【ネタバレ】ブラッククローバー BLACKCLOVER 92 感想【注意】

ページ92 ◯なせない

 

サラマンダーの火の弾が直撃したラドロスはそのまま森へと落ちていく…

ファンゼル「(ラドロスの魔力が消えた…)」

アスタ「おぉーいっっ、ゼルのおっさぁぁーん!!何が何だかわかんねーぞォォォ!?何か落ちていきましたけど!?」

  

ファンゼル「いや〜凄かったよアスタ!更に強くなってたんだね!」

アスタ「いやいやそれほどでも!はっはっは!ってじゃなくてその顔色悪いヤツと何で一緒にいんの!?そいつ敵だよ!?」

 

ギロ…と鋭い目で言うマルス「アスタ…といったな オレはオマエの敵ではない、信じろ」

アスタ「そんな悪そうな顔のヤツ信じれるか〜!!」

マルス「それとオレの名はマルスだ、チンチクリン」

アスタ「あっ!!何気に口も悪いっっ!!」

ファンゼル「説明は後でね、お陰でラドロスは何とかなったようだが…そのバケモノを仕留めなければ…」

マルス「(…あれが噂に聞く精霊サラマンダーか…だいぶ弱っているようだが、とてつもない魔力だ…!だがあの炎…オレの炎と同じ…)」

サラマンダーの前で膝をついて俯いていたファナが顔を上げる…

 

マルス「ファナ…!?」

 

幼少の頃の話…

厳しい訓練を受けた後、1人歩くマルス「(身寄りの無い僕達は…やるしかないんだ…!…でも…)」

じわ…と目に涙が溢れてきたその時…

ファナ「マルス、訓練苦しい…?」

慌てて目をこするマルス「そっ…そんなことない…!」

ファナ「私達の前では強がんなくてもいーのに

 

辛い時は好きな人達の顔を思い浮かべようよ!私達はこの国の好きな人達を守る為に生まれて来たんだよ!」

マルス「…うん…!(真っ先に浮かんだのは…君の顔だよ、ファナ)」

 

   <PR>
口コミ株予想.net


しかしあの最終訓練の日…

ファナを手にかけてしまったマルス

 

ファナ「(私の分まで…外の世界を見て来てね…マルス…!)」

叫ぶマルス「…ファナ…ファナああああああああ」

 

マルス「(そうだ…君は軍の最終訓練でオレ自身が手にかけてしまったはず…!!

その後、オレは魔導学者モリスに洗脳され、人体改造され 君の力が移植されたグリモワールで戦わされた

そしてそこにいるアスタとの戦いで記憶を取り戻したんだ…!

それからはファナへの償いの為に、非道な任務の裏で命を救い続けた

今のダイヤモンド王国はモリスが影で操っている…!ファナが好きな国じゃない…!

いや…今はそんなことよりも…理由はわからないがファナは生きている…!!)

ファナぁあー!!」

名前を叫びながらファナへと正面から走っていくマルス

マルスを止めるアスタ「ちょちょちょ〜!?待て待て待て!!◯ぬって◯ぬ◯ぬ!!そんなキャラだったの!?」

マルス「オレだ!!オレだファナ!!わからないかー!?」

アスタ「え?!知り合い!?」

ファナ「…? …!?」

頭にズキン…とした痛みがくるファナ「…アンタなんか…知らない…!!」

火を吹くサラマンダー

アスタ「ぶわぁあああ」

ファンゼル「…ファナ…!?あのファナだって…!?彼女は私が亡命した後にモリスの人体実験で◯んだと聞いていたが…

確かに…よく見れば瓜二つの容姿だ…!変身魔法…!?いや…そんな事をするメリットはないはず…」



   <PR>
口コミ株予想.net



ファナの額の眼を見たファンゼル「(…!あの眼…異様な力を発している…!何者かの魔法か…!?白夜の魔眼とやらがあの眼でファナを操って…!?)」

頭を押さえるファナ「ぐぅぅ…!!何…なの…!?頭が…!!どいつもこいつもどうして邪魔をするの…!?

 

…あ”あ…憎い…!何もかも…消えて…!!」

フィンラル「げぇぇぇ!?また自爆魔法〜!?何なの!?あの人達は1人ずつそーゆー機能がついてんのォォ!?」

バネッサ「マズイわね…!!数分もすればこの辺り一帯消し飛ぶわ…!!」

 


   <PR>
口コミ株予想.net


数個の火の弾が飛んでくる

剣で斬るアスタ「うおおお!!…え…!?何やってんだオマエー!?」

マルスは防御も何もせずにくらっている…

ファンゼル「マルス…いけない!!魔法で防いでくれ!!」

 

マルス「…先生…オレには…防ぐ資格が無い…!オレが◯したんだ…ファナを…!!そんなオレが…」

マルスを叩くアスタ「んなこと言ってる場合かァァァ!!」

マルス「!!」

アスタ「バカなの!?◯にたいの!?…詳しいことはよくわかんねーけど…アレ本当にオマエの知り合いか!?

白夜の魔眼ってテロ集団の幹部だぞ!?似た別人じゃねーのか!?目、3つあるよ!?」

アスタの胸ぐらを掴むマルス「オレがファナを間違えるワケがない!!オレの大事な…幼馴染だ…!!」

ユノや教会のみんなの顔が浮かぶアスタ「…そーですか…じゃあ…

 

なおさらオマエが◯んでる場合じゃねーだろ!!生きてあの子をしっかり助けろよ!!」

マルス「…そうだな…すまない…」

ファンゼル「(ハハ…兄弟子の君まで、私と同じようにアスタに怒られるなんてね…

マルス…大丈夫だ 今の君なら…助けられる…!!)」

ノエルはバネッサとフィンラルを覆うように水の壁で防御している

バネッサ「フィンラルの空間魔法も私の糸魔法もあの炎の前じゃ使いモノにならないし…ノエルの水魔法で刺激を与えると即爆発しかねない…!!」

ノエル「(…やっぱり…アスタのアンチ魔法の剣でしか…止められない!!)」

アスタ「よっしゃァァ、やってやらあー!!(獣オッサンの時は…オレの力じゃ止められなかったけど…)」

 

アスタとマルス「今度はもう◯なせない!!」

次回、ブラッククローバー BLACKCLOVER 93 へ!!

 


   <PR>
口コミ株予想.net