転載元:
PFC-Japan

フルフォードレポート('19. 9/30) 英語版

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

嗚呼、悲しいではないかさんより転載



シオニストはユダヤ教指導者による独裁を求めるが敗北に直面する
西側金融システムの支配の喪失、つまり権力の喪失に直面して、シオニストの長老たちは公に神政とそれに従わない人々の死を求めている。もちろん、少数の狂信者以外は誰も彼らに注意を払っていません。代わりに、ユダヤ人は何千年もの奴隷制から解放されようとしています。これは非宗教的で合理的な人々にとって消化するのは難しいかもしれませんが、それは客観的な現実世界の事実が示すものです。
先週、人類を統治する神聖な権利を主張するグループであるサンヘドリンは、「国連に代わる聖書に基づく国際組織」を求めました。これは、シオニストの長老たちに従う70の国のグループで構成されます。 これを開始するために、彼らは第三神殿の祭壇を建設し、その上で動物を犠牲にすることを計画しています。彼らはまた、すべての人類に適用されるノアヒデ法を求めています。
チャック・ボールドウィン牧師などが指摘するように、「ノアヒデ法は偶像崇拝(タルムード崇拝以外のあらゆるタイプの崇拝と定義される)を実践する人の死を求めています。」さらに、彼は「国際法廷の設立を求めている」エルサレムに本拠地を置き、最終的に「神への冒涜」を犯した人を(断頭により)処刑する権限が与えられます。」
これを完全に明確にするために、彼らはシオニストの長老たちに服従しないヒンズー教徒、仏教徒、キリスト教徒、イスラム教徒などの処刑を求めています。これらは、人類の90%を殺す策略の背後にいる人々です。
カトリック聖書に書かれているように、これらの人々が従うと主張するいわゆる神は、とりわけ、神を見ようとするモーセまたはアーロン以外の人は誰でも「投石または矢で撃たれる」と言います。出エジプト記19: 13
彼らの神はまた、人間の犠牲を求めます:
「あなたはあなたの子供の長子をわたしに与える。」出エジプト記22:28

https://www.catholic.org/bible/book.php?id=2&bible_chapter=22

さて、私たちは、石や矢で人を殺すと脅し、人間の犠牲を要求し、金や「赤く染まった羊の皮」などの贈り物を要求する、いわゆる「神」を持っています。私は、万能の宇宙創造主は、少なくとも稲妻を使って人々を殺し、彼/彼女/それが望んだだけの金を想起させることができると思います。
合理的で科学的な説明は、宇宙の創造者ではなく、「神」のイメージの後ろに隠れている洗練された人間の奴隷商人のグループを扱っていると結論付けます。
とにかく、この宝物の要求の後、いわゆる「神」は、盲目的に従順なグループが現れるまで、ユダヤ人指導者を次々に殺しに行きました。彼らの子孫はサンヘドリンであり、モーセの時代にまで遡る切れ目のない血統を主張し、暗唱することができます。言い換えれば、これらの人々は何千年もの間ユダヤ人の奴隷化を支援してきました。さて、素敵な言葉の後ろで、彼らは人類の残りを奴隷化しようとしており、彼らに従わない人々を殺すことを約束しています。
無神論者として育てられたので、人類の90%を殺す計画において彼らに加わろるよう私を誘ったグループが「シオニストの長老たち」である(私はテープにそれを持ちます)と日本軍情報部が私に話したとき、私は完全にひどく困惑しました。普通のユダヤ人などの混同を避けるために、この人間の奴隷の秘密グループを「悪魔主義者」と呼んでいます。
これらすべてについて恐ろしいことは、彼らがほとんど成功しかけた。 この恐ろしい計画を阻止することができたのは、ペンタゴンとアジア人だけでした。
それでは、なぜ最近の世界の出来事がこれらのサンヘドリンの奴隷商人と彼らの同類を導き、世界が終わろうとしているのかを考えてみましょう。 米国の出来事から始めましょう。ここで、ペンタゴンの情報筋は、「2019年9月30日の会計年度末(今日)は中央銀行の満了と一致します…金取引
「サウジアラビアでの大規模な敗北とイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ犯罪大臣の権力の剥奪とともに」金で担保された通貨が現実になります。
これが「政治演劇と貿易戦争」の背景だと彼らは言う。政治演劇は、もちろん、2週間以内の突然閉鎖される前に、ドナルド・トランプ米国大統領の弾劾を求めるヒステリックな米国議会をもたらしている。
国防総省情報筋はまた、参謀統合本部長ジョセフ・ダンフォードは高位の軍事指導者であるジェームス・マティス将軍とジョン・ケリー将軍とトランプのシオニストと深層国家支持者に対する戦いに参加するために、退いていると述べている。
JCS(統合参謀本部)は現在、陸軍のマークミルリー陸軍大将が率いる一方、海兵隊の国家安全顧問および事実上の国家安全保障顧問はマットポッティンガー少佐であり、初めからそこにいて、元国防情報局長のマイケルフリンが連れてきた。
さらなる背景として、情報筋は次のようにコメントしています。「2015年5月にダンフォードがJCSの議長に任命されたため、トランプが採用され、2015年6月16日に大統領選挙が発表されました。ダンフォード、マティス、ケリーの元ディレクターは、2017年1月にトランプ政権に加わりました。」
英国王室の情報筋によると、米国政府は、たとえ9月30日に支払いを行わなかったとしても、水面上に浮上するために10月17日までに資金を集めようとしています。これは、連邦準備制度理事会が9月25日から1日1,000億ドルを費やしており、10月10日までにそれを約束する理由を説明しているようです。本当の富を持っている人への私のアドバイスは、シオニスティックに管理されたメガバンクからこの富のために現金を提供することを避けることです。
10月31日のBrexit期限前に英国で行われている不条理な政治的茶番を見てみましょう。 MI6の上級筋はこの状況を要約しました:「イギリスは現在の内戦で公式に発狂しました-完全な混乱。」MI6は「ドイツは間違いなく本気で戦う気である」と警告しました。これは非公式の戦争です。 「イギリス人がブレグジットを2対1で提唱しているのは明らかであるが、政治階級はそれを阻止しようと必死になっている。英国軍は、政治家が民衆の意志に反対するために賄賂と脅迫を受けていることを知っており、必要に応じて、情報筋によるとそれに応じて行動します。
次のイスラエル国防軍と非狂信的なユダヤ人は、何が起こっているのかを理解しています。ネタニヤフは政府を結成できず、刑務所に入るのは時間の問題です。
さて、一歩振り返ってみると、人類を奴隷化するというシオニストの陰謀が特徴の20世紀の隠された歴史を見てみましょう。読者が心配しなければならない最初のことは、アドルフ・ヒトラー(オーストリア議会委員会および他の情報源による)はロスチャイルドであり、イスラエルの創始者の一人であったということです。彼の使命は、ユダヤ人をイスラエルに追い出すことでした。来週、私たちはアルゼンチンでの戦後の引退中のヒトラーを示す写真を公開したいと考えています。日本人は今、ソビエトの独裁者であるジョセフ・スターリンもロスチャイルドだったと言っています。
これを考慮に入れてください:シオニストはメシアニックの宗教的狂信者であるだけでなく、歴史上最大の大量殺人者でもあります。 最近では、福島、マレーシア航空370/17便、シリアでの大量殺人など、9/11が発生しました。さらに、大規模な人間の犠牲があります。
これはおそらく、グノーシス・イルミナティとMJ-12が「意図的悪役諜報機関」と考えるものです。 おそらく、それは人間の奴隷商人の古代、信じられないほど知的で信じられないほど悪質なカルトです。 彼らは、情報(宗教)、食物(お金)、暴力(暗殺者)を支配し、統治(精神)(制御)しています。 彼らの弱点は、最高レベルの権力と富への集中です。
米軍は、これらの人々を権力から分離するために必要なすべての力を使わなければなりません。 彼らはおとなしくしてはいない。 この古代禍の元が完全に敗北するまで、私たちは戦い続けなければなりません。
明日(10月1日)は、中華人民共和国の70周年を迎えます。 彼らを称える大規模な軍事パレードがあり、多くの中国人はこれを一種の勝利パレードと見なします。
西側がシオニストの腐敗に感染していなければ、中国が西側を追い抜く機会はなかっただろう。 感染が治癒すると、西側は最終的に中国、ロシア、その他すべてとの調和と友情の新しい時代を始めることができます。

 

フルフォードレポート【日本語版】2019.9.30

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

アメリカ・イギリス・イスラエルの混乱が加速してる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/09/30 VOL528≫

欧米の中枢を牛耳ってきたハザールマフィアらが、権力の座から追われる事態を目前にして完全な錯乱状態に陥っている。今、特に目を引くのはアメリカ、イギリス、イスラエルにおける彼らのヒステリックな行動だ。

【 米国内の動き 】

まず、「トランプ大統領をウクライナ問題で弾劾しよう」というアメリカの議会と大手マスコミの今の動きは、まさに異様と言える。ここで言うウクライナ問題とは、トランプが政敵のジョー・バイデン前副大統領に対する捜査をウクライナ大統領に働きかけたとされる疑惑のこと。この疑惑についてマスコミは揃って以下のような論調を発信している。
——————————————————————————-
トランプ米大統領とウクライナ大統領のやり取りが明るみに出たことで、トランプ氏は大統領就任以降で最大の危機を迎えている。その脅威の深刻さは、2年にわたって政権を苦悩させたロシア疑惑の比ではない。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-27/PYHXWY6JIJUO01
——————————————————————————-

しかし、現実は逆だ。国民の圧倒的支持で当選したウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、欧米の旧権力層が同国で行ったマレーシア航空17便pの撃墜、ユーロマイダン(独立広場)の虐殺、麻薬取引、ジョー・バイデンが

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.
(以上転載はここまで)