秋利美記雄 ベトナムの縫製工場を巡る

ベトナムをはじめとするアジアの縫製工場を巡っているコンサルタント・秋利美記雄が見聞したインドシナ地域の四方山話を披露する。

タグ:中小企業




最近は、ベトナム繊維業界の「何でも屋」と化している私だが、それなりに活動の方針もある。
今の私の仕事を簡単にご紹介しておきたい。

中小企業が相手

まず、現在の仕事の対象は、圧倒的に中小企業が中心
以前、大手商社に長年勤めていたことから、知り合いの方々は今でもその印象をお持ちのようだが、大手企業の仕事はある程度形が固まっている。
中国プラスワンのシフトも大手企業がずいぶん先に手を付け、中小企業がそれを追いかける恰好だ。
大手のベトナム生産あるいは東南アジア生産は全般的にもうすでに落ち着いている。

しかし、まだ中国生産の比率を落とせないでいる中小企業が今頃ベトナムにやってきている現状で、そうした中小企業をお手伝いするというのが、私の為すべき仕事だと自覚している。我々にしても中小企業なので。

大手企業と違い、人的資源やノウハウの乏しいこれらの企業の方々に我々の持つ経験やネットワークを活用いただこうという試みである。

新規事業のサポート

それで、ベトナムのコンサルティング会社ミラン・コンサルタントのほうは、ベトナムを注としたインドシナ地域での新規事業展開のサポートを中心目標としている。
具体的には、
  1. 視察ツアーを通じての事業展開の可能性の調査サポート
  2. 顧問サービスを通じての事業展開の戦略・方針立案サポート
  3. 記事執筆・講演などを通じての情報・ノウハウ提供
である。

アパレルOEM生産

また、日本の貿易会社カラコロモのほうは、小売業者やネット販売(EC)業者向けのOEM生産・販売に注力している。
こちらは、具体的には、
  1. 情報サイト「アパレル・リソースinインドシナ」を通じて、アパレル調達のための情報提供
  2. 主として、ベトナム北部の生産工場群を活用してのアパレル商品や雑貨類の調達・仕入れのサポート
である。

中小企業を相手にする理由

中小企業を相手にする一つの大きな理由は、企業の顔がはっきり見えるから。
中小の場合、社長自らが積極的に現場に出ていかなければならず、それ故に、実際に社長にお会いし、何を考えているかを直接伺えるのがポイント。
逆に言えば、現場のスタッフに任せて、現場に出てこない社長が指揮を執る企業ならば、私も前向きにならないということだ。

ネット販売や小売店などの小さな事業でも、トップが自ら出てきて、目の前で決済してくれれば、これ以上に気持ちよく仕事ができる環境はないと最近感じている。

そういう中小の社長さん方、ぜひご連絡ください。



AR縫製バナー_黒枠

QQ OEM logo 260X150

無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?

このブログはランキングサイトに参加しており、
良い情報を発信するために努めています。
ブログランキングのクリックをお願い致しますm(__)m
⇒人気ブログランキング
⇒にほんブログ村
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

以前は有名な大企業との仕事が多かったが、
最近は、中小企業の方々と一緒に仕事をさせてもらうことのほうが多い。

中国からの生産シフトは大手企業が先鞭をつけ、中小はその後追い。
それで、最近では中小企業の問合せが圧倒的になっているためだ。

私の会社も従業員数名の弱小企業だし、会社の規模なんてどうでもいいと思っている。

大切なのは社長と直接お仕事をさせてもらうこと。

42-1

これはすこぶる効率がいい。

上司に訊いてみる、会社に訊いてみる、というステップがない。

あるとすれば、客先に問合せるというケースはあるが、
基本的に社長が最終的には決裁するので、
時間はかからないし、仕事が捗る。

サラリーマンだと、上司だの会社だのという逃げ道が用意されているので、
捕まえたくても捕まえられない場合があるが、社長はどの会社も逃げないから、
気持ちよくも仕事できる。

お互い土曜だろうが日曜だろうが、仕事があれば働くし、
だから、土日もひっくるめて、気軽に連絡できる。

気の合わない人なら、間をおけばいいだけだ。
気の合う人なら、休みの日も関係なく一緒に仕事もできるし、遊びにも行ける。

29-1

今日もこれからある社長さんとの商談一件。
楽しみだ。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



このブログはランキングサイトに参加しており、
良い情報を発信するために努めています。
ブログランキングのクリックをお願い致しますm(__)m
⇒人気ブログランキング
⇒にほんブログ村
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

このページのトップヘ