2013年06月

2013年06月18日

解体現場で入手したカード情報使い、映画券詐取

他人のクレジットカード情報を使い、インターネットで映画のチケットを購入したとして、兵庫県警は17日、同県姫路市の会社員を電子計算機使用詐欺容疑で逮捕した。
容疑者は、2005年に解体作業で訪れた衣料品店の工事現場から、約800人分のカード番号などが記載された伝票を入手したと供述しているという。

発表によると、容疑者は昨年7〜8月、他人のカード情報を悪用し、ネットサイトで映画チケット4枚(計1万7600円相当)をだまし取った疑い。容疑を認めている。
2005〜12年にネットサイトで少なくとも61人分のカード情報を使い、パソコン関連機器や書籍、DVDなどを計約1500回(約640万円)購入していたとみられ、県警は裏付け捜査を進めている。

読売新聞 2013年6月18日

sagihanzai at 21:01|Permalink 詐欺 

2013年06月11日

宅配便悪用のオレオレ詐欺 容疑の韓国籍の男を再逮捕

全国の十数人から計約2億円の現金を小包で送らせていたオレオレ詐欺グループが逮捕された事件で、大阪、兵庫、島根の3府県警の合同捜査本部は11日、女性から約1800万円をだまし取ったとする詐欺容疑で、大阪市生野区の男=韓国籍=を再逮捕した。
再逮捕容疑は4月上旬、兵庫県内の60代女性宅に息子をかたって電話をかけ、「友人に借金があるので何とか用立ててほしい」と嘘を言い、2回にわたって生野区のビルの一室に宅配便で現金を送らせたとしている。

産経新聞 2013年6月11日

sagihanzai at 21:26|Permalink 詐欺 

2013年06月06日

特殊詐欺−宅配便や郵送で「送れ」急増 前年比50倍に

社債や未公開株の購入などを持ちかけて現金をだまし取る特殊詐欺事件で、宅配便や郵送で現金を送らせる手口が、2012年は前年の18件から50倍近い815件に激増したことが、警察庁への取材で分かった。今年に入っても4月末現在、505件(暫定値)と増加傾向が続いている。金融機関は振り込め詐欺対策として、口座開設の条件を厳格化しており、一連の動きは詐欺グループが被害者と直接やり取りする手口に移行している実態をうかがわせている。

奈良県警によると、同県の70代男性の自宅に今年1〜4月、「過去に購入した社債の配当を再開するので、手続き料を送ってほしい」との電話があり、品名に「書類」と記したシールを貼ったレターパックが送られて来たので、男性は現金を入れ返送したという。被害金額は11回で計約3000万円に上った。

また、同県の60代女性は4月、電話で架空会社の社債購入を勧められ、「現金を新聞紙で包み、品名を『本・書籍』と書いて宅配便で送って」との指示に従い、500万円をだまし取られたという。

毎日新聞 2013年6月6日

sagihanzai at 21:08|Permalink 詐欺 

2013年06月04日

最悪水準2カ月続く=振り込め詐欺被害―関西で急増、「非常に深刻」・警察庁

全国の警察が認知した振り込め詐欺の被害額が3月と4月に20億円を超えたことが3日、警察庁のまとめで分かった。最悪期と同じ水準が続いた上、関西地方などで急増しており、同庁は「非常に深刻だ。犯人検挙と被害防止に一層力を入れる」と警戒している。

振り込め詐欺は2004年から5年連続で250億円超の被害が出た。官民を挙げた対策強化で09年に95億円余りまで減ったが、翌年から増加。12年10月に、月額で最悪期と同じ水準の21億円を4年ぶりに超えた。21億円を超えたのは今年4月までの7カ月間で4回に上る。

今年1〜4月の被害総額は約71億7226万円で、昨年同期より85%増加。息子や警察官を装う「おれおれ」詐欺が7割を占める。「小切手や大金を入れたかばんを無くした。急いで立て替えなければ会社を首になる」「もうけ話で会社の金を使い込んだ」といった口実で、複数の人物が電話してくる「劇場型」の手口が多いという。 

時事通信 2013年6月3日

sagihanzai at 20:54|Permalink 詐欺 

2013年06月03日

宝石詐欺4000万円被害 滋賀

滋賀県警米原署は3日、同県米原市の無職男性(64)が、宝石売買名目で4000万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。「宝石を買うともらえるポイントを高額で買い取る」とうそを言い、購入を何度も勧める手口で、県警が詐欺事件として調べている。

同署によると、昨年12月上旬、男性の自宅に突然、宝石のパンフレットが届き、同月中旬に宝石会社の社員を名乗る男が電話で「宝石の購入で貯めたポイントは、(宝石を)買った値段の数倍で換金できる」などと説明。その後、男性がこの男に紹介された会社経営者を名乗る男に電話をしたところ、「換金率を上げるため、一緒に1万ポイント貯めてくれたら返金する」と誘われたという。

男性は昨年12月下旬から今年1月下旬まで4回に分けて、ダイヤのネックレスなど宝石計8点を購入。自宅を訪れた男に4回に分け、計4000万円を手渡した。県警によると、これらの宝石の実際の価値は計300万円程度だったという。

今年2月、市内の金融機関で現金1000万円を引き出そうとした男性を職員が不審に思い、声をかけて発覚した。

毎日新聞 2013年6月3日

sagihanzai at 21:33|Permalink 詐欺 
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: