2015年09月20日

「FX投資金」50億円が消失=会社代表ら、運用実態なし―名古屋地検

外国為替証拠金取引(FX取引)への投資名目で100億円以上が集金され、一部が私的に使われたとされる脱税事件で逮捕された会社代表の容疑者(47)らが、投資金を運用した実態がないことが18日、名古屋地検特捜部への取材で分かった。

同容疑者らの手元には10億円弱しか残っておらず、約50億円が消失。特捜部は今後、詐欺容疑で捜査を進める。

特捜部によると、容疑者らは2010年以降、投資セミナーを開いて約3000人から110億円超を集めた。このうち約50億円は解約した会員への返金に充て、約10億円は預金や現金で保管していたが、残りが使途不明となっている。

セミナーでは「FX取引で実績のある会社に運用を任せる」と説明。他の投資家を勧誘した会員に紹介料を支払う手法で会員数を増やし、インターネットの会員向けサイトには虚偽の運用実績を掲載していた。 

時事通信 2015年9月18日

sagihanzai at 13:43│ 詐欺 
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: