お別れと悔恨熊野へ巡礼ツーリング

2021年05月10日

バイクとオジサン

「極力、他者と接しないよう外出するな」と人は言う。


人から人へと感染する、まったく厄介なウイルスです。


人と会えないことをストレスに感じる人もいるかもしれませんが、私のように「それはそれで良いんじゃないか?」と思う人も少なくないはずです。


要はそれって、他者とどのように接するのかという、人それぞれのスタイルの問題でしかないのですから。


AUZN1292


そんな私は、とりあえずサーフボードを持って海に行けば、何時間でも自分ひとりで退屈せずに過ごすことができるのですが、なにせ自然相手、波がまったく無かったり、あるいは強い風が吹いてどうしようもない状況に陥り、週末に暇を持て余すこともしばしば。


何週間も連続で波に恵まれなかったある日、「このままではイカン、腐ってしまう!」と思い始めていた矢先、何の気なしに友人のオフロードバイクを借りて西伊豆までソロツーリングに行ってみたところ、すっかり林道にハマってしまいました。


IMG_E2318


人里離れた、滅多に人が入らないような廃道のような場所でも、オフロードバイクならグイグイ入って行けて、ちょっとした冒険気分が味わえます。


車体が軽いので、急に林道が行き止まりになったとしても、強引に車体の向きを変えてUターンするのも容易ですし、自由度が半端ないのです。


右を見ても左を見ても、まったく人けのない手つかずの自然のままの美しい渓流の景色。

予想もしない悪路の連続。

「どこにでも行けちゃう」という自由さと気楽さ。



すっかり林道走行に夢中になってしまいました。


IMG_E2397


その西伊豆ツーリングに行くまでは、「自分がバイクを買ってもほとんど乗らないだろうな」と思っていて、これっぽっちも「バイクを買おう」なんて思っていなかったのです。


それが急転直下、「バイクって自由で楽しい乗り物なんだ」ということを新ためて思い出し、バイクの魅力というものを再認識して、私はオフロードバイクを購入してしまったという訳です。


BFEY2553


先日、たまたま東京MXでスーパーカブというアニメが放映されることを知って試しに観てみたら、それが思いの外面白くて、今では毎週録画をして観るのが楽しみになってしまいました。

私にはなにもない。と思っていた。

山梨県北杜市の高校に通う女の子、小熊。

両親も友達も趣味も無い、何も無い日々を過ごす彼女がたまたま立ち寄ったバイクショップ。

そこで出逢ったのは古びた1台のバイク、後に小熊の生活を一変させる「スーパーカブ」だった。

【TVアニメ「スーパーカブ」公式サイトより 】


B4DF05B4-0C1F-4167-8F4D-61EC3CE3C92F


こういうのが“今どき“っぽいのかな・・

無気力な感じの主人公に感情移入ができないのだけれど、はじめて乗ったバイクのドキドキ・流れる景色・ガス欠した時の絶望感・マニュアルと読みながら一つずつ覚えていく操作・バイクに乗ったことで広がっていく思いがけない世界、そういう一つ一つの小さなバイクの魅力が随所に描かれていて、観ていてとても楽しい作品なのです。


0A971703-B7FE-489C-85D1-177C23BD8F36


事実、サーフィン以外何も面白く感じなかった50代のオジサン(私)が、久しぶりに乗ったバイクにドキドキしているのですから(笑)、やっぱりバイクってオモシロい。




57B0B102-90CD-41FA-91E1-AE7AB8E21E48


私がヤング(死語)だった頃はRZ250という、いわゆる“かっとび系”のバイクでブンブン走っていました。


当時は、それで何度も転倒して怪我をしてもケロっと治ってしまっていたのですが、今はもう絶対無理ですね(笑)。


04E5697E-BD15-4710-B2E8-C1E3D25221CF


海外ツーリングに行く時には、大排気量のツアラーバイクを好んで乗っていましたが、日本の道路事情を考えると明らかに大排気量のバイクはオーバースペックで、逆にそれがストレスと感じてしまいそうで(自分は性格的に、250/h出せるバイクで制限速度が100/h高速道路を走るなんて、考えただけでもイラっとしてしまいます💦)


3d0bea0b-s


国内ツーリングの時には、主に友達の古いハーレーFLHを借りて乗っていました。


元々ハーレーって味があって大好きだったのですが・・なにせ〜らない 曲がらない 止まらない という、3拍子揃った乗り物として決定的な欠陥を持つバイクなので、今は「それを楽しんでやる」という気概がないので今回は検討の対象外に。


以前、このハーレーで、箱根でヒドイ転倒をして怖い思いをしていますし(笑)。


とはいえ、オフロードバイクに乗って林道に行けばいずれ転倒はすることは避けられないのでしょうが、その場合でも許容できるダメージにとどめることができるよう、十分注意してバイクライフを楽しみたいと思っています♪


IMG_E3091


それにしても、まだしばらく緊急事態宣言の解除は先のことになりそうですね。


これだけ自制を求められる期間が長期に及んでくると、世の中の空気がキシキシと音を立てて軋んでいるように感じられて、日に日に人が他者に不寛容になり、人と人との関係もギスギスしたものになっているように思います。


ウイルス感染のリスクもさることながら、ストレスから精神的にまいってしまわないよう皆様も十分ご自愛ください。


ではでは・・。


saiaki555 at 18:52│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ネタ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お別れと悔恨熊野へ巡礼ツーリング