3月30日に開幕したベトナム最大の繊維産業展示会サイゴンテックスを昨日訪問してきた。

とにかく広い、でかい

今年は7区のサイゴン展示会議センターに場所を移しての初めての繊維産業展示会となった。



出展企業数は、対昨年比で62%増の1063社、展示面積は倍増して30000m2。
メイン会場の他に外にはその倍近い面積の仮設テント会場が展開していた。
これまでベトナムで開かれたあらゆる業種の産業展示会の中でも最大級だろうと
JETROの方が言われていたという話を耳にした。
 昨年までのタンビン展示会議場なら2時間くらいみておけば、なんとか一通り見て回れるが、今年は無理だ。
 きちんと回ろうと思えば、1日覚悟したほうがいいかもしれない。


参加者は圧倒的に中国人

例年そうなので驚くにはあたらないが、出展企業のリストを見ると、
今年は昨年以上に中国企業の比率が高まったように感じる。



TPPの影響で参加者が増えているこの展示会だが、
TPPの枠外の中国企業が一番積極的だとは皮肉なものだ。
出展者、見学者ともに中国人が多いのではないか。
会場の外には行き来に乗るバスが何台も停まっていた。



出展企業の方々はこう言う

昨日、訪問した限りでは、訪問客がやや少ない感じ。


出展された企業の方に訊いてみると、やはり訪問客が少ないことに苛立ちを感じている様子。
「展示会場のプロモーションが悪いのではないか」
「集客がヘタ」
「送迎バスも出さないし、会場のアピールが弱い」
 「参加費用は高いのに」
 「副資材のブースの方は離れているし、客が来ない」
と主催者やプロモーターへの不満が爆発していた。

日本企業の参加はごく少数

これまた例年のことだが、日系企業の出展参加はごくわずか。 目についたところを拾っていくと...
ペガサス(ミシン製造)
モリト(副資材)
津田駒(機械設備)
広瀬製作所(ミシン部品)
VJCテクノロジー(CAD/CAM)
バンナン・バノック(バノック)
など...



参加各社の声は改めてお届けしたい。




AR縫製バナー_黒枠

無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?

このブログはランキングサイトに参加しており、
良い情報を発信するために努めています。
ブログランキングのクリックをお願い致しますm(__)m
⇒人気ブログランキング
⇒にほんブログ村
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