2006年06月09日

ネット詐欺、落札者がキャンセル、偽メールに注意

インターネットオークションで次点以下となった参加者に対し、出品者を装って「落札者がキャンセルした」などとうそのメールを送って架空の取引を持ちかけ、現金をだましとる次点落札詐欺の被害が新潟県内で相次いでいる。

次点落札詐欺は出品者になりすまし、「落札者が事情で商品を購入できなくなった。代わりに、入札した金額でよいので取引したい」などとするメールを送り、現金をだまし取る手口。本来の落札価格より安価の金額で購入できると思わせるため、被害が相次ぐという。

この詐欺の被害に遭っても、オークション上で正式に成立した取引ではないため、プロバイダーなどによる補償の対象にはならない。
(毎日新聞) 6月9日

sagihanzai at 21:28│ ネット詐欺 
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: