転載元:ライトワーカーのブログ
(翻訳ありがとうございます)
http://www.galacticchannelings.com/english/matthew15-10-19.html


マシュー君のメッセージ October 15, 2019 

 

ここにいる全てのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。私から嬉しいお知らせがあります。あのケムトレイルには、もう毒物が含まれていません。この進展は、指揮系統を通過して決まった事ですので、ケムトレイルの散布を行う者たちの、創造主から贈られた自由意志を否定するものではありません。ガイアが神に、地球上の住人や空気、水、土壌にとって危険な状態を終わりにしてくださいとお願いした為、神はあなたたちの中にいる特殊部隊のボランティアに対して、散布物の中にある毒物を地球にとって自然な物質に変化させる許可を出したのです。その結果、ケムトレイルを行うように命令している人たちは、引き続き散布はできますが、空で縦横無尽に散布されたとしても、もはや無害です。

 

「マシュー、これは素晴らしい事です!だけどケムトレイルを命令している人たちは、何かおかしいなと気付き、調査を行い、また毒物を散布物の中に混入させるのではないのですか?」

 

お母さん、今お母さんが言った事を記録してください、、、、はい、ありがとう。

 

読者の皆さんに知ってもらいたい事があります。それは、私がチャネリングされたメッセージを受け取る際に、その情報についてマシューとよくおしゃべりをしますし、そうするのは私たちにとってごく自然な事です。また、以前は読者からの質問やコメントをチャネリングメッセージの一部としていましたが、それではメッセージが長くなってしまうので、やり方を変え、短いメッセージの中で最も重要な情報を伝える事にしました。

 

話を元に戻しますが、ケムトレイルを命令している者たちは、おかしいと思う状態を超えて、むしろ怖がっています。彼らが怖がる理由は、散布物の中から毒素が除去されたのではと疑っているという点だけではありません。彼らに残されている、わずかな力のかけらさえも失うような状況になっている事自体に恐れを感じているのです。もちろん、彼らは自分たちの手先に調査をさせましたが、その手先たち全員が、もしケムトレイルを散布したのなら、毒物取扱い違反で逮捕すると言われてしまったのです。

 

多くの方から、グレタトゥーンベリは闇の計画を持った人たちの代弁者か、あるいはそうした人たちに操られているのか、という質問を頂きました。いいえ、彼女はそうではありません。そのような思惑は、いや思惑ではなく非難は、私利的な目的を持った人たちによって拡散されたものです。そして、はい、母なる地球には穏やかな天候が戻りつつあります。地球で起きている異常気象は地球のせいではありません。人工的な気象の操作によってもたらされた破壊や化石燃料の発掘及び化石燃料の公害はガイアの努力の妨げになっています。地球や、未来の世代の代弁者として、地球を救うために何か行動をしなければいけないと熱く訴えているグレタの目的の純粋さに、私たちは敬意を表します。

 

“「創造主」、「この宇宙の最高の存在」と「神」という言葉の間に違いがあるとしたら、その違いを説明してください。私の記憶が正しければ、これらの言葉/名前はマシューさんからのメッセージにも時々出てきます。つい最近ではアーノルドからの優しいメッセージにも使用されていました。このような「呼び名」をはっきり説明して頂けたらとてもありがたいです。”

 

私が以前伝えたメッセージの中に、神と創造主に関する情報があります。それには、あなたの汚れのない独立した魂の始まりの時の事、またあなたの強力な内在する力がどこから来ているかについての説明もあります。(以下は「新しい時代への啓示」の「私たちの宇宙の遺産」という章からの抜粋です)(訳注:同名の和訳本あり)

 

 

私たちの命を理解するためには、宇宙の究極の力である創造主との関係を知らねばなりません。その関係は、簡単に言うと父と子の関係です。だけど、創造主の中にある私たちの魂の起源はそんなに簡単に説明できるものではありません。

 

「完全性」、「源」または「全てにおけるワンネス」と呼ばれるものの適切な称号としての「創造主/創造物のエネルギーとは、純粋な愛の光であり、宇宙で最も強力な力です。この称号は、究極的な源の本質と創造活動の両面を網羅しているという意味で、最も描写的かつ包括的な称号です。話を簡単に進める為にも、私たちは通常は「創造主」という言葉を使います。

 

創造主の前には何も存在しておらず、その本質が最初の自己表現をするまでは、創造主の眠っている力しか存在しませんでした。この時の事は、いわゆる「ビッグバン」と言われたりもしますが、その時の創造主の愛と知恵と力の小片が個々の魂となったのです。

 

ここで使われた「小片」という言葉ですが、それは引きちぎられたとか破壊されたという意味合いではなく、全体を構成するパーツとして、全体と同じ特性や要素を持っているものの事です。そして、創造の瞬間に生まれた最初の魂を始め、宇宙に存在するその他の全ての魂が、創造主から離れる事は決してありません。魂のレベルでは、全てのものが一つで、それは未来永劫変わる事がないのです。

 

少しおかしな例えかもしれませんが、容易に想像できる方法で説明するには、これが最も適当と思われるので言います。スピリチュアルな世界の階級をパイに例えると、全能で完璧で全ての源である創造主の魂をパイ全体とします。そして、パイの中心部は全知で、全ての知識を含んだ創造主の知能です。その中心部から始まって同心の輪がいくつもパイ全体に重なっている事を想像してみてください。その輪は階級の領域であり、自由に変えられる形で創造主を分割したようなものです。

 

これを、更に正確に想像するには、一風変わった見方をしてもらう必要があります。このパイを無数のスライスに切り分け、スライスの端の最も広い部分が創造主の無限の知能である中心部に接触するようにします。すると、次々に中心部から遠くのスライス程、広い端がだんだん狭くなっていきます。それぞれの小片は、創造主の魂の一部から創造されたり、実現する形で独立し、それぞれの体験をしている様子を表現しています。すべての小片にはパイ全体と全く同じ成分が等分に含まれていて、決して互いから離れていません。これは全ての創造物について言える事です。

 

ここで話を創造主が初めて自身を分割した時、つまり魂の起源に戻します。スピリチュアル階級の最初の領域内に存在していた完全な光と純粋さの小片は、それぞれが創造主とまったく同じ力を持っていました。この領域はキリストの光の領域で、これは父系的なパワーを持つ大天使ミカエルや他の大天使たちなどが源を発するところであり、ここでは無限に長い間、純粋な意識だけが存在していました。

 

創造主は自身の分身の全てに究極のプレゼントを与えました。それは自由意志と共同創造するという固有の力です。「共同創造する」というのは、何かを創造する際のエネルギーの源が創造主であり、何を創造するかを考えるのは個々の魂であるという意味での共同創造です。このようにして、最高ランクの天使たちと創造主が、二つ目の天使の領域を創りました。大天使たちほど「創造主の思考」に近くはありませんが、これらの新しいソウルたちもまた形状物や物質ではない純粋な光だけの形態として存在しています。

 

長期間の熟考の末、この二つの天使の世界は、生命体になる可能性を持ったソウルたちを共同で創造する事になりましたが、このソウルたちは、今まで通り形状が全くない状態を選ぶ、もしくは体験の幅を大きく広げる為にも肉体を持つ事を選ぶかを選択する事ができました。この3番目の領域における創造物は、宇宙全体に存在する天体や神々と女神たちです。この神たちは形状のない状態で存在するか、男系か女系どちらかの形になるかを自分で選べます。男系か女系、そのどちらを選択しても、神は両性であり、男性のエネルギーと女性のエネルギーを完璧なバランスで保つ事ができます。

 

私たちの知る限りでは、宇宙を統率する選択をした創造主のソウルたちは、形のない状態で存在する選択をしました。彼らは、目が眩むほどの金色の白い光を放って、その存在を示す事もありますが、それぞれの宇宙に存在する全てのものから、彼らの持つ共同創造する力や考えを感じ取る事ができます。

 

こうした神々の一人が、私たちがいる宇宙の「究極の存在」であり、この神が創造主と共にこの宇宙に存在する全てのものを創造したのです。私たちの宇宙の神は、地球に存在するいくつかの宗教で神と呼ばれているし、お母さんも、宇宙の神を想う時は単に神と言いますよね、だから私も私たちの宇宙の神をただ神と言う事にしています。神はまた、男性エネルギーと女性エネルギーが完璧に混ざったものです。母/父なる神という言葉は神の本質を正確に表現しています。ですが、地球で神は通常父と呼ばれ、男性の三人称の代名詞が使用されています。これは、あなたたちの時間で数千年前の地球の文明の性質として、男性エネルギーが強かった為、自然に神は父と呼ばれるようになったのです。今は、地球に女性エネルギーつまり女神のエネルギーが大量に注がれているのですが、話を簡単にするために、私も皆さんが使い慣れている男性の呼称を使う事にします。

 

続いて、経験をさらに深めるべく、原点の魂と呼ばれる神の最初の存在体は、魂の小片とか、神の小片、神の火花などと呼ばれる自身の多くの分割体を創りました。同じ様にこれに続いて、小片たちはさらにその小片と分割していき、その小片がまた、さらに小片へと分割していったのです。このように分割を続けてできた小片たちは小火花とも呼ばれています。小片としてのあらゆるレベルにおけるソウルたちの無数の独立した神聖な人生のそれぞれが、人と呼ばれています。

 

色々と説明しましたが、他にも説明の仕様はあるでしょうし、これは、創造主の知能から外側に向かって光を放っている無数の領域の系統の順位を示すだけのものです。上記の説明は、ソウルのスピリチュアルな進化度合いを定義するものではないので、単に「ソウル」と呼ぶのでも十分です。何故なら、レベルや順位に関係なく、すべてのソウルの創造主との関係やソウルの構成成分において、違いは何もないからです。強調して言いますが、できたばかりのソウルでも、その生命の力は、創造主の独立した、神聖な自身のそれと、常に同じものなのです。そして、ソウルは神と創造主と決して離れる事なく繋がっています。それは、あなたたちの身体の細胞一つ一つが、生き、独立し、機能しているのと同時にあなたという人の全体を構成しているのと同じで、分離不可能であるという事なのです。


「マシュー、現在の人たちはいろいろある細分化された領域のどこに属しているのですか?」

 

主に小火花のレベルです。だけどね、お母さん、さっき言ったように、それはソウルの進化の話ではなく、人のソウルが独立した経験を求めて出てきたのがそこのレベルであったというだけの話しなのです。あなたたちの言う「古い魂」は進化度合いの意味があり、生まれた順番の事ではありません。このような表現は決してお互いの関係を示すものではないようです。なぜなら、魂のスピリチュアルな成長度合いは、各魂の自由意志の選択によって決まるものであって、高いスピリチュアルなレベルに到達するのに何度人生を繰り返えしたのかという事で決まる訳ではないからです。そして今、地球上だけでなく宇宙全体において、前代未聞の時間に突入しています!―また、この時の為に非常に“古い魂‘の存在たちが地球に転生してきており、彼らはみなさんを壮大な悟りへと導く手助けをしています。

 

「ああ、そうなんですね、ありがとうマシュー。創造主は宇宙の究極の存在で、神はそのアシスタントなのですか?」

 

いいえ、そうではありません。

コスモス(宇宙)とユニバース(宇宙)という言葉は普通、同義語として区別なく使われていますが、ユニバースはコスモスにたくさんあり、一つ一つのユニバースにはそれぞれ神か女神が、そこの最高の存在として存在します。地球の人たちは、他のユニバースのことやそこの支配者とかスピリチュアルな創造物の階級を知らないので、いくつかの宗教団体で創造主のことを神と呼ぶようになったのです。これは公式な名前の一般的な呼び方で、女の赤ちゃんも男の赤ちゃんのことも、ただ赤ちゃんと呼ぶようなものです。そして、神が「私たちの創造主」と呼ばれる事も稀ではなく、それが間違いでもないのです。なぜなら、実際そうなのですから。それがまた、創造主とか神とか別な呼び名の違いが不明瞭である点の原因にもなっています。

 

呼び名に関する間違いがどの様にして始まったのかはわかりません。古代の初期に使われた別称から始まったかもしれません。当時は創造主/創造物は「源」とか「すべての存在」、「存在者」、「全能者」、「ワンネス」、「完全者」などと呼ばれていましたし、創造主をコスモス全体の究極の存在を意味する、さらに別な呼び名もありました。どちらにしても、呼び名は重要ではありません。創造主のその呼び名に愛と敬意が含まれていて、神という言葉に愛と敬意の意味があれば、創造主と神の立場が変えられたとしても、信仰は十分伝わります。

 

キリスト教の言う三位一体は次のように解釈できます。父(創造主:コスモスで最高の力を持ち、神とか別な宗教では別な名前で呼ばれているもの)。子(神であり創造されたもの。創造主の「息子」。私たちの宇宙だけでの最高の存在だが、地球では一般に創造主とは違うとは認識されていない)。聖霊(創造主に最も近い範囲または領域。また、最高の存在が光として表現された全ての愛である最初の領域とも言われており、その光が表現されてから以降、ここから出たソウルたちは私たちの宇宙に転生し、大きなスピリチュアルな影響を持ようになった。このような転生をした人たちには、イエスキリストや仏陀を含む地球上の救世主たちがいる)。

 

呼び名やその解釈に違いがあっても、この三位一体の順位の相関性は同じです。そして、最高の全能者とか全知の創造主の存在体、これと、これに伴う力の間には、神聖な階級の差はありません。違いは進化とともに変化した呼び名だけです。

 

「神と創造主には、その管轄範囲以外に何か違いはありますか?」

 

あります。二つの重要な違いがあります。その前に、念の為に繰り返しますが、創造主のどの部分にも創造主のすべての要素が含まれています。ですから、神は完全で創造主による表現その物です。そして、実際にこの宇宙の創造主です。ですから神の知識と知恵は創造主の知能であり、愛は創造主の心であり、権力と責任は創造主の力なのです。

 

話を戻して、神と創造主の最初の重要な違いを以下に述べます:創造主の芯の本質は、コスモスのなかの秩序と生命の中心である事、またその本質の重要な機能は活性していない点です。車輪の軸が、動くパーツの支えとなっているのと同じで、創造主の中の固定された力は、車輪の動く部分が常に動き続ける事を可能にします。もし、この固定する力が失われたら、生命そのものが終わります。どんな形の生命体を創るにしても、それに見合った速度のエネルギーの周波数が必要です。それには、固定する部分と動かす部分の創造主の機能が必要となります。

 

全ての面において神は活動的です。このユニバースに於いて創造主の拡大された活動的な力として、創造主の愛と光のエネルギーの真髄と同様の特質と影響範囲を持つ神は、全ての生命体に命を与え、すべての秩序を創始します。これはコスモスにおける最高で最も力のあるエネルギーが光(つまり創造主の光)であると同様に、このユニバースにおいても光が最高で最強のエネルギーであり、神の真髄であるという事です。光は変動し、拡張し、収縮する事で、愛の許容範囲と愛の感覚をより拡大させるべく、増大を続けています。光の方向性を変える事はできますが、光を捕まえたり破壊する事はできません。そして愛は無限です。愛と光は同じエネルギーですが、ただ単に表現が違うだけです。この愛光の力は、神と交流する個々の魂の基礎になっています。

 

私たちの宇宙の全ての生命体の命は神から与えられたものです。すなわち、人は神によって、神の姿に似せて創られたと言えるでしょう。人の姿や人体の構成要素の思い付きは、神の知能から出たものです。

 

私たちの宇宙で生命を創造した神は、銀河の軌道から、植物の種子がいつ発芽して成長を開始するかなどを決める事までを網羅し、止める事の出来ない法則を発動しました。これが起きてから途方もなく長い間、技術的に光の方向性を洗練させるという事以外は、エネルギーの神聖な目的と動きの本来のコースは変わっていません。エネルギー自体は決して変える事はできないのです。何故なら、エネルギーは創造そのものだからです。エネルギーはその為に使用され、これが創造する為の鍵なのです。

 

始まりの時に、全ての創造物は完璧で純粋で神聖で愛すべきものでした。全てのものが完全に調和し、融和していました。生命とはそのような状態で生きるものであったのです。創造主はすべての魂に自由意志というギフトを与える事を意図しました。そのため、コスモスの規則により、全てのユニバースの支配者たちには、それぞれの宇宙で、存在する全ての魂に自由意志の選択をさせるという義務があります。しかし、完全に自由に選択できるという、この最高のギフトは、悪用されたり誤用されたりしたので、かつてのように金色に輝く素晴らしいギフトとは言えなくなってしまいました。

 

宇宙の中には、自由意志が存在しない宇宙もあると聞いています。そして、私たちの宇宙の一部にでさえ、様々な魂たちがこのギフトを吸収したおかげで、自由意志は個人のものではなくなり、無数の魂の集合体として統合された意志という形になっている場所もあります。とはいえ、創造主の規則にのっとり、地球では自由意志が生命の秩序となっており、神は全てを見てはいるが、魂たちの選択を制限したり否定する権限は持っていません。

 

創造主と神の違いの二つ目はこれです:創造主はコスモス全体に存在する個々の生命体を認識していますが、個々の魂の生き方や彼らと関わり合う為の基準はありません。逆に、神は個々の魂の宇宙における位置情報を把握しているばかりでなく、各個人の心の痛みや密かな夢、悩み、喜び、恐怖など全てを把握しています。神は全てを知っています。

 

創造主が荘厳な静止状態を終わりにした際の目的は、創造を通して経験をするという事でした。創造主の完璧な表現としての神は、創造主と同様の目的を持っています。そして、肉体を持った存在にも、肉体を持たない存在にも、神が創造した全てのものには、神の感覚という部分が存在します。霊界や物理的な世界で、全ての魂が経験する全ての感情と同じ感情を神は感じます。神は、全ての魂が感じるあらゆる感覚を遮断する事が一切ありません。この事は魂の進化のレベルや自由意志の選択とは関係ありませんし、全ての動物や植物が経験する感覚も同様に神は経験しています。

 

神はより高いレベルにおいて、地球で起きている混乱や重くネガティブな出来事にまつわる地球の苦悩や、他の全ての天体が感じている感覚も実際に感じています。神とその宇宙に存在する全ての生命体との繋がりというものは切り離す事ができないのだと、何度言っても足りない程です。そして、全ての生命体や全てのソウルたちと同様に、お互い繋がっています。「人格神」という言葉が時には地球で使われる事がありますが、それは全く正しいです。何故なら、そこにいる全ての人が神だからです。そして、全ての動物界や植物界のソウルも神なのです。地球上の全ての生命体の感覚を感じる事、ましてやこの宇宙全体の生命の感覚を同時に感じ取るなんて事は、この宇宙で最高に進化したソウルたちにでさえ、想像するのも無理な事です。

 

「創造主が私たちの生き方には関与しないという事は、それ(?!)は神のように私たちの経験する肉体的な痛みや感情の痛みを感じないのですか?」

 

お母さん、創造主に「それ」という代名詞を使用する事は、創造主をさげすむ事にはなりませんよ。このときの「それ」は、存在体ではなく物や状態を指すものとして区別します。創造主を指す事は白色と類似しています:白色とは色がないのとは違います。白色は各種の色を成り立たせるものなのです。宇宙にある全ての色は、白色が屈折してそれぞれの色に分離したものです。別の宇宙では、地球では知られていない多くの素晴らしい色調が存在します。

 

話を戻すと、創造主は、創造された全てのソウルが感じる事を経験できます。創造主は、第3密度のあなたの身体が感じるよりはるかに強く物事を感じます。ですが、どのソウルとも関与する事はせず、個人的に反応を示す事もしません。それに比べて神は、自らが創造した魂に、人として生まれる前にした契約の内容に従って、あらゆる支援を送る準備ができています。それはあたかも、神の腕が、この宇宙の魂一つ一つを抱擁するようなもので、目の瞬きよりも早く、神の使者は、契約しなかった困難な状態にいる魂に、神が許可した支援を行います。

*******************

お母さん、抜粋したものをここに挿入してくれてありがとう。愛する兄弟姉妹の皆さん、あなたたちは、創造主の愛光のエネルギーの比類なき荘厳さと力を人格化されたものです。創造主の愛光は、このコスモスに存在する全てのものとあなたたちを永久につなげています。

____________________

愛と平和

スザンヌウォード

suzy@matthewbooks.com

 

訳文:誉田

(以上転載はここまで)