2010年09月01日

「強み」発見セミナーは、おかげさまで大成功でした!

この日は、夕方からドシャブリの雨と雷で、大雨注意報も・・・

それにも関わらず、9名の方にご参加いただきまいした。

本当に感謝に堪えません。 ありがとうございます。































今回の「強み」発見セミナーは、私がこれまでにお伝えしてきた、TAを使ったコミュニケーションや、戦略の立て方、手紙マーケティングなどの全てをまとめた集大成でした。

セミナーを進めていた私は、自分でも信じられないくらい楽しかったです。




















前半は、パワーポイントでの解説で、「強み」の定義や、必要性についてお伝えしました。

後半は、グループワークで売れる切り口を作り出すことが、そのまま「強み」になっていく過程を体感していただきました。

参加された方の顔つきが変わった瞬間に「強み」を掴んだって感じの表情になります。

実と言うと私は、このときに参加者の目の輝きが変わる瞬間を見るのが何より大好きなのです。


















こうして見ると、ホワイトボードに書いた字が、なんとも我ながらヘタクソですね(笑)。

















グループワークでは、ある例題を即興で販売コンセプトを作っていただきます。
それも、初対面の異業種の方々と。
こもありえないシチュエーションから、超メガトン級の気付きが生まれます。
そして、いつしか、「強み」が出来てしまう。

この感覚は、参加された方しか味わえないと思います。



















あっと言うで終った感じでしたね。
次回は、もっと長めにしようかな…




















今回、参加された方の声の一部を紹介させていただきます。







いつも「楽研」でお世話になっているグリーンリーフの門田貴美華様にも参加していただきました。






今回、大雨の中、北九州から来ていただいた、小倉自動車学校の辰本誠一郎様。
私には、新しい出会いでした。 お話させていただくと、とても情熱的な方で、刺激を受けました。






すでにマスターされている常連のヘアーアトリエ椿の松浦淑代様は、復習という意味の参加でした。
「楽研」でも絶好調の椿さんには、余裕でしたね。 ありがとうございました。





プログラマーの小川康様は、まとめる力で、グループワークで目だっていました。





同じく、プログラマーの伊藤辰彦様。 クレバーな視線で分析されていました。






井伊様には、グループワークのリーダーになっていただきました。 即興でつくった「ちゃんぽん専門店」のコンセプトは、他のメンバーの感性に響いていましたね。






Webデザイナーの国広友紀様は、グループワークの中で、気付きを誘発するフレーズが光っていました。




今回の「強み」発見セミナーには、大雨と雷が鳴り響く最悪の天候でした。

私も、会場入りしたときには、横殴りの雨の中で、新しいスーツがズブぬれでした。

今日来てくださる方は、きっと、こんな思いをされているのかと思うと、自然に気合が入りました。

参加していただきました方々には、心から御礼申しあげます。
本当にありがとうございました。


Comments(0) | TrackBack(0) │   (02:30)

2010年08月15日

お盆休みの最中も、ランチェスター経営は、セミナー真っ盛りでした。

私も、竹田先生の「あなたも名講師になれる」セミナーに参加しました
















これまでの講演回数が、4,000回以上の実績を重ねられた竹田先生から、この場でしか聞けない極秘のノウハウを授けていただきました。















いや〜、とにかく熱いトークでした。

いつも、ビデオの竹田先生で勉強している私にとって、
生の竹田先生は、迫力が違いますね!














生涯現役の竹田先生からは、教えられることが多いですね!












セミナー終了時に、急遽参加者の5分間スピーチが催されました。

さすがに油断していただけに、一瞬真っ白になりました…
でも、このときこそが、自分の真価が試されるとき。

私の使命でもある「強み」発見が、どれだけ企業の売上に必要なのかを語りました。

自分の失敗談、具体的な成功事例、そして、これからの私のしたいことを、ありのまま語りました。















あなたの「強み」はなんですか?
こう聞かれて、ドンピシャの答えが出来る経営者は、極めて少ないという事実があります。
かく言う私も、起業した最初の2年は、まったく気付けませんでした。
でも、運のいい私は、お客様は教えていただく機会に恵まれました。

そもそも、「強み」とは何のことなのか?
この聞き慣れているようで、実は具体的な定義も確認しないまま、自分勝手な自慢ネタを「強み」だと思い込んでいると、どんどんジリ貧に陥ります。
私自身、このことを身を持って知りました。

この思いを、私は語りました。
だから、私は中小企業が元気になるために、「強み発見アドバイザー」になるということを…














受講生の最後は、ご存知、栢野さんが大トリで語られました。
やっぱり、今ノッてる方のトークは、迫力がぜんぜん違いますね。

栢野さんには、起業前から、何かと助けていただいてばかりです。
本当にありがとうございます。















最後に、栢野さんから、嬉しい激励をいただきました。
超・嬉かったです!!

竹田先生からも、応援のメッセージをいただきました!
メチャメチャ感無量でした。

竹田先生、栢野さんには、これまで沢山の極意を教えていただきました。
お2人からいただいた、ありがたいメッセージは、今の私にとって、何よりの励みになりました。
最後に、写真を提供していただいた伊佐さん、ありがとうございました。


Comments(2) | TrackBack(0) │   (21:06)

2010年08月10日

お客様から「ありがとう」と言われる売上をつくりたいと思っている経営者・ビジネスリーダーへ

お客様に買っていただくための“準備”
「強み」発見セミナー
を行います。

  









本田選手が言っていました。
勝つためには、いい準備が必要だと。

お客様に買っていただくためにも、
いい準備が必要です。

経営者、ビジネスリーダーにとって、
いい準備とは何か?

それは、
自分の「強み」を発見することです!


私は、19年間在職した医療機器メーカーで、
経営戦略とマーケティングを担当し、
これこそが自分の「強み」だと思い、
マーケティングアドバイザーとして2008年に起業しました。

ところが、私の気持ちとは裏腹に、
業績はどんどん下がる一方のジリ貧に陥ったのです。

そんな私のセミナーに通われるお客様から、
「なぜ私のセミナーに通われるのか?」、
その理由を教えられたことがありました。

そのお客様から教えられた、私のセミナーに通う理由とは、
“聴き上手”であり“気付かせ名人”だからということでした。

自分の「強み」は、
「戦略」知識と「マーケティング」ノウハウだと思っていた私は、
この事実を受け止められず愕然としました。

まさに、典型的な“準備不足”だったのです。

かつて、人間関係に苦しみ、八方塞がりになった原因が、
自分のコミュニケーション能力の低さだと気付き、
それを補うために交流分析(TA)を学びました。

そこで身に付けていたのが、
聴き方であり、気付かせるための質問の仕方で、
私にとっては無意識の範囲でした。


起業当所に思い込んでいた私の「強み」は、
「戦略」知識でもなければ「マーケティング」ノウハウでも
無かったのであります。

でも、この事実を素直に受け入れることで、
自分の真の「強み」を活かしたビジネスモデルを
もう一度、準備し直すことが出来ると考えたのです。

さらに、自分の「強み」は、自分では気付けないということも知ってからは、自分の聴く技術を活かして、クライアントさんの「強み」を聴きだすことが自分の使命だと確信したのであります。

そして、私は「強み発見アドバイザー」として、
そのためのノウハウや、これまでの成功事例、失敗事例を
伝えていこうと思ったのであります。

この「強み」発見セミナーも、その一環です。
ご興味のある方は、どうぞこの先もお読みください。 


セミナーの内容は、次の通りです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
準備その1 そもそも「強み」とは何か?
準備その2 「強み」に気付いた人と気付かない人の差
準備その3 「強み」の探し方、見付け方。
準備その4 お客様が、あなたから買わなければいけない
        理由の見つけ方(ミニワーク)
準備その5 あなたが、お客様に売る意味の見付け方
準備その6 どうして「強み」が、売上に繋がるのか?

           準備完了!


●セミナー開催は、次の通りです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日  時】2010年8月30日(月) 18:30〜20:45
【会  場】天神重松ビル3F(福岡市中央区天神3-4-8) 
      ※1階は、西日本シティ銀行 天神北支店
【定  員】20名(定員になり次第受付を終了します)
【参加費】5,000円
      (事前に下記口座へお振込みをお願い致します)
       〔銀行〕西日本シティ銀行 博多南支店 
       〔口座〕普通1565508
       〔名義〕アイ・リマインド 是永伸一郎
【主  催】アイ・リマインド

     
※セミナー終了後に、希望者のみの懇親会を予定しております
      (実費3,000円程度)

●お問合せは、当社のホームページ
 
http://i-remind.jp
のお問合せフォームをご利用ください。
●お電話の方は、
 090-8834-4320へお気軽にどうぞ。


Comments(0) | TrackBack(0) │   (06:25)

2010年07月27日

「お客様を“買う気”にするコミュニケーション・交流分析(TA101)ベーシック講座+α」は、おかげ様で、満員御礼で無事終了しました。

暑い中、ご参加いただきました方々には、心から御礼申しあげます。
本当に、本当にありがとうございました。













今回の講座は、交流分析の【自我状態】と【エゴグラム】という理論を使って、自分の性格と相手の性格の読み取り方を知っていただきました。


そして、【やりとり】という理論で、お客様との対話を目に見えるようにして、どんな言葉を使えば、お客様を“買う気”にすることが出来るのかを知っていただきました。

【やりとり】には、『並行交流』、『交叉交流』、そして『裏面交流』という3つの法則があります。

中でも、ビジネス現場で最も必要なのが、『裏面交流』です。

具体的な言葉で聞き取れるメッセージを「社交メッセージ」といいますが、実際に相手が反応してしまうのは、その場の雰囲気から感じる「心理メッセージ」の方です。

お客様を買う気にするには、この「心理メッセージ」強めることが何よりの商談力アップにつながります。















では、いったいどうすれば、「心理メッセージ」を強めることが出来るのでょうか?

それは、ある“4つの質問の答え”を準備しておくことで、相手に伝わる無言のメッセージを強化することができます。

さて、商談力をアップする心理メッセージ強化の“4つ質問”とは何か?
(答えは、次回の講座されると、「なるほど、そうだったのか!」と、膝を打たれることでしょう…)
















今回の講座で、一番お伝えしたかったことは、お客様との感情を合わせるということです。

今、目の前のお客様が、どんな自我状態で、どんな感情なのかを全神経を集中して感じとり、その感情に相応しい対応をとれば、お客様の心を開くことができます。

どんな感情にどんな対応が相応しいのか?

答えは、次回の講座で確かめられてみてください。
(スミマセン。 2度も、もったいぶってしまいました…)



















でました! たまにやる、即興の“サロンパス売り”のワーク。

サロンパスといえば、唐沢さんですが、私が3パターンの唐沢さんになって、それぞれ、受講者の方々へ、サロンパスを売り込みます。

どんなメッセージをつくれば、お客様を買う気にすることができるのかを、私の小芝居で感じていただきます。

このワークで、何を伝えるべきか、大体の感覚を掴んでいただきます。




最後は、「目で見る心の財務諸表」をパワーポイントのアニメーションで締めくくりました。

ブログでお見せできないのが残念です。




参加された方々のコメントの一部をご紹介します。




















次回、さらにパワーアップした内容を準備中です。

また、お会いできますことを楽しみにしております。

応援してくださった方々には、この場をお借りして厚く、厚く御礼申しあげます。

「ありがとうございました。」



Comments(0) | TrackBack(0) │   (16:01)

2010年07月22日

いつもお世話になっているドンキーさん(スマイリー代表:荒木登様)が主宰される経営研究会「楽研」も3rdステージとなりましたが、今回がひとまず最終日となりました。
















この日の日中は、37度の猛暑でしたが、夜の研究会は、たぶんそれ以上の暑さでした!

夜の7時30分から始まって、終わったのは、0時20分で、ほぼ5時間です。
もう、ある意味異常かも…。

それにしても、日中の美容師としての仕事を終えた方々が、これだけ懸命に頑張っておられる姿は、尊敬の一言です。

毎月、これだけの時間をかけて、懸命に頑張っておられるだけに、戦略知識も、マーケティングマインドも、どんどん研ぎ澄まされていくばかりです。



































今回の「ジャンヌダルク大作成」を大成功に納めた椿さんは、金運を呼び込むような黄色い浴衣姿で登場。
もう、誰も止められない勢いです!
















これまで構想を膨らませていた「シンデレラ大作戦」を企画を練っているムーヴ北田さん。
最終チェックを終えて、いよいよ作戦開始ですね!

















ぐっちーさん渾身のミッションレター風のセールスレターは、パステルカラーで女心に寄り添う内容に、女性陣から、リアルなアドバイスで、さらに精度を上げられそうです!
















相変わらず、安定した読ませる物語風のレターで、メンバーに底力を示していた花曜日のポポロさん。
無意識レベルで、あれだけの読ませるドラマを書き上げる力は、知識と技術が完全に血肉化している証拠ですね!



今回、実践結果を数値で発表したグリーン・リーフのキミカちん。
持ち前の感性に数値が加われば、鬼に金棒ですね!

















毎回メンバーに、違う視点で気付きを与えている、気付かせ名人の桜井さん。
今回の企画発表には、メンバーからの愛のメッセージが集まり、かなりの刺激みたいでした。





















今回は、百日草の滝さんが、オブザーバー参加されました。
一番熱くて長い日、最後までお付合いいただき、心から御礼申しあげます。
私は、無茶振りのようなコメントの求め方をしてしまいましたが、極めて冷静で、適切な意見を言われる方で、驚きました。

















今回の「楽研」3rdステージでは、実践と成果をテーマに進めてきました。

目標通りの成果を達成できた方は、本当に嬉しそうで、目がイキイキしていて、見ている私の方も込み上げてきそうになります。

また、メンバー全員が、一人ひとりに忌憚の無い意見やコメントで、気付きを与えている様子は、岡田ジャパン以上のチームワークを感じます。

そういう意味では、この「楽研」は、美容師業界の“荒木ジャパン”かも知れません。

楽研メンバーの皆さん、長いようで短い3ヶ月間の3rdステージ、本当にお疲れ様でした。

また、お会い出来ることを楽しみしています。


Comments(0) | TrackBack(0) │   (17:23)

2010年07月07日

業績アップのために、
伝え上手・聞き上手になりたいビジネスリーダーへ


お客様を“買う気”にする
コミュニケーション

交流分析(TA101)

ベーシック講座+α 
を行います。


かつての私は、医療機器メーカーで営業と販売企画に携わっていました。 ところが、人の感情を逆撫ですることばかりを言い、業績も人間関係を悪くする一方で、八方ふさがりになるという経験をしました。

この原因が、自分のコミュニケーション能力の低さだと気付いた私は、ある講座で、交流分析(TA)と出会い、国際TA協会の教授の石山陽圓先生に弟子入りしました。


約1年間、インストラクターのトレーニングを受け、とくに聴く技術を叩き込まれました。
このノウハウを得てからは、こじれた人間関係を回復させることができ、またマーケティングにも応用することで、当時の売れにくい新製品を業界1位にすることができました。

こうした経験を試したくなった私は、2008年に「集客」に「交流分析」を融合させたマーケティングアドバイザーとして起業しました。

2010年からは、中小企業の業績アップに不可欠な「強み」発見するために、九州では唯一の「お客様インビュー代行サービス」をはじめました。

その私が、これまでの失敗から学んだ研究結果として、お客様との感情の合わせ方や、どんな言葉を使えばいいのかを、TAを使った独自の視点でお伝えします。


●講座の内容は、次の通りです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)「交流分析(TA)」とは何か?
2)5人の自分を使い分ける(自我状態)
3)自分とお客様の性格の見抜く(エゴグラム)
4)自分とお客様のやりとりを分析する(やりとり)
 ・お客様の買う気を確かめる聴き方とは?
 ・お客様が買う気になるメッセージとは?
 ・お客様にリピートしていただくためのメッセージとは?
5)売上をつくれる人、つくれない人の共通パターンとは?



●開催は、次の通りです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日 時】2010年7月26日(月) 18:30〜20:30
【会 場】天神西茂ビル6F
    (福岡市中央区天神3-4-10) ※1階はローソン
【定 員】6名(定員になり次第受付を終了します)
【参加費】3,000円(当日受付にてお支払い下さい)
【主 催】アイ・リマインド

 ※講座終了後に、無料の個別相談会を予定しております。
 「強み」を活かしたコミュニケーションについてのご相談を承ります。







●お問合せは、
 当社のホームページ
http://i-remind.jp の
 お問合せフォームをご利用ください。

●お電話の方は、090-8834-4320へ。


Comments(1) | TrackBack(0) │   (23:39)

2010年06月24日

約1ヶ月ぶりの「楽研」でした。 先月から3rdステージとなって、メンバーの目の色も全然違います。

D楽研3rd ?

 

 

 

 

 

 

 

 

19:30からスタートして、ノンストップで23:45まで、休憩無しのワークショップは、時間が止まったような感覚になります。

前回の続きで、各自のお店の販促企画を立てて、それに伴うセールスレターや、POPなどの販促資料を全員で評価し合います。
とくに、ツジツマの合い具合には、厳しく指摘をし合います。

このときの真剣勝負の雰囲気がいいですね!

D楽研3rd ?

 

 

 

 

 

 

 


 


もうすっかり、ご意見番としてのポジションを確立されたアントニオ北田さん(右端)。

今回、ブッチギリの成果を叩き出し、メンバー全員に成功のオーラを出しまくっていた椿さん(中央)。

そして、常に優しいお母さん路線のメッセージで、レター形式のDMを作らせたら右に出る者がいないというキミカちん(左端)。

D楽研3rd ?

 

 

 

 

 

 

 

 



ぐっちーさん(左端)は、唯一2案の商品を同時の企画されているということで、重い課題を背負っておられるにも関わらず、メンバーの出来栄えに対して、自分のことのように、いろいろな提案をしておられました。

毎回、深い部分にまで、お客様目線を行き届かせようとしてしているポポロさん(左から2番目)は、メンバーの良き気付かせ役として、気付きを与えていました。

D楽研3rd ?

 

 

 

 

 

 

 

 



桜井さん(右端)が、プロデュースされているサロンさんには、次なる販促企画が、どんな切り口となって提案されるのか、楽しみです。

青山さんは、相変わらず鋭いキャッチコピーを考えてこられ、今回もメンバーから「使ってもいい?」という、人気ぶりでした。

ドンキーさんの妄想力は、メンバーへの強力な提案力になっていました。 さすが主宰者です。


次回、さらなる新企画が出ることを期待しています。

今回は、ホントにお疲れ様でした。


Comments(0) | TrackBack(0) │   (16:04)

2010年06月02日

先月 「お客様インタビュー代行サービス」 をご利用になられた「筑豊住建」様の高橋社長より、嬉しいお知らせをいただきました。

http://www.chikujyu.co.jp/

筑豊住建 サイト1 のコピー





















それは、私にとっては、本当にこのサービスを始めて良かったと思わせるお知らせでした。

どんな内容なのかといいますと、リフォーム工事をお考えのある新規のお客様が、5社に相見積りを取られたそうです。

その5社の中で、高橋社長に、一番最後に声がかかったそうです。

どんなリフォームをお考えなのか、いろいろをお聞きしながら、5社の中で一番高い価格になり、そのまま提示されたそうです。
(具体的な価格は言えませんが、なんと、最安値との価格差が、およそ3倍にもなったとか…)

でも、最終的に、そのお客様は、最高値を見積りを出された「筑豊住建」の高橋社長に依頼されたそうです。

不思議に思った高橋社長は、
「どうして当社に決められたんですか?」
と、お客様に聞かれたそうです。

すると、こんな答えが返ってきたそうです。

「実は、今日の商談の前に、筑豊住建さんのホームページを見せていただきました。」

「すると、高橋社長の生き様ヒストリー http://www.chikujyu.co.jp/ikizama/index.html や、
お客様の声 http://www.chikujyu.co.jp/voice/index.html が、とてもリアルで、一番信頼できる会社だと思ったからです…」と、言われたそうです。

筑豊住建 サイト 生き様5-1































お客様インタビュー トップ

 

 

 いや〜、超感激。

私にとって、この言葉は、
これまで「筑豊住建」様の仕事をしてきて最高のヨロコビです!

感無量です。

そして、自分の仕事が、経営者の方のお役に立てたという充実感で満たされた瞬間でした。


「生き様インタビュー」と「お客様インタビュー」の両方のレポートを、そのままホームページに掲載していただいた結果、いきなり成果に繋がって、本当に嬉しい限りです!














