転載元:
PFC-Japan

フルフォードレポート('19. 9/9) 英語版

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

嗚呼、悲しいではないかさんより転載


アメリカ陸軍戦略大学の研究は95ー100%の確率でハザールマフィアの敗北を示している

アメリカ陸軍戦略大学によって試算されたモデル解析によると、国際的な軍事と法的なキャンぺーンは「成功する確率が95-100%」であると、MI6と国防総省情報筋は言う。今週の金曜日の13日には911の記念日が続き、必然的最終敗北に向けて一生懸命圧力をかける良い機会であると、その情報筋は言う。
ハザール人敗北の鍵は43,000人の多国籍企業を分析し、700人のグループ(ほとんどが銀行家)にその支配をたどったスイスの数学者グループによって軍に引き渡されましたと、MI6筋は言う。
これは、「企業統制のグローバルネットワーク(GNCC)と呼ばれるねずみ講構造であり、連結蝶ネクタイ企業構造になっています」と情報筋は言う。軍隊は目標を持てば最善の仕事をする。そしてこの700の個別情報は彼らにその目標を与えたと、国防総省情報筋は確認している。アメリカ陸軍戦略大学は一覧の可能性モデルを検証して、「法の支配のために世界的連合」(つまり、例えば人民)が最終的に勝利することを保証する検証を導き出したと、その情報筋は言う。
ハザール暴徒は米国、香港、イランなどでトラブルを引き起こし文字通り生き残りを掛けて戦っているので、このことが戦争終了を意味してはいない。しかし、これらは正に無力な後衛の努力であり、非常に豊かな犯罪ギャングでありながら敗北した。
イスラエルの選挙では、最高の悪魔的指導者ベンジャミンネタニヤフと仲間のギャングが権力を維持するために汚いあらゆるトリックを使用しています。ユダヤ人は彼らの悪魔支配者に立ち向かい勝ゆかあるいは彼らの犯罪指導者たちを排除しようとするトルコ/イラン/米国/ある部連合と対峙しなければならない。
容易な戦いにはならないだろう。モサドにリンクする情報/偽情報サイトデブーカですら、ネタニヤフは選挙を延期し権力の座に留まる為に戦争を始めようと計画していると言っている。
ネタニヤフは米民主党の「ロシア選挙窃盗詐欺がアラブ人が選挙を盗んだと主張する」本を引用していると、イスラエル新聞Haaretzは報道している。
ところで、米国の「ロシア人がやった」詐欺者は、ソ連軍の上級中尉オルゴ・オルリフ-メラニア・トランプの祖母によって私に送られたこの写真が好きかもしれない。オルリフがソビエトと共にナチ・ドイツと戦ったと、ロシア情報筋は言う。
いずれにしろ、他の重要な問題は英国の10月31日のブレジクト締切日である。このところの政治家の奇妙でふざけた態度から判断して、ハザール人は彼らが持っている贈収賄と恐喝の小道具で呼びかけた。例えば一例として、野党労働党の影の外務長官エミリー・ソーンベリーは、テレビでEUと「可能な限り最善の取引」を求め、それに対してキャンペーンを行うと述べました。
国会議員は、「決定が既に下されている場合、国を混乱とパニック状態に導きます。内外とも二つのヤジは問題ではない-最終的にはEUはもはや存在しない」とMI6情報筋は約束する。彼らが言うには、EUにとどまることは、主権の喪失と「高い反逆罪と他の何も」を意味するでしょう。「イギリス軍の君主と上級将軍はすべて主権に同調している」と妥協した政治家ではない、と彼らは付け加えた。英国の世論は、700人の銀行家に支配されている大企業の代理人であるマスコミによる宣伝キャンペーンにもかかわらず、政治家に反対している、と彼らは指摘している。
興味深いのは、西側の企業媒体がイスラエル、香港、英国のような場所について暴動を述べている一方で、彼らが展開している大規模で暴力的な革命を完全に無視していることです…
「ソロンでは、刑務所が火事になり、250人以上の囚人が逃亡した。数千人が世界最大の金鉱山であるグラスバーグ近くのティミカにあるジャヤプラに集まり、FakFakは市場に火をつけました」と以下の記事から抜粋。

https://www.sbs.com.au/news/don-t-let-west-papua-become-the-nexttimor-leste-exiled-independence-leader-warns-australia

インドネシアの警察筋は、「パプアの現在の混乱について話すことや、ビデオを作ることは禁じられています。この命令に従わない場合、投獄を含む厳しい罰則が科せられます。」地元の情報源によると、人々はインドネシアからの独立を望んでいます。
世界が注意を怠ると、1970年代に東ティモールの状況が繰り返され、インドネシア当局が独立運動を止めるために10万人から30万人を殺害したという現実的な危険があります。また、世界最大の金鉱山、ガス埋蔵量、その他の天然資源の一部を管理することも重要です。
香港のニューギニア、パプア北部では、国務省とCIAの必死の努力により状況は落ち着いています。香港の状況についてCIAの情報筋が言わなければならないことは次のとおりです。
「CIAの従業員の一部は、街頭で1日あたり3000香港ドル、空港での座り込みで300香港ドルを支払ったときに、現行犯逮捕され、撮影され、登録されました。」台湾経由で飛行機を変える特別な合意して、組織の最高幹部5人が米国に入りましたと、その情報筋は報告している。
「中国の秘密警察はデモ隊に潜入し、抗議者をつまみだした。彼らは、香港外の未知の場所に運ばれます。彼らは再び見ることができるのか? 」情報源は心配している。
香港での戦いは、中国と米国の間で現在行われている事実上の複合型戦争の1つにすぎません。CIAの情報筋は、次のステップは香港の銀行システムを閉鎖しようとするものだと言います。
シオニストのハリウッドと巨大技術企業グーグルとフェイスブックがスポンサーのロスアンジェルスと香港間の光ファイバーは中国との貿易戦争においてドナルド・トランプ大統領によって阻止されると、国防総省情報筋は言っている。
トランプ大統領はまた、ロシアを中国から引き離すキャンペーンの一環として、ロシアにG8への再参入の機会を与えるようフランス、英国、ドイツ、日本に促している、と情報筋は述べた。彼らはまた、ロシアのプーチン大統領がロシアの極超音速ミサイルを米国に販売するというこの取り組みの一環としての申し出を受け入れることを検討しています。ペンタゴンの情報筋によると、ロシアの極超音速の購入は「軍事産業複合体を再構築、競争させ、米国の納税者の強姦を止めさせることを強要するだろうと、国防総省内情報筋は述べた。
一方、中東では、米国はトランプとイランのトップ指導者アリ・ハメネイとの首脳会談の準備を進めており、イエメンのイランのフーシー同盟国に対するサウジアラビアでの戦争を終わらせています。 「イランからの高度なフーシドローンとミサイルのおかげで、イエメン戦争は終わりました」その結果、サウジアラビアは平和を求めざるを得ず、賠償金を支払わなければならないかもしれません。」
ウクライナのくすぶっている紛争も終わりに近づいているようです。 「ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領の政府は、土曜日の声明での前任者とは対照的に、合理的な態度と妥協する意欲の証明を示した」とロシアの公式通信会社タスは言った。
おそらく、ウクライナでの和平協定により、多くのアシュケナージ系ユダヤ人がイスラエルではなく、本当の故郷ウクライナに戻ることができるでしょう。
最後に、今週、ハザ-ル人が管理する金融システムはますます不安定になり、いつでも予想外に崩壊する可能性があります。 下のチャートは、ファンドが逃げ続けているにもかかわらず、株式市場がどのように金融市場の重力に逆らって増加し続けていることを示しています。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/equity%20flows%20vs%20market.png?itok=KyhRU0Kj
次のチャートは、中央銀行マネーを使用する企業がこれを可能にしている方法を示しています。中央銀行マネーは、ほとんどがマイナス金利で取られていたため、自社の株式を買い戻します。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/total%20flows%20buyback.jpg?itok=yqR4URZ3
言い換えれば、西側の中央銀行に所属する約700人のカザールのギャングは、借りているお金を印刷しているので、すでに所有している会社をもっと買うことができます。一方、実体経済はいくつかの崩壊の兆候を見せています。これは私にとって死のスパイラルのように見えます。
https://finance.yahoo.com/news/u-manufacturing-contracts-first-time-140000169.html?guccounter=1
https://www.zerohedge.com/news/2019-09-03/28-signs-economic-doom-pivotal-month-september-begins
ハザール暴徒は彼らの不正に操作された株式市場を避けた保険会社をだますためにハリケーン・ドーリアに起因する損害を誇張しようとしているようにも見える。
https://www.zerohedge.com/news/2019-09-02/dorian-could-cause-40-billion-insured-losses-ubs-analysts-warn
彼らは9/11、福島、ハイチなどでこれを行いました。 今回の保険会社が賢明であり、実際のハリケーンの犠牲者にのみ支払うことを願っています。
ちなみに、私が住んでいる東京は昨晩台風に見舞われましたが、少なくとも私の近所では、実際の害を及ぼさないただの嵐でした。

 

フルフォードレポート【日本語版】

世界に蔓延する「ハザールマフィア支配」との戦い

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

≪2019/09/09 VOL525≫

現在、欧米と日本の一部上場企業を私物化するハザールマフィアらが、かなり手の込んだキャンペーンを展開して必死で権力を維持しようと足掻いてる。

まず彼らは、賄賂漬けの政治家や大手企業マスコミ、大手通信社などを武器に、世界各地の「ポピュリズム(エリート主義の体制などと対決する政治思想)革命」を潰そうと動いている。しかしペンタゴン筋やイギリス諜報機関MI6筋などによると、世界の軍隊は既にハザールマフィアの悪行を終わらせる計画を完成し、今まさに実行している最中。今月はイギリスのEU離脱やイスラエル総選挙、9月末に訪れるアメリカの決算日、他にも香港デモ…等々に関連する激しい攻防戦が展開される見込みだ。

 

【 世界経済の停滞 】

スイスの学者の分析(下記リンク)などによると、ハザールマフィアの勢力構造の頂点には700名ほどで構成される大富豪の家族群れが君臨している。これまでその家族群れが欧米と日本の上場企業を支配・管理し、さらには世界中ほとんどの国の中央銀行を私物化してきた。

https://arxiv.org/PS_cache/arxiv/pdf/1107/1107.5728v2.pdf
https://www.newscientist.com/article/mg21228354-500-revealed-the-capitalist-network-that-runs-the-world/

彼らこそが、人類の敵であるハザールマフィアの司令塔だ。

MI6筋は「アメリカ陸軍大学の試算によると世界の軍や法務当局は95%~100%の確率でその家族群れを打倒する」と伝えている。現在、作戦は進行中であり、

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

(以上転載はここまで)