2011年11月03日

マンション管理会社の元契約社員、7千万円詐取

東京都港区のマンション管理組合から現金7000万円をだまし取ったとして、警視庁は2日、東証1部上場のマンション管理会社(本店・台東区)の元契約社員の容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

発表によると、容疑者は2010年4月、同組合の理事長に「口座を増やす必要がある」と言って組合用の銀行口座を新設し、10月にかけて計2回、修繕積立金計7000万円を新規口座に移し、だまし取った疑い。容疑を認めているという。同社はこの組合と管理委託契約を結んでおり、容疑者はこのマンションの管理を担当していた。

容疑者はこれ以外にも、都内などの七つのマンション管理組合から同様に計約5億5000万円を詐取した疑いがあり、同庁で余罪を調べている。


読売新聞 11月2日


sagihanzai at 09:15│ 詐欺 
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: