかったです!すいません!)



2017-01-29-13-32-19

うさぎ出版社って、この作品にうさぎは全く関係ないんですよ。でもね、多分この作った子がうさぎ好きなんでしょうね。関係ないけど、うさぎ出版社にしちゃう感じが可愛いです。


 2017-01-29-13-32-29
小4の女子感が爆発してる!タイトルとか全部。

2017-01-29-13-33-58
アイディア貯金箱と欽ちゃんの仮装大賞はなんか似た空気を感じる時がある。

2017-01-29-13-35-30

今は提出するからあれやけど実際に機能させるときはこれをはがすんやでってセロテープ!リアル!

2017-01-29-13-38-46
お手伝いをした分、お駄賃をもらうんじゃなくてそれを貯金箱にいれるというハイパーストイック! いのちを預かる分、やはりこもりは高額!

2017-01-29-13-40-41
これを選ぶ審査員のセンスがすごい。よくぞ選んでくれた!

 2017-01-29-13-42-06
このアイディア貯金箱コンクールは、既存のキャラクターを用いていたら入選できないようになっているはず。ピカチュウとか妖怪ウォッチとかは学校の時点で弾かれるはず。なのにここまでよくたどり着いたな!コロ先生!きっと、審査員の先生はこの漫画を知らなかったのでしょう!若者の俺でも映画の予告で知ってる程度やからね。こういう珍事件もマニアは唸る!

2017-01-29-13-42-27
 これがすごい。だってタイトルが「リアルなギラファノコギリクワガタ貯金箱」ですよ。タイトルに自ら、"リアルな"とつけてしまえるんです。でも名前負けしてないくらいにリアルでした。きっとこの少年はギラファノコギリクワガタが大好きなのでしょう。ずっと図鑑で見てるんです。きっと本人もリアルなギラファノコギリクワガタは見たことは無いでしょう。なのにあまりの情熱がゆえ、自ら作り上げてしまった。リアルなギラファノコギリクワガタを。
図鑑の中でしか生息していない、ギラファノコギリクワガタをリアルにしてしまった。
おい夏目君!探偵ナイトスクープに「僕が作ったリアルなギラファノコギリクワガタと本物のギラファノコギリクワガタと対決させたい」って送ったら採用してくれるぞきっと!それくらい君にはギラファノコギリクワガタへの熱意を感じる!

2017-01-29-13-44-38
「はがとれました(本当)」この、作品に直接マジックで書きこまれた一文。
どういう意味だろうか。でもきっとこうだと思います。実際の自分の歯が抜けたから、作品の自分の歯も一本抜いたんじゃないかと。それが「(本当)」の意味することだと思います。

2017-01-29-13-47-58
 これは単純に人気ありそう。

 2017-01-29-13-52-52
はいこれ!これがすごい!これね、5年生の部のマジック貯金箱っていうやつやったんですけど、この写真の角度じゃ分かりづらいんですけど、サイコロが浮いて見えるように設計されてるんですよ。ひときわ目を引く作品でした。他の見学者たちもかなり足を止めてました。そして何よりすごいのがこの袖!!!袖すごいわ!!!この袖があるんと無いんとでは全然印象が違う!袖はあった方がいいなと思いました。

2017-01-29-13-55-48
 小学校5年生にもなると、主催者に媚を売るようになるんです。

2017-01-29-13-56-41
 激シブ。アイアンダイナソー貯金箱やて。毎年高学年男子の作品はメタルメタルしたシブいやつが紛れ込んでるんですよ。

いやー、今年も面白かった。また来年も楽しみです。
へんぴな場所で2,3日しか開催されないので11月くらいになるとゆうちょのホームページで展覧会情報をこまめにチェックしないと見逃しちゃうんでそれが面倒ですね。次は大正のイオンとかならありがたい。あ、ほんで展示物の写真を載せたり作者の名前とか学校名のプレートも写り込んでますがコンクールの本部に問い合わせたところ載せてなんら問題ないとのことでした。丁寧な対応をしてくださりありがとうございました。

「うちではできないね。」そう判断を下されたのは、まだ出された麦茶に水滴が現れる前だった。
それは暑い夏のできごとだった。 萩本欽一は焦っていた。

視聴率100%男の名をほしいままにしていた彼が立ち上げた新たなプロジェクト、"第一回欽ちゃんの仮装大賞"は大成功を収めた。参加者である素人さん、会場のお客さん、審査員を務めたタレントや番組スタッフも全員が満足し、第二回の開催も年明けに決定されようとしていた。
しかし、彼はあまり嬉しそうじゃなかった。完璧に作り込んだはずの番組なのだが、収録を終え打ち上げの席についてもどこか腑に落ちなかった。何かが物足りなかった。そう思いながら過ごしていた打ち上げの席。彼のもどかしさを感じたのかプロデューサーが日本酒を注ぎにきた。「どうしたの欽ちゃん、今日の番組よかったじゃない。ほら、飲んで。あれ?お猪口が足りないな。すいません、お猪口ください。ぐい呑みで。」 
その時、彼の頭の中で合格音が鳴った。
「そうだよ、ぐい呑みだよ。」
ぐい呑みとは、通常のお猪口よりも一回り大きく作られている盃のことである。 通常のお猪口よりも、インパクトがある。これだ、足りなかったものは。番組に妥協は許さない彼も、今回は新企画ということで全てに頭を回すことは不可能と言ってもいい。拘ってなかったのだ。審査員の点数を表すランプを。もちろんテレビ番組である故、人に見せることを前提としている。市販の中で最も大きなものを買ってくるようにとスタッフに言付けただけだった。
 
彼が提案した仮装大賞の点数システムは10人の審査員が持ち点2点の20点満点で行う。つまり、1点が運命を大きく左右する。 それを表現するために審査席の前に二つの電球を配置させた。見えなかった糸口がだんだんと現れた。今思うとそんな大切な電球にしては小ぶりすぎるのではと。実生活で抱えた鬱憤を晴らすべく、合間を縫って作り込んだ仮装で闘う素人さん。その仮装と真摯に向き合い、バックボーンに惑わされず会場での反応を見て冷静に審査する審査員。二つの電球は双方の魂である。その魂の具現化にしては今回用意した電球はあまりにも小さすぎる。次の開催までに、もっと大きな電球を探しに行こう。彼はそう誓ったのだった。

もう、何軒の工場を回っただろうか。やはり、自分の考えはあまりにも非現実的なのだろうか。このままでは、年明けに放送予定の第二回までに思い通りの電球は手に入らないのではないか。
彼は再び電話帳を開き、片っ端から電球を取り扱っている工場に電話を掛けた。
「一番大きな電球はどのくらいでしょうか?」「できれば、もう少し大きなサイズを作ってもらいたいのですが。」 
しかし、それらの工場の担当者さんからは決まっていい返事が出なかった。「うちの大きさじゃだめかね?」「そんな大きい電球何に使うんだ」「小さくするのが企業努力なんだよ」厳しい言葉が浴びせられ、ほとんどは電話の時点で断られた。今みたいに実際に会って話を聞いてくれるところはまれである。
当たり前である。誰が何のために、もう一回りも二回りも大きな電球を作らなければならないのか。そして、厄介なことに彼自身もどの大きさがベストなのか、曖昧なままだった。
諦めかけていたその時、事務所の電話が鳴った。先ほど出向いた工場からだった。「うちの若い奴があんたのテレビが好きでさ。俺にやらせてくれって言ってるんだ。」

連絡があってから会議を始めるのにそう時間はかからなかった。
彼の名は、新居と言った。いくつかの大きさの発泡スチロールでできた球体を持ってきてくれた。「萩本さん、この中で理想の大きさはありますか?」できる男に恵まれた。「そうだね、これがいいね」頭の中を駆け巡っていた理想のサイズにドンピシャだった。「分かりました。それでは本日はこれで。」
わずか3分の間だった。これなら、確実にお正月明けの放送には間に合うだろう。

しかし、そこからが苦難の道のりだった。
未だかつて誰も足を踏み入れてこなかったサイズの電球。 
「色が暗い」「割れやすい」「熱くなりすぎる」「反応が悪い」「すぐに切れてしまう」
さまざまな 問題があった。
ガラスを大きくすることは大した問題ではない。しかし、それに見合う大きさのフィラメントを作らなければならない。

11月も半ば、そろそろ第二回欽ちゃんの仮装大賞の予選会の時期である。
気分転換でもと思い、萩本は何気なく新居を予選会場へ招待した。
今現在でこそスタイルが確立され、そのスタイルを守るか破るかのせめぎ合いであるが当時はまだ仮装と言ってもあやふやなもので、今の予選会よりも混沌としたものだった。
そんな無秩序な会場を目の当たりにした新居の顔には笑顔が現れていた。今までに作った電球の試作品は100個超えていた。そんな彼の疲れは束の間であるが吹き飛んだであろう。
全身タイツの男がバトミントンのラケットをお腹に押し当てていたその時である。突然新居は席を立ちあがった。「萩本さん、完成しました!フィラメントの問題が解決しました!」

一体何をヒントにしたのか分からないが、それから数日後萩本の手元には理想とする大きさの審査員用の電球が届けられたのである。
そんな二人の魂でもある二つの電球は、今現在も審査員席に存在している。
その電球を輝かすのはあなたかもしれない。

「佐川貸切公演 カーネル・イチダース」
10月6日(火)
会場:なんば白鯨
19:15開場19:30開演
入場料:1200円

お問い合わせ先
oogiriot@gmail.com

【詳細】
・新ネタを1ダースします。
・出るのはおそらく僕一人です。
・公演時間は1時間30分を予定してます。
・ネタ何本かやってその合間にVTRも入れようと思ってるのでその間にトイレとか行けます。
・僕もその時に行きます。
・ネタ1ダースって見るのしんどくない?と思うかも知れませんが、めっちゃ短いネタも数個入れれたらなーとか思ってます。
・だから安心!
・基本的に時間が短いネタがよくできるなのですがちょい長めのやつにも挑戦しよかなとも思います。
・笑っていただけるように頑張ります。
・僕は計画的なやつなので今からぼちぼち準備を始めます。
・夏休みの宿題とかも7月中に終わらすタイプでした。
・なんなら必死こいて終業式の日のうちに終わらせてました。
・配られた瞬間からやってました。
・だから安心してきてください!
・頑張ります!
・あ!言うとかなアカン感じのこと思い出しました。
・チケットは作りません。
・当日お支払いください。
・その予定です。
・とりあえず、早めに告知をさせていただいたのは手帳とかに記入していただきたかったからです。
・もし、当日僕に公式の仕事が入ったら申し訳ないです。
・今の段階で行こうかなっとなってくださったそこのあなた!
・当日、思ってるよりお客さん多いなぁってなるように頑張りますね。
・また続報とか載せていきます。
・久しぶりのブログの更新が告知ですみません!
・また何か思いつき次第書きますね!
・ブログの存在を忘れかけていますが、完全に忘れてるわけではございませんので!

このページのトップヘ