2017年09月19日

私の「働き方改革」

今日は税務会計学会の論文の最終提出期限の日。


年次大会の発表メンバーが続々と先週末から論文をアップする中、ワタクシだけ週末の連休は台風波を存分に楽しみ、今朝も呑気に朝一サーフィンをしてから神宮まで税理士会の野球大会の応援に行って、ようやくその後事務所に戻り、「さ〜て、ボチボチ論文でも仕上げますか」と、前回の論文読み合わせで指摘を受けた部分の手直しをはじめる有様(決してやる気を失っていた訳ではありません(汗))


そうして、陽もドップリ暮れた頃、ようやく東京税理士会へ論文を提出することができました。






本来なら、「ヤター\(^o^)/」と、パーっと飲みに行きたいところですが、秋季大会を終えて大いに飲んでいるであろう野球部の飲み会にその時間から合流するにはあまりにも時間が遅く、今更参加するのも憚られ、かと言って、普段“どこかにサクッと飲みに行く”という習慣を持たない私には、こんな時に飲みに行く先も思い浮かびません(((^_^;)。


結局、八重洲地下街で、一人でお好み焼きを食べて帰宅することにし、なんとも寂しい“論文完成打ち上げの夜”は静かに更けて行くのでありました。


DSC_1072





しかし、そもそもの話・・いったい私は、税理士として論文なんて書いて、一体何になるってんでしょうね?


恐ろしい時間をかけて資料(書籍等)を読み漁り、自説をまとめて文章にして、それを誰が褒めてくれるでもなく(むしろ下手なことを書けば批判の対象となるリスクを負い)、また、他の年次大会の発表メンバーのように、今回のテーマである信託を“売り”にして仕事をするつもりもなく、あるいは、学会で名前を売ってどこかで講演をしようなどというつもりは毛頭ない私にとって、合理的に考えれば、こんなことに莫大な時間を割く理由なんて何もないのです。


適度な数に絞った顧客の仕事を綿密にこなし、その代わりに講演とか研修の講師とか税理士会の役職とか・・そういう“時間の制約される仕事”の一切合切すべてを放棄して、適度の収入と必要十分な自由時間を両立させるのが、自分の税理士としての働き方の理想です。


昨今話題となっている「働き方改革」では、労働生産性をいかに向上させるのか、ということが論点となっているのですが、まさに私も同じ課題を真剣に考える時期を迎えているのかもしれません。





saiaki555 at 22:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2017年09月12日

奈良に行くなら

奈良へ行ってきました。


21435540_271882696637141_5798592796088598528_n(1)


今回は、奈良に行くのが目的だったわけではありません。


21435826_124265671561566_9037146511212806144_n


大阪で、某パーティーにお招きいただいていたのでそれに出席し、その後に自分が勤務税理士時代の同僚のKさんが奈良の東大寺の門前でカフェ併設の会計事務所をやっていると聞いていたので、「一回行ってみようなかな・・」と思ったのです。


21435784_1862954957355727_736940856698732544_n


しかし、Kさんとは久しぶりにお会いしたという訳ではありません。


少し前に、彼女が東京に来た時に「消費税について、処理に迷っていることがある」というので、「じゃあ、K王先生と飲みにいこうか。そこで質問しちゃえば良いじゃん」ということで飲みに行っていたのですね。


21479743_423844118017017_3527756033785069568_n


とても優しそうなご主人と、「ほわ〜ん」とノンビリとした奈良の空気の中で、文化財に指定されたレトロな建物で会計事務所をやっている彼女がとても羨ましく思え、「自分も海辺の古い平屋に事務所を構えたら、どんなにHAPPYだろうか・・」などと、思わず“詮無きこと”を夢想してしまいました(←やろうと思えば可能ですけどね(汗))


21480344_1180602158708314_6368153949718970368_n


あまりに居心地が良いので、ついつい長居をしたしまったのですが、「はっ!」と気が付くと結構良い時間になってしまっていました。


21577338_309239802812891_3673280065623293952_n


「ゴメン!今日どうしても〇〇美術館に行っておきたいんで、これで失礼するわ」と、慌てて辞去しようと思ったら、『え?そこってSさん(やはり勤務時代の同僚)も大好きで、いつも奈良に来た時には必ず行ってるところよ。』と言われビックリ。


21688569_752042084979809_5559040853420277760_n


そのSさんとは、ほぼ4年間くらい同じ職場で働いていながら、挨拶以外ほとんど会話もしたことがなかったので、Sさんがまさか自分と同じ趣味をお持ちだなんて、知るよしもなかったのです。


21688896_115537669118026_3862907613385588736_n


あの頃は、超美人のSさんに私が話しかけても、あまりにリアクションが薄く、まったく会話が弾まないのですから、「あー、どーせSさんみたいな美人は俺みたいなのは歯牙にもかけてくれないんだな。クソー(>.<)」と一人でいじけていたのです。


もしも,あの頃に共通の趣味の話で盛り上がることができたなら、違う展開もあったかもしれないなぁ…。(以下、他愛のない妄想につき省略(笑))


21433551_287787288369633_8100521311979175936_n


そして夕方、その後の行動については、まったくのノーアイディア。


「さーて、どうしたものか?」


21435880_115822092439166_6897852249154781184_n


プランa ⇒奈良で泊まって、もう1日奈良をフラフラ

プランb ⇒そのまま近鉄に乗り、京都経由で帰宅

プランc ⇒そのまま近鉄に乗り、大阪へ行って誰か友達をつかまえて飲みに行く



既に時間は夕方18時


「ところで・・こんな週末に、今から空いてるホテルって有るのか??」


21435937_747963372054994_3181148977542201344_n


探してみると、バックパッカーが泊まるようなゲストハウスは何とか空いてるようである。


しかし、個室に空きはなく、空いてるのはドミトリー(相部屋)のみ。


「うーん、別にそれでも良いんだけど、相部屋だと落ち着いて寝れないかもなぁ。」


そう思っていたら、上手い具合に、電話をかけたビジネスホテルの禁煙室が「ちょうどキャンセルが出ました」というので、そこに転がり込むことにしました。(^^)d


21569344_1015098725294635_6458354378968399872_n


そして夕飯は、街中で見つけたおかみさんが一人で切り盛りをしているカウンターの和食店へ。


DSC06314


こういう店だと、一人で入っても話かけてもらえるので安心なのです。(おかみさんは「料理のは良いけど、私の写真はNG」とおっしゃるので、おかみさんの画像はありません。)


DSC06315


店構えからして、目玉が飛び出るような支払になることもないだろう・・。


DSC06312


「好き嫌いがないので、テキトーにお願いします」

郷に入れば郷に従え・・ということで店主に任せることにしました。



DSC06317


土瓶蒸しはサービスで出してくれました。〃 ̄ー ̄〃


DSC06319


瓶ビールとロックの芋焼酎をしこたまいただき、かなりご機嫌さんになったついでに、おかみさんに聞いてみました。


「この辺のスナックとかってどうなんですか?」


普段からおねえさんのいるお店等には全ったく行かないのですが、奈良の方言を話す大年増のおねえさんのいる地味なスナックのようなお店なら、もしかしたら案外面白いかもしれないぞ・・、と思ったのです。



DSC06322



「( ̄-  ̄ )ウ~ン。どうやろうねぇ・・」



21436087_276688392828121_2917598548625195008_n



その一言で私はすべてをお察しし、そのままホテルに帰還させていただきました。








続きを読む

saiaki555 at 18:43|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote  

2017年09月07日

冬のノースショアに行って見たいと、はじめて思った

自分には、サーファーとして「致命的」ともいえる欠点があります。


20905217_309172999551013_7302983990061826048_n


それは、私が「他人との波の取りあい」を極端に嫌う、ということ。


たとえば台風の時のような良い波の時に、そこのポイントで最も良い波が割れていたとしても、その場所で他人と競いあって波を取りに行くということを、私は好まないのです。


20837674_124003118243593_1951115999470157824_n


だからいつも、自分の前後左右で同じ波を乗ろうとパドルをしている人がいたら、たとえその波に乗る優先権が私にポジションの方にあったとしても、私は(大概の場合)サーフボードを引いて(つまり、その波に乗ることをやめて)しまいます。


20905120_1830454943638562_4732202109263413248_n


だから、いつも自分が海に入るポイントを選ぶ際に最も重要視することは、そこに良い波があることではなく、人がいない(少ない)こと。


20905121_145034676087447_132339367002767360_n


私が海に行くのは、「海にいると気分が良いから」であって、他人と比べたり、競ったりするために、技を多く入れるたり、華麗なサーフィンすることに関して全く興味がありません。


ましてや周囲のサーファーとの波の取りあいの駆け引きに心を砕くくらいなら、波待ちをしながら沖で漂っているだけでも良いとさえ(本気で)思っています。


20902175_365401773877431_801708924867706880_n


そして私の理想のサーフィンは、人の居ない海でできるだけ綺麗な波を捕まえて、その一本の波を慈しむように長く、ゆっくりと乗ることです。


20838828_120114335309190_692375386977206272_n


コンペティターのようなサーファーからしたら「そんなサーフィンは、鈍くさくてカッコ悪い。」のかもしれませんが、自分は、そんな自分のスタイルに一度も疑問を持ったことはありません。


20904948_313180492418826_7706404422724616192_n


そんな私に、ハワイ在住の先輩が、『一度、冬にハワイにおいで。ノースショアで最高の波の場所に案内するから。』と何度もおっしゃってくれるのです。


しかし、そんな時にはいつも私は、『いや・・ノースはやめておきます。大きい波は大好きですが、サーファーがたくさんいるところは苦手なんです。』とお断りしてきました。


どう考えても、世界中のサーファーが大波を求めて集結する冬のノースショアのラインナップの中で、私が伍して行ける訳がありません。



20838495_125631531394693_3096763955486392320_n


しかし、台風15号の波を堪能して千葉から東京へ戻る車の中で、その先輩が「なぜ私にノースショアの波にチャレンジすることを勧めるのか」という話を聞いているうちに、だんだんと自分の心が違う方向へ動いてきていることを感じていました。


20838468_163625907528372_3777407634999607296_n


自宅があるハワイはもちろん、北米・南米・アジア・アフリカ・欧州、ありとあらゆる世界中の海でサーフィンをしてきたその先輩が、フトした瞬間に頭の中で思い出す“最高の波”は、決まってノースショアの波なのだそうです。


20902375_857469594401980_2822890843256389632_n


そんな波を知らないまま、「このままサイトーさんが歳をとって大きい波にチャレンジができなくなってから、『やっぱり行っておけばよかった』なんて思うことあったら、それはそれで残念過ぎでしょう。」・・と。


20902617_1506171686110521_7023965532781019136_n


『確かにそうですよね』

私には返す言葉もありません。


尊敬する先輩が『最高だ』という波を、一度も目の当たりにしないまま『あんなのは俺の乗る波ではない』などと言う行為は、私が最も嫌う恥ずかしい行為です。


しかし、冷静に考えてみて、ノースショアの波にチャレンジするには、あまりにも今の私の実力では“力不足”の感は否めません(その先輩は、大丈夫っておっしゃってくださいますが・・)


もっともっと私は海や波のことをよく理解して、その中で、もっともっと自在にサーフボードをコントロールする術を磨かなくてはなりません。


さて、そこで質問です。


この冬、私はどうすれば良いのでしょうか?




saiaki555 at 15:03|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 波乗り 

2017年08月30日

Give waves first and respect ocean

オーストラリア在住のサーファーでシェーパーの 「サム(Sam Yoon)」 


毎回豪州に行くたびに、一緒にサーフィンをして、BBQをして、釣りにも誘ってくれる


そんなサムのことを、ずっと自分は“豪州の友達”くらいのつもりに思っていたのですが・・、後になって、世界的なサーフィン雑誌で特集を組まれるほどのサーファーなのだということを知りました(汗)。



21147339_717284295147598_6726815063606296576_n



そのサムのシェープするサーフボードは、豪州でも評判で、実際に海で地元のおじさんが『今度俺にもボードをシェイプしてくれよ』と言っていたのですが、『全部ハンドシェイプだし、そんなに削れないんだよ』と、断っているのを見たことが有ります。



そのサムに、図々しくも私は、『この前見せてもらったメンタワイで乗ってたボード、自分にも削ってよ!』とお願いしていたのですが、ついに、それが完成したという知らせが届きました。



SamYoon_Grambeau_main


形は、サムボードと近似。


カラーは、前回、豪州のクーランガッタのサーフショップで一目ぼれしたマークリチャードのサーフボードのカラーのイメージで。


そしてさらに図々しくも、私はサムにこんなお願いをしていたのです。


【I want you to write something loving word on a surfboard by handwriting.】



21148986_1532337013517646_7417121642146430976_n



サムの娘さんのモアナと息子さんのレノの部屋に飾られたニューボードの画像 ↑



ステキすぎだわ・*:.。☆..。.(´∀`人)


21149343_224936654699981_585521866282631168_n



裏面のカラーはディープブルー。



そして、私がお願いしたそこに書かれている「サムの好きな言葉(loving word )」が気になる。


会話をしていたら分かる。


絶対サムは、胸の内に“美しい言葉”を持っている人だ。


だから、とても気になる。




早速サムに聞いてみた。


【What did you write on the back ?】



21149556_920943144723774_8211887632121069568_n



Give waves first and respect ocean

(波を与えたまえ。そして、海を崇めよ。)



続きを読む

saiaki555 at 17:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 波乗り 

2017年08月28日

今年の夏休みは北米でサーフキャンプ2

旅の最後の〆はメジャー観戦 \(゚▽゚*)/


20904893_462561830794466_8752146023482130432_n


波がなく海に行けずに暇な休日には、無名の学校だろうがどこでも構わず、まばらにしか観客がいない地方球場で高校野球を観ているような私には、メジャー観戦など夢のまた夢だと思っていました。

それが今回、M吉君の粋な計らいによって、その“夢のまた夢”が実現することとなったのです。



20969154_775751599253260_4974146413140115456_n


シアトルの街中にあるセーフコフィールド。


チケット購入し、手荷物チェックを受け、階段を上り、観客席の間から濃い緑色の芝生のグランドが見えた瞬間、鳥肌が立ちました。


すごい綺麗だ。

しかも、デカい・・。



『これがメジャーのスタジアムか・・。』



20968790_2023819317854358_8077298136046895104_n


鳴り物を鳴らし、応援団旗を振り回す、日本式の応援団みたいな集団はいない。


その代わり、子供を連れた家族、恋人同士、職場の仲間、同級生・・そんな感じの小さなグループが『よお、お前も来てたのか!』みたいな感じで、スタジアムの通路をグルっと埋める売店の食べ物を食べながらビールを飲み、まるでそこは社交場のように、皆が平日の夜を楽しんでいました。



20836927_120682161918611_3432679382135603200_n


高揚した気持ちでフィールドでメジャーリーガーの躍動する姿を見つめながら、私は旅立ちの2日前の神宮軟式野球場で行われた税理士会の支部の野球部の試合のことを思い出していました。


折しも私は気まぐれを起こし、自分の所属する税理士会の野球部に4年ぶりに復帰を果たしていたところだったのです。


20905237_292470057900103_4129856941981696000_n


久しぶりのグランド、バッターボックス、外野の守備・・。


どれもこれもが新鮮で、とても楽しかったのですが、しかしその一方で、自分がプレーヤーとして神宮のフィールドに立っていて、以前感じていたような高揚感が訪れないのは、一体どうしてしまったのだろうか?



20837619_125574688079023_7894351899539800064_n



そのことをどのように受け止めたら良いのかずっと分からずにいたまま、ようやくここに来てそのことについてゆっくりと思慮する時間を得たのです。


そして、4年間もの間、私がそのチームを離脱していたことにその原因があるのだということに気がつきました。



20902514_158807881338520_4285092320077938688_n


どうやら私は、その4年の間に、野球というスポーツのプレーヤーとしての“熱”を失ってしまったようなのです。


長年所属し、大半が顔見知りで気心の知れたメンバーと共に闘っている緊張感を、自分自身の中できちんと受け止めているにもかかわらず・・です。



20902459_1553051258110001_2193525151952273408_n



その感覚を例えるなら、「別れた元カノと久しぶりに再会して食事に行ったが、どこか余所余所しく感じられて会話が噛み合わず、そこに一緒にいることにさえ居心地の悪さを感じている」・・みたいな。




20901867_130082537610523_6443940481607925760_n



きっと、私は「心」を野球のグランドではないどこかに置いてきてしまったのでしょう。



自分にとってとても大切であったはずのモノを失ってしまったことに、しばし愕然としながら、私はカクテルライトに照らされたグランドを見つめていました。



しかし私は、野球に対する“熱”を失っただけで、仲間を失った訳ではないのです(今後、失いことになるかもしれませんが・・)



それはとても寂しいことではあるのですが、野球部のことは、そのように割り切って考えることにして・・、私はここセーフコフィールドでマリナーズが惨敗する試合を見た後にシアトルを離れ、日本へ帰国いたしました。


先週、野球部の合宿に参加させていただき、来週は、東京税理士会の秋季野球大会です。




saiaki555 at 19:02|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote  

2017年08月23日

今年の夏休みは北米でサーフキャンプ

シアトルから仁川まで10時間のフライト。


機内で自分の斜め前に座る若いインド人家族の赤ちゃんが、なぜか自分のことをずーっと凝視している。


20902714_109172053113304_2479510544403398656_n


「何だ?何だ?」と訝りながらも、自分がその赤ちゃんに向かってニコっと笑いかけると、その赤ちゃんが自分につられたようにニッコリと笑う。



何度やっても・・


何回も・・



20902439_1950926555123614_4914625261703528448_n


面白いのでそんなことを退屈しのぎに何回も繰り返していたら、その様子にその赤ちゃんを膝の上に乗せてあやしていた5歳くらいのお姉ちゃんが気づき、不思議そうな顔で、自分と赤ちゃんの顔を交互に見比べて、「何で?何で?」と訝りながら、その子もこっちを見て笑っている。


20902361_1931792250421905_5346646946742272000_n


ところで・・いつから、自分はこんなに愛想の良い人間になったのだ(笑)?


どちらかと言えば、自分は子供の頃から“他人”に対する興味が希薄で、一人で居ることを好むタイプだったはずなのに・・。



20902439_131616124120814_1289787264628424704_n


そんなことを言いながらも、また、今回の旅でもまた人の好意に甘え、現地でもたくさんの人の世話になってしまいました。


20837426_1397531237010637_5451288232861892608_n


今回の旅を企画したのは、大阪の友人M吉君。


M吉君とは、バリ島のはずれのメディウィというポイントでサーフィンをしていた時に知り合い、それ以降、大阪に行くたびに一緒に地元のディープな飲食店を飲み歩くようになったのです。


20837346_292788971128128_113684301106642944_n


何年前に、M吉君と大阪の街をフラフラと飲み歩いている時に、M吉君が以前シアトルに住んでいたということを聞きました。


20837214_253677088485803_8471671903000461312_n


俺『シアトルかぁ・・。行ったことないな・・。』


M『良いところやでぇ。さいあきさん連れてきたいわぁ。シアトルでキャンピングカー借りてサーフトリップに行ったら最高やろなぁ』



そんな話を、その時にしたことをM吉君が覚えていて、今回その“夢の旅”が実現したのです。


20837263_158270684724890_522807226272841728_n(1)


そんな旅の間、私は一回も髭を剃りませんでした。


自分でも久しぶりに見る自分の髭ヅラが、私はすっかり気に入ってしまい、キャンプ場の洗面所で撮った髭ヅラのセルフポートレートをfacebookにアップしたところ、それを見た数人の友人から思わぬ反響がありました。


20838207_1890315161206616_429959074239479808_n


おそらくその友人は、“普段の私とは違う私”がそこには写されていて、“その異様さ”に反応をしたのでしょう。


20902010_1497922076966056_7965653317340626944_n


“自分が思っている自分”と“他人が思っている自分”とのギャップがあることに関しては、むしろ当然のことと思っているので、とりたてて驚きもしないのですが、“自分が思っている自分”が少しずつではあるけれど変化をしているということに関して、私はひどく鈍感であるということが、今回のことで良く分かりました。


20839030_136350183636449_8255168605973381120_n


今回は、巨大なシロナガスクジラを思わせる図体のでかいキャンピングカーを駆り、ワシントン州からオレゴン州にかけての海岸線を沿うように走りながらサーフィンをして、毎晩キャンプ場で焚火をおこして、それをずっと眺めながらビールを飲んで過ごす旅。


20837768_107387256655989_895213158925336576_n


そんなノンビリした旅の怠惰な日々は、漫然と過ぎ行く自身の日常を見つめ直すとても良い機会になりました。


20837714_1462498760498176_7894372648526807040_n


シンプルに生きて行くためには、自分にとって何が必要で、何が不必要なのか。

そんなことばかりを、この旅の間考えていました。


DSC05103


ここ数年で、自分を取り巻く環境は大きく変わりました

一昨年に事務所の形態を変えてからというもの、仕事は当初予想もしなかったペースで増えていく一方で、先々、真綿で首を絞めるようにジワジワと自分の思うにまかせない状況に追い込まれて行くことになるのは明らかです。

それを自覚しながら、その一方で、生来旺盛な好奇心が災いし、次から次へと新たにやりたいことが出て来てしまい、『さて、どうしたものか?』と戸惑っているタイミングで、シアトルにやってきました。


20837539_1963973213884344_6927292952888737792_n


やがて私は、周囲と“何かしらの軋轢”が生じることを覚悟で、決断を下すことになるのでしょう。

その決断の末に迎える結果が建設的なものであれ、破壊的なものであれ、私は私自身の身に生じた“変化”に気付いてしまった以上、それに順応をするための“選択”だけは、誰にも委ねずに自らの意思で決めようと、そんなことを考えながら帰国してまいりました。

続きを読む

saiaki555 at 07:22|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote  

2017年08月08日

平成29年度(第67回)税理士試験

サーフィン仲間で一人税理士受験生の後輩がいたのですが、そいつがまたお調子者で、『大丈夫、大丈夫!』とか言いながら試験直前期になっても仲間と一緒に海に行き、挙句に税理士試験に失敗するということを何年も繰り返していたのです。


確かに、その後輩の行動は愚かなのですが、自分は、何度失敗しても振り上げた拳を下ろさずに、何度でも挑戦する彼の姿勢を好ましく思っていました。


そんなある日、飲み会の席で仲間の一人が『こいつ、バカだから、また試験落ちたんやて』と彼を酒の席でその後輩をおちょくっているのを見て、その時無性に腹がたったことを、先日不意に思い出して、また腹がたってきてしまいました(笑)。


でもそれは、私がその後輩のことを慮り、義憤にかられてなんて腹を立てた・・なんていう話なんかではなく、ただ単に、自分がかつて本気で臨んだ所得税法の試験が4年連続して不合格だった時の、悔しさとか、情けなさとか・・そんな自分自身の感情を勝手に彼に投影して、一人で腹を立てていただけの話なのですが(苦笑)。





まあしかし、その件に限らず、“世間”なんてものは、「結果として成功した人」はチヤホヤし称賛するのだけれど、市井で(今はまだ結果は出せていないけど)頑張っている人、努力している人、ましてや、世の中でまっとうに生きる道は何かなんてことを考えて、悩み、もがき苦しんでいる人のことなんて、ただ軽んじて見下すだけで、誰も見向きもしない、そういうものなのではないでしょうか・・。



そんな人に限って、ただ自分の刹那的な“欲”を「夢」とか「達成すべき目標」とか、綺麗な言葉に置き換えて、「結果として成功した人」の真似をして、ちょっとだけ頑張っているフリをするのだけれど、それが簡単には叶えられないとわかると、「政治が悪い」だの、「会社が悪い」だのと他人のせいにして、上手くやっている人を妬み、影で他人の批判ばかりして、結局当の本人は何もしないで「失敗をしないこと」を賢いと信じているのです。



自分の考えは、それとはまったく逆で、「失敗をしないこと」、つまり傷つくことを恐れて闘わないことが、最もリスキーなやり方なのではないかと思うのです。


ものすごく当たり前のことなのですが、「結果を出す人」というのは、行動を起こし、リスクを恐れず、成功するまで闘う姿勢をとり続けて闘った人なのであって、決して自分では闘うことしないで、訳知り顔で「傍から他人の評論している人」ではない、ということです。


闘わずして「0勝0敗」を選択するのか・・


闘い、連敗の上に連敗を重ね、ボロボロになってようやく1勝を得て、「1勝10敗」となることを選択するのか・・


そりゃ、前者の方が傷つきませんし、楽ですよね。


しかし、前者には絶対に「勝ち」は訪れない。


これだけは、疑う余地のない“真理”なのではないでしょうか。


だからこそ、自分はファイティングポーズを崩さない受験生を応援したい。


なぜなら、彼らには“未来”があるから。





続きを読む

saiaki555 at 00:01|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 専門学校の講師稼業 

2017年08月01日

シアトルへ

後半、筆がまったく進まず苦しみながらも、学会に提出する論文「民法から考える信託制度の法的安定性」36,750文字)を書きあげ、いよいよ夏休み。



ず〜っとGoogleカレンダーが14日帰国となっていたから、ず〜っと14日帰国かと思っていたのですが、本日フライトスケジュールを確認していたら、帰国は16日の深夜と判明しました。



ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!!




あっちこっちで『14日帰国しますので・・』と言い回って予定を組んでいたので冷や汗をかきましたが、何とかなりそうです。



いや~、ホントにビックリしました。(^^;;



map


行先は北米のシアトル。


大阪の友人がかつて結婚生活を送っていたシアトルで集合し、キャンピングカー(画像下)をレンタルしサーフィンをしながら約1週間、仲間4人で気ままなキャンプ生活です。


images


シアトルから北へ向かうのか、南下するのか、聞いてないので分かりませんが、ワシントン州からオレゴン州にかけての海沿いの国立公園を転々とできたら理想的だな・・。


念のため、フィッシングロッドとルアーを数個、サーフボードケースに忍ばせておこうと企んでおります。 〃 ̄ー ̄〃フッフフ



image2s


シアトル在住の同行者(今回初めてお会いする友人の友人で、マイクロソフトの社員の方だそうです)からの情報によりますと、海は極寒で、日本の真冬用のウエットスーツやブーツ・グローブ等の装備が必要だとのこと。


気温も最低気温で約10℃。


まあ、自分は見かけによらず、暑さには弱いのですが寒さにはめっぽう強いので、アウターのレインウエアーと、インナーにフリースを持っていけば何とかなるでしょう(*´ー`) 。



(^ー^)ノではまた


saiaki555 at 18:46|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2017年07月27日

1998年にロシアに行った時の写真が出てきました

先週末、友人のブーの家で飲んだ時に、懐かしいアルバムをブーの奥さんが引っ張り出してきました。

1998年

当時自分は33歳。

妻子持ちの身分で、よく行ったものである(笑)。


今もこんな釣りのルートがあるのだろうか?

当時はサーフィンではなく、釣りにハマっていた私は、釣り竿を携え、世界中の変テコなところに行っていたのです。


DSC04003


青森から100人以上乗れるのに15人くらいしか搭乗客のいないアエロフロートのツポレフ157(今でも覚えている)に乗り、まずはハバロフスクへ。


インツーリストという各階のロビーに見張りのおばちゃん(「ストッキング持っていたらくれ」だの、「ボールペンくれ」だのとかおねだりされるのだ(笑))がいる外国旅行者専用のホテルにいったん軟禁され、その後シベリア鉄道の寝台車に乗ってどこか知らない街まで行き、そこでガイドと落ち逢う手筈だ。


DSC04004


駅で、ロシア語で「コンパス(циркуль) 」という名前のチームのガイド2人と、ボーバという名前の太っちょの警官が合流し、日本人2人に対してロシア人3人の陣容で、まずは車で山道を数時間ガタゴト走り、川の上流に着いたら旅のスタート。


熊の狩猟で使う川下りのルートをゴムボートで1週間かけてキャンプをしながら下り、日本では「幻の魚」と言われる“イトウ”を釣るのだ。


DSC03994


日本から出発する前から、『今年は渇水で川下りは無理かもしれない。キャンセルするならしても良いし、あるいはカムチャッカ半島のトリップに変更したらどうか?』と言われていたのだが、あえて強行し、そこまでやってきた。

確かに現地の川の水は少なくて、ところどころ流木が川を堰き止めていて、その都度ゴムボートを降りて、重たいキャンプ用品から何から全部の荷物とゴムボートを担いで歩かなくてはならない。

これが結構過酷なのです(汗)。



DSC03995


ツンドラの中の大自然の中を流れる川なのだからすごく綺麗なんだけど、水たまりになったところには産卵を終えて死んだ魚が大量に浮いていて、そこにウジ虫みたにな羽虫の幼虫がワラワラとたかって、それを卵からかえったばかりの稚魚が捕食して、その稚魚を大きい魚が捕食している。

ものすごく分かりやすい食物連鎖がそこでは繰り広げられているのだけれど、川の水はちょっと魚の腐ったような匂いがして、正直ギョ魚ギョっとなってしまうような衛生環境の下、もちろん、一週間の飲み水は、その川の水を沸かしたものになります(笑)。

風呂やシャワーなど当然あるはずもなく、川に全裸で飛び込み、石鹸で全身を洗えばそれで完了。


DSC04005


食事は、ガイドが持参した幾ばくかの食料で作るボルシチと、釣った魚。

旅の後半は持参した食料も底をつき、熊猟のルートの随所に非常用のカピカピに干からびたジャガイモなどが埋めてあるのでそれを掘り起こし、なんとかそれで食をつないでいるような有様なのです。

そんな食事でも、毎食「なんて旨いんだろう」と思いながら、夢中で食べていました。

間違いなくそれは、どんな高級レストランの食事よりも、リアルに「旨い」と本能で感じるような『旨い』だったのではないだろうかと思う。


DSC04008


そんな旅の唯一の贅沢はウオッカ。

毎晩、食前には、強烈なアルコール度数のウオッカをワンショットだけ、皆で乾杯するのだ。

食べるものにも窮するような状況でも、ウオッカだけは欠かさないっていうのがロシアっぽくて良いではないですか(笑)。

日本式の「カンパイ」の発声と共に、メンバー全員が一緒に手首を返すようにコップからウオッカを喉の奥に放り込み、その後すぐにアルコールを吐き出すように『ハッ!』と息を強く吐き、喉が焼けるようになる前に一気に呷るようにして飲むのが彼らの流儀だ。

あれ以来、今でも自分はウオッカの一気飲みが大好きだ(笑)。


DSC04011


熊猟のルートだけに、当然熊が出る。

すると警察官のボーバが猟銃を構え、時より威嚇射撃をして追い払う。

「大丈夫だ。安心しろ」と彼らは言うが、やはり熊は怖い。


そして、ボートでのんびり川を下っているかと思ったら、突然ボーバが背後で猟銃をぶっ放すものだから、「うわぁ!」と驚いて飛び上がってしまう。

しかし大概そういう時は熊ではなく、川面を飛来している鴨を撃っている時で、見事に鴨を落とした場合には、鴨が落下した草むらに分け入り鴨を拾ってその場でさばき、それが夕食のご馳走になる。



DSC04012



しかし、この旅での私の一番の悩みの種だったのは、過酷な川下りでも、熊の出現でもなく、「蚊」である。

永久凍土が溶けるロシアの夏は蚊が大量発生する季節なのだ。


その蚊が恐ろしく攻撃的で、持参した虫よけスプレーなどはまったく効かない。


それどころか、虫よけスプレーをかけたその2秒後には、そこに蚊が10匹くらいたかっているような有様で、こちらとしては打つ手がない。


DSC03997


始めは、『こんな蚊に抵抗しても仕方ない。力石徹なみにノーガード戦法で行くぜ』と粋がっていたのですが、段々露出していた腕や首がボコボコに腫れて、刺された場所をその上から何回も刺され、やがて腕全体が真っ赤に腫れあがったようになってしまう。

普通に考えれば絶対にそんなことは思わないのだが、その時ばかりは『ああ・・俺は蚊にさされて死ぬかもしれない』なんてことを真剣に考えてしまうくらいに、肉体的のみならず精神的にもダメージを受けてしまいました(実話)。

悲しいことに、あの旅以来、虫刺されに弱い体になってしまい、今でも虫刺されに対して人並み以上に過敏に反応する情けない体になってしまいました(泣)。


DSC03998


釣りは絶好調。

というか、川はカラフト鱒だらけで、釣ろうと思えば何百匹でも釣れる。

どうやってカラフト鱒をルアーにバイトさせずにイトウを狙うのか、が問題なのだ。


DSC04000


それでも何とかイトウ釣りあげ、ガイドが『1日に4匹もタイメン(イトウ)を釣ったヤツは初めてだぜ』と褒めてくれるのだが、その旅で一番の大物をあげたのは、警察官のボーバだ(笑)。

『この大物をあげた釣り竿は、韓国製の10ドルのだぜ』と笑うボーバの道具は、イトーヨーカドーの玩具売り場に置いてあるような粗末極まりないものだが、それでも全然遜色なく1メートル級の大物を釣ってしまっているのを見てしまい、鼻息荒くして海外通販でアメリカから取り寄せた高額なロッドを買って持ってきていることを、その時初めて、私は恥じた・・。


