中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo(スィ,エッコロ)」

AAS名古屋代表  鷺山はるこのブログです。 中小企業診断士2次受験ノウハウを惜しみなく掲載中!         ※Si.Eccolo!とはイタリア語で「はい、ここにあります。」という意味です。

【残り83日だ!】字数から見える2次の傾向

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
解答文章の書き方に悩む人は多い。

最近は、150字や200字の解答は滅多に見なくなった。
殆どが100字だ。

実は150字や200字がは、100字よりもむしろ
解答を書きやすい。

文字数が多いと圧迫感を感じる人がいるが、
実は逆だ。端的に正しい文章を書くほうが
長文でダラダラ書くよりも
よほど難しいのだ。

一方、多い文字の、読みづらい文章は
採点者にはとても辛い。

そこで、最近は40字や80字なんてのも出てきた。
それなら採点者は楽だ。一目で論点がわかる。

おそらく今後も「手短かに採点」できるような
傾向が続くかもしれない。

だがこの傾向、受験生にはどうか?

論点がズレている、もしくは入っていなことがバレやすい。
わかっていないことが一気にバレるのだ。

こうなると益々、1次知識の重要性が高まる。
解答でキーワードを正しく使える力が必要になる。

昔は、条件を設定し、事例ストーリーを
体系図を描いて、そこに落とし込むという
いかにもコンサルの資質を問うような問題が有った。

解答用紙は、A3の半分が空白で、
そこにまるっと、一から体系図を描くのだ。

その、描いている時の緊張感や
高揚感と言ったらない。

時間にも追われる。

『これでよいか?』
『この会社を表現できているか?』と興奮しながら描いていた。

またあんな試験があればいいのに、と
つくづく思う。

戦略体系図はプロットした内容を、
文章化すれば経営計画書概要になる。

実務的だし、実践的だ。学びも多い。

採点者だって採点しやすい。

環境分析と戦略が間違っていたら
それでその体系図はアウト、0点だからだ。
それ以上細かく見る必要もなくなる。

有意義だし、面白い試験になるのになあ・・・。

ところで、最後に、
最近多い100字の解答の書き方についてお話ししたい。

少なくとも2文で書こう。

その2文には2つの論点と2つの1次知識を
匂わせるキーワードを入れよう。

100字を1文で書くのは、極力止めよう。
特に、書くことが苦手な人は止めよう。

理由は、
・1つの論点しか述べられないと点が初めから
 半分しか点が入らないリスクがあるから。

・わかりにくい文章は、採点者に疑念を抱かせるだけだ。
 論理性が無いと思われるから。

なお、3つの文章になっても、4つの文章になっても
それはそれでよい。

ただし、箇条書きのような短文で、
与件文を使って、経営効果まで入れた文章を
書くことはとても難しい。
これができるなら、短文もOKだ。 

【残り84日だ!】同じ轍を踏むな!

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
今私は10年日記を付けている。
そう大したことは書かないのだが、
過去の自分を振り返れてなかなか良い。

見ていると人生は、禍福の縄の如しだなあ、と
つくづく思う。

絶好調かと思うと、辛い言葉も並ぶ。
それでもくじけずここまで歩んできたのだ、
そう思えば自分を褒めたくもなる。

一方、叱咤激励、というか叱咤したくなる
内容もある。

毎度お馴染み、私の永遠のテーマと化した
ダイエットについての記述だ。

よくもまあ、同じような過ちを繰り返すもんだ。

失敗してはまたしばらくして始め、
また失敗しを繰り返している。
本当に反省が無い奴なのだ、私は・・・。

しかも残念なことに、年々惰性になっている気がする。

気力というか、気迫というか、
気概を感じられないのだ。
日記の中のダイエットに励む私は。

本試験まで2ケ月あまりとなった今、
幾度か受験を経験した皆さん!
惰性になっていないか。

数々のダイエットに失敗してきた私なら言える。

失敗している時は、たいてい、
要領よく痩せる道具だのサプリだのに頼る時だ。
他力本願の時だ。

皆さんの過去はどうか?

失敗している時、要領よく点を取る
テクニックばかり探していなかったか?

同じ轍は踏むな!

落ちていた時と同じ方法を取れば、また危うい。

自力で!
これまで何かを探すばかりだった方は
今度は内に問題点や解決策を探そう。

通らなかった理由はあなたの中にある。

同じ轍を踏まない!
これが残り2ケ月あまりの学習理念だ!

【残り85日だ!】通りたい人!白書学習は、ここをまず先に!

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
「2次合格に白書が欠かせないと聞くものの
どう学んで良いかわからない。」
とお悩みの方は多い。
そんな方は、まず施策から読みたい。

ネットで掲載されている施策のPDFはこれだ。

さらに該当箇所を絞り込みたい方や、
効率よく勉強したい方へは
杉本講師の白書講座が良い。↓

さて、一人で頑張りたい方は、これを気にしよう。

昨年の施策と比べ、予算が増えているもの、
新規に設けられた施策などは要注意だ。

これらはネットで再検索して、詳細内容を確認しておこう。

マーケ事例などでは、施策通りにストーリー展開
される場合もあり、
施策詳細で何にお金が出されるのか
確認しておくと、事例ストーリーを読んだ時、
似た例に気づくこともある。

なお、白書を事例問題にどう活かすかだが、
成功事例というより、
問題点や成功のための課題を説明した
箇所を読んでおくほうがいい。

経産省が中小企業さんたちに、
「どうあれ」と言っているのか見えるからだ。

さて、それも面倒くさいと言う方は
「まとめ」だけでも読もう。

具体的には、私の要約練習で出題されるような
内容の箇所だ。

今の中小企業に多い、あるあるの問題点、
それを解決するための課題や方法を
読み取っておけば、事例ストーリーの
落としどころがわかる。

いずれにせよ、面倒だろうが、
そうでなかろうが、合格を確実にするには、
施策と白書を読んでね、ということなのだ。

最後に。
今日から毎年恒例のカウントダウンを始める。
いつもより10日ほど早いかもしれないが、
早い段階から、気合を入れたいと思う!
皆さんも学習計画見直しにご利用いただき、
ご一緒に日めくりを繰っていこう!
今年こそ!確実な合格を掴むために。

プロフィール

中小企業診断士の鷺山(さぎやま)はるこです。中小企業診断士2次専門校AAS名古屋の代表を務めています。このブログを通じて、診断士を目指すみなさんへ、なんらかの“気づき”をご提供できれば、と思っています。よろしくお願いします。経営コンサルタント(株)ニュートンズアイ代表取締役。

AAS名古屋情報




名古屋校オリジナル中小企業診断士試験2次試験対策教材はこちらからご注文いただけます。

合格アドバイス動画
2次試験対策教材
shinansyo-link





ブログランキング参加中!
診断士受験生を応援中!
AAS名古屋Facebookページ


AAS名古屋 公式ツイッター


診断士2次対策の専門機関
中小企業診断士試験の2次専門機関のAAS名古屋・浜松ホームページはこちら!
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS