2008年10月15日

MSの実在担当者をかたる偽メールが出現

米Microsoftの月例セキュリティ情報が公開される直前のタイミングを狙い、同社のセキュリティ担当者の名をかたって偽の脆弱性修正プログラムをばらまこうとするスパムメールが見つかった。Microsoftも10月13日のブログで注意を呼び掛けている。

Microsoftは会社のポリシーとして、セキュリティ情報の通知メールにファイルを添付することは決してないと強調。しかも、通知メールはHTML形式ではなくテキスト形式のみを使っているという。もしもMicrosoftからのセキュリティ情報と称する添付ファイル付きのメールが届いたら、間違いなく詐欺メールなので削除するよう促している。


10月14日 ITmediaエンタープライズ

sagihanzai at 06:19│ ネット詐欺 
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: