2012 3月11日

遅くなりました。3月11日のご報告です。

まずはじめに、全国から花を送ってくださったみなさん、準備をしてくれたボランティアのみなさん、
当日、足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。おかげさまでこの日、3月11日に
たくさんの花で供養することができました。



一週間前から、週末の天気予報は雪、または雨。
前日、朝から土曜日は、みぞれまじりの雪でした。
IMG_3914

前日から設営、準備のボランティアで参加してもらったNPO法人動真館の
みなさんFKPのみなさんと共に、現場準備、花束作成と二手に分かれての作業でした。

みんな、寒い中、カッパを着ての作業。


IMG_3916

IMG_3919



今回、主催の団体、千日紅の会の代表、小島さんのお宅では、次々と届けられた
花を仕分け、久之浜で犠牲になった63名分の花束を作成中。
IMG_3920


IMG_3926
当日来ていただいた皆さんに、花を手向けてもらうための花束も約500束
作成しました。千日紅のメンバーを中心に女性メンバーでどんどん、素敵な
花束が作られ、

IMG_3949


IMG_3955
トラックで海岸まで運ぶ作業が雪、雨の中、朝からずーっと続きました。

IMG_3918
届いた花は社務所いっぱいに。

IMG_3953
当日、遠くは石川県、神奈川県から花を届けるために来てくださった方がいました。
みなさんのお気持ち、感謝です。



一方、会場予定地では整地、ゴミ拾いなどを結のメンバーが中心となり
行いました。


11日当日は、みんなの願いが届いたのか、晴天でした。
前日から結のメンバー、千日紅、動真館さん、FKPのみなさん
の他に、久之浜ボランティアの常連さん、関係者一同が自然に集まり、
50名以上のお手伝いの元、着々と準備が進められました。



ここが、
IMG_4259


こんな風に、
IMG_3966

ここが、
IMG_4270

こんな風に
057


IMG_3963

IMG_4063


060
広島からの平和の火も灯り、

IMG_3977

IMG_3962

IMG_3964

IMG_4122

当日も、会場に直接、宅急便が(笑) 花がどんどん届けられました。
和歌山で花を集め、車で直接届けてくれたボランティア仲間もいました!



IMG_3967
開場10時前のボランティアのみなさんの前で、千日紅の代表、小島さん
からのご挨拶。

IMG_3970
当日の天気、告知の数、実際どれだけの人が自分達の活動を知って、この催しを
知って、寒空の下集まってもらえるのか、唯一の心配の種でしたが、




IMG_4131

次々と、地元の人達が、前日みんなで作った花束を手に取り、
IMG_4130

海沿いの献花台へ、
IMG_3972
時間とともに、
IMG_3971


IMG_4059

たくさんの人で献花台周りはいっぱいに。
IMG_4010

IMG_4055

IMG_4081

IMG_4109
献花台はあっという間に、花で埋め尽くされ、

IMG_3994
安堵感に包まれました。



IMG_3983
花は献花台だけにとどまらず、

IMG_4167
次々と海へたむけられました。

IMG_4137


IMG_4075


IMG_4068


千日紅のメンバー、当日も右に左に、寒さに負けず、輝いてました。

IMG_4091

IMG_4078

IMG_4126

幼稚園の子供たちが書いてくれた風車メッセージ。
IMG_4083

IMG_4084

IMG_4085

IMG_4088
当日、来てくださった皆さんにも書いてもらいました。

IMG_4086
埼玉からの贈り物。

IMG_4087
花を送ってくださったみなさん、全員の名前も。


2時46分、その時間に合わせるように、
IMG_4165

人は海沿いに集まり、
IMG_4161

千日紅の会の呼びかけで集まったみんなは手に手を取り、
IMG_4159

IMG_4156


IMG_4145
結のメンバーも、

IMG_4153
ボランティアの人達も、地元の人達も、県外からの人達も、

IMG_4155
一緒に黙とうし、花をたむけました。







IMG_4197
夏の奉奠祭にも演奏して頂いた、一打の会の太鼓演奏も。

IMG_4185
FKPのメンバー。今回も多いに助けられました。

飾った花は、
IMG_4231
来ていただいた皆さんに持って帰ってもらい、
同じく津波被害の大きかったいわき市薄磯地区など、他の地区にも
届けられました。




今回の花供養、地元のお母さんたちを中心に、若い人、お年寄り、
いわき市内外からの人、花を送ってくださった皆さん、
今まで久之浜と関わった、縁ができたたくさんの人達のおかげ様で
大きくはないけど、心温まる供養ができました。

ありがとうございました。最幸です。

IMG_3992

これからも、今まで出会ったたくさんの人達、これから出会うたくさんの人達、
久之浜の人達、いわきの、福島の、全国のみんなの気持ちを繋ぎながら、
縁を感じて生きていきたいと思います。




金成 清次  (金造)