高橋社長は、「やぱり、何百万円という高額商品を扱うリフォーム会社は、どれだけ信頼していただけるかが問われるね!」と、しみじみおっしゃっておられました。

私は、「これまで、そういう仕事を続けてこられたからこそ出来た骨太の戦略ですね…」と言葉を返しました。

私は、クライアント様に恵まれています。

これからも“ききや・ききだし屋”として、こうした言葉をいただけるように、聞き出していきます。

http://i-remind.jp/


Comments(0) | TrackBack(0) │   (17:33)

2010年05月31日

「売る側から見た良い商品と、買う側から見た商品は、滅多に一致しない。」 ピーター・F・ドラッカー


最近、異業種交流会などで自己紹介をさせていただく機会が増えました。
そのときに、私が提供している「お客様インタビュー」の目的をお話しさせていただくと、
「それって、ドラッカーの言ってることだよね!」と、言われることがあります。

私は、ドラッカーという名前だけは知っていましたが、本を読んだことがありませんでした。
ところが、ひょんなことから、「40分でわかるドラッカー経営の真髄」というCDを聞く機会があって、その中のお話しに、面白そうな本が紹介されていましたので、さっそく買って読みました。
ドラッカーの本




















「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本です。

3時間くらいて、すぐに読めてしまって、しかも分かり易い!
クールな私も、思わず涙するくらいの面白さで、ドラッカーというより、経営の面白さを味わえる本でした。 ドラッカーの本 ページ





















とくに、この120ページの「人のマネジメントは、人の強みを発揮させることである」という一節は、私が、人や会社の強みを発見するために、“お客様に聞く”というビジネスの根本になっている部分でもあります。

今のこのタイミングで、ドラッカーのことに興味を持つとは、私も想定外でした。

この本の主人公、川島みなみちゃんが、「マネジメント」という本を片手に、ダメな野球部を改革していく様子は、とてもドラマチックでステキでした。

あんまり面白そうなので、私も思わずドラッカーの「マネジメント」を買おうかと思ったそのときです。

本棚を見たら、なんと買おうと思っていた「マネジメント」があるではありませんか…
本棚のドラッカーー























発行年を見たら、2002年になっていたので、8年前に買っておきながら、読まず仕舞いになっていたのでした。

なんか、すごく得した気分です♪

それに、自分がやっている「お客様インタビュー」という仕事に対して、ますますミッションを感じてしまいました。


Comments(0) | TrackBack(0) │   (20:23)

2010年05月21日

お世話になっておりますドンキーさんの経営研究会(楽研)も、今月から3rdステージに突入しました。

http://blogs.yahoo.co.jp/donkey0708/31870297.html


D楽研3rd 5-4

















久しぶりに、エバンス美容室に集まったメンバーの皆さんと会えて、私もエキサイトしました。

今回のテーマは、”実践と小さな成功体験”です。

これまで、基礎編の1stステージと、応用編の2ndステージで、自分の思いや考え方を広告に表現するときの感覚を身に付けていただきました。

そして、いよいよ3drステージでは、具体的な商品を、絞り込んだ見込み客アプローチするための方法を学んでいきます。

D楽研3rd 5-1



















今回のその第1回目は、結果の全てを決める大事なコンセプトづくりです。

どんないいアイディアも、このコンセプトが出来ていなければ、ツジツマの合わない表現になってしまい、失敗する確率が高くなっていきます。

D楽研3rd 5-2


















そのためには、事前に書いていただいたインタビューシートで、自分のコンセプトの出来栄えをチェックしていきます。

ただ、全員分を私1人がチェックしていくだけでは、能がありませんので、ある秘策を考えました。

それは、全員分のコンセプトを一覧で見えるようにしたシートを作り、全員が全員の分を眺められるようにしたのです。

D楽研3rd 5-5


















すると、いろんな気付きが生まれ、気付きが気付きを誘発して、どんどんイメージが膨らみ、いろいろなアイディのコメントが増えていきました。

考え方が整理されていくと、表現の仕方も見えてきて、コンセプトがどんどん強化されていきます。

いや〜、実に楽しい研究会でした。
メンバーの顔つきが変わっていく様子は、私にはたまらない瞬間です!

とくに、今回は、椿さんときみかちんが作られたセールスレターと、桜井さんが作られたチラシを題材に、全員で討議をしたので、とても具体的でした!

自分と他人の違いをその場でチェックしながら進めていくことが出来ましたので、皆さんの表情が元気になられたように伺えました。

これから3ヶ月で、自分の納得いく成功体験を重ねて生きましょう!

これからも宜しくお願い致します。
そして、このメンバーと勉強できることに大感謝です。
心から、ありがとうございます。


Comments(0) | TrackBack(0) │   (10:17)