中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo(スィ,エッコロ)」

AAS名古屋代表  鷺山はるこのブログです。 中小企業診断士2次受験ノウハウを惜しみなく掲載中!         ※Si.Eccolo!とはイタリア語で「はい、ここにあります。」という意味です。

解答文を作れないワケ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
好きな子の前ではもじもじ・・・。
気持ちを伝えらえずにもごもご・・・。

皆さんも青春時代にご経験があるだろう。

何をどう伝えていいかわからない。
言いたいことはたくさんあるのに、
どう話し出して良いのかわからない。

まるでみんなが事例問題の解答文を考える時のようだ。

言いたいことはもやもやとしてるのに、
うまくまとめられないのだ。

それはどうしてか?

私は、その原因には大きく2つあると思っている。

一つは言いたいことが決まっていないのだ。
例えば、「好きです!」と言いたいのか、
「付き合ってください!」と言いたのか、
結論が決まってないからもごもごとなる。

事例問題も同じだ。
その設問で伝えたい結論が決まってないから
書き出せない。

結論とは、言うまでもないが、
経営課題や事例企業の方向性に合ったことだ。

よく、これらが明確でないと合格しづらいと言われるのは
結論が決まらずに解答がぼやけるせいなのだ。

さて、言いたいことを上手く伝えられない
もうひとつの理由は、「勇気」だ。

経営課題や事例テーマがわかっても
『ほんとうにこれでいいのか?』とぐるぐる迷って
リスクの少ない解答、すなわちどうとでも
とってもらえるような書き方をする。

その結果、出題者に明確に伝わらずに落ちてしまうのだ。

言えよ!「好きです!」と理由を一言。
述べよ!「だから付き合ってください!」と結論を一言。

もし嫌われたら・・・、なんて
もぞもぞした態度を取るから、ふられるのだ。
煮え切らない奴だと。

試験も全く同じだと思ってほしい!

覚悟を決めてきっぱりと告白できない奴は
合格もしづらい・・、
恋愛と試験は同じ・・・と思うけどね、あたしゃ。

とどのつまり採点者に好かれるかどうかだから。

いきなりGO!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
夕食を作るのが面倒になって、いきつけの蕎麦屋へ行った。

注文の品が届くまで、沈黙が続く。
娘がスマホばかりいじるからだ。
そしてつまらなくなった私は、毎度こう言う。
「最近上司とは上手くいってるか?」

だが昨日は違った。
「今日からだっけ?ポケモンGO。
 東京とか都会ならだけど、こんな愛知県の田舎でも
 できるのかね。そもそも出てくるのかね、ポケモンが。
 だいたい危ないよね。あんなの。人とぶつかるし。」

すると無表情の娘が、
『できるよ。出てくるよ。私の部屋でも出てきたから。
 うん、そうだね、危ないね。』

え”−−−っ?! 見せて!貸して!
私は思わず叫んだ。

いくらピカチュウ世代の娘だとは言え、
普段は何を言っても、すぐには動かん娘が
こんなことばかりさっさとやりやがって。

なんだかムカつくが、私も「見たい!」という衝動が抑えられない。

原理はなんとなくわかっていても、それでも
近所の小学校の壁画やころ七の散歩で慣れ親しんだお地蔵さんまで
目印として映し出されると、心までその中に入り込みそうになる。

これじゃハマるわな、誰もが。

それにしても、心配だ。
子供がやっているからと、
まさか一緒になってハマる受験生はおるまいな。

ハマらないとしても、周りが騒いでいると気にかかる。
気が散って、勉強時間を減らす受験生はおるまいな。

君らがGOするのはピカチュウの世界ではなく
チュウきし(中企士)の世界だ。 勉強にGOなのだ!

それにしても・・・、、うちの娘のスマホで、
初めてポケモンが出現したのは、
娘の部屋、それも勉強机の上だったらしい。

う〜〜ん・・・・。どうもムズムズする。

娘が寝入ったら、こっそり部屋を覗きたい。
机の上に座ってたらどうしよう・・・。
(うふっ 

1次対策の盲点

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑皆様の応援のおかげで毎日更新!頑張れます!これからも宜しくお願い致しますp(^-^)q

Clip to Evernote
いつも思うのだが、世の中のことは
目先にとらわれず、時代の大きな流れの中で見ることが大事だ。

後から振り返れば当然の流れだった、と
思うことは世の中にはたくさんある。

もちろん、試験の世界もだ。

私は予想屋ではないが、ある書物を読むと
試験の出題傾向がわかる、と思っている。

それは言うまでもない、中小企業白書だ。
経済新聞なども良いと思うが、
こと診断士試験においては、中小企業白書を
見ていると何が出題されるのか、
なんとな〜くだが、読める気がする。

1次対策の白書というとグラフばかりを
見ている方も多いが、全体を読むべきだ。
意外とみんな知らないのだ、1次試験への影響を。

中小企業診断士は国の施策を普及し
中小企業さんに活用してもらう役割がある。

だから、白書で大きく取り上げられているものは
試験でも出やすい気がするのだ。

例えば、2016年白書を読むと、昨年の1次、
情報システムの科目でやたら専門的なことを問われた
のも合点がいく気がする。

ただ、ひとつ気をつけねばならないのは
いつも出題されるのは、私たち一般人がまだ見ぬ白書から、
ということだ。

では、どう対策すればいいか?

白書とともに、経済新聞を毎日読み、世の中の傾向を
捉えてほしい。

できれば過去3ヶ年分くらいを斜め読みすると良い。

過去を見ることで、行く末がぼんやりと見える気がする。

企業が社会が、何に困っているか、何に注目しているか、
また、今後何が流行りそうかなど、
経済新聞を読み続けていると、時代の傾向が
見えるようになってくるのだ。

その見えてきた傾向が試験に影響する。

実際、私も受験時代この方法でヤマを当てた。

「ヤマ掛けはダメよ!」と言いつつ、
自分ではやっておった。(面目ない

だが結構有効だと思うよ。過去3ヶ年の経済新聞で
未来を予測するのって。

故きを温ね、新しきを知ることに似ているのだ。

尚、古い新聞は図書館で斜め読みしていた。
斜め読みは「見出し」だけ読んでいけばいい。 

図書館はクーラーもきいて涼しい!
なんぼ新聞を読んでもタダだ!

この土日に行ってみてね!

プロフィール
AAS名古屋情報



名古屋校オリジナル中小企業診断士試験2次試験対策教材はこちらからご注文いただけます。
合格アドバイス動画
2次試験対策教材
shinansyo-link





診断士受験生を応援中!
AAS名古屋Facebookページ


AAS名古屋 公式ツイッター


診断士2次対策の専門機関
中小企業診断士試験の2次専門機関のAAS名古屋・浜松ホームページはこちら!
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード