2008年08月02日

マンション建設費詐欺、大阪

マンション建設工事を発注したと偽り土地の所有者から代金約2000万円をだまし取ったとして、堺署は31日、詐欺容疑で、大阪市のマージャン店員を逮捕した。余罪があるとみられ、被害総額は約9000万円にのぼるという。被害者の1人がインターネットに容疑者の実名を書き込んだことが逮捕のきっかけとなった。
容疑者は調べに一部容疑を否認しているという。

調べでは、容疑者は不動産会社を実質経営していた平成17年、マンション建設地の所有者の男性会社員に、「建設会社にマンション工事を発注しているから2000万円を振り込んで」と偽り、約2000万円を詐取した疑い。この男性は別に約5500万円をだまし取られているとみられるという。

7月31日 産経新聞

sagihanzai at 00:14│ 詐欺 
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: