今や日本の繊維製品は大半が海外調達。
とりわけ中国や東南アジアからの輸入が占める割合が圧倒的に高い。
それで、この業界人は中国や東南アジア各地を文字通り飛び回っていることだろう。

アジアに強いスカイチーム

私もメンバーになっているベトナム航空は3大航空連合のうちのスカイチームに加盟している。
スカイチームは日本の航空会社が加盟していないグループなので、
日本の方々にはあまり馴染みがないかもしれないが、
世界最大の航空会社であるデルタ航空を中心とした航空連合で、
アジアに強く、とくに我々のような繊維業界の中でも調達に携わる人にとっては
非常に使い勝手のいいアライアンスだ。
skyteam-members

というのも、2015年4月現在加盟している20社のうち、
繊維業界の方が頻繁に訪れるアジアの主要都市をハブ空港としている航空会社が数多くあるからだ。
一覧にすると以下のとおり。

航空会社 ハブ空港
大韓航空 ソウル
中華航空 台北
中国東方航空 上海、西安
中国南方航空 広州、北京
ガルーダ航空 ジャカルタ、バリ
ベトナム航空 ホーチミン市、ハノイ

中国の大手2社のほか、中国、台湾、インドネシア、ベトナムのフラッグキャリア4社がこの航空連合に加盟していて、これだけ揃えば、繊維調達関係者はスカイチームを使うしかないという顔ぶれだ。

一度の出張で資材調達と縫製工程を見て回れる

縫製工程が中国からベトナムをはじめとする東南アジアにシフトしている昨今であるが、
これまで何度もこのブログでも語ってきたとおり、原材料の調達が難しいというデメリットがある。
東南アジアでかろうじて生地の調達が可能な国といえば、タイ、インドネシア、マレーシアといったところか。それでも十分満足なものが揃うかと問われれば、答えはNOだ。

台湾、韓国、中国などでの資材調達は視野に入れておきたい。

一度の出張で資材調達と縫製工程を見て回ろうとすれば、
資材調達の地を軸にした航空会社を使うのが、便利がいい。

つまり、ソウル、台北、上海、広州といったところだろうが、
上の表を見れば一目瞭然で、それぞれの空港を拠点にしている最大の航空会社が揃っている。

スターアライアンスでは、全日空とタイ航空が入っているものの、
スカイチームと比較すると、台湾はエバー航空、韓国はアシアナ航空、中国は中国国際航空で
利便性の面で劣る感は拭えない。

ベトナム航空は全日空(ANA)と資本提携したが...

昨年、スカイチームのベトナム航空はスターアライアンスの全日空と資本提携したが、
日本とベトナムの間の直行便は、これまでの日本航空とのコードシェア便が
全日空とのそれに振り替えられるだけで、
航空連合の枠を超えて何か変化があるというような話は今のところ伝わってこない。
ベトナム縫製も含めて、当面やはりスカイチームが繊維業界人には一番便利だろう。

AR縫製バナー_黒枠

QQ OEM logo 260X150

無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?

このブログはランキングサイトに参加しており、
良い情報を発信するために努めています。
ブログランキングのクリックをお願い致しますm(__)m
⇒人気ブログランキング
⇒にほんブログ村
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