ソース:UnariunWisdom.com
Tao-Te-Ching-main-4-postby A. Sutherland


タオ・テ・チン

Tao Te Ching
yo
by  A. Sutherland
(自動翻訳)

タオ・テ・チン Tao Te Ching
by  A.サザーランド

t2

オールドマスターとして知られる老子(ラオ・ツ Laozi or Lao-tze)は、古代中国の哲学者、全能の賢者、道教の創始者、道教の最も重要な本の1つであり、宗教と哲学の両方に関連した本、道徳経(Daodejing)の著者でした。

タオ・テ・チン Tao Te Chingは、伝統的に紀元前6世紀に作られた中国の古典的なテキストです。詩人、画家、書道家、庭師など、多くの芸術家にインスピレーションを与えた、これは インスピレーションの源泉のワークブックです。

この伝説的な人物の生涯は、通常、紀元前6世紀に遡ります。つまり、老子(ラオ・ツ)は孔子と同時代だったということです。ある伝説では、彼は孔子の古い同時代人であり、孔子がラオ・ツの不思議な存在をドラゴンの存在に例えたと考えられています。

道教徒に与えられたラオ・ツの最大の遺産は、不滅の知識、不滅の実際的な達成への道です。民間信仰では、彼は呪文の使い手、鍛冶屋、宝石商、グラインダー、職人の守護聖人と考えられています。

間違いなく、ラオ・ツは中国文化の中心人物であり、多くの伝説がこの驚くべき人格に関連しています。道教の創造とともに、ラオ・ツは宇宙的で神聖な存在と見なされました。
t3

ラオ・ツについての伝説はずっと後に登場しました
Legends About Lao Tzu Appeared Much Later


伝説は、遠い過去からのこの驚くべき非常に神秘的な人物の姿を描いています。デビッド・ハッチャー・チルドレス( David Hatcher Childress) は、彼の魅力的な本「中国、中央アジア、インドの失われた都市 “Lost Cities of China, Central Asia and India”」で、「偉大な中国の哲学者ラオ・ツは、孔子が書いたように、しばしば「古代人」について書いたと書いています。」
t4
ラオ・ツは、「古代人」について引用しています、
「彼らは賢く、知識が豊富で、神のような人間であり、力強く、善良で、愛情深く、すべてを知っていました…。非常に長い人生の終わりにようやく彼が中国を去ったとき、彼は西に、「古代の人“Ancient Ones”」、グレート・ホワイト・ブラザーフッドの本部だったかもしれない伝説の土地、Hsi Wang Muに旅しました...」

他の伝説によれば、ヒマラヤを旅したラオ・ツ(彼の死後のいくつかのバージョン)はインドに来て、ゴータマ・ブッダ(または彼の父親)の教師になったということです。しかし、そのような見解は仏教徒によって支持されておらず、彼らの歴史的記録には仏教の教師としてのラオ・ツを指し示す証拠も手がかりさえありません。
t5
漢王朝(紀元前206年-紀元前220年)の間、老子は神格と見なされるようになりました。それ以来、彼は適切なエクササイズのおかげで超人的な力を達成した不滅の人物として描かれてきました。
t6

ラオ・ツの生活
Life Of Lao Tzu


彼について私たちが持っているすべての情報は決定的ではないので、彼の存在は、初期の中国の歴史の霧の中にあります。彼の物語の1つのバージョンでは、彼は流れ星によって、または母親によって飲み込まれた5色の真珠に集められた太陽エネルギーから妊娠した後、チュ王国で604年9月14日に生まれました。彼女の子宮で62年を過ごした後、彼は最終的に哲学的な宣言をし始めた銀髪の賢者として現れました。

別の話では、彼は紀元前571年にクーシエンに住んでいる文化人の家族に生まれました。彼は帝国のアーカイブの管理者になり、この職業は彼の哲学的なアイデアを開発するために多くの時間を費やすことを可能にしました。
t7

ラオ・ツは中国を去ることを決めた
Lao Tzu Decided To Leave China


ラオ・ツは、晩年の半ばに社会に深く失望し、去ることを決めました。彼は水牛にまたがり、西に向かってチベットに向かい、そこで孤独に暮らしました。彼が中国の国境ポストの1つから中国を去ろうとしたとき、ゲートキーパーは彼を説得しようと試みました、彼の老年を隠者として過ごさずに、どうか人々のところへ戻ってくれるように彼に頼んだのでした。ラオ・ツはそれを拒否しました。

その後、ゲートキーパーは、文明を放棄する前に少なくとも彼の考えを書き留めるよう説得し、ラオ・ツはそれをすることに同意しました。
t8
3日後、彼は元々中国語で書かれた美徳と道についての81の詩を含む小さな本、Tao Te Chingを持って門番の元へ戻りました。テキスト全体には 5227~ 5722の漢字が含まれています。これによって、ラオ・ツの知恵は失われませんでした。

それから、賢者は門を越えて自由に通過できました。彼は未知の運命に進み、彼の消息は二度と聞かれることはありませんでした。他の情報筋によると、オールドマスターは中国をまったく離れておらず、彼の墓は彼の故郷の村にあり、現在はルイと呼ばれ、母親もそこに埋葬されています。

彼の死の正確な時間と場所は不明のままです。
t9

ラオス・ツは説教者ではなかった


ラオ・ツは誰にも説教せず、彼は生涯に信者を集めませんでした。彼は80年以上の長い人生のほぼすべてを静かに控えめに生き、最終的には社会に背を向けて、平和と熟考のシンプルな生活を送りました。

彼は名声を避け、孤立して住んでいました。彼は謙虚で、優しく、名誉や富には興味がありませんでした。

中国の哲学者であるラオス・ツの全体像は、象徴性に満ちています。道教の伝説では、ラオス・ツは知恵と瞑想的な始まりの具現化を表しています。
t10
道教徒に尊敬されている老子の記憶に残る場所があります。たとえば、テラスルーカンは、道教の起源である最も古いカルト複合施設です。道教のもう一つの神聖な場所は、道に古代の寺院があり、斜面にある老山です。ラオス・ツの有名な記念碑は、中国のフシャムにあります。

彼が途中で出会ったすべての人に、賢者はまったく同じことを言いました。彼は自然法を法よりも上に置きました。彼は、ルールや制限のないシンプルで平和な生活を好みました。
t11

タオ・テ・チン Tao Te Chingについて


Tao Te Chingは、約2,500年前に仏がインドで法を詳しく説明し、ピタゴラスがギリシャで教えたのとほぼ同時に中国で書かれました。 Tao Te Chingは、おそらく史上最も影響力のある中国の本です。 81の章は、他の中国語の文書よりも多く英語に翻訳されています。

Tao Te Chingは、中国思想の重要な柱である道教の哲学派の基礎を提供します。道教は、すべての事物の根源に一つの未分割の真実があることを教えています。それは文字通り次を意味します:
t12
タオテチンの詩は古代中国語で書かれていますが、これは英語とは大きく異なります。

抽象化と論理は古代中国の言語の特徴的なマークではないため、英語ほど厳格ではなく、形式的または文法的な構造はほとんどありません。古典的な中国語の単語は、単一の具体的なアイデアを表すものではありませんが、異なるアイデアや物事の連想を呼び起こします。かなり少数の中国語の単語を、名詞、形容詞、動詞として同時に使用できます。したがって、さまざまな記号で構成される文には、感情、アイデア、および写真を連想させるような示唆的な力があります。

Tao Te Ching pdfのダウンロードはこちら。

(翻訳おわり)
(以上転載はここまで)