2015年08月22日

京都 二年坂、産寧坂の景観 見どころ 1


いつも、お土産屋に気を取られ何気なく通ってしまう京都八坂の塔と清水寺周辺の坂道、二年坂と産寧坂よく見て歩くと景観的にも建築的にもよくでき、重要伝統的建造物保存地区であります。
南北に走る幹線道路の東大路通から八坂の塔を目指して東へ上がったその先が産寧坂へとつづきます。
ゝ都 二年坂、三年坂略図400p






















この写真は産寧坂と二年坂が交差する地点あたりから八坂の塔を見返した景観です。このあたりまで登ってくると、街並みは保存地区に値する素晴らしい景観です。
IMG_7262●400p












次は産寧坂から見おろした二年坂の全貌です。一番向こうに見えるこの町家、四軒の長屋店舗「京大和林泉」は現代建築家が京都町家様式に倣って設計したものであります。現代の建築とは思えないほど通りの景観に溶け込んでおります。
IMG_7266●ここから二年坂に入る400p
IMG_7271 400p

























これは二年坂から産寧坂に上がる階段坂の部分ですが、ここにも町家店舗がぎっしり並んでいます。街路と町家の接点はほんの1メートルほどしかありません。しかし入りにくさは感じられません。 才本 
IMG_7274●二年坂を見上げる400p
 


ブログランキングに参加しています(クリックしていただくとランキングがアップします)
2015年08月22日 16:52│コメント(0)トラックバック(0)
    

才本設計アトリエ

Recent TrackBacks
秋野不矩美術館(静岡県浜松市) (ブログで情報収集!Blog-Headline/travel)
秋野不矩美術館
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site