続きを読む

saiaki555 at 07:07|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote  

2017年07月20日

錆びるか、進むか、





11歳

もはや老犬の部類に入る年齢らしい。



殺処分になる直前に保護され、我が家にやってきて、あれからもう10年もの月日が経ったというのか・・。



人間の7倍のスピードで歳をとる犬の生涯に寄り添っていると、「時の流れは残酷」なんて普段なら陳腐にさえ感じられる言葉が、今は結構リアルに感じられるのです。




DSC00068



最近は、床にベターと寝そべっていることが多くなった愛犬ゆまちゃん。



これからはゆまちゃんの“老後”に寄り添っていくのですね。




DSC00066



ずっと、ずっと・・


毎年、毎年・・


定点観測的に高校野球を観ていても、栄枯盛衰を感じます。


数年前には考えられなかったような学校が監督が代わって数年であっという間に強豪校になってしまっていたり、また逆にかつての強豪校が見る影もなく弱体化していたり。


県予選を追いかける面白さに、憑りつかれたように夢中になっている7月なのです。




続きを読む

saiaki555 at 15:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 京橋野球部 

2017年07月10日

利己的な遺伝子と利己的な私

「利己的な遺伝子」の中で著者のリチャード・ドーキンスは、【あらゆる生物は、自分の遺伝子を次世代に引き継ぐために生きている】という趣旨の話を書いています。


Image_cd0682e


自然界を見渡せば、あらゆる動物が種の保存のために生きていると言っても過言ではないほど熾烈な生存競争が繰り広げられているのですが、人間は違います。


DSC04331


それは、現代人の生活環境では、食料が豊富にあり、すべてが快適であり、“種の保存”なんて頑張って自分がやらなくても、(自分のDNAは残らないとしても)“種”が滅びる心配などする必要がないからだそうです。


DSC04334

(「匂いかいで御覧」とフルーツを見せたらこの騒ぎです(笑))

確かに、自分も“種の保存”なんて大仰なことを今まで考えたこともありませんが、その一方で、子供が自分の手から離れ(後3年間、学生の息子に仕送りは必要ですが)手がかからなくなり、『自分の役割を終えた』ようなある種の安堵感を感じているのも事実です。


DSC04336


そんな親の気持ちを知ってか知らずか、我が家の長男は『1ケ月ほど帰国します』と言って留学先から帰国した後、アジアからの留学生仲間と四国を巡り、その後タイに行ってしまい、何のことはない、結局家には数日しかおりませんでした(自分も彼くらいの年齢の頃、ほとんど家に居なかったので、何も言えません(笑)。)


DSC04338


そんな呑気な息子のタイ土産は、山盛りのフルーツ。

これには、果物好きの我が家の愛犬ともども、大喜びです。\(´∀`)丿



DSC04341


そんな息子がタイから帰国翌日の土曜日に、『キャッチボール付き合ってよ』というので、彼が昔少年野球をやっていた頃によく2人でキャッチボールをしに行った運動公園に、涼しくなる夕方の時間に行ってみました。


DSC04344


『何か懐かしいなぁ・・』とか言いつつ、久しぶりの息子とのキャッチボールを楽しみます。


DSC04340


野球ウンチク王の息子が「動画でピッチングフォームを撮ってくれ」というので、お互いに代わり番こに動画を撮りあい、チェックし、ついでに自分の投球フォームを修正してもらったら・・。



DSC04367


あらビックリ。 

コントロールが定まり、結構いい感じで投げられるのです。

 Σ('◇'*)オオッ!?

(お礼に、私は彼にスケートボードを教えてあげました。(^○^))



DSC04379


折しも、そのさらに翌日の日曜日は、保土ヶ谷球場で夏の選手権大会の自分の母校の試合があり、私はいそいそと保土ヶ谷まで行って、そこでもやしっ子のような後輩たちが一生懸命闘っている姿を観ていたら胸がアツくなってきてしまい、自分も野球をやりたくなってきてしまいました。



困ったものです(汗)。




続きを読む

saiaki555 at 19:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2017年07月05日

何処か遠くへ

たびたび通っていると、そこがたとえ距離が離れた場所であっても「遠く」ではなくなるという感覚が生じます。


19533658_764481307063308_5915954594222964736_n(1)


徐々にではありますが、ようやく京都もそういう感覚で行ける場所になってきました。


19624997_456965234663407_1936773686329606144_n


今回、顧問先の社長の車をお借りして自分で運転をしたおかげで、だいぶ京都の地理が頭に入ってきました。


19534441_118328105444000_3712589599181111296_n


今まで何をどう勘違いしていたものか・・、京都動物園は新幹線よりも南側にあると思っていましたし(笑)、そもそも京都って琵琶湖の湖畔と言っても良いような位置関係にあるということも理解していませんでした。


19533590_436212786764510_6375487662211465216_n


地理が頭に入り、土地勘が働くようになると、だんだんその場所が身近に感じられるその感覚は、かつて香港で感じたそれに近いものがあります。


19623425_1343406599042251_7556924902100434944_n


そうやって少しずつ、私にとっての「遠く」が無くなってきたら面白いなって思っています。


19623150_113849375902355_9204775288024596480_n


今回は、土曜日の一日単独行で、三千院→宝泉院→寂光院→詩仙堂→曼殊院と回ってきました。


19625100_127632564500891_8074618836663402496_n


詩仙堂で隣にいた主婦2人組が、『今の時期の京都は、桜でもないし、紅葉でもないし、中途半端なのよ』と言っていたのですが、その指摘はまったくもって失当としか言いようがありませんね(笑)。


19623471_274190316390147_4702450316753240064_n


このジメジメした陽気のおかげで、どこの寺院の庭に行っても苔がとてもきれいでした。


19437160_331253040639942_2788881157607915520_n


日本の庭園の美しさの本質は、四季の移ろいを感じられるところにあるのであって、JRのCMに出てくるような桜や紅葉を愛でる時にしか感動を得られないというのであれば、それを聞いた作庭者はさぞガッカリされることでしょう・・。


19534571_512763852408192_8728461632486768640_n


今回思ったことは、「しばらくは色々なところを観て回るけど、もう少ししたら“お気に入りの場所”を決めて、そこに集中的に通おう。」ということ。


19623631_684517008401490_5165993453972094976_n


もしかすると自分の場合、綺麗に整備された神社仏閣よりも、誰か人が暮らしていた“気配”の感じられる旧〇〇邸みたいな、過去の人の私邸の方が好きなのかもしれないと思い始めています。





saiaki555 at 18:03|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote  

2017年06月26日

時代は変わる

一時帰国中の息子と一緒に海に行って、“先輩風”をゴーゴーと吹かせてまいりました(笑)。


DSC03924


テクニカルなことを云々言うより、自分は、波を、海を理解する方がよっぽどサーフィンは上達すると思っているので、そんなことを少しだけ息子にレクチャーをしたらバンバン良い波に乗っちゃって・・(汗)。


『ブリスベンに戻ったら、ゴールドコーストに通って練習するわ』なんて言っているので、あっという間に自分より上手くなってしまうのでしょう。

イイサ・・・(TεT)  オレモガンバルサ。。。



DSC03932


海へと向かう車の中で息子と会話をしていて知ったのですが、息子は久しぶりに家に帰ってきて、(野暮を絵にかいたような)父親(私)が、かつては想像もつかなかったようなもの(神社仏閣・庭・漢詩等)に関する書物を読んでいるのを見て心から驚いたようで、『ちょっと会わない間に、とー(私)にそんな唐突な変化が起こるのなら、世の中何が起きてもオカシクないね・・。』と、分かったようなことを言うのです。



DSC01231



そういう自分だって、来週末には、大学のタイ人の友人を訪ねてバンコクへ行くって話じゃないか。


ちょっと前までは、高校の野球部の友達としか遊ばなかったくせに・・。


大した変化じゃないか・・。



DSC01230



私は“古いもの”へと関心が向かい・・。


息子はどんどん“新しい世界”へ向かって行って・・。






唐突に、ボブディランの「The Times They Are a-Changin(邦題「時代は変わる」)」が聴きたくなって、かけてみました。

Come mothers and fathers throughout the land (国中の母親たちよ、父親たちよ)

And don't criticize what you can't understand (自分で理解できないことを批判したりしてはいけない)

Your sons and your daughters are beyond your command (あなた達の息子も娘も、あなたの意の届かない場所にいる)

Your old road is rapidly agin (あなた達の古くさいやり方なんて、あっという間に古びてしまい、使い物にもなりやしない)

Please get out of the new one If you can't lend your hand(もしも手を差し伸べる気もないのであれば、そこから出て行ってもらいたい)

For the times they are a-changin(時代は変わる)


saiaki555 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2017年06月19日

今後の検討課題

オーストラリアの「swell‐net」という波情報サイトで、いつも私がゴールドコーストに行った際にお世話になるTOMさんのKirra Beachでのライディングが紹介されたということを、シェーパーのSAMさんのfacebookの投稿で知りました。


曰く・・「昨日、Kirra にマイケルピーターソン(豪州の伝説的サーファーです)の亡霊が出現!」


その写真がこちら。


19225907_10154730861033366_5053538326656293572_n



(ノ≧▽≦)ノ〜〜カッコイイ







そして、TOMさんからこんなメッセージが。

「来週も良いスエルが続くのでSさんには連絡しておきましたよ・笑。一緒に来て下さいね!」


そして土曜日の夜に、すかさずSさんからメールが・・。


『月〜木、オーストラリアに行きませんか?波が上がってきたと、TOMから電話がありました。』



(/≧◇≦\)Oh My God !







ええ・・、真剣に検討しましたとも。


が、どうしても、火曜日のアポイントの相手と連絡が付きません。


これがオレの限界なのか・・  _| ̄|〇 ガクーリ



過去においては、「急だけど、来週スペイン行ける?」みたいなお誘いがあった際、8日間の日程を絞り出すことができたという実績があるのですが、今回は日程調整ができず、断念。
(日程調整のために動けるのが、週末の土曜と日曜の2日だけというのがネックでした)






もしかしたら、4年前よりも、自分のポテンシャルが落ちたのではないだろうか?


税理士の中にあっては、「海外にしょっちゅう行ってる」だの何だのと揶揄され、その一方で、Sさんがまるで伊豆か千葉に行くような気軽さでヒョイっと容易にできてしまうことさえも、自分はなかなかスマートにすることができない。


どっちを向いても中途半端みたいで、非常に良くないですね、この感じは・・。




『あー、今回はダメだったなぁ』ではなく、真剣に「じゃあ、どうする?」「どうしたい?」「どうあるべき?」ってことを考え直してみようと思います。






saiaki555 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2017年06月16日

論文…書き始め

8月提出の学会の論文。

30000字

お題は信託。
(私は民法とのからみで、「信託ってどうなのよ?」と懐疑的な立場で論ずる立ち位置で(((^^;)。本心では「使い勝手が良いなら良いんじゃない?」って思ってるのに(笑))

こうやって考えることは基本的に好きなんだけど、根をつめて、あーだこーだと愚にも付かない屁理屈みないなことを考えてたら、頭の中の思考回路がショートして、耳から煙が出てきそう(ノ´∀`*)。

image


多分、良い迷惑なのは、事務所のメンバーの税理士のケンちゃんと司法書士の田中ちゃん。

定見に対する屁理屈みないな疑問を、私から『どーなんよ?』みたいな感じで藪から棒にしつこく聞かれて、さぞかし困惑してることでしょう(笑)。

ゴメンね( ´∀`)。



続きを読む

saiaki555 at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年06月10日

ボケーと1日

本当は今日は1日根をつめて事務所にこもって学会の論文を書こうと思っていたのです。

image


しかし、今度引っ越す予定の古い日本家屋をどんな風にリフォームするか、そこの縁側の軒下でボンヤリ考えていたら夕方になっていました( ´∀`)。


image


日没前に犬ちゃんたちと海に来て、『砂浜を走り回っておいでよ』と 言うのに自分の隣で大人しく座っています。(*^^*)カワイイ


image


なので、3人(1人+2匹)で暗くなるまで ボケーと海見ていることにしました。


image


結局ボケーっとする以外なーんにもしなかった1日(笑)


image


夜になって涼しくなったら、ジョギングでもしようかな。

でないと、体がなまってしまいそう(((^^;)。


saiaki555 at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年06月05日

今週は良いことずくめ

うちの長男のファンデーションスクール(豪州の大学は3年制で、留学生は1年間ファンデーションスクールに通います)の卒業式があったことを、豪州の公認会計士のWさんからLINEで画像が送っていただき知りました(本人からはその後に事後報告的に連絡がありました(汗))


そして晴れ晴れしく大勢の卒業生の前で、奨学生に選ばれたことの表彰を受けたそうです。



BlogPaint



海外のことはよく分からないので、『案外普通に奨学金って貰えるものなのかな?』なんて思っていましたら、ファンデーションスクールのスタッフをしているWさんの奥様の話によると、『その学部で奨学金を得られるのは一人だけ』で、『日本人がその奨学生に選ばれたというのは、過去に聞いたことがない・・』とのこと。


スバらしい快挙なのだと知って気分を良くし、その日は野球部の後輩に誘われて17時前から築地に飲みにいってしまいました(笑)。



d3ff09ed-s



木曜には、顧問先と伊豆に出張していた先で、税務調査(うちの事務所の中では規模の大きい顧問先の調査で、元東京国税局の調査課出身で現在は税務署の指定特官による税務調査だったものですから、うちの職員がビビりまくっていた税務調査だったのです)が“是認”で終わった旨をの連絡を受け、その日は宿でしこたま飲んでしまいました(笑)。



DSC03687



そして近々、今住んでいる町内で、隠居爺さんが住むのような平屋の家に引っ越す予定です。


DSC03750


週末には、そこの庭でたわわに実る梅の実を収穫しました。

正式に引っ越しが決まりましたら、またご報告いたします。

それでは、また (^^)/ 。

saiaki555 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 主夫の友 

2017年05月31日

王様と私(2017年版)

スリランカの顧問先のご家族が来日されました。


先月事務所のメンバーでスリランカにお邪魔した際には、とてもよくしていただいたので、今度はこちらが全力でオモテナシをしなくては・・。(*'-')b



BlogPaint


小学生のウリちゃんも同伴での来日なので、行き先は富士急ハイランドに決定。

『東京ディズニーランドでジェットコースターは乗ったことがあるから大丈夫』と余裕綽々の3人を、入園するや否や「FUJIYMA」にご案内すると相当衝撃を受けたようで、『any more・・』とその後は絶叫系アトラクションは完全NGとなってしまいましたが、コーヒーカップやメリーゴーランドのようなソフト系アトラクションは相当楽しんでいただけたようで良かったです(笑)。



BlogPaint


「園内の池の中のスワンボートに並んで乗るくらいなら、湖でボートに乗ろうよ」と、夕方前に富士急ハイランドを後にして、我々は河口湖へと向かいました。

家族旅行なら、いくら子供が「乗りたい」とせがんでも『ダメ』と言ったであろうモーターボートを借りきり乗ってみました。

意外にこういうのも、良いもんですね(笑)。



BlogPaint


牛肉・豚肉がNGのご家族なので、夕食は以前何度か行ったホテルの和食店にお願いして、魚介中心の懐石料理を事前にオーダーしておいたので用意は万全です。


BlogPaint


去年来日された時には箱根にお連れし、今回は富士急ハイランド。

やはり人様を喜ばせるというのは、なかなかに大変だと思いました。

自分としては、もっともっと日本の良いところを観て、知っていただきたいし、お連れしたいところはたくさんあるのですが・・、また来年もどこかお連れするとしたらどこが良いか、今から考えておきたいと思います。




saiaki555 at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2017年05月26日

奨学金はアリガタイ

先日、留学しているうちの息子から吉報が届きました。



大学の奨学金をいただけることが決定しました。



ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪



DSC02304





ちなみに豪州の大学は3年制で、留学生はその前にファンデーションスクールというプレスクールに1年間通い、そこの成績で進学先を決めるシステムになっております。


そして当初、息子から報告を受けていた4年間の学費は次のような感じです。

1.ファンデーションスクールの授業にスムースに入るための語学学校(2か月)・・2,406豪ドル(約202,000円)

2.その間の生活費・・4,800豪ドル(約403,000円)

3.ファンデーションスクール(1年間)の学費・・28,712豪ドル(2,411,000円)

4。その間の生活費・・19,200豪ドル(1,612,800円)

5。大学の学費(3年間)・・108,000豪ドル(9,072,000円)

6.その間の生活費・・57,600豪ドル(4,838,400円)

7.学生保険(4年間)・・2,837豪ドル(238,000円)

8.合計 223,555豪ドル(18,778,620円)







しかし、今回奨学金をGetしたことにより、5の大学の学費が半額になり54,000豪ドル(4,536,000円)となるため、当初223,555豪ドル(18,778,620円)かかるはずだった4年間の学費の合計金額が、169,555豪ドル(14,242,000円)になります。
(途中で打ち切りになる可能性もありますが・・(滝汗))

結果として、450万円近く学費支出が抑えられる計算になるのです。





いや〜、本当に助かります。



4月に『良い大学なんて行かなくて良いから、死ぬ気で奨学金をとれ』とハッパをかけておいて良かったです。





続きを読む

saiaki555 at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 主夫の友 

2017年05月19日

行ってみないと分からない

その土地のことなんて・・

行ってみないと分からない



DSC03294


さらに言えば・・

現地のことは、現地で聞いてみないと分からない



DSC03243


スリランカのコロンボの街中の、古びた雑貨屋兼駄菓子屋みたいな店舗の土地建物の物件価格が1億円近くするなんて、想像できますか?



DSC03291


街中で見かける車が、高関税のため、例えばメルセデスのSクラスで5,000万円超の値段するだなんて、信じられますか?



DSC03244


ということは、国民一人あたりのGDPが、ちょうど日本の1/10にしか過ぎない国の街中で見かけたあのオジサンも、オバサンも、結構な資産家ってことなのでしょうか?


どうも解せません。



DSC03275



しかし、同じような疑問は、去年行った中国でも感じていた訳でして、未だにその理由を解明できていない私はいかに不見識なのか・・ってことですよね。



DSC03292


でも、ひとつ確実に言えることは、「人の営みなんて、多少の違いこそあれ、どこに行ってもたいして変わらない」ってことです。



DSC03296


人々は、ご飯を食べて、寝て、死ぬまで生きて・・。



DSC03300


富める者も、貧しき者も、誰がどこでどう暮らそうが、やることなんて大して変わらないのであれば(住む家が、乗る車が、身に着ける装飾品が、口にする食品が、宿泊するホテルが、ちょっとばかり違うだけにすぎません)、私は“見知らぬお隣さん”がどんな暮らしをしていようと、『それがどうした?』と位にしか感じません。
(それはある意味、他人様の懐具合の勘定を“単なる数字の羅列”としか見てない我々税理士の職業病でもあります)



DSC03316


しかしその一方で、日本が「失われた20年」などと言われ、もう随分と長期間経済成長が足踏みをしている間に、中国やスリランカのような国々が着実に成長をしているということは間違いありません。



DSC03319


かつて日本であった「土地神話」のような、不動産を買えば必ず値上がりすると誰もが信じて疑うことのなかった勢いのある状態の真っただ中に、アジアの元気な国々はあるようです。



DSC03335


それがバブルなのか否か、そこは人によって見解の分かれるところだとは思いますが、少なくとも、経済が長らく停滞しっぱなしの日本の私の目から見れば、そこはとても魅力的で活気に満ちた場所であると感じられました。



DSC03422


その一方で、『よ〜し、それではいっちょう何か投資でもやってみるか・・』と具体的に個別の案件について検討を始めてみますと、それはそれでファイナンスをどうするか、現地の商慣行や税制・ビザ・登記制度・送金方法などはどうなっているのか、あるいは、そもそも取引相手を信用して良いのかどうかなんて、諸々のことをあれこれ考え始めたらキリがなくなってしまい、現地で不動産を買おうと思ったとしても、なかなか一筋縄にはいかないということを実感いたしました。




DSC03455


とりあえず今回の出張の具体的成果としては、不動産ほど手のかからない金融商品にちょっと手を出しただけにとどまりました。(不動産投資は、手頃な価格帯の物件が見つかるまで当面ペンディングです)



DSC03468


そんなことより、私はスリランカの人達のノンビリとしたライフスタイル(こと“ライフスタイル”という点に関しては、日本は「最貧国」と言えるのではないでしょうか?)には大いに共感するものがあり、良い刺激をいただき帰ってまいりました。


諸々用事もできたことですし、また行きます。


一回くらいスリランカでサーフィンもやってみたいしね(ノ´∀`*)。








saiaki555 at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote