2016年08月26日

台風10号よりも気掛かりなのは

今月の業務、(ほぼ)完了(^^ゞ

台風10号LIONROCK(ライオンロック)がブーメランのように関東方面に戻ってくるのを迎え撃つかのように、今晩23時に竹芝桟橋を出る船に乗って新島へ行ってまいります。

image

しかし、その前に、今朝は地元で一ラウンド🎵

思いがけず良い波でございました。(^^)d

image

海から上がり、旅支度を拵え、ほぼいつもと同じ時刻に事務所へ。

image

夜、事務所から直接竹芝へ行くので軽装で出勤したいのですが、夕方から税務署や法人会のエライさんとの会議に出席しなければならないので、一応小綺麗な服装で行かなくてはなりません。

(私がサボると思われているのか、わざわざ税理士会から「金曜は来るんだろうね?」と、確認の電話までいただいておりますので、行かない訳にはいかないのです。)(;´д`)

image

会議が終わるのが、おそらく17時半くらい。

それから23時までどこか飲みにでも行こうかな。

誰か暇な人がいらしたらお声かけください(^-^)/

ちなみに私は、船がどんなに揺れても船酔いをしないので、早起き寝不足→サーフィン疲れ→深酒グテングテン→台風うねりで船大揺れ→でも大丈夫なんです(^^)d

帰路は月曜日に高速船を予約してますが、十中八九台風直撃で欠航になるでしょう(^w^)。


続きを読む

saiaki555 at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月24日

五輪が終わり、3つの台風がやって来た夏

毎日、結果をワクワクしながら追いかけていた甲子園とオリンピックが同時に終わってしまい、急に寂しくなってしまいました。

DSC09818

気が付けば、もう夏も終わります。

DSC09808

今、私が感じている寂寥感は、甲子園やオリンピックが終わってしまったことによるものなのでしょうか?

DSC09806

それとも、夏が終わろうとしていることによるものなのでしょうか?

自分でもよくわかりません。

DSC09817

日曜の夕方、しばらく浜辺にとどまり、ボ〜っと海と空を見ていました。

DSC09797

おそらく、海で波待ちをしている時でさえ、私は他の人の何倍も空や景色を見ている時間は長いのではないかと思います。

DSC09816

それは別に私が特段にセンチメンタルなヤツだからという訳ではありません(笑)。

子供の頃からそうやってボ〜と外ばかり見ている子供でした。

DSC09794

そんな私を傍から見たら、「あいつ何やってんだ?」と思われるかもしれませんが、見ようによっては、沖を航行する船が空に浮かんでいるように見えていたりして、ボ〜と海と空を見ているだけでも案外面白いものなのです。

DSC09825

日没して、辺りが暗くなると急に私は我に返り、『あ、帰ろ・・』と、急にソワソワした気持ちになって、バイクで家路を急ぐのです。

日没後に吹く風も、心なしか少し涼しく感じられ、季節が変わろうとしているように感じられます。

この週末には、以前モルディブに一緒に行った方の所有する新島の別荘に、その時のメンバーで集まることになっていますが、もしかすると、荒天で船が出ずに予定通りに戻って来れないかもしれません。

ですが、それは仕方ないですね。( ̄ー ̄)ニヤ~リ...

そうこうしている間に、気がついたら本当に今年の夏が終わっているのでしょう。


続きを読む

saiaki555 at 19:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 波乗り 

2016年08月19日

ところで、愚か者とは誰のことだ?

先日、このブログで告知をさせていただきましたアナゴ釣りに行ってまいりました。

が、その前に、横浜スタジアムで、高校野球神奈川県予選の準決勝を2試合観戦。

DSC00746

球児たちの熱戦もアツかったのですが、その日の球場の暑さも半端ではありませんでした。

アナゴ釣りに行かなくてはならない時間ギリギリまで2試合目の観戦をしていたのですが、その日は本当に暑く、体力にはそこそこ自信のある私も「いや〜マイッタな」ってくらいにクタクタに消耗してしまいました。(真っ黒に日焼けをしていて、いかにも暑さには強そうに見えるらしいのですが、暑いのは苦手なのです(汗))

DSC00753

「あ〜しんどいわ」とか言いつつ、私は待ち合わせの鶴見駅に向かうのですが、実は私なんかよりもっとハードな強行軍でこの企画のため大阪からやって来るお調子者がいるのです。

税理士のA。

DSC00759

いつも“詰め”の甘いA(苦笑)。

今回も、「電車の乗り遅れた。新横浜で接続時間3分の乗り換えに失敗したら出船時間に間に合わないかも」なんて連絡があり、「なんとか時間までに来いよ」とか言っていたのですが、無事に“3分の乗り換え”に成功したらしく、無事オンタイムで鶴見駅に集合。

ホッとして3人でタクシーで釣り宿へ向かい、乗船手続きを終えたところで『ところで、帰船時間は何時ですか?』と船宿の人に聞くと・・『だいたい10時過ぎかしら・・』

A『えええ━Σ(-`Д´-;)━━!!!』



『え?どうした?』


BlogPaint

なんでも、翌日の日曜には大阪でセミナーの講師を務めなくてはならないうえに、家族の用事もあって、夜釣りを終えてから最終の新幹線で大阪に戻るつもりだったらしい。

そのためには、船宿を21時半には出る必要がある。

『ムチャクチャなスケジュールで来たな・・オマエ』

呆れる我々を横に、「電話してくる」と言い残し、Aはいったん乗船した釣り船から降りて、スマートフォンを片手にどこかへ消えていきました。

DSC00764

数分後。

船に戻ってきたAは、『やっぱり帰るわ』と寂しそうに笑い、荷物をまとめて帰っていってしまいました。

つまり彼は、横浜で釣りをするためだけに、午後1時ごろ大阪の自宅を出て、「遅刻するかも」とか言いながらドキドキしながら新幹線と在来線を乗り継ぎ鶴見までやってきて、我々と合流して釣り船にいったん乗船するも、出航前に下船して、そのまま大阪へ帰って行ったと・・そういうことです。

なんと愚かな…(笑)。

DSC00777

『いったい、何だったんだ?』と呆れながらも、私とBは、『まあ、ヤツも大変だよな。きっと大阪に帰ってからかみさんに怒られるんだぜ。可哀想なヤツだよなヾ(°∇°o)ノハッハハハ』とか言いながら、早速缶ビールのプルトップを引き開けました。

船は、鶴見川を下り、夕暮れの東京湾を快走します。

潮風が実に心地よい。

DSC00774

右手にはみなとみらいのビル群が。

左手には君津の製鉄所が。

空には羽田空港を離発着する夥しい数の飛行機が。

隣には巨大なタンカーが。

潮風に吹かれ、ビールを飲んでいる間に船は進む、進む。

楽しい・・。

DSC00785

ほぼ、日没と同時くらいにポイントに到着し、仕掛けを投入。

周囲の玄人っぽい人の真似をしながら、ただひたすらに釣り竿をしゃくる・・しゃくる。

BlogPaint

周囲の人に、パラパラとアナゴを釣れ始めた。

時より外道でチビッ子のサメやタコなんかが釣れている(笑)。

DSC00788

「まあ、焦らんでもよかろう」なんてビールを片手に余裕の我々も、少しずつ焦り始める。

「このままでは一匹も釣れんぞ。さすがにそれはまずい・・。」

DSC00790

ようやくBにアナゴがかかった。

が、あまり喰いは良くないようで、周囲の人もそんなには釣れていない。

自分はさっぱり釣れず、ただ空き缶の数ばかりで増えていくのみ(笑)。

DSC00800

そうこうしている間に終了時間。

結局、自分が釣ったのはシロギス一匹・・たったそれだけ。(シロギスなら、地元でもっと簡単に釣れるのに・・)

Bは、アナゴ3匹、サメ1匹。

でも、もともと「俺らの目的は釣りではなく、遊船だから」という主旨での企画なので、我々2人はこれはこれで大満足なのです。v('▽^●)♪

DSC00803

しかし、釣り宿というところにはちゃんと互助のシステムが出来上がっており、船宿の乗組員が釣った魚を、釣れなかった人に配給をすることで、ちゃんと全員にお土産を持って帰ることができるようになっているのだ。

DSC00806

さらに自分は、隣に座っていた玄人っぽいおじさんと釣りをしながら仲良くなり(知らない人と仲良くなったりするのは得意なのです(笑))、そのおじさんから2匹のアナゴをいただいたので、計3匹のアナゴを持ち帰ることができました。(翌日、妻にてんぷらにしてもらい食べたら、とてもホクホクして甘くておいしかったです)



続きを読む

saiaki555 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2016年08月15日

平成28年度(第66回)税理士試験

平成28年度の第66回税理士試験の受験生数は大きく減少した(△6.6%)みたいですね。

最近、国税の人と話をしていても、「税理士なんてなりたくない」って皆口を揃えて言うし、どうやら世の中全体から見て、魅力に乏しい資格になったということは相違ないようです。(その最大の理由は、おそらく税理士が“稼げる資格”ではなくなりつつあるからと思われているからだと思われます。)

それでも、また延べ人数にして44,044人もの人が税理士を目指して受験をしているというのですから、まだまだ“なり手”はたくさんいるということなのでしょう。

かつて専門学校で消費税法の教鞭をとっていた頃、受験生に対していつも思ったことは、『やる気がないなら学校なんて来ないで遊びに行っちゃえば良いのに・・』ってことです。

試験直前の7月になっても理論が全部覚えらずに、『先生。20問くらいに絞ってヤマを張ってもらえないでしょうか?」とか言ってくる子が毎年現れます。

答練でいつも同じようなケアレスミスを繰り返すのに、それを直そうともしないまま本試験に臨んでしまう子がいます。

自分の教え子は可愛いものだから、「どうしても合格してほしい」と思うのですが、そう思えば思うほど、無作為に、ただ「一生懸命頑張ればもしかしたら合格するかも」なんて甘いこと考えてる彼らに段々腹がたってきてしまい、それがとてもストレスに感じたことを覚えています。




折しもブラジルのリオでオリンピックが開催されており、テレビに元スイマーの寺川綾がレポーターとして画面に映っているのを見かけました。

寺川は、現役時代にはずっと「本番に弱い選手だ」と言われ続け、『速い選手じゃなく て強い選手になりたい』と思うようになったという記事を書いたことを思い出し、過去記事を検索してみましたら、それは5年前、前回のオリンピック前に寺川の水泳を見て税理士試験に触れて書いた記事であり、その偶然の一致に私自身が驚いてしまいました(笑)。

寺川の言うところの、「速い」と「強い」がイコールではないように、税理士試験においては、その税法が「ワカる」と「ウカる」とはまったく異なるのだということを、きっと44,044人のうち35,000人くらいが理解をしていないように思います。

もしもそうであるならば、9月からのTACや大原の申込みなど絶対しない方が良いと思う。

その1年分の受講料を持って不動産屋さんに出向いて、そのお金を投資用物件の手付にでもする方がよっぽど30年後にHappyになれるはずである。

税理士試験などを受験しなくとも容易に資格を附与される国税OBでさえ「なりたくないな」と感じる税理士という資格に、苦しい想いまでしてなお恋々とする意味が、税理士試験受験生にとって「お金を稼ぐ」ということ以外に別に有ると言うのであれば、話は別ですが。



saiaki555 at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月08日

すべてはOMAIS(オーマイス)のために

何があっても、この週末は台風5号(OMAIS)のために費やすと決めました。

そう決めました。

DSC09641

早速土曜日の早朝に、湘南よりも早く大きなウネリが到達しそうな千葉南へと向かいます。

が、町内を出るまでに何度もエンストを繰り返す愛車のルノー。

もう数か月前からずっと不調だったのですが、いよいよその不調も本格的になってきました。

結構気に入っていて、簿価が1円になった後もずっと乗り続けているのだけど、そろそろ寿命なのかな?
(古い車に乗り続けるだなんて、「減価償却は最高の節税」とか言っちゃってる税理士からしたら、有り得ない暴挙なのでしょうね(苦笑))

DSC09642

どう考えても、この調子で千葉まで無事に往復できる自信がないので、忍び難きを忍び、耐えがたきを耐え、いったん自宅へ引返し、ルノーを修理工場へ入院させました。

これで嫌がおうでも、台風波は地元の海で堪能することとなります。

DSC09657

千葉には行き損ねましたが、地元には地元ならではのメリットもあります。

ひとつには・・浜で人のサーフィンを眺める“私の定位置”に折りたたみ傘をセットし、直射日光を避けながら快適にウオッチングができること。

台風の時には海を何時間でも見ていたいので、こんなちょっとした工夫でものすごく快適性が増すのです。

DSC09644

そしてこの土日の私のサーフィン・・土日の2日間で、約8時間超。

酷使した僧帽筋をはじめ、胸・肩・背中の筋肉が、“力こぶ”のようにパンパンに固く張って、小さめのシャツなど着たならば超人ハルクのようにシャツが破裂してしまいそうである(笑)。

本当によく頑張った。

DSC09649

春先からずーと1173(いい波)に当たってなくて、溜まりに溜まっていた憤懣やストレスが、この週末でやっと台風のもたらした雄々しいウネリによって見事に脳から霧消して、強く吹き始めた東からの湿った風に乗って富士山の方へ飛んで行ってしまいました。

DSC09660

大きい波が来ている日に、少し緊張感を持って、しかし、スキップしてしまいそうなくらいにウキウキしながら、バイクに普段使わない大波用のサーフボードを積んで海に行く、そんな瞬間が大好きです。

DSC09661

言うことを聞かないカチカチの51歳のカラダで「どうにでもなれってんだ」とムキになって我武者羅にパドリングをしていると、金曜日までは頭の中の大半を占めていた諸事の一切合切から私は解放され(正確には、それらを考える余裕を失い)、バシャバシャバシャバシャと“ただひたすら水を掻く人”となって一心に沖を目指します。

DSC09688

沖に到達した私は、西へ西へと強く流れるカレントに逆らいながら、小笠原沖から到来してくるウネリに目を凝らします。

DSC09689

ウネリの到来するリズムと、自らのポジションニングを合わせるように、“ウネリの中のツボ”を捉えて、そこから一気に持ちうるすべてのパワーを発揮して全力でウネリの下方に向かってパドリングをすると、「すー」っとサーフボードが走り出す、その瞬間を私はずっと何か月も心待ちにしていたのです。

DSC09718

海と自分のリズムが合致した瞬間。

台風のとてつもないパワーを体全身で感じた瞬間。

普段有り得ないようなスピードで波の上を滑走している瞬間。

そんな瞬間瞬間の繰り返しが、ただ楽しくて、気持ちよくて・・・。

疲労からいよいよ腕が上がらなくなり、肩が回らなくなってきているというのに、何度も海水を飲みながら、海底に叩き落とされながら、それを何度も、何度も。

DSC09719

こんな風に大人を、忘我の境地にいざなってくれるもののことを“趣味”っていうのでしょうね。

きっと。

私は良い趣味を持っています。(*'-')b

DSC09721

でも、ひとつ私には“ある懸念”があります。

DSC09740

それは、「こんな無理がいつまで続けられるのか?」ということ。

いつかきっとこんな無理が祟って、私は決定的に体を壊してしまうのではないだろうか・・。

古くなって走らなくなってしまった愛車のルノーのように。


続きを読む

saiaki555 at 07:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 波乗り 

2016年08月01日

夏の京都と人の繋がり

何も税理士だからといって、税金計算だけやっていれば良いというものではありません。

DSC00648

むしろ税理士だからこそ、顧問先の事業内容や業績がよく分かる立場に在るのですから、客観的に傍から見ていて『イイな』と思う事業にお声かけをいただいた時には、それに「一枚噛む」という選択だってあり得る訳です。

そんな訳で、週末を利用して、新規の事業計画に参画するメンバー全員で打合せをするために、私は新幹線に乗り京都へ。

DSC00633

京都に参りますれば、「いちげんさんお断り」のお茶屋さんに連れていっていただいたり、今回は「川床」の料理屋さんに連れていっていただいたり。

その土地の人が教えてくれる“その土地ならではの風情”の「特別」っていう感じがとても好きなのですが、それ以上に、その方の地元のコネクションや特別な場所をたくさん紹介してくださるのが本当に嬉しいです。

DSC00636

しかし、この京都の方に限ったことではなく、東京でも、私が常々「ラッキーだな」と思っていることは、色々な人が、色々な人やモノを私に紹介してくださること。

そうやって人様から与えていただいたコネクションや情報は、私と、私の周りにいる人の“共有財産”となり、私のみならず、私の周囲の人までにもベネフィットを与えてくれることになるのです。

DSC00647

『〇〇さんって人、一回会った方が良い。セッティングするから一緒に食事に行こう』

『面白い人いるから紹介するわ』

『絶対サイトーさんと話合うと思う(笑)』

DSC00649

しかも、大抵そういうカタチでご紹介をいただく方というのは、大抵“ヒトカタならない人”であったりするので、一瞬私も怯むのですが、しかし私もお調子者で『そうですか?じゃあ・・。』とホイホイ着いていくものですから、結果として私は色々な人とお会いして、面識を持たせていただくことになるのです。

DSC00645

それが仕事に繋がったり、深い仲になったりするなんてことはほとんど無いのですが(たまに有ります(笑))、それでも何か有った時にその時会った人を思い出し、一本電話を入れることができるというのは、「とんでもないアドバンテージだな」と思うことが最近非常に多いのです。

DSC00659

そういう人達とたくさんお会いしていつも「こういう世界の人達って、世間の一般の人達とは全然違うな」と思うのが、そういう人達の交わす会話の内容です。

DSC00626

とにかく、“情報交換”が多いのです。

「○○するなら、まず○○さんに相談してからの方が話が早くて良いよ。今電話してあげるから」

「〇〇さんと〇〇さんは同郷で古くからの知り合いだから、その線で話を通せると思うよ」

「〇〇で食事するなら○○が間違いないよ」

「〇〇治療するなら、良い医者知ってるよ」

「今〇〇さんハワイだから、今行けば一緒にサーフィンしながら仕事の話できるよ」

「○○のオーダースーツなら、そんなに高くないし、どこに着て行っても恥ずかしくないよ」

「〇〇の土地は、〇〇さんが買って、〇〇円で転売したって、聞いた?」

DSC00616

彼ら(彼女ら)は、情報の大切さというものを良くご存知なのだと思います。(ちなみにですが、インターネットで拾える情報なんてものは、当然のことながらここでいう情報にはあたりません。)

だからこそ、自らが関わっている人脈やネットワークをとても大事にされているのだと思います。

DSC00602

仕事(お金を稼ぐ)という行為の本質が、自分が他人に与えた“何か(物でも、役務でも、情報でも)”が誰かの役に立ち、その対価として報酬を得て成り立つものなのだということにあるのであるのだとしたら、それは至極当然のことなのかもしれません。



saiaki555 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2016年07月25日

私が出雲で見かけた八百万の神々

神無月には、全国中から神様(八百万の神)が一堂に介して、ここで会議をするという。

そんな出雲の国へ7月に。

DSC00515

ふと世界を見渡せば、諍いの種はつきないようで。

DSC00517

EUや中東の情勢は混迷を極め、民族大移動を思わせるような規模の難民や移民が国境を渡り、それに呼応するかのように先進国では保護主義が台頭しています。

DSC00510

お隣の中国は、国際裁判所の違法であるとの判断など意にも介さず、南沙諸島はじめとするあらゆる海域で権益の拡大をはかろうとしています。

DSC00508

そしてドイツでも、シリアでも、フランスでも、トルコでも、宗教上の対立を理由に、毎日のように世界のどこかで誰かがテロの犠牲になっています。

DSC00533

宗教、民族、文化、支持政党、ナショナリズム・・。

そりゃ、誰にだって各々に言い分があるのは分かりますし、それがその人にとっての“正論”だってことは分かります。

だからと言って、自分と異なる価値観を持つ者が誤っているという訳ではなく、相手には相手の“道理”があって、“信条”があるのですから、それはそれで尊重されるべきであり、それを力ずくでやり込めようとするなど「もってのほか」と言わざるを得ません。

それがお互いに、真っ当で、成熟した大人同士の関係であるならば…ですけどね。

DSC00479

しかし残念ながら、日本もどんどん不寛容な世の中になっているようで、テレビをつければ、ネットを開けば、マスコミのみならずそこらの一般人までもが好き勝手に一人よがりの“正論”を振りかざして、自分とは違う価値観の他人の批判をして、そうやって周囲の第三者までもを不愉快(あるいは、不幸)にしていることにも気付かず、悦に入って。

DSC00506

「独善」と「不寛容」ばかりの“正論”なんて、もうウンザリです。

聞きたくもないですよ。

私はね・・。

DSC00530

私は、山の中で暮らし、足しげく海に通い、その中で“自然”というものの力に圧倒されながら、そして自ずからその“自然”というものに対して畏怖の念を抱くようになりました。

DSC00532

古来から日本人が持つ、自然そのものを信仰し、畏怖する感覚というのは、信仰というにはあまりにも緩やかなものなのかもしれませんが、しかし、その緩さゆえにそれが良さになっているのかもしれないなんて、そんなことを思っています。

DSC00535

久しぶりに出雲に来て、「八百万の神(やおよろずのかみ)」なんて言葉を耳にして、その「緩やかさ」というものは、実は「寛容さ」に通じるのではないだろうかと思い始めました。

DSC00537

「自然に在るもの全てに神が宿っている」だなんて・・。

考えてみると、ちょっと不思議な感じさえしてしまいます。

DSC00554

でも、我が国では『鰯の頭も信心から』なんて言葉が有るように、たとえそれがどんなにつまらないものであったとしても、他人が信仰の対象としているものであれば、それを尊重しながら私たちはお互いに共存してきたのではないでしょうか。

DSC00557

山の神様

DSC00572

台所の神様

DSC00590

トイレの神様

DSC00591

どこにだって神様はいらっしゃる。

DSC00595

何にだって神様は宿っていらっしゃる。

DSC00576

きっと、海外の人がそれを聞いたなら、「何じゃそれ?」って笑われてしまうかもしれません(笑)。

DSC00497

でも、構いません。

DSC00501

私は、そういうのって、とても良いと思う。

DSC00523

そして、そういう自然の中で育まれてきた日本人の“感性”を、私はとても誇らしく思う。



続きを読む

saiaki555 at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2016年07月20日

予定変更(緩募)アナゴ釣りは30日に

かつては、初夏の時期にアナゴの夜釣りに行くのが好きで、よく行ってました。

たとえば酒の席などでそのことを人に話すと、男性・女性を問わず、『行ってみた〜い!』とよくに言われるのですが、一度もそういう人を誘って夜釣りに行くみたいな企画をセッティングしたことは有りません(笑)

酒の席とは言いながら、「じゃあ今度一緒に行こうか」とか言っておいてそれっきりというのもあまりにも不誠実な気がして、今回試しに緩〜い感じで参加者を募ることにしました。

150530_161428

あ、ちなみにですが、私はいつも、緩〜い緩〜い、本当にユルユルの釣りしかやりません。

道具も仕掛けも全部レンタルで、持参するのはウインドブレーカーとタオル、それに寿司屋で用意してもらった太巻き寿司など有れば完璧です。

仕事を早退して、羽田か鶴見あたりの釣り船の船宿の近所のコンビニでそこそこ大量の缶ビールなどを購入し、17時くらいチェックイン。

出船すると、羽田空港に離発着する飛行機を頭上に見ながら缶ビールを開け、次第に暗くなっていく東京湾の景色を楽しみます。

ポイントに着いたら、釣り開始。

しばらくはマジメに釣りに勤しみ、お土産に適量と思われる数(たいてい4.5匹程度)のアナゴが釣れたら、「ハイ、これで十分」と竿を仕舞います。

その頃にはすっかり日も暮れて真っ暗になった東京湾の生温かい風に吹かれ、『あ〜いい風だなぁ』とか言いながら、太巻きをつまみに残りのアルコール類をやっつけることに専念します。

そうこうしている間に船は釣り宿に帰還し、船宿でアナゴをさばいていただいて、お土産を仕込み終わったら船宿を後にします。

そして、駅の近くの居酒屋に入り、軽く“仕上げ”てから解散。

だいたいこんな感じ。(翌日に、お土産のアナゴを白焼きにして日本酒を飲むのが、また最高なのです。〃 ̄ー ̄〃)




で、こんなアナゴ夜釣りに行きたい人いらっしゃいますか?


(日時)7月30日(土曜日)17時

(集合場所)鶴見か羽田の船宿集合・解散

悪天候の場合➡アッサリ中止

現在の参加予定者は、さいあき(税理士)、ぶー(医師)、あらと(税理士)の3名

※私と面識のない人でも別にご参加いただいて構いません(なぜなら、各自勝手に釣りをして、飲んで、勝手に解散するだけで、私は全然お構いしませんから(爆))

そんな感じでもOKという参加希望者がもしもいらっしゃいましたら、当ブログの右上の「メールはこちらから」からご連絡ください。


それでは良い1日を(^ー^)ノ


saiaki555 at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2016年07月11日

王様と私(続編)

スリランカの“王様”のような(笑)顧問先社長が、ご家族を連れて来日されました。

私のみならず、事務所のメンバーまでもが、すっかりスリランカではお世話になってしまい、『いつかお礼をしなくては・・』と思っていたのですが、早くもチャンス到来。

“王様”のご家族+私と我が家のファーストレディ(妻です(汗))+事務所のスタッフの7Pの総勢6名がゆっくり座れ、かつ車にこだわりの深い王様をお乗せできるようなレンタカーを用意して、箱根までお連れしてきたのです。

王様が、『ケーブルカー(よくよく聞いてみたら、ロープウエィでした)に乗ってみたい』っておっしゃるから(笑)。

BlogPaint

また、例によって、デジカメを持って行きながら、その中にSDカードを入れ忘れるという失態をまたまた犯し、また7Pに『何やってんですか、所長!』と怒られながら(´_`||)、次のようなルートをご案内してきました。

駒が岳ロープウエィ→芦ノ湖遊覧船→山のホテルで昼食→家族風呂のある温泉で入浴→天ぷら屋で夕食

BlogPaint


あらためて思ったのですが、自分はいつも人様から接待していただいてばかりで・・(汗)。

今回、自ら接待する側になってみて、本当にお客様に喜んでいただけるようなご接待というのは「色々大変だわ」ってことを痛感いたしました。

それでも、『さいと〜さん、ど〜もありがと〜。』と、片言の日本語で王様もご家族もとても喜んでいただけたようで、本当に良かったです。








日本語の喋れない顧問先との意思の疎通の必要性を痛感している私は、最近毎日通勤の電車の中でNHKの「ニュースで英会話」の教材を読み込み、付属のCDをipodに入れて繰り返し聴いております。

これはものすごく良いですね。

焦らず、じっくりと、まずはテキストのニュース原稿を覚えるくらいに読み込んで(つまり分からない単語が無く、文章もザックリと覚えているくらいの状態で)から何度もキャスターが喋っているニュースを聴くのですが、素晴らしいスピードで“耳慣れ”して行くことが実感されます。



たまに、とんでもなくニュースの内容が難しく、出てくる単語が特殊な回があったりもするのですが、そういうのは飛ばして、簡単なニュースを繰り返し聴くのが私には効果的のように思います。

今年は、例年にも増して、語学力が向上していることが自分でも実感できています。

なぜなら、以前はほとんど聞き取れなかった“王様”との電話での会話も、そこそこできるようになったのですから・・・。

ゲンキンは私は、こんな風な具体的な成果を手にしないとヤル気が出ないタイプなのですが、今回ばかりはヤル気が継続しそうな予感がしております(*'-')b。

頑張ります。




saiaki555 at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2016年07月05日

私もリタイアメントについて考える歳になりました

中学1年の時からだから、かれこれ40年もの腐れ縁の、偏屈な内科医B〜と飲みに行ったのです。

その際、B〜が切り出した話題が“引退”について。

3cba0323

B〜『オマエ絶対今からどうやって仕事から引退しようとか考えてるだろ?』

オレ『なぜ?』

B〜『いかにもそういうことを考えそうな顔しているからな・・』

オレ『どんな顔だよ・・(ー_ー#)』

090b6ee4

しかし、さすがに腐れ縁(笑)。

折しも下の子供がこの春から大学に進学し、彼が大学を卒業するのが4年後だということを考えると、5年先以降は「そんなに頑張って働かなくても良いのでは?」なんてことを最近考えていたのです。

DSC03342

今住んでいる山の中の古家に特に不満はないし・・

今乗っているもう簿価が1円になって何年も経つ車も壊れるまで買い替えるつもりもないし・・

今飼っている愛犬も里親探しで見つけた雑種だけど賢くて可愛いし(笑)・・

こんな感じに特段に生活レベルを上げる気もなく、何のローンも負っていない私にとって、必要なお金というものは左程多くは必要ないという点は、「もっともっと」とお金を稼いで生活レベル(典型例は、高層マンションや高級外車やブランド品など)を上げたいと願う多くの世間の人たちと比べて大きなアドバンテージだと思っています。
(ここは非常に重要な論点なのだと思うのですが、多くの人が案外理解しているようで理解されていない点ではないかと思います。)

47b89f94

“お金”という問題をアッサリとクリアすることが可能であるならば、後は“時間”や“生きがい”について考えれば良いだけです。

そこは、私の場合すべて「海」で解決可能です。

というか・・それがほぼ全てです(笑)。

0661321a

以前このブログで、ヤングリタイアメントについて感じたことを書いた記事があります。

その時の記事を読み返してみると、5年前に、偶然今の私と同じ年でリタイアメントして、中国の海南島に移住した日本人のWさんにお会いして私が感じたことは、『自分が本当に欲しているモノは、「有り余るほどの自由」なのではない』ということでした。

どうやら、生活レベルの設定や時間の過ごし方も含め、私の理想は“途上国の幸福な人たち”であるということは、5年前からちっとも変わっていないようです。



こんな理想って・・変でしょうか?
(たとえ変だと言われても、変える気なんてちっともありませんけどね(爆))

saiaki555 at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2016年06月27日

リアル大阪喰い倒れ

急遽決まった京都出張。

DSC00353

会議の後に会食があるのかどうかも不明につき、帰りの新幹線も、無論ホテルの予約もしていない。

とりあえず新幹線に飛び乗る。

「なんとかなるでしょ」って感じの…いつもの楽天思考で(笑)。

DSC00352

顧問先と、弁護士を交えての4時間の会議を終え、解散。

午後5時。

「さ〜て、どうするか・・」

DSC00338

京都駅からJRの在来線に飛び乗り、大阪へ。

DSC00342

「今晩、何も用事がないなら飲みに行かない?」

唐突な誘いにもかかわらず、「ええよ」と快くOKしてくれる気持ちの良い友人がいる。

それは、私の自慢(誇り)でもある。☆-(^ー'*)b

DSC00336

最近とみに思うのが・・「私が幸せなのは、自分の周りの人が私を幸せにしてくれるからだ」ということ。

これは、本当にそうだと思う。

そして、私は同じことを私の周囲の人にしなくてはならない。

「ちゃんとしなくては」っていつも思うけれど、私はちゃんとそういうことが出来ているだろうか?(^^;)))

DSC00333

「お店、気に入らんかったらすぐ言うてな」なんて友人は言うけれど、後で聞いたら「こういう店、絶対さいあきさん好きや思ってたわ」なんて、前から思っていてくれていたらしい(笑)。

心遣いが嬉しい(^^)d

DSC00334

それで、そのお店はどうだったのか?


ストライ〜ク!━ d(゚∀゚)b ━━━━ぅ!! ド真ん中!

東京では味わえない、独特の味わいが大阪の下町のお店にはあるのです。

ワクワクする。

そしてメチャクチャ旨い(^^)d

DSC00348

ホルモン焼き屋→お好み焼き屋→ここで友人の奥様が、「あとは男二人で好きなとこ行って楽しんでな(^-^)/」と、挑発的なことを言いながら戦線離脱。

で、3軒目は居酒屋(笑)。

DSC00344

基本、人の3倍は飲む酒豪2人である。

この時点で既に恐ろしい量飲んでいる。

DSC00347

自分も酔っぱらっているけど、悲しいことに、自分はどんなに飲んでも意識はハッキリしていて泥酔するということがないのです。

相棒も、一見そんなに酔っていなさそうなのだけど、話し方と挙動がかなり怪しい(笑)。

DSC00351

「タクシーで北(新地)行こう」というので、タクシーに飛び乗り、“キタ”へ。

DSC00354

日本人の客が誰もいないバーに入るや否や、相棒がペルー人の店主と「久しぶりやナ」とアツい抱擁の後、ショットグラスに注がれた“ブランデー”と表記がされている怪しげな半透明なお酒を皆で3杯立て続けに呷った時点で、既に午前1時過ぎ。

DSC00355

豊満な女性客にダンスを誘われたりしながら、その後も順調に杯を重ねるが、いよいよ呂律の回らなくなってきた相棒に「そろそろ帰ろう」と店を後にし、タクシーに乗車。

「ミナミ行って・・ミナミ。分かるやろ。ここの道を真っすぐ行ってや!」と運転手に伝える相棒を制して、「いや、帰るので、JR〇〇駅方面へ」とタクシー運転手に伝え、半ば強引に大阪深酒ナイトを強制終了することにしたのです。

DSC00359

友人宅に戻ったのが午前2時半。



そして、眠りに着いたのも束の間、友人宅で飼われている愛猫2匹が、自分の周りでバタバタバタと走り回る物音で目が覚めました。

「ん?何だ?ニャンダだ?」←完全に寝ぼけてる(笑)



そういえば・・「朝4時過ぎになったら、『ご飯くれ〜』って猫ちゃんたちが起こしに来るから」って話を、昨夜お好み焼き屋で奥様から聞いていたことを思い出しました。

猛烈に眠いのに寝ることさえもままならないこの状況に、「マジかよ」とつぶやき布団をかぶり、タタタタタ、バタバタバタと聞こえてくる猫ちゃんたちの足音を聞きながら、布団の中で私は笑ってしまいました。

これはこれ、何だかとても幸せな気分の朝だったのです。(ノ∇^*)



続きを読む

saiaki555 at 08:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 旨ひ〜 

2016年06月23日

“大人買い”ならぬ“大人食い”

平日、仕事の後、事務所のメンバーで、日本橋にある洋食屋(レストラン桂)に繰り出しました。

DSC00316

昔ながらの、昭和の香りのする洋食屋さんです。

DSC00318

「ああ・・大人になったら、レストランで色々なオカズだけを腹いっぱいになるまで食べたい」という欲望を抱いたまま、アレヨアレヨという間に大人になってしまった我々は、勇気を振り絞って“大人食い”を敢行することにしたのです。

DSC00320

ミシュランの星が付いたレストランに行った時のような“嘆息”はありませんが、しかし、オーダーした料理が出てくるにつれ、我々の“鼻息”は荒くなる一方です(笑)。

メラメラとした熱情を感じながら、「もう勘定なんて気にしちゃいられない税」とばかりに、メニューを片っ端から注文して行きます。

DSC00322

「えーい、こうなったら成るように成れだ!」と言いながら、いったい「こうなったら」って、何がどうなったというのでしょうか?

「成るように成れ」って言うけど、いったい何がどう成るというのでしょうか?

自分で言っておきながら、それがどういう意味なのかも分からないまま、ただひたすらにお皿の上の料理をたいらげて行くのです。(ノ´∀`*)

DSC00323

何だかんだと、「人間の胃袋はこんなに多くのモノを消化できるものか?」と、心配になるくらいに食べてしまいました(笑)。

DSC00325

しかし、今になって冷静に考えてみると、もしかすると私たちは、やれ法律だの、常識だの、社会通念だのといったものに囲まれた日常に辟易としていて、ただ暴飲暴食という方法でバカバカしいことがしたかったのかもしれません(笑)。


saiaki555 at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 旨ひ〜 

2016年06月20日

ロングボードで魚釣りをやってみた

ずっと波がない!

波がない週末の私などは、廃人も同然。

も〜イヤだ!!




だけど、サーフィンが出来なくても良いから、せめて海には行きたい。

と、言う訳で、「昔とった杵柄」とばかりに、趣味としての釣りの復活を模索することにしました。

DSC00285

実は、過去に一回チャレンジしているのです。

その時は、100円ショップで買ってきた籠に釣竿を固定するために穴をあけただけのシンプルなものを使用してやったのですが、波を被ると荷物が海に片っ端から持って行かれそうになるという、ある意味致命的な欠陥のあるグッズであったために、今回の使用は却下。

DSC00286

ちゃんと既製品で、ロングボード用の釣り道具装着セットが売られていることは知っています。

しかし、「暇つぶしの手慰みなのだから、既製品を買ってイージーにやらずに、手作りで道具を作ることから楽しもうじゃないか」ということで、まずは地元のホームセンターへ。

DSC00288

要は、クーラーBOXや釣竿を、ロングボードに固定することを考えれば良いのです。

釣り具やに行けば、クーラーBOXに釣竿を固定する用品が(格安で)売られいることも知っています。

でも、「既製品に頼ったら負けだ」・・訳のわからない意地を張りながら、ホームセンターを右往左往する暇な51歳(笑)。

DSC00290

エアコンの取り付け用品のコーナーで、ちょうど釣竿を立てるのに使えそうなプラスティック製の筒を見つけました。

それと餌箱は、上州屋で自分では絶対に作れないような木製のモノを見つけてしまい、つい買ってしまいました。

それに・・自宅の改築の時に出た端材の木材。

ずっと使われていなかった古いクーラーBOX。

車にサーフボードを積む時に使うロープ。

これらをネジ止めなどして合体させると・・一応、既製品のロングボード用の釣り道具装着セットとほぼ同等のものが完成するはず。

DSC00291

アッという間に完成。

早速海へ。

古くてテグスは劣化して切れやすくなっているだろうけど、一応昔買った仕掛け一式もある。

DSC00287

自分のロングボードに一式を装着完了。

「さあ、出航」と思ったら、風が吹いてきて、うねりが上がってしまいましたが、「まあええわ」と出航。

DSC00299

バッシャン・バッシャンと波を被るけど、道具は全然安定していて大丈夫。

問題は、餌を付けたり、釣れた魚を外す作業。

ウネリに煽られてサーフボードが激しく揺れ、風に煽られて仕掛けは右へ左へと飛ばされるので、陸上なら何でもない作業が困難を極めるのです。

DSC00302

一番問題だと思ったのは、道具の装着する位置。

沖へパドリングする際には、道具類はサーフボードの前の方に有ってもらわなくては邪魔で困ってしまうのですが、沖に出て釣りをする際にはサーフボードに腰掛けて釣りをするので、道具類はサーフボードの真ん中寄りに有ってもらわないと遠くて不便なのです。

この問題に対して考えられる改善策は2つ。

‘散駑爐離▲織奪船瓮鵐箸魏墜絢阿砲垢

魚入れと餌箱等の利用頻度の高いものは、ウエストバックやベルトに装着するなどする

DSC00303

風が強くなってきたので、30分ほどで止めてしまいましたが、呆気ないほど簡単に魚は釣れます。

一応、写真撮影用に、シロキズとイワシを一尾ずつ持ちかえりました。

一回、イワシを付けたままパドリングして移動している時に、そのイワシに大物が喰らいついたらしく、慌ててリールを巻いたのですが、まんまとその大物はバラしてしまいました。

どうやら、ロングボードフィッシングに餌釣りは適していない(手数がかかり面倒だから)ようなので、次回は、ルアーフィッシングを試してみようと思っています。


saiaki555 at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2016年06月13日

He is gone

成人してからの自分の生活に“節目”というものを見出すとするならば、それは、就職→結婚→子供の出生→税理士としての独立といった感じになるのでしょうか。

それらは今にして思えば、いずれの“節目”の場面においても、あっけなくただ淡々と過ぎていってしまったかのような、そんな印象しかありません。

けれども、多分その瞬間瞬間には、私は「どうしたものか」と迷い、思い悩んだりもして、そうした挙句に自ら何らかの決断を下して、その決断の結果として在る“今”というものをその時々で受け入れてきた・・・ただそれだけのことなのかもしれません。





その後我が家では、長女が大学に進学すると同時に一人暮らしをはじめ、その時には「まあ、長男がいるから大丈夫」と、楽観していたのですが、気が付けばその拠り所であった長男までもが高校を卒業するや否や海外に行くことになってしまいました。

そして、いよいよ出発の日。







成田空港には、友人(彼女?)がお別れに来ると言うので、「じゃあ、俺たち(親)は空港まで見送りに行くのはやめておくわ」と、地元の駅まで車で送るだけにしました。

出発直前まで荷造りやら部屋の片づけやらでバタバタして車に乗った息子が、「ヤベっ、豪ドルは持ったのに、日本円忘れた」と車から飛び降り・・『はぁ・・、先が思いやられる』とため息をつきながら、車内で彼が自分の部屋まで階段を駆け上がる足音を聞いておりました。

DSC00292

駅の切符売り場では、JRの運賃表を見上げながら、「あれ?成田空港が載ってない」とか騒いでいるけど、『さっき、新橋で乗り換えて都営浅草線で行くとか言ってなかったか?』と聞くと、「あっ、そうだ。気が動転してるわ(笑)」と、ヘラヘラ笑っている息子に『もう良いから、さっさと行きや!』と背中を押すように改札口まで送りだしました。





まあ、何となく海外だから「ものすごく遠い」ような気がするけど、よくよく考えてみれば、何かあれば10時間程度のフライトで行くことができるのだから、日本国内の地方大学に行かせるのと大して相違はないのだ。

そんなことを自分に言い聞かせながら、電車がプラットホームに入ってくるのも確認しないまま、妻に「さ、とっとと帰ろう」と車に戻り、帰宅しました。

DSC00295

帰宅をすると、当然のことながら、20年以上家に子供がいるのが当たり前で、子供中心に回っていた我が家が、今日から妻と二人だけになってしまいます。

これではまるで、定年退職後の老夫婦みたいではありませんか・・(苦笑)。

あらためて、「今日、我が家は“節目”を迎えたんだなぁ」ということを実感するのです。





DSC00305

これまでとはまったく異なる家の中の雰囲気に、私は少し戸惑いを覚えながら、近所の酒屋で見つけた「surfers」という名を冠した甘いリキュールをグビっと飲みほし、ため息を一つだけつきました。

子供が二人とも家から居なくなってしまったことに対する寂しさをヒシヒシと感じながらも、今度帰国した時に、彼のあの陽気な語り口でどんな海外生活の報告を聞かせてくれるのか、今からそれが楽しみで仕方ありません。



saiaki555 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 主夫の友 

2016年06月08日

私のフエール銀行

「あ〜あ、ドラえもんがいたらなぁ・・」って、誰もが一度は思うはず。

もちろん、私もです(笑)。

IMG_1661

ドラえもんの道具のひとつ、フエール銀行

なんでも…フエール銀行に10円玉1枚を預けると、1時間につき10%の利率で利息がもらえて、1週間そのまま預けておくと9,700万円もの金額になるのだそうです。(インターネットで「フエール銀行」と検索してみると、フエール銀行の口座の預金利息がどのくらい貰えるのかシュミレーションするサイトがあったりして、なかなか良くできているのです。)

2016531-61 京都_7534

たかが漫画の中の作り話じゃないかと笑うなかれ。

あらためて「1時間につき10%の利率での複利計算」というものをシュミレーションしてみると、アインシュタインの言うところの『数学における最も偉大な発見は複利である。』という言葉の意味を、私はシミジミと実感せざるをえません。

2016531-61 京都_8257

フエール銀行のスバラシイところは、さしあたって遣う予定のないお金を預け入れておくだけで、財産が複利でドンドン増えていくという点にあります。

もしもフエール銀行が実在したならば、私たちは『お金がお金を生むしくみの作り方』なんて本を、わざわざ書店で買って読む必要なんてないのです。

IMG_1646

しかし、現実はシビア。

当然のことながら、フエール銀行(あるいは、それに類する投資先)なんてものは実在しません。

フエール銀行の代わりに私は、刻々と太陽光発電所の監視装置から送られてくる発電量をスマートフォンで眺めています。

それを見ていると、毎日毎日、朝6時の日の出から、日没の18時過ぎまで、「チャリンチャリン」と、まるで小銭が空から降ってくるみたいな、なんとも不思議な気持ちがします。

hatudenn

その発電所の竣工式に、先日家族と愛犬を連れて行ってまいりました。

式典の間に、太陽光パネルの下につないでおいた愛犬が、お祓いのために近寄ってきた神主さんにビックリしてワンワン吠えるものだから、参加者一同大笑いの和やかな式となりました(笑)。


saiaki555 at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2016年05月30日

同じことを無意識的に繰り返し行っていた件

頭の中で、玉置浩二が「田園」を熱唱している(笑)。

DSC00257

そういえば昔、ウンナンの気分は上々って番組で原付旅の企画があって、そのBGMが「田園」でしたね。

「原付」→「疾走」→「田園」

かなり昔の番組だったと思うのだけれど(しかもその番組をまともに観た記憶もないのに)、こんな連想がその番組を観て何年も経ってからまた思い出すなんて、何だか不思議な気がします。

DSC00259

事務所のパートナーのケンちゃんが、今まで乗っていた125CCを400CCのバイクに買い替えるのだというので、それを格安で譲ってもらうことになったのです。

DSC00260

「そういえば、普段自分が海に行くときに乗っているスクーターは、いつ買ったんだっけ?」

そういう疑問が生じた時に、このブログは役に立ちます。

検索してみると、2010年

え?そんな昔だっけ??

結構長持ちしますね、バイクって・・。

DSC00261

と、いう訳で、土曜日に出勤した帰途は、東京駅前の事務所から、神奈川県西部にある自宅までのチョイ乗りツーリング“となりました。

DSC00262

皇居の前を通り、国道1号線で行くつもりが、なんとなく国道15号線を走り、東京タワーをかすめ、今話題の三菱自動車本社前を通過し、品川、蒲田を通過したら、アッという間に神奈川県。

DSC00263

途中「自分の母校の高校に30数年ぶりに寄ってみようかな」なんて考えが頭の片隅をよぎったのですが、母校の落ちこぼれである私が学校に行っても、母校の先生や後輩に合わせる顔がないような気がして、さっさと通過(笑)。

一気に横浜に到着です。

DSC00264

「このまま横浜新道を通ってさっさと帰っても仕方ありまい」と思い、保土ヶ谷から進路を南へ変えて、栄区、鎌倉方面へとハンドルを切りました。

DSC00266

週末の鎌倉はとんでもない人込み。

まるで、獣のように左右も見ずに車道に飛び出して道を横断しようとするおばさん軍団にヒヤヒヤしながら、海沿いの国道134号線へ。

DSC00273

やっぱり、海ですね。

実際、普段からスクーターは、「海に行くためだけに持っている」と言っても過言ではないくらい(通勤にも、買い物にも、ほとんどスクーターは使わないのです。)海に行くときしか乗らないので、海沿いを走っていると実にシックリくるのです。

DSC00268

そしてなにより、潮風が心地よい。

DSC00282

鎌倉、鵠沼、辻堂、平塚、大磯と、毎度おなじみのサーフポイントを途中ゆっくり転々とチェックしながら帰宅です。

これからは、このスクーターでこれらのポイントを巡ることになるのだ。

DSC00284

家に帰宅し、「サーフボードキャリアを古いバイクからこっちのバイクに付け替えようかな」と思い、ニューバイクをよく見てみると・・・。




ナントカ━Σ(-`Д´-;)━ぁ!!!




DSC00270

キャリアを取り付ける、ねじ穴がこのバイクには全然ないじゃありませんか・・。




仕方がない。

また、懇意にしている鉄工所に相談して、特注のキャリアを作成するようだね。

「そういえば、2台前のシグナスXを買った時もキャリアを鉄工所で作ってもらったんだっけ」と思い、またまたこのブログの過去記事を検索してみると・・。



またまた  ナントカ━Σ(-`Д´-;)━ぁ(再)!!!



続きを読む

saiaki555 at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ 

2016年05月25日

王様と私(下)

コロンボの街を走る車の中から道端の商店を眺めながら、『自分の会計事務所ってこの商店みたいなんだろうな・・』なんて・・・。
               
そんなことを考えていました。
                        
DSC09907

昔からある商店の造作で、どこにでもあるような品ぞろえ。

おそらく、20年も前からずっーと。

「こんな商売で食べていけている人が居る」という前例を拠り所に、そこらの店と同じような旧態依然とした商売を漫然と続けている。

DSC00124

確実で“食いっぱぐれがない”ということを至上命題とするならば、それはそれで正解なのかもしれません。

けれども、そこには何のアイディアも、工夫も、特長もなくて・・何だか私はそういうって「せっかく自営業で好きなようにやれるというのに、そんなんじゃ面白くないじゃないか」って思ってしまうのです。

DSC09900

このような商店で商売をやって、一つの商品が売れたならば、その都度に数十円から数百円の利益が出ます。

しかし、もしも仮にこの店の店主の家族が病気で入院が必要になったり、あるいは、子供が進学するにあたり、急に多額のお金が必要となった時に、この店主は、いったいどんな手立てを講じなくてはならないのでしょうか?

DSC09906

この店の店主が、今よりもより多くのお金をせしめるためのプランは2つ。

10円とか100円の小さい利益ををものすごいたくさんの数積み上げる

一つ売れれば大きい利益が得られる商品をラインナップに加え、それをコンスタントに売る

DSC00048

このような場合、ほとんどの人が,料択をするはずです。

客観的に見れば、圧倒的に△諒が賢明な選択だと思うはずなのに、「その、“一つ売れれば大きい利益が得られて、コンスタントに売れる商品”ってものが思い付かない」という理由で、多くの人が,鯀ぶことになるのです。

DSC00077

日本に戻り、自分の周囲を見渡してみると、皆が口を揃えて、「合理的な働き方を学習して、無駄な時間を減らして効率的に生きよう」「ポジティブなマインドを維持して頑張ろう」と上手く,鮹成するための努力を惜しまず奮闘している姿をお見かけします。

でも、私は「そんな生き方は息苦しくて仕方ないではないか」と、思ってしまうのです。(だから、そういう人達の集っているところに行くと浮いてしまうのですね(汗))

DSC00198

「何か違う」と思ってしまう、その根本原因は、彼らが「頑張って収入を増やすか、節約して支出を減らすことで、利益を大きくすれば良い」と思っている点。

私見ですが、私は「その利益(それが多かれ少なかれ)を何に投下するか」という点が、利益を多く出すと言うこと以上に大切だと思っているのです。

私にとっては、“経常利益率”よりも、“総資本経常利益率”が重要なのです。

DSC00115

皆さん、それはそれで一生懸命に勉強をされて、先達の知識を得て、モチベーションアップを図り、そんな風な努力を重ねてひねり出した時間の中で骨身を削るように「もっともっと頑張らなくちゃ」と一生懸命に働いて・・。

DSC00159

でも結局、そんな風に頑張れば頑張るほど、ロバート・キヨサキ氏のいうところのラットレース(rat race)の勝者になるための努力をしているだけなのではないかって、私は思うのです。

そうやって、ろくに休暇もとれないほどに一生懸命働いて、頑張って、その結果待っているのが、お金はあるけど、後から振り返ってみて「あまり楽しい人生でなかった」と、年老いてから気付いても後の祭りではありませんか。

DSC00178

あ・・くれぐれも誤解の無いように申し上げておきますが。

冒頭申しました通り、私自身の会計事務所も、この商店と同様に旧態依然としたオールドエコノミー(old economy)の代表選手みたいな事務所なのであって、私自身、自ら投下した労働資本に比例して収入が増えるシステムの中でゼーゼーと喘ぎながら泳いでいるラットレースの中の一走者にすぎません。

DSC00180

つまり、前出の自分の周囲の人と私の違いは、それに対して疑問(違和感)を抱いているのか否かの違いでしかないのであって、やっているにそう大きな違いはないのです。

DSC00224

スリランカの社長のような、生まれながらにして“王様”のようにラットレースの中での無益な競争に明け暮れる必要のない人がいるのも事実です。

ですが、私を含め、多くの人がそこからスタートをしなくてはならない。

それが、現実です。

DSC00139

富を手中にしている既得権者といわれる人達が存在するなか、昨今世の中では、格差是正や富の再分配を声高に叫ぶ人が多くいらっしゃいます。

しかし、私は再分配の必要性は感じながらも、その一方で「格差はあって当然なのではないか」と思っています。

DSC00193

もしも、“王様”のようになりたいのであれば、他人とは違う、何か革新的な△料択肢についてのアイディア(ビジネスプラン)発想し、それをリスクをとって実行し、それに成功した者だけが“王様”のように振る舞えば良いのです。

言い方を変えれば、,料択をする人というのは、過去に上手くいった先達の後追いをしているだけの“従者”なのであって、その人がたとえ少しばかり経済的に成功をおさめたからといって、“王様”のように振る舞うのは誤りです。

続きを読む

saiaki555 at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote  

2016年05月20日

王様と私(上)

顧問先にスリランカの方がいらっしゃいます。

噂で、「超リッチマンだ」と聞いていました。

DSC00160

いつもその社長が来日された時には、日本語がほぼ全く話せないその社長と、英語がほとんど話せない私とで、まるでコントのように“ノリ”だけで会話が成立しているだけでも不思議だというのに(笑)、今回は「スリランカに来たら何から何まで全部面倒みるから」という言葉を信じて、ご家族とのコミュニケーションに多少の不安を感じながら、事務所のメンバーと一緒にスリランカまでノコノコと来てしまったのです。

DSC00168

その社長、お国柄なのでしょうか・・いつも時間には超ルーズ。

ですが、私も「時間に正確なのは日本人くらいのものだ」と思っているので、それにいちいち腹をたてることなどはないのですが、今回は「空港でピックアップしてもらえないとなると、事務所のメンバーも一緒なので少々厄介だな」と思っていたのです。 (アジアでは、たいていの場合タクシー運転手らともめるのですが、、もしもメンバーの目の前でそんなことしたら皆ドン引きするでしょうからね・・。(笑))

しかし、それは杞憂に終わりました。

DSC00171

空港に着くとお迎えの人がいなかったので、「やられたか?」と思ったのですが、電話をしてみると一発でつながり、「もうすぐ空港に着くから待ってて」とのこと。

安心して5分ほど待っていると、ピカピカのメルセデスのSクラスに乗った社長と、もう一台、荷物を載せる用だという運転手付きの新車のランドクルーザーがそこに現れたのです。

どうやら本当にリッチマンだったようです(笑)。

DSC00184

我々は、大統領府に隣接する高層マンションの一室をあてがわれ、3食ドライバー付きのお大尽状態となり、後は先方の言うがまま・・。

DSC00158 - コピー

観光地の著名な寺院に行けば貴賓室に通され、「これから高速走るからよろしくね」と一本電話を入れれば高速道路でスピードガンを持った警官は我々の車を黙認し、予約していないレストランで「席が空いていない」と言われたら、マネージャーを呼んで彼が耳元で何かささやくとパーティールームが解放され・・・なんかスリランカでは所謂“スーパーパワー”みたいのが通用しちゃうみたいでした。

しかし、こちらとしてはそれって「うれしい」というより、むしろ妙な気分がしましたけどね・・・。(゜〜゜;)

DSC00028 - コピー

そんな感じで、とても厚遇していただいて大変ありがたかったのですが、それはそれで我々を少々悩ませることとなるのです。

DSC00133 - コピー

外出はいつもご家族と団体行動で、かつ、高いカーストのそのご家族は決して庶民的な市場や食堂などには行こうとは決してしないのです。

しかし、我々はそういうところにこそ行きたい。

「ちょいと小一時間ほど、そこいらを散歩して来て良いか?」と相談などすると、「No.No.No...。車でちゃんとしたところに連れて行ってあげるから、そんなとこ行かないでよろしい!」と、なかなか自由行動の許可が出ないのです。

これにはまいりました。(^^;)))

DSC00041 - コピー

我々の間で「これではまるでマイルドな軟禁状態ではないか(笑)」ということになり、拙い英語を駆使して、かつ、相手の機嫌を損ねることのないよう気を遣いながら、かなり粘り強く説得を行い、ようやく散歩にありつくことができたのです。

監視役として1名随行のうえですが…(笑)。

DSC00183

そんな感じで、言語、文化、風習、価値観の違い等に戸惑いながらも、我々は短い滞在を楽しむことができました。

英語に関して言えば、この数日間で相当ブラッシュアップした気がします。(あくまで気がするだけですが(笑))

車での移動中などは、ずっと仕事の話をしていました。

DSC00182

車での移動の際には必ず私が助手席に座りドライバーの社長と話をするのですが、ドライブの際には何時間でもずーとビジネスの話ばかりをしていました。

私が顧問をしている日本の法人の件はもちろん、移転価格税制、スリランカの現地法人のこと、そしてこれからスリランカで一緒にやりたいと思うビジネスプランについて…。

DSC09909

日本に比べて、まだスリランカが発展途上の国で“伸び代”があるということ。

そして社長自身に政府との太いパイプがあること。

語学力の問題や信用不安などを懸念しながらも、この2点について考える限り、それらのビジネスプランは私にとってとても魅力的に感じられました。

DSC00143

昔からのこのブログの読者の方はご存知だと思いますが、私は“お金になる仕事”もさることながら、 “面白い仕事”というものにとてもこだわっているのです。

それは、勤務時代に「いくらお金を貰ってもやりたくない」と思えるような仕事をずっとして来た反動でもあるのですが(苦笑)、“面白い仕事”にこだわるのは、私が独立した時からずっと気にかけている、私の仕事選びの基本的なスタイルでもあります。

DSC00204

もしも今回のビジネスプランが、私にとってそのようなものであるならば、受忍できるリスクの範囲内においてトコトン突き詰めてやってみたいと思っている自分が居ます。

もしかすると、また数ヵ月後に、私はスリランカのジットリと湿気を帯びた空の下で、片言の英語を駆使しながら右往左往しているのかも知れません(笑)。

saiaki555 at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote  

2016年05月09日

“当たり前”がどんどん私の目の前から無くなっていく

一緒にご飯を食べて

クダラナイ話に腹を抱えて笑って

そんな当たり前の時間が、当たり前のようにずっと続かないのだと(遅まきながら)気付いた時に私は、無様なまでにカッコ悪く狼狽をしております(汗)。

DSC09846

この春に高校を卒業し、この夏から海外の大学に進学する我が家の長男。

今は、自動車教習所に通ったり、いったい何に遣うつもりなのか、朝早くからアルバイトに行ったりしていた彼が家でフラフラしていたので聞いてみると、「カレンダーを勘違いしてバイト入れ損なっちゃった」と言う(笑)。

そんな息子を誘って、横浜スタジアムまでプロ野球を観に行きました。

ゴールデンウィークだしね🎵

DSC09842

元高校球児でスポーツオタクの息子とスポーツ観戦をするのが私は大好きなのです。

彼から選手の経歴や、その選手にまつわるエピソード、はたまた、一つ一つのプレーのアヤであるとか、そのプレーが行われた理由とか…次から次へと彼の口から発せられる解説や蘊蓄に耳を傾けながらスポーツ観戦をしていると、“単なるスポーツ”が“単なるスポーツ”を超えて、趣の異なるまったく別のエンターテイメントに昇華するという経験を何度もし、私はすっかり彼とスポーツ観戦をするのが好きになってしまったのです。

DSC09847

野球観戦を楽しんだ後、横浜スタジアムのあるJR関内駅前の焼肉店関内苑で食事をするのは、私が子供だった頃から私が私の父と続けてきた我が家の定番“勝ちパターン”なのです。

私の父から私へ、そして私から私の息子へ。

こんな風に我が家の定番が、その家庭のスタンダードとなって、たとえば20年後とかに息子と『よく行ったよね・・浜スタの後の関内苑』なんて話をするのかと思うと、ちょっと不思議な気持ちさえしています。

DSC09843

3年前に娘が大学進学に伴い一人暮らしを始め家を出て行き、その後に父を亡くし、そして今回息子が海外に行ってしまうことになり、ここ数年の間に私の周囲から櫛の歯が抜けるように、一人、また一人と大切な人が目の前から居なくなってしまいました。

その喪失感に、私は耐え難い気持ちになりながらも作り笑いを浮かべ、なんとか平静を装いながら、野球の話などをしながらビールばかりを飲んでいました。

DSC09848

関内苑で肉を焼き、しこたまにビールを飲んだその夜に帰宅した後、急に彼が『自分は選択科目でどんな科目を選択し、そして将来、どんな職業に就くのが正解なのだろうか?』というような質問をしてきたので、私は少しだけ酔った頭で彼と話をしました。

BlogPaint

基本的に私は彼の選択に予断を与えないよう、あくまで抽象的な話しかしないよう留意しながら、次のようなことを彼に話しました。

自分が親として留学に行かせる目的は、「経歴に立派な箔を付けるために行かせるのではなく、単に機会や選択肢を増やすためだけに行かせるものである」いうこと。

DSC09852

「社会的に知名度の高い企業に就職する」とか、「専門的で高度な資格を取得する」なんてことではなく、「エライ」とか「スゴイ」よりも「面白い」を優先できるような“面白がりの人”になって欲しい。

そのためには、違う言葉で会話をして、違う文化や価値観を持った人の中に飛び込んだ方が、日本にずっといては気付かないような、“面白いと思えること”に出会える確率は格段に増えるのではないかと思うのです。

そのことだけは、しっかり彼に伝えられたのではないでしょうか。(彼の“問い”に対する“解”にはちっともなってはいませんが(爆))

DSC09853

しかし私は、息子とよく会話はしていますが、決してモノ分かりの良い親という訳ではないのです。

たとえば、留学費用等の請求書が私に回って来た時には、「これは何の費用かちゃんと明細を説明しろ」だの、「こんなの本当に必要なのか考えたのか?」とか、まあ何やかやと口うるさいのです。(彼が選択すべきところにはあまり口出しはしませんが、私が責任を負うところ(支払等)については、ムチャクチャうるさいのです。職業柄でしょうか(笑))

きっと、息子から見た自分は、肝心な相談事には抽象的にしか答えず、支払とかには細かいことをゴチャゴチャと難癖をつけてなかなか支払いに応じない“ケチなオヤジ”だって思っているかもしれません。

でも、それで良いのです。

私は、「嫌われたって構うもんか。出資者として言うことは言ってやる」くらいに思っているのです。

世間一般の事はよく分かりませんが・・私は子供からみた親なんて「面倒くさい」くらいの距離感があって、ちょうど良いのではないかと考えています。

それは言い方を変えれば、それくらいの距離感がなければ“離別”がツラくて、私はとてもそのツラさに耐えられないのではないかと思っているのです。




続きを読む

saiaki555 at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 主夫の友 

2016年05月02日

エヘラエヘラ旅は続く

屈辱にまみれた人生でした。

なんて書き出しで書きますと、なんだか太宰治のようですが(笑)、実際、失敗と後悔ばかりの半生です。

それでも、『まあしかし、クヨクヨ後悔しても仕方あるまい・・』と、なんとか開き直りの(あるいは、負け惜しみの)エヘラエヘラ笑いを浮かべながら、ここまでやって来てしまいました。

文芸評論家の小林秀雄氏は、「人間は、オギャアと生まれたときから死に向かって歩いていく旅人のようなものだ」と仰っていたのですが、つまり私は、死ぬまで“エヘラエヘラ旅”を続けていかなくてはならないと・・・そういうことなのでしょうか。




そんな“旅”の途中で訪れた旅先の仙台で、現地の人の車で移動をしていたのですが、その際車内でかかっていた綾香のカバーアルバムを、帰ってからすぐに購入しました。

それは歌声やメロディが耳の残っていたからではなく、歌詞が心に残ったから。


まず、小田和正作詞の「たしかなこと」
時を越えて君を愛せるか

ほんとうに君を守れるか

空を見て考えてた

君のために今何ができるか

曲を聴くというよりは、頭の中で歌詞を朗読しているかのように歌詞の一言一句を追いかけながら、私は自分の家族のことを考えていました。

いつも旅にばかり出て家を留守がちな私。

『ほんとうに君を守れるか』か・・。

マイッタナ・・(-。-;。




そして、中島みゆき作詞の「空と君のあいだに」
孤独な人につけこむようなことは言えなくて

君を泣かせたあいつの正体を僕は知ってた

ひきとめた僕を君は振りはらった遠い夜

大切な家族のことを思う男性の心情を詠う「たしかなこと」の歌詞で私はすっかりシンミリしてしまってはずなのに、「空と君のあいだに」の歌詞を聴いて・・『この歌詞の男性みたいに、こんなに誠実に女性にアプローチしたって、女性に振り向いても貰えない人が世の中にはいるのだから、家族が居るってだけでも自分は恵まれているってことなのかな(^∇^)ハッハハ!』なんて呑気なことを考えているのですから、まったく救いようがありません。



結局、何だかんだと言いながら、こんな風にups & downsを繰り返しながらのエヘラエヘラ旅を、私はこれからも続けなくてはならないのでしょうか?






続きを読む

saiaki555 at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ネタ