2010年07月29日

カレーの偉大さを知る。

カレーって強いよね。
昨日カレー食べてても、
外歩いててカレーの匂いを嗅ぐと
「あーカレー食べたい」と思ってしまう。
どんだけ食欲そそるんだあいつは。

また夏の暑くてじめっとした空気とカレーの匂いが相性良い。



まぁ、そんな導入で。

今までやってなかったことをやってみると、新たな発見がある。


引越しをするんですよ。
で準備してて。あんましはかどってないけど。

まぁ、とりあえず荷物減らす為に要らない物を棄てる作業。

で、調味料とか余ってるの全部棄てた。
そんな高くないし、液もれとかして汚すリスクを考えると棄てた方が良い。

ただね、ウチそれなりに調味料そろってまして。
醤油、みりん、酢、酒、ケチャップ、マヨネーズ、マスタード、ドレッシング、中農ソース、オイスターソース…

これらを廃棄していくととんでもない臭いになる。

で、ウチ、カレー粉もありまして。
ルーじゃなくて缶に入ってる粉のやつ。
それも棄てた。

そしたら、全体的にカレーの匂いでいい感じに。

ほら、カレーにソース入れたり醤油入れたりして食べる人いるじゃないですか、そんな感じ?


カレー粉すげぇわ。
そうそうたる自己主張する調味料達を、まとめた。

カレーの偉大さを知った。



あとキッチンハイターもすごいね、
4年以上動かしてなかった冷蔵庫に積もった埃汚れ、絶対取れないだろうと思ってたけど、キッチンハイターでキレイになった。
キッチンハイターすげぇ。


sahan at 01:24|PermalinkComments(0)clip!

2010年06月04日

おむすび山

あのー、お菓子とかペットボトルのお茶とかで、パッケージのとこに雑学的な事とか、川柳とか書いてあるやつあるじゃないですか。


で今日。おむすび山余ってたやつあったからおむすび山使っておむすび作ろうと。

おむすび山、あの、ふりかけみたいなやつですよね、ほかほかご飯まぜてにぎるだけでおむすびに!ってやつ。

なんか簡単!みたいな書き方してますけど、
そもそもおむすび山入れなくてもほかほかご飯をにぎるだけでおむすびできますけどね。


あ。でー、おむすび山。鮭わかめだったんですけど。
袋に川柳が書いてあって。


「美食家も トップに挙げる 塩むすび」


えー!!

いやいや。
塩むすびは好きですけど、それは同意する。

しかしこの句をおむすび山の鮭わかめ味の袋に書いていいの?


そもそものおむすび山の存在自体を揺るがす発言を鮭わかめがしやがった。


おむすび山界騒然。


「梅、鮭、タラコを筆頭に、ライバルの多いおむすびの具界、その中でいまおむすび山がどういう状況か解っているのか!」

他のおむすび山の味達は大激怒。


別におむすび山使わなくてもふりかけ使ってもいいですしね、

茶飯のオススメはお茶漬けのもとです。
あれを朝作っておくと昼くらいには緑の粒とか少し溶けていて、あられも少ししんなりしてでも歯ごたえを残しつつ。とても美味しいのです。
梅鮭わさび、どれでもイケます。



「なら聞きますけど」

鮭わかめは整然としています。

「今、食品界の中でおむすびがどういう状況か皆さんご存知なんですか?

 おむすび同士で争ってないで、まずはおむすび界の底上げをしないといけないんじゃないですか?」


かっこいい。かっこいいよ鮭わかめ。かっこいいよおむすび山。


そういう足の引っ張り合いじゃなくて、共に上がっていこうみたいな考え、ウチ好きです。


ライバルは他のおむすびじゃなくて、この世にある食品全てだと。

その中で1番美味いのは塩むすびだと。

したたかです。したたかだよおむすび山。

ここで「1番美味いのは俺だーイェーイ」なんて言ったら食品界からフルボッコですから。おむすび界も助けてくれませんから。

まずはおむすび界の重鎮である塩むすびさんに代表として出てもらうと。



で、おむすび界を盛り立て、塩むすびが失脚した頃に台頭してくるんですね。


うまい。美味いわぁおむすび山。



そんなランチ。


sahan at 14:51|PermalinkComments(0)clip!

