2016年09月

2016年09月14日

諏訪湖周辺ブラ歩き

先月のお盆のころ諏訪湖周辺を訪ねました。第一の目的はサンリツ服部美術館で本阿弥光悦の国宝の茶碗、銘 不二山(ふじさん)を見たかったのであります。光悦は書や工芸の作家としても数多くの作品を残しておりますが楽茶碗でも多くの名作を残しています。国宝が一つ、重文が五椀(たぶん)あり唯一の国宝がこの不二山です。偶然に生まれたこの白と黒の景色と造形は技巧を感じさせず強い生命力を感じます。下の展示会チラシ参照。
その後、隣にある北澤美術館でアールヌーボーのガラス器を見る。
そして余った時間をどうするか?観光案内所でこの近くに神長官守矢資料館があることを発見。そして、その周辺にある諏訪大社上社(かみしゃ)で今春、7年に一度の御柱祭があった、と話題性がある話を聞きそこに行くことに決定。
御柱とは神社境内の四隅に建てる四本の柱の事。樅の木。これを7年に一度新しいものに取り換える行事が御柱祭です。そのために今年の4月に山出しをし、5月里曳き、建御柱と続きます。25厠イ譴身ヶ岳中腹からコロも使わずに人力で曳く。急坂を落とす光景はTVでも放映され知られています。下の写真が上社前宮(まえみや)に収まった「二の御柱」です。  才本
写真説明
.汽鵐螢追部美術館チラシから
⊃柬大社 上社 前宮の二の御柱
8翆譴稜慳未25kmの行程を曳きずられ痛々しく削られている
に社では遅れて「建御柱」を行う

サンリツ服部美術館光悦の楽茶碗 不二山チラシ 表(400P)

IMG_8954(400P)

IMG_8962(400P)

IMG_8963(400P)


sai_livedoor at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!