2009年12月31日

京都正伝寺庭園からの眺望は別世界 1

正伝寺は京都の北方の山際にあり、比叡山の借景で有名な円通寺の西方にあたりますがこちら正伝寺も比叡山を借景しています。円通寺は海抜高が高くないため、寺と比叡山の中間にマンションができると借景が害されると大きな騒ぎになっていますが、この正伝寺は平地から登った丘にあるためその心配はなさそうです。
正伝寺は1268年に今出川に建立され、1353年に現在の地に移建された。その後1652年に金地院の最岳元良より伏見城の御成御殿を正伝寺・方丈として寄進され翌年ここに移築された。当寺の復興には金地院崇伝も努力しており、最岳にとっては師・崇伝の遺志を完成させるために南禅寺において崇伝が行ったと同じやり方を正伝寺で行ったのではないか、という推測があります。崇伝が女御御所を拝領し南禅寺の方丈に移築し、その前庭に小堀遠州により「虎の児渡し」の庭をつくらせた、という状況とよく似ています。そしてこの正伝寺の庭の七五三の丸い刈り込みを「獅子の児渡し」の庭と称せられています。   左写真は正伝寺の丘へ上がるアプローチ階段、右写真は正伝寺からの眺望で前景に「獅子の児渡し」の庭、遠景に比叡山が見える   才本


正伝寺2正伝寺1

ブログランキングに参加しています(クリックしていただくとランキングがアップします)
2009年12月31日 17:29│コメント(0)トラックバック(0)
    

才本設計アトリエ

Recent TrackBacks
秋野不矩美術館(静岡県浜松市) (ブログで情報収集!Blog-Headline/travel)
秋野不矩美術館
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site