2008年06月13日

経産省名乗り不審電話、悪質商法の被害者に金要求

経済産業省と関係があるかのように装って、悪質商法の被害者に電話をかけ金をだまし取る事件が相次いでいるため、同省は注意を呼びかけている。

不審な電話を受けたのは、いずれも2006年に業務停止命令を受けた電話勧誘販売業者と教材販売会社の被害者。「『被害者の会』が裁判をして和解したので金が返ってくる。手続きのために100万円を支払ってほしい」とウソをついたり、「経済産業振興会」「中央経済産業局」などと名乗って「契約をやめるには手数料がかかる」と持ちかけたりする手口で、06年度以降10人が計約1560万円をだまし取られたという。

6月12日 読売新聞

sagihanzai at 06:28│ 詐欺 
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: