ブックレビュー

2009年05月27日

グイン・サーガよ永遠に・・・


ある程度予想していたニュースが入った。
作家の栗本薫がこの世を去った。
未完の大作を残して。

YOMIURI ONLINE(読売新聞)
“マルチ作家”栗本薫さん死去、
「中島梓」の名でも活躍

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20090527-OYT1T00389.htm?from=nwla

続きを読む

名無@鷺宮住人saginomia at 22:22│コメント(0)トラックバック(0)

2008年10月30日

田中芳樹先生のサイン会


20081030sainkai続きを読む

名無@鷺宮住人saginomia at 20:30│コメント(0)トラックバック(0)

2008年10月15日

先日、アルスラーン戦記13巻を読破した。
意外な展開。
予告された主要メンバーの退場。
自称宮廷画家による今後の展開への布石。

どれをとっても、

はよ14巻出せや〜〜!!

と叫びたくなる内容。
つか、女神官の活躍が全くなかったのですが・・・続きを読む

名無@鷺宮住人saginomia at 23:45│コメント(1)トラックバック(0)

2008年02月28日

Spice and Wolf
中世ヨーロッパ風ファンタジー


最近はファンタジー小説が漫画専門店にも普通に置いてあったりしますが、なにせ「萌え」要素タップリの表紙で、手に出して読むにはためらわれる感じでスルーしておりますが、狼と香辛料も、私の中ではスルーリストに加わっている作品のひつとでした。

それが1月からローカル放送局の深夜枠でアニメ放映されていたので、試しに2話見てみました。 1話目は明らかにツカミ重視の内容でして、私の感想としては

そないなもんに騙されへんで〜!


と構えていましたが、2話目を見て評価を変えました。 その時点では脚本が良いのか、もともとの原作が良いのか判断が付きませんでしたが、メインキャラのロレンスとホロのやり取りの妙というか、駆け引きが面白いのです。

ということで、物は試しと、原作の1巻を買って読んでみました。

続きを読む

名無@鷺宮住人saginomia at 22:22│コメント(0)トラックバック(0)

2007年12月14日

田中芳樹先生の最新作
suiyowbi堪能しますた♪

水曜日ではなく水妖日なのは、毎回ゲスト出演する妖怪と言うかモンスターにちなんだ当て字ですが、今回は水に絡んだ妖怪ですね。

ともあれ、アニメかおめでとうございます。 いまなら1クールで収まりそうな巻数かもしれませんね。
続きを読む

名無@鷺宮住人saginomia at 12:41│コメント(0)トラックバック(0)

2007年06月20日

軽井沢にある要塞別荘は折口氏の砦


とある作家秘書の日常

というBlogがあるのですが、そこの日記を読んでみたところ、コムスンで話題の人物の別荘についてネタを披露されていました。 そのネタって「霧の訪問者」にでてくる別荘では? と本を手に取り、パラパラっと数ペーいめくってみると該当箇所を発見。 あの要塞別荘は折口氏の別荘だったのか〜〜〜・・・

続きを読む

名無@鷺宮住人saginomia at 07:00│コメント(0)トラックバック(0)

2007年05月24日

あおぞらの星−夜回り先生と考える:水谷修


今日の新聞広告欄で見つけた水谷修氏の最新刊。
今年は既に1冊発刊していて、サイン会もあったのですが。
早い・・・
先日TBSのニュース番組に出演してましたね。
あおぞらの星−夜回り先生と考える9784535585072

ISBN:9784535585072
著者:水谷 修
185p 19cm(B6)
日本評論社 (2007-05-25出版)
価格:1,470
(税込/本体価:1,400)


続きを読む

名無@鷺宮住人saginomia at 07:00│コメント(0)トラックバック(0)

2007年04月20日

会社に到着して、ハタ!っと気づく・・・
( ̄∇ ̄lll)

今日は水谷修氏のサイン会だ〜!!


肝心のサインを頂く書籍を鞄に入れ忘れました。
書籍にはサイン会の整理券がはさんであります。
自宅まで帰路だと・・・45分。
会社の定時は18時。
サイン会は19時開始。
自宅からサイン会会場まで30分。

グハァ!(吐血)

何のために、整理券を受け取りに昼休みを潰したのか。
(丸の内と新宿を往復したら昼休みつぶれましたw)
お昼抜きで空腹のまま仕事をしたのか・・・
(自転車で往復するから食べる時間なし)

悔やんでも仕方が無いので、体力勝負です!


名無@鷺宮住人saginomia at 20:00│コメント(0)トラックバック(0)

2007年03月29日

涼宮ハルヒの驚愕は6月1日発売予定


発売中の特大ポップと発売予告を見て愕然。
買うために探し回ったら、平台に残り2冊。
カウンターに持っていくと店員さんが「残り1」とか確認しているし。
店を出ようと振り返ると完売しているしw
涼宮ハルヒの分裂ともあれ無事にゲット♪
1〜8巻を昨年の11月の入院中に読破してしまったので、それ以来は思い出したように反芻読書をすることもあるほど。 このシリーズは面白い。 特にオチにいたった時に
「あれ!?」とか
「そうだっけ?」など
ちょっと待てよと読み返させる内容にはやられまくる。 というのも小学生時代から読書をしているためか、文章を流し読みして理解していない時がある。 そんなこともあり、読む速度は比較的早くても身になっていないのがネックだったりする。
さてそんなハルヒシリーズの新刊を手にしてしまった私は、早速帰宅して読みふけるのだが・・・
続きを読む

名無@鷺宮住人saginomia at 20:45│コメント(0)トラックバック(0)

2007年03月06日

ウソ読みで引ける難読語辞典


「灰汁」と書いてなんと読む? 答えは「あく」 
「無花果」と書いてなんと読む? 答えは「いちぢく」

結構ありますよね、適当に読み流している難解な漢字とその読み。 私も読書が好きではありますが、稀に読み方の判らない漢字に当たります。 通常は何とか適当にごまかして読んでいるのですが、どうにも自分の知っていそうな言葉なのに読み方が判らない時は、身をよじらんばかりにもがき苦しみます、精神的にw

そんな時に出会った1冊の書籍が・・・
続きを読む

名無@鷺宮住人saginomia at 23:46│コメント(0)トラックバック(0)

ituene