転載元:スプートニク日本

 プーチン大統領はアイヌをロシアの先住民族と呼ぶ提案に賛成した。提案に賛同する模様は、プーチン大統領と露大統領人権評議会のメンバーとの会合の逐語記録に残されている。

5239394
プーチン大統領 アイヌをロシアの先住民とする提案に賛成

 会合ではロシアに居住する民族のすべてがロシアの先住民とは見なされていない問題が取り上げられた。同評議会のアンドレイ・バブシキン氏は、正式にはロシアの先住民とみなされていない民族として極東諸島に古代から居住するクリル民族ないしアイヌ民族を挙げた。


アイヌ民族をロシアの民族に含めるという提案にプーチン大統領は

「そうしましょう。私は賛成です」と答え、さらに次のように続けている。

「アイヌを先住民族に含めることは正しいことです。」

プーチン大統領はこう語った上でアイヌは日本、米国、ロシアのどの国にも暮らしていることを指摘した。

バブシキン氏は「ロシアではアイヌはカムチャッカ半島にいますアイヌはクリル諸島にいましたが、のちに強制的にカムチャッカ半島に移住させられています」と補足し、その数はわずか105人であると指摘した。

(以上転載はここまで)

関連ニュース:

アイヌ新施設を89%が知らず 2020年に開館、認知度低く

アイヌ新法、来年国会提出 政府、「先住民族」初明記


© Sputnik / Aleksej Druzhinin