【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 115 感想【注意】

問い子 : 115

 

床に両手をついた滝澤『ーハァ ハァ…』

『うぶ…』

嘉納『それでいいんだ滝澤くん』

『ー “喰種” の空腹は強烈な幻覚を引き起こすほど 肉体・精神に影響を及ぼす…』

冒頭は 嘉納に弄られていた頃の滝澤の様子から

  

嘉納「ーそれで滝澤くん」

 

「君が今食べたもの なんの肉だと思う?」

 

「なつかしい “家庭の味” という感じかな?」

 

 

 

 

 

 

滝澤『 』

 

亜門と対峙する滝澤「(…アンタも哀れだよな)」

 

剣のように形成した赫子を振り突進する滝澤

 

「(連れ帰ってやるよ 亜門サン)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…」

「(押されるか…)」

亜門の赫子はめしめし と徐々に 少しずつ滝澤のそれを斬り裂いていく

 

滝澤「-ハッ」

「(俺が “捜査官” だって諭したよな)」

 

「..オー」

「…ラァ!!」

構わずに振り抜き亜門の腕をさげさせる滝澤

 

滝澤「(…俺はオウルー)」

「(ー “喰種” なんだよ!!)」

 

 

 

 

 

 

 

 

亜門「ベイビ….」

滝澤「!」

が またも例の逆流 なのか滝澤の腕は再びボコボコと膨れ上がっていく

「ーまたかィ」

 

「通させるかッ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に腕を膨れ上がらせていく亜門「ーグブブ…!」

 

 

 

 

 

 

 

右腕を破裂させられふっとばされる亜門

滝澤「もう決めてんだよ」

 

「ーどう生きるかー」

 

滝澤『…オエエエ…』

『うう…チクショウ、チクショウ…』

場面は再び捕らえられていた頃の二人へ

亜門『…滝澤?』

滝澤『亜門さん…?』

隣の部屋から壁越しに耳に入ってくる亜門の声 壁越しにでも会話は出来るといった様子

 

<PR>
口コミ株予想.net


滝澤『無事だったんですね…』

亜門『ああお前も…』

 

滝澤『メシ、食ってないんスね』

亜門『?』

滝澤『食事の皿、下げるの見えるんで』

 

滝澤『それに、匂いでなんとなくわかる』

亜門『…』

 

亜門『皮肉だな 正義のために生きてきた俺たちがこんな身体になるなんて』

 

滝澤『 』

 

 

亜門『ー滝澤』

 

 

『ー俺はあきらめない お前もあきらめるなー』

 

滝澤『ー』

 

 

滝澤『(ー… “あきらめるな” ?)』

『…』

 

『(何を?…)』

 

滝澤『俺は…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『もう、とりかえしつかねえです…』

 

 

 

滝澤(ー亜門サン)」

「(アンタがずっと眩しかったー)」

 

壁を駆け上がり 天井付近からとびかかり一撃を叩き込む滝澤

滝澤「(ー眩しすぎて、目がくらむ)」

 

「(アンタの正しさが 俺を苦しめる)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直撃を受け 吹き飛ばされつつも滝澤の片足がとぶ

 

 

滝澤「(ー気づいたんだ)」

 

「(俺はもうアンタみたいに 正義の言葉を吐くことも出来ない)」

 

「(罪を犯せば引き返せはしない)」

「(あの牢獄で、滝澤政道は◯んだ)」

 

「(もう正しくなんて、生きられない)」

 

 

這いつくばる滝澤「(…叶うなら 時間を戻してぇな)」

 

「…」

 

「(俺だってアンタらみたいに…)」

亜門 カネキの横顔

 

滝澤「(…それが…無理になっちまったら…)」

 

 

 

 

 

 

 

「ーヤケクソしかねえ」

 

赫子で覆われた部分は更に広がったようにも



<PR>
口コミ株予想.net



滝澤「(ー “ヤケクソ”  ”投げやり” とは違う)」

「( “たったひとつ” 選ぶ)」

 

「( “これだけは” ってのをひとつ定める それをー)」

 

「ー貫く」

 

再びの互いの一撃が交錯し 風圧はクロナの方へも及ぶ

クロナ「….」

 

 

滝澤「(…真戸)」

「(喜べ)」

 

 

 

 

 

 

 

「(亜門さんが帰ってくるぜ)」

 

 

亜門に押し込まれてしまうかの様に徐々に姿勢を下げてしまう滝澤

 

滝澤「(自分の未来がパーになった事に気付いちまったらー)」

 

「(だれかの為に生きりゃいいだろ)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右腕 肩周辺を砕かれる亜門 また顔面部も徐々に砕け散っていきその他も失われていく様子

 

意識を薄くしていくような滝澤「やーっと届いた…」

 

「 “赫包” …ドンピシャ….」

 

「(…そんな気持ちになれたんだよ)」

 

「(亜門サンを見てるとさー)」

ドサァ

 

が  こちらは背後に出来ていた床が破壊されたあとの窪みに落下・倒れ込んだかと思うと

直ぐ様徐々に更なる赫子がその体を覆っていきはじめていく

 

滝澤「ーうっ…う…」バキ バキ

「ぐ…ふ…」

「かぱ ぽ ぱか」キキ

 

が クロナはRc抑制剤の容器を近くへ投げ込んだかと思うと直ぐに赫子で穴を開け その漏れ出した溶液で窪みの中が満たされたことによりどうやら滝澤の容態は無事に済んだような描写が

 

 

 

 

 

 

 

クロナ「…たいした奴だ」

 

「ー帰ろう 亜門上等ー」

 

 

 

その頃ー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腕組みをする政の頭部には突き立てられた刃が

 

次回、東京喰種:re トーキョーグール 116 へ

 

 

<PR>
口コミ株予想.net