ソース:Youtube動画
転載元:メタフィジックス通信

2019年アセンション予報 11月のエネルギー

リスペクト・リメンバー・レコグニション
yo
November 2019 ASCENSION Energy Update | Sri & Kira

リスペクト・リメンバー・レコグニション
November 2019 ASCENSION Energy Update | Sri & Kira



11月のエネルギー予報にようこそ。シュリ・ラム・カーとキアラ・ラーです。みなさんの旅路のために、胸いっぱいの愛とサポートをお届けします。

先月の終わりから、水星の逆行に入りました。今月は、そこから様々なギフトのシャワーを受け取ることになりますよ。世界中で何か新しいニュースが流れる度、密度の世界の緊張や不安は高まります。けれどもこういう時こそ、インナーワークにはもってこいです。「今でなければ、いつやるの?」「私でなければ、誰がやる?」というタイミングだと言えます。

これまでのエネルギーテーマを振り返ってみると、9月の気付き、10月の経験に続いて、11月は選択のチャンスがいっぱいの一か月となります。輝くアセンションのエネルギーにサポートされた、あなたのクォンタムアセンションの道はいよいよ開き、あなたがマスターとなることを選ぶ瞬間が多く訪れます。あなたが思うベストの人生を、どうやって実現させますか。その方法を決断する時が、今なのです。

それは個人だけに限りません。集合として、私たちは勇気を集め、選択し、みんなでよりよい方向を目指していくのです。現在起きている大きな変化は、神聖なサポートなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リスペクト・リメンバー・レコグニション

今月は、リスペクト(尊重する)、リメンバー(思い出す)、レコグニション(認める)という3つのポイントを忘れないでください。私たちはお互いにリスペクとし合うことで、存在の神聖さを思い出し、認識します。それは自分自身についてもそうです。多次元的な存在として、5次元のあなたが3次元のあなたを見守ってあげてください。そしてさらに高次のマスターである自分のことも、思い出してください。

自分が神聖な存在ではない、他の何かだと感じるなら、それはトラップです。今月は、壊れたテープレコーダーのように、古いパターンを何度もリピートする人もいるでしょう。 3次元の世界では、しばしば、リスペクトがコントロールにつながります。上下関係や優劣と結びつけて、承認を要求する場合です。今月のキーワードであるリメンバー(思い出す)とは、自分の陥りがちなパターンや、うまく機能していない部分を思い出すことにもつながります。

アセンションした領域において、リメンバーとは真実を思い出すことです。偽りのない姿、あなたがあなたであるという真実です。それはまた、私たちすべてが神聖な存在であるという気付きにも至ります。

現在、逆行に入っている水星は、11月21日に順行に戻ります。水星の逆行の影響は12月初週まで続きますが、それが終われば、私たちは来たる2020年に向けて準備を完成させていくことになります。そのためのジャンプアップステージが、11月27日の新月にあります。大きな解放の時になりますが、誰もがそれを望むとは限りません。なぜなら内面のヒーリングには、外側の大きな混乱がつきものだからです。

リスペクト、リメンバー(認める)、レコグニション(認める)。この3つが、今月はとても大切です。 どうか自分の神聖さにイエスと言ってください。 欠乏とは、幻想に過ぎません。あなたの真の姿はマスターであり、豊かさは、あなたさえ認めるなら、常に手の中にあることを思い出してください。

・・・・・・・・・・・・・・
最後に…

胸に手を当て、あなたがこれまで、自分を否定してきたか思い出してください。自分の神聖さを考える時、それは同時に、自分のシャドウについて考える機会にもなります。自信の神聖さを否定するのも、また自分だからです。時には絶望し、死の谷を歩いていると感じることもあるでしょう。けれども、死の谷に入ってはじめて、恐れるものなど何もないことを知ります。これは個人にも、集合にも言えることです。私たち、みんなの勇気を集めましょう。そして共によりよい道を目指し、歩んでいきましょう。
Ralph-Waldo-Emerson-To-be-yourself-in-a-world-that-is-constantly-trying-to-make-you
https://quotefancy.com

思想家エマーソンの言葉に、こんなものがあります。「常にあなたを他の誰かにしようとする世界の中にいて、あなたが自分自身でいることは、もっとも大きな偉業だ」と。エマーソンは、アセンションしていたんでしょうね。
(以上転載はここまで)


Who are Sri and Kira