2010年04月09日

新入社員の皆様へ

新入社員の皆様、御入社おめでとうございます。
えー、我が株式会社日常茶飯事は、「日常的な些細な事を楽しんで暮らそう」を理念として活動しております。
新入社員の皆様には、その理念を理解して頂き、まぁ私生活もあるとは思いますが、業務時間内だけではなく、その理念を持って活動して頂きたいと言うのが、私からのお願いでございます。


えー、堅苦しい挨拶はこれくらいに致しまして、本題に入ります。



満員電車って、嫌だよね。
まぁ、これから仕事だーって時に、朝っぱらから萎えるよね。


昔、電車乗るときは腕を組むようにしていた。
痴漢冤罪対策ね、どっかで聞いた。
痴漢に間違えられたら「腕組んでました」って言う、手に付いた跡が証拠になるって言われて。
当時はなるほどと思って実践していたんだけど、幸いにも今まで痴漢冤罪に巻き込まれることはなく、いつの間にか腕組んで乗るのを辞めてしまったのですが。
よく考えたら、腕の跡とか、そんなんで釈放してくれんのかなぁ、実際。


まぁ、話を戻して、てかまだ始まってないんだけど、
ええと、
あー、満員電車。
まぁ、ひどいよね、あの混みよう、圧迫死するわ。とか思う。
ケータイ鳴っても自分の手を自分のポケットにもってくことも出来ないし。
あと、鞄とか、誰かと誰かに挟まれてどっかに持って行かれそうになる。
とりあえず持って行かれないように掴んでんだけど、腕が曲がっちゃいけない方向に曲がりそうになる。

恐ろしいわ、満員電車。恐ろしいわ、東京。


東京に引っ越す時、急行は混むだろうと、敢えて各停が止まる駅の近くに部屋を借りたのですが、
甘かった。各停でも混みようがハンパないよ。ぱねぇっすよ。


でもね、どんなことでも捉えようだと思うんですよ。
満員電車嫌だなーって思ってたら、そりゃ嫌ですよ。
なんとか楽しく満員電車を過ごす方法はないだろうか?


こんなのはどうだろう?


例えば、
目をつむって想像してみる。

「私、今ネコバスに乗ってるー」って。


トトロのね。となりのトトロのね。
「私、今ネコバスに乗ってるー」って想像してみて。
どう?楽しくない?


毎日ネコバスに乗って出勤だよ?羨ましくない?

有り得ないって?そこはまぁ、各自の想像力でカバーして欲しい。

ほら、周りが少し人肌に温かいし、弾力があるでしょ?
電車じゃないから。ネコバスだから。

地面は固い?
それはほら、ネコバス走ってるから、筋肉質なんですよ。あなたは今ネコバスの腹筋の上に立ってる。
みんなが知らない事実だね、ネコバスの腹筋はカッチカチやぞ。


そんな風に想像力を使って、毎日楽しく生活してくれたらな、と思うわけです。


最後に、これだけはご注意願いたい。
ネコバスをなでては駄目です。
それは誰かの髪の毛だから。
冤罪ではなく本当に痴漢で捕まる可能性がありますので、止めて頂きたい。


以上をもちまして、新入社員への挨拶とかえさせていただきたいと思います。


「ちょっと休憩しない?」とか言って宮崎あおいは来ないぞ、期待すんなよ、ちゃんと仕事しろよ。


sahan at 11:31|PermalinkComments(0)clip!

2010年03月09日

ハートウォーミングストーリー

少し前の話になりますが、あべこうじR1グランプリ優勝しましたね。

好きなんですよ、あべこうじ。
あべこうじがよく言ってるH・A・P・P・Yライフ、ハッピーライフっていう、
日常的なこととかも、捉らえ方、考え方で良いほうになるんじゃないか、ハッピーになるんじゃないか、っていう考え方が好きで。
身体的コンプレックスや誰かを卑下して笑いをとる人達よりよほど良い。

グランプリで優勝!みたいな笑いではないと思ってたけど、優勝しましたね、いやめでたい。



そんなんで。


あー仕事嫌だ仕事嫌だ。と思っている方も多いと思いますが。

そういうのって、捉らえ方とか、考え方とかで変わってくるもんなんじゃないでしょうかね。


なんか「仕事」って言葉とか、
仕える事ですから。そら嫌なイメージついたり辛くなったりするのも大いに理解出来る訳です。


なんで、提案。
「仕事」って呼び方、変えません?

例えば、「ハートウォーミングストーリー」とか。心温まるストーリー。「仕事」ではなく「ハートウォーミングストーリー」って呼んでみる。


「あの『ハートウォーミングストーリー』準備出来てる?」とか。

「あの『ハートウォーミングストーリー』話が変わった!」とか。

「今日は22時まで『ハートウォーミングストーリー』だー」とか。

「『ハートウォーミングストーリー』終えた後の一杯は格別だなー」とか。

なんかよさ気ではないですか?よさ気ではないですか。そうですか。



で、仕事の、あ、ハートウォーミングストーリーの話なんですけど、

社用車がありまして、まぁ、一台をみんなで使い回しているんですが。

昨日車を使った人が鍵を持って帰っちゃうっつーアクシデント。
かつその人が週休で今日休みっつーアクシデント。

おかげで今日のハートウォーミングストーリーが進みません。



「ハートウォーミングストーリー」なんて長すぎるわい。と思う方は、

「ロマンティック」と呼んだら言いと思います。

言わずもがな、
「ロマンティック」は止まらない訳ですが。


sahan at 20:38|PermalinkComments(0)clip!

2010年01月01日

カシミヤ

あけましておめでとうございます。がおー。
寅年ですね、茶飯です。今年もよろしく。

年末年始はドラクエ?をして過ごしています。
サーベルタイガーが仲間になりました。がおー。


まぁ、そんなんで。

あのー、カシミヤってあるじゃないですか、カシミヤ。
カシミヤって暖かいよね。カシミヤ暖かい、暖かいカシミヤ。
てかなんか、一種の信仰にすら近いものがある。
カシミヤ神話。
カシミヤ暖かい、暖かいカシミヤって。
実際、まぁ、ウールより暖かいのでしょうけど、
なんか、「カシミヤだから大丈夫」みたいな、感じがある。
カシミヤのセーターとか着てると、まぁ、それでも寒い時は寒いじゃないですか、
でもなんか「カシミヤだから大丈夫。カシミヤ暖かい暖かいカシミヤ」って思って、無理して薄着してる自分がいる。

カシミヤの暖かさの効果は、信じる心から来るのではないかと、思った。


大晦日は実家に帰って、紅白みてジャニーズカウントダウンと、まぁat homeな年越しでしたが、そんな2009年を代表する曲やら、各アーティストの代表曲やらを沢山聞いた中で、一番心に残った曲。

TOKIOの『宙船』

♪おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールを任せるな


いい曲だねぇ。


で、カシミヤなんだけど、
そうやってテレビみて、まぁ寝ますかってなった時に、
家の毛布がカシミヤで。
うわいカシミヤだ、カシミヤ暖かい暖かいカシミヤってなったんだけど、
毛布に「カシミヤ入り」ってラベルあって。
458458fb.JPG

この絵、なんなの?
そう言えば、ウールって羊の毛だけど、
カシミヤってなんの毛なの?
超足短い。


sahan at 15:31|PermalinkComments(0)clip!

2009年12月22日

夢の国のチョコレート

なんすか、時期なんすか。まぁいいけど。

あのー、職場の休憩室には、誰かかしらのお土産とか、置かれることがあるんだけども。

ディズニーのね、クッキーとかあって。
同僚が行ってきたらしい。
まあー、クリスマスクリスマスな感じなんでしょう。
まぁ、いいけど。


数日後、またディズニーの箱があって。
あれ、また持ってきたの?
とか思ったら、別の同僚ので。

なんすか、なんなんすか、みんなで代わる代わるディズニー行きやがって。参勤交代か。
まぁ、いいけど。


お土産とかさ、ちょっと遠方行ったり、有休でどっか行った時とかに買ってくるのはわかるんですが、
ディズニーとか近くね?わざわざお土産買わんでも。
これはあれですか、ディズニートークをふれって合図ですか、そうですか。
まぁ、いいけど。

まぁ、行ったらテンション上がって買いたくなっちゃうんだろうなぁ。
ポップで可愛いパッケージだものねぇ。
それは解る。


が、これだけは言いたい。
ポップで可愛いパッケージで、MerryChristmas!とか、ミッキーとかかかれてて、確かにディズニーディズニーなのですが、

何故中身が柿の種チョコなのか。

柿の種チョコってあれですよ、その名の通り、柿ピーの柿こと柿の種にチョコレートをコーティングしたっつー。
どちらかと言うとチョコレートショップよりもヴィレッジヴァンガードとかに売ってそうなテイストですよ。
なんか騙されてね?
流石に柿の種チョコにはディズニーの要素なくね?

ちょっと、ディズニーの懐の深さを知った出来事でした。


sahan at 19:41|PermalinkComments(0)clip!

2009年10月16日

容疑者X

エスカレーターでB2階に行く度に「B'z」に見えてドキッとするB'zファンの皆様、こんばんは。さまよえる蒼い弾丸こと茶飯です。


B'zとは全然関係ない話ですが、


この前久しぶりに料理的な何かをしまして。

あのーピクニック。ピクニックに行く話になって。
じゃあー茶飯はなんかデザート作ってきてよみたいな話になって。

今で言うスウィーツですか?スウィーツなんてウチ作ったことないですよ。唯一該当しそうなのはホットケーキくらい。

で、ホットケーキではなぁと思いながらスーパーをプラプラしてると、白玉粉を発見。
水加える→こねる→茹でる→完成
白玉だんごにしよう。正直買った方が楽だし美味いだろうが、完成品買ってもつまらんし。
で白玉粉を購入。あんことかも購入。帰宅。

で、買ってから気付いたんだけども、ウチ量りないんですよ。これ結構粉料理作る上で致命的ではないですか?100gとか言われても判らんし。
で、頭使いましたよ。量りを使わずとも重さは判るんですよ。

すなわち、全量を使う。
袋に入ってる白玉粉の重さは、袋の外側に書いてありますからね!

対比する水をカップで入れ、こねる。

うん、失敗した。
あのー、やっぱ一袋全部は多過ぎましたわ。
家にあるやつで一番大きい皿使ったんだけど、こねる度に粉があふれるあふれる。
台所中粉まみれになって、掃除の事を考え憂鬱になりながらも、なんとか完成。



そんな時にノックの音が。

正直、家に訪ねて来る人なんてまずいないので、どうせなんかの勧誘だろうと居留守使うのですが、
なんかその日の気分で開けて見る事に。


外には警官2人。

「すみません○○署の者ですが。外の赤い自転車は茶飯さんのですか?」
「はい。」
「今日の昼頃はどちらに…」

えー。これって、あれですか、じじょーちょーしゅってヤツですか?聞き込みですか?アリバイですか?
てか赤い自転車の所有が茶飯であるという事を調べられてる。何故。

話をきくとどうやら自転車の接触事故があって、加害者の自転車が赤い自転車だったらしい。
外に出て、被害者と面会。全然しらん40代位の女性。

結局、被害者の方が「この人じゃない」と言ってくれたので、あっさり終わったのだが。

なんか、警察くると悪い事してなくてもドキドキしますな。


いやーてか、犯人見つかるんかなぁ。
と言うのも、ウチが使ってる自転車、ウチが住んでるエリアではかなり使ってる人多いタイプなんですよ。
トヨタで言うカローラみたいな。
ウチがこのチャリ買った日も、購入手続きしている間にも別の人が同じ自転車買ってましたからね。超売れ筋。
これ、しらみつぶしにあたっていくの大変だろうなぁ。

警察の仕事も大変だなぁと思ったり、
いやでも。もし被害者の人がウチ見て「この人かも」とか言われたら、やっぱり署まで連行されちゃうんでしょうか。
それ嫌だよな。
「明日ピクニックに行くんで。白玉だんご一生懸命作ったんで」
とか言っても釈放してくれないんだろうなぁ、怖い怖い。
と思ったり。


なんか、普段から疑われたりしないよう、予防策をこうじておいた方がいいかもしれない。
アフロヘアにするとか。
そしたらいくら被害者の記憶があやふやでも、違うと気付くだろうし、
外に出れば目立つからアリバイも証明しやすい。
まぁもし、たまたま犯人もアフロだったら、逆に犯人扱いされちゃうかもしらんが。


なんか久しぶりに長い文書いてみたが、すっかり着地点を見失ってしまった。
何を言いたかったのだろう。
ああ、ええと、粉料理をするときは、量り使った方が良いよ!


sahan at 18:24|PermalinkComments(0)clip!

2009年02月11日

そうだ 牛久大仏、行こう

2445173c.JPGあの、いきなりなんですけど、ミルフィーユ、どうやって食べてます?
ミルフィーユ。サクサクのパイの上にクリームやイチゴをのせ、さらにその上にサクサクのパイ、の上にクリームやイチゴ、の上にサクサクのパイ、みたいな、あれですよ。
好きなんですよ、ミルフィーユ。
でもあれって、サクサクのパイの上にクリームやイチゴをのせ、さらにその上にサクサクのパイ、の上にクリームやイチゴ、の上にサクサクのパイ、みたいな感じじゃないすか、
フォークで切れんのよね、パイが。
で、パイとパイに押し潰されて、間のクリームがどしゃーって出てきて。
しかしそれでもなおパイは切れず。みたいな。
あれ食べるの難しくないですか?
どうやって食べるの?

こんばんは、まずフォークを縦に刺して、パイにミシン目状の切れ目をいれ、それから食べる茶飯です。
でも結局切れず、口の周りはクリームだらけです。

そんな話を友人にしたところ、
「家で一人で食べる」
と回答。
正解。それ正解。




そんなこんなで、茨城の話。
ミルフィーユ全然関係ないです。


ウチ、正直そんな、好きな芸能人とか嫌いな芸能人とかあまりいないのですが、ごめんなさい深田恭子が嫌いで。
なんでと聞かれてもそんな理由はないのですが、なんとなく茶飯の感性が受け付けなかったのです。
で、『下妻物語』を観まして。
茨城を舞台にしたゴスロリの深田恭子と暴走族の土屋アンナのお話なのですが、
それを観たらなんとなく深田恭子嫌いではなくなりました。

茨城。
茨城って何となく好きで。
まぁ、遠いし、行く理由もないので、行く事はないんですけど。


映画を見た次の日、仕事休みで昼くらいまで寝てて。
まぁ普段の休日のごとく一日ゴロゴロして終わるパターンであったのですが。
寒いし起きれんで布団の中でケータイピロピロといじってて、ふと、こっから牛久大仏ってどうやっていくのかなぁと思って、乗り換え案内で牛久駅まで調べてみたのですね。

したら驚愕の事実、
ウチから、牛久まで2時間かからん。
しかも上手く乗り継げば乗り換え1回で行けちゃう。
ちっか!茨城ちっか!
昼に出ても14時には牛久着いちゃう。
やー。もう。ねー。
行くしかなくね。


で、行ってきました。牛久。
ちなみに牛久大仏ってのは、下妻物語のラストシーンの舞台になってるとこで、
『トングレ』の森井ケンシロウ氏も大絶賛してるかもしれないしてないかもしれない観光スポットで、
ギネスにのってるでけー大仏、らしい。
あんまししらん。

常磐線に乗って本読んでたらはい、茨城県牛久駅到着。
さて。
大仏どこかなー。
うん。
牛久に着いたらなんとかなるっしょ!と思ってたんだけど。
どうやって行くのかな。
とりあえず駅周辺の案内等探す。
牛久大仏行きのバス停発見。
えー何時に来るかな。
…次のバス来るまで、1時間半待ち。
なんとかならなかった。

さて。どうするか。
タクシーで行くかとかも思ったのですが、
別に行き急いでないし、せっかく牛久まで来たので、町観光もかねてとりあえず牛久大仏方面に向かって歩いてみることに。


てくてく。


余談ですが、
旅行とか、人それぞれ目的とか異なると思いますが、
ウチは観光名所だけ回るのとか好きじゃなくて。
その土地で普通に暮らしてる人の、生活を想像したり感じたりするのが好き。
商店街歩いたり、スーパー入ったり。
遠方から来た人は、そこにある歴史的建造物だったり、自然の景色だったりに注視するんだけど、そこに住んでる人達にはそんなの当たり前で。
その土地で暮らしてる人が食料調達どうしてんだろとか、子供の送り迎え大変そうだなとか、別にいらん心配をしたりする。

そんな事を考えながら歩く。
てくてく。


中学生がチャリ乗ってて。
お決まりのごとく、ヘルメットは着用なのだけど。
あの、光反射するテープ?よく子供の靴とかランドセルとか自転車についてるやつ、
あれをタスキ状にしたやつを着けてた。
そこまでせなあかんの?


てくてく。
あのね。牛久大仏。
駅から超遠いよ!
1時間くらいさ迷い歩いて、やっと案内の看板見つけたんだけど、

「牛久大仏 あと9km」

えー。
遅いよ!案内遅いよ!
もう1時間歩いちゃったよ。
9kmも歩きたくないけど、もう戻れないよ。
駅以外でタクシー見てないよ。


てくてく。

てくてく。

Def Tech。

ジェフ・ベック。


そんな訳で結局2時間歩いた。


そしてついに、牛久大仏の姿が見える。
でけー。
山肌にみょんと大仏様の顔。

やー来た。ついに来たよ。


と、ここで。一抹の不安。

あの、無計画な旅行が多いウチにありがちなミスなんですけど、着いたら定休日!とか、着いたら営業時間終わってた!とか。
まぁ、調べとけよなんですけど。
今更ながらケータイで牛久大仏を検索してみる。

「開園時間 16:30まで
 入園は16:00まで」

その時、15:50。
マジカヨ。

もうね、ダッシュですよ。
キツイ。2時間歩いた後のダッシュはキツイ。
デカイ。大仏デカすぎだよ、走っても走っても近づかない。
しかししかし、ここまできて入れんとか、ありえんだろ。
そんなんいらない。そんなオチいらない。


そんなんで、シャッター閉めかけてた入口のおばちゃんに声をかけ、ぎりぎり入園。

もうなんだろ、もう少し厳かな感じで大仏様と対面したかったのだけど、
2時間歩き+10分ダッシュで足ガクガクで。

なんか地元のチーマーっぽい男女数人がいて。
「ホントマジ、いい思い出になったし」とか言ってて。
ちょっとほほえましかった。


そんなこんなで、短時間ではありましたが牛久大仏を堪能。
帰りのバスを乗り過ごすなんて有り得ませんから、ぎりぎりまで粘りたいところ、そそくさと退園。
もう歩くのは勘弁です。
バス停へ向かう。


あのね。
うん。
落ち着いて考えましょうよ。
牛久大仏行きのバスがありまして。
それって牛久大仏行きたい人が利用するわけですよね。
でさ。開園時間が16:30までなんですよ。
てことは16:30まで牛久大仏には人がいるよね。
だのに。
なんで。

なんで最終のバスが16:10発やねん!

ありえん。
ありえんよ。

でも事実だよ。
また2時間かけて駅まで歩いたよ。
てか暗くて案内もないから迷子になったよ。
街灯もないし、ガードレールもない道を車が飛ばすから、
ケータイの液晶画面を常に光らせて、
ここにいるよfeat.青山テルマ状態で帰ったよ。
ケータイって超便利。


中学生が反射テープのタスキをしてた理由が解った。


sahan at 21:14|PermalinkComments(0)clip!

2008年10月18日

亀ゼリー

亀ゼリーって食べたことありますか?
亀ゼリー。
亀ゼリー。
2学期の途中にくる転校生くらいに気になる存在ですよね。
あーそうでもない?
亀ゼリー。


あー、なんか日記とか書くの久しぶりで書き方忘れてる。
まぁ順をおって書きましょうかね。

ウチは食べたことないのですが、亀ゼリーって食べ物があるんですよ。
最初にその存在を知ったのはどこだか忘れましたが、映像としてではなく、単語として「亀ゼリー」というものを知って。以来気にはなりつつも何もしていないのですが。
なんだろう、単語から正解の映像が想像出来ない。


話逸れますけど、ウチ、コース料理って苦手なんですよ。
こう、食事をするときに自分なりのルールがあって。
料理が出てきた時にまず味を想像するんですね、で、自分のお腹の調子とかを感じつつ、食事を終えるまでの食べ方をシュミレートするのです。
例えばトンカツだったら、ここで肉と衣とソースを味わいつつ、次はキャベツを口に含んでさっぱり。みたいな。
肉、野菜、ご飯、汁をどのような順番でどれくらいづつ食べたら自分的にベストかを考えるんですね。

で、コース料理って、一品一品出てくるじゃないすか。
そうするともう、終わりの見えない戦いですよ。
なんて言うんですかねぇ、今目の前にある料理に全力で対峙してしまうが故に、肝心の時に力尽きてしまうんです。
解りやすく言えば、少食ゆえ、メインディッシュが出て来るころには既にお腹いっぱいなんです。
メインディッシュが美味しく食べられないんです。わかってたらオードブルのときもうちょっとセーブしたのに。
先にご飯と肉をくれ。


こんばんは、オシャレなレストランに縁がない茶飯です。


関係ないけど最初にデザート食べると血糖値があがって早く満腹中枢を刺激するーみたいな、先にデザートダイエットってのもあるみたいですね。


話を戻しまして。
亀ゼリー。
味を想像して食事プランを考える癖があるウチにとって、こういう未知の食品は強敵であるのです。
亀ゼリー。
名前からして亀のゼリーなんでしょう。
なんか映像が浮かばなくて、水中花のごとく、ゼリーの中に亀が浮かんでる映像が浮かんでしまうが、多分違う。
だってそんなん食えんし。
あと気になるのはコイツは甘いのか甘くないのか。
ゼリーというと一般的には顎の弱体化したお坊ちゃんちの15時のおやつに出てくるように、甘くてプルプルで、デザートとして扱われる。
が、亀である。
ゼリーと名乗ってはいるが、寒天よせみたいに、おかず的ゼリーである可能性は高い。

もう一つの謎として、
亀ゼリー以前に、亀を食べたことがない。
想像しやすいのはスッポン。鍋とかあるし。
つーことはあれか、スッポン鍋をゼラチンで固めたの的なのが、亀ゼリーなのか。
可能性は高いが、鍋とゼリーは違う。
亀のエキス的なのが入ってるだけなのかもしれない。
食い物として考えると、肉部分が考えられるが、
なんか甲羅とか、あぶって粉末にして、それをのんで病気を治す、とか、どっかの地域ではありそうな話でもある。
甲羅の粉末を溶かしたのが亀ゼリーなのかもしれない。
亀ゼリー。


で、冒頭に戻りますが、亀ゼリーって食べたことありますか?
食べたことない方、気になりませんか?
食べたいとは思わないけど。



まぁ、でね、そんな話を会社の同僚としたのですよ、
まぁ、そんなくだらないこと話す職場ってどんなだよと思いますが。
そしたら後日、後輩が亀ゼリーを買ってきてくれました。
輸入食品とか扱ってる店にあるらしいです。
すげぇ、すげぇよ後輩。
ありがとう、ありがとう後輩。


そんな訳で、今日亀ゼリーを食べました。
人生初の亀ゼリー。

缶詰みたいな形態です。
皿にあけます。
うん。
うん?
うん。
まぁ、嫌いな味じゃないです。


本当は写真も貼って、味の感想も書こうかと思っていたのですが、皆様の想像力が削がれてしまってはもったいないので、ここでは書きません。
まずくはない、と思うのでまだ食べたことも見たこともない方は、食べてみたらいいと思うよ。

想像してイマジン。亀ゼリー。


sahan at 22:23|PermalinkComments(0)clip!

2008年04月10日

贅沢な時間

d710e858.JPG贅沢とは、ビールの泡のようなものである。
人生に必要不可欠という訳ではないけれど、ないと味気ない。
けれどもそればっかりも良くない。

こんばんは茶飯です。例え話が解らないとよく言われます。

映画の話。とか。

4月1日。映画1000円じゃないすか。
で、なんか映画観にいこ思って豊洲行って。
好きなんですよ、豊洲の映画館。
で、とりあえず豊洲まで行ったものの、特に観たいとそそられる映画が無く。
とりあえずご飯食べてると、ちょうど水上バスがやってきたので、とりあえず乗ってみる。
ヒミコとかいう、銀河鉄道999描いた人がデザインした水上バス。
近未来をイメージした船内に倒されたパネル。
なんか、上の人の思惑と現場のやる気とのギャップを感じられて面白かった。
いや、これは敢えて倒してあって、シルエットクイズってことか?
んー、メーテル!
あと、操縦席が全体ガラス張りというかプラスチック張りというか、そんな感じになってるんだけど、
多分それだと直射日光とかで暑かったり眩しかったりするんだろうね、ビニールシートをはっつけてあった。
だったら最初から屋根つけてあげれば良かったのに。

桜の咲いた隅田川を上る。
船に向かって手をふるサラリーマンとかいて、なんだかのどかで良かった。
浅草まで1000円。
結局その日は映画を観ず。


そんな中得た情報。
「ジョゼと虎と魚たちがレイトショーでやるらしい」
好きなんですよ、『ジョゼと虎と魚たち』
こりゃ観に行かなですよ。
で行ってきました。4月7日。
やー、レイトショーって始まるの遅いんだよなぁ、どうやって時間潰そう?一旦家帰ろうかなー。
とか最初考えてたんですけど、仕事残業で映画館行ったらちょうど時間でした。
新宿丸井の上。
タイムスケジュールにもジョゼ書かれてない。
これやってるって気付かんぞ?
やってるのか不安になりつつチケット購入。
1800円。
昔の映画をレイトショーでやって通常価格ですか。まぁ、ええけど。
指定された部屋へ入る。

…うわぁ…

誰もいねぇ。

ラッキーという思いと、ホントにやるの?という不安。
落ち着かないので、高くて美味しくないホットドックとコーヒーを買って席に戻る。
うん。誰もいない。

心配したけどちゃんと上映してくれました。
普段音するのが嫌で映画館では飲食を控えるのですが、そんな心配全くなし!むしゃむしゃ食べる。
席も、左右と前と、一人で4席くらいつかって、あぐらかいたり横になったりして、ジョゼ観てました。
こりゃ、いい。
1800円では安い。
タイミングとか作品とかもあるだろうけど、
新宿丸井の上に、こんな穴場スポットがあるとは。
かなり贅沢な時間を過ごさせて頂きました。えへへ。

エンディングを一人映画館で歌いました。


sahan at 21:36|PermalinkComments(0)clip!