2008年01月21日

超薄型PCで売り込むアップル


mac_book
吹奏楽の恩師が気にしていた、通称:マックブック・エアー。
恩師は林檎教徒なので、メインマシンもサブマシンも林檎なのだそうです。 なにせ楽譜の管理から編曲まで林檎で行っているそうですから。 

そんな恩師の一言。
「あんなに薄くて、周辺機器は使えるのか?」


調べてみましたら・・・
こりゃ使えない。
いえ、無線でネットワークを組む人や、無線でストレージをする人ならば問題無いと思います。 あくまでも端末として使うのであれば、薄くて使い勝手が良いかもしれません。

ですが・・・オーディオ用の端子のほかは

 USB 2.0ポート×1基

と言うことですから、USB接続機器は一つしか繋げられないという事です。 最近は無線LANで接続できるプリンターなども増えましたから問題ないかもしれませんが・・・
カメラで撮影したものはどうするのでしょうか?
カードリーダーが別途必要になるのでしょうか?
或いは、USB接続で転送でしょうか?

日本人のニーズに対して、少しだけずれているような。
別な見方をすれば、少しだけ時代の先を逝ってしまっているのかも?

*Apple関連* - livedoor Blog 共通テーマ




名無@鷺宮住人saginomia at 21:21│コメント(0)トラックバック(0)PC関連2008 │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

ituene