2013年11月

2013年11月11日

生活保護費着服、河内長野市の元職員を起訴

大阪府河内長野市の生活保護費の不正支出事件で、大阪地検堺支部は11日、市まちづくり推進室の元主査(43)=懲戒免職=を業務上横領罪で大阪地裁堺支部に起訴した。捜査関係者によると着服を認めているという。

起訴状によると、被告は2010年5月18日〜11月2日の計11回、業務で保管していた生活保護費約419万円を市役所内の現金自動受払機(ATM)から引き出したとされる。

市の調査では、被告は領収書を偽造するなどの手口で、09年1月〜11年3月の間に約2億6600万円を不正に引き出したとされる。

毎日新聞 2013年11月11日

sagihanzai at 20:57|Permalink 詐欺 
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: