中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo(スィ,エッコロ)」

AAS名古屋代表  鷺山はるこのブログです。 中小企業診断士2次受験ノウハウを惜しみなく掲載中!         ※Si.Eccolo!とはイタリア語で「はい、ここにあります。」という意味です。

今年の試験傾向「振り返り」

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
口述対策講座が昨日終了した。

合格者の皆さんと今年の試験傾向について
お話ししたら、共通の気づきがあった。

これまでとは少し異なる傾向の試験だった
ということだ。

まず、「読む力」が圧倒的に
試されたと。

1次知識で読み替える力が
いつもよりも余分に必要だったと。

事例テーマや方向性が見えにくい
事例だったから余計に文章が
読みにくかったと。

これまでの事例問題のように
「どこを目指すのか」がわかりやすいと
与件の情報も整理しやすい。

その方向性につじつまを合わせればいいからだ。
だが今回はそれが不明瞭だったのだ。

次に、施策との関連が明確だったと。

例えば、事例気六業承継の話が
背後に流れていた。それに気づいたか
どうかで加点も違ってくるだろう。

これも「読む力」で差がつく要因だった。

さて、一言で「読む力」と言われても
どう身につければいいのか
迷う方は多いだろう。

単なる読解力なのではない。

中小企業診断士としての読解力が必要なのだが、
実はこれ
1.1次知識の確実な理解、応用力と
2.白書(施策)の方向性
を十分に理解し「察しをつける」力を持つことなのだ。

家に戻ってきたら読めたのに、
後から問題を読んだら気づいたのに。

結局、合否の差は、いつどのタイミングで
読めたかという、スピードの差なのだ。

こう考えると来年の対策も見えてくるはずだ。

早く正しく感づく力を付け、鍛えることが
合格のコツなのだ。

この世では無理かも

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
M1グランプリで今年も優勝を
逃した和牛が言ったそうだ。
「この世では無理かも」と。

私もちらっと見ていた。優勝者発表。
祈っていた。『和牛がいい。
優勝させて!去年もダメだったから。』
去年2位になった和牛を、今年こそ!と。

なのに、また2位だったのだ。
「ああ・・・・、」思わずため息が出た。

なんだかなあ、うまくいかないもんだ、
残念だなあ・・・、がっかりした。
またダメだったかあ・・・・、
いつになったら優勝できるのだろう。

でも私は、こう思った。

大丈夫、今年はタイミングが悪かったのだ。

これが永遠ではない。
いつか超える時が来る、2位の壁を。

諦めずに粘り続ければ、きっとできる。

なぜそう思えたのか。

私はこれまでに何人も見てきたからだ、
諦めずに粘り続けて合格を手にした人たちを。
私もすんなりいかなかったほうだし。

勉強だけではない。

商売だって、何かの研究だって、
世の中には粘り続ける人はたくさんいる。

失敗する度に、ふとよぎるかもしれない。
「もうダメか」と。
だが夢を実現する人は、必ずまた立ち上がる。

泣きそうになりながら、
苦しくて吐きそうになりながら
拳を握りしめる、歯を食いしばる。

「そんなの精神論だ、もう勉強に疲れたんだ。」
そう思うのもいい。思いは自由だ。

でも、やりたいことを叶えるための一番の条件は、
そのための努力をし続けるということ、
けっしてそれをやめないということだけ。

そのことだけ、みんなに伝えたかったのだ。


道は今見えなくでも、それでも

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
悲喜こもごものご連絡が届く。
毎年のことだが、口述直前になって連絡が
来る方もある。

どうせダメだと思って、放っておいたら、
何気に思い出して、番号をチェックしたという方もある。
そうしてギリギリ口述に間に合ったという方も。

ところで、悔しい結果になったみなさんへ
今、こんなことを言ったら怒られるだろうか。

「悔しさは将来の糧だ。」と。

ある脳科学の先生が言っていた。

これは慰めでもなんでもないから
聞いてほしい。

人間の脳は落ち込んだ時にこそ
成長ホルモンが出るそうだ。

筋肉を鍛えると、筋肉に傷がつくらしい。
そうしてその筋肉の傷を修復しようとする度、
成長ホルモンが出て、強くなるらしいのだ。
脳みそも筋肉と一緒だと。

痛みは誰だって嫌だ。

それが心の痛みならもっと嫌だ。
人間の心はどこにある?脳にある。

越えられない壁があるとしたら
それには必ず理由がある。

その理由を探るのはとても痛いかもしれない。
今、君は絶望の淵にいるかもしれない。

でも心の傷こそ人を強くする、賢くする。

この痛みは必ず乗り越えねばらない。
それが、自分のために最も大事な成長の機会だから。

越えよう、一緒に。

自分ひとりで見えないことは、
一緒に考えよう、一緒に見よう。

そうして越えよう。
未来の自分を成長させるために。

自分の道が今は見えなくても、
その先に必ず、見えてくることがあるから。

痛くても、越えよう!より大きな人となるために。

プロフィール

中小企業診断士の鷺山(さぎやま)はるこです。中小企業診断士2次専門校AAS名古屋の代表を務めています。このブログを通じて、診断士を目指すみなさんへ、なんらかの“気づき”をご提供できれば、と思っています。よろしくお願いします。経営コンサルタント(株)ニュートンズアイ代表取締役。

AAS名古屋情報




名古屋校オリジナル中小企業診断士試験2次試験対策教材はこちらからご注文いただけます。

合格アドバイス動画
2次試験対策教材
shinansyo-link





ブログランキング参加中!
診断士受験生を応援中!
AAS名古屋Facebookページ


AAS名古屋 公式ツイッター


診断士2次対策の専門機関
中小企業診断士試験の2次専門機関のAAS名古屋・浜松ホームページはこちら!
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード