06/03/25 河北新報情報公開度 宮城2位 仙台低迷、政令市で10位(河北新報、画像も)
情報公開度:鳥取が2年ぶりトップ 2位宮城、3位岩手…(毎日)

毎年恒例のランキングを各紙が大きく伝えているわけですが…

「マスコミが批判しない存在は疑ってかかれ」が合言葉の(?)当ブログでは、無謀にも異議を唱えてみたいと思います。

1.最初に疑問をもったきっかけは長野県での出来事です。
(1)田中康夫はもう要らない by 信州ヒグマ
LogBook:似非「オンブズマン」始動狂気の証
信州市民オンブズマンの設立総会に、田中康夫が応援に駆けつける予定だった(結局ビデオメッセージに)。県知事は監視対象のはずなのにおかしくないですか?
だいたい設立したのが田中に近い弁護士の松葉健三で、やっていることは反田中の県議会会派を狙い撃ちにした住民監査請求。どうみても市民団体に偽装した政治集団でしょう。

(2)田中以外にも、ランキング上位の知事の施策がおかしい、より直截に言えばオンブズマン受けのいい知事が県民ひいては国民にとっていい知事とは言えないように思います。お前ら「石原知事の東京都は今年も失格でした」と言いたいだけちゃうかと。ちょっと強引かもしれませんが…
都道府県総合ランキング
1位 鳥取 人権救済条例のゴリ押し失敗
2位 岩手 地方参政権「賛成」答弁
3位 山口
4位 長野 偽証告発ほかたくさん
5位 宮城 後継指名をめぐる迷走、障害者施設解体宣言を事実上撤回
5位 京都 いわずと知れた同和利権の中心地
5位 和歌山
5位 高知 同和利権がらみの不正融資事件

12位 新潟 北朝鮮船入港に弱腰

14位 三重 「環境先進県」の破綻

2.共産党系の弁護士団体・自由法曹団とのつながりで、市民オンブズマンも共産党に近いといわれています。
(1)日本共産党第21回大会決議(1997年9月26日)で言及してますし、こんな議員もいますね。
参議院議員 仁比そうへいのホームページ
弁護士で市民才ンブズマン北九州の事務局長、03年に共産党から立候補して当選。

(2)仙台ではこんなこともありました。
今年4月わが会派に交付された政務調査費に関わる仙台市民オンブズマンの監査請求について仙台市民オンブズマンが行政調査費訴訟をとりさげ(日本共産党仙台市議団)
オンブズマンが全政党を訴えたのに対し、猛抗議した共産党だけ訴訟を取り下げ。何とも不自然だし、それって談合ではないのでしょうか。いくら当事者間で話がついたって、司法の場で他の党と同じように批判に晒されなければ部外者には納得できません。

ただ、後述のように必ずしも地域レベルでは共産党と同一歩調とはいえないようです。

3.もちろん私だって税金の無駄遣いは許せませんが、オンブズマンの取り上げる対象には偏りがあるのではないか。はっきり言ってしまえば、マスコミ受けのする材料ばかり選んでいるのではないでしょうか。
(1)三度目の引用ですが…
毎日新聞140万部“水増し詐欺”の決定的資料 サワダオサム(MyNewsJapan)
本来は「消費者連盟」や「市民オンブズマン」が動くべきだが、こうした団体は新聞社を敵に回せない。聞けば、新聞社に嫌われて新聞に自分らの活動が全く載らなくなると、運動にならなくなってしまうからだという。

たとえば、官官接待は問題にしても、「官報接待」や記者クラブへの公費支出を批判したという話は聞きませんね。

(2)同和利権にも弱腰なように思います。後でみるように最近は大阪で追及する動きもあるようですけど。
共産党寄りなら部落解放同盟の利権にも切り込めそうなものですが、共産系の全解連も同和利権と無縁ではないことは以前からフリーライター・寺園敦史氏が指摘してきました。
それに同和問題についてはマスコミが臆病がって載せないのでやらないというのもあるのかもしれません。

(3)男女共同参画も批判しませんよね。本当に必要な事業なのか疑問なんですが。
自民『財政難、要望低い』『男女参画センター』条例案否決(東京)
 委員会では、県男女共同参画課の戸谷久子課長が「柏市にある県女性センターは利便性が低い。地域に合った男女共同参画行政を進めてほしいという要望があった」と拡充の必要性を説明した。

 これに対し、自民の本間進委員は、県財政が逼迫(ひっぱく)し、また小学校の耐震工事が完了していないことを指摘。「一部の要望を採り入れるより、子どもの命の方が大切。財政難のこの時期、県民の要望の低いものを認めるわけにはいかない」と強調した。

4.政治との距離のとりかたも微妙です。例として去年の仙台市長選と大阪市長選をみてみましょう。

(1)仙台市長選挙
小野寺氏出馬表明 オンブズマン内部に波紋同心円/理念の溝埋まらず(河北新報)
オンブズマンの弁護士・小野寺候補と浅野知事支持の県議、共産党系候補が三人バラバラに立候補。先述の市議会の監査請求をめぐるゴタゴタが影響したんでしょうか。
しかも争点を「地下鉄白紙撤回」一本に絞って大敗しました。
争点を単純化すること自体は小泉首相が成功したし、そういう手法もあるでしょう。しかしそれが市民にとって最も重要だったのかどうか。立候補の経緯といい、あまりにも独善的だったのでは?
まさか、今回の仙台市のランキングが低いのはこの意趣返しじゃないですよね?

(2)大阪市長選挙
辻氏出馬表明 「改革」三つどもえ(読売)
民主党を離れた候補を、市民グループ「見張り番」代表世話人が支援。これには厳しい批判がありました。
ろーやーずくらぶ:「見張り番」は何を見張ってきたのか? 弁護士候補者は「しがらみ」を絶てるのか?
また、「見張り番」代表世話人は、この同和行政問題について、いったいどのように考えて、同和行政問題で「弱点」を持つ候補者を擁立したのでしょうか。市職員厚遇問題こそ重要であって、同和行政はどちらでもよいという立場なのでしょうか。だとすると、「見張り番」は、大阪市政の何を見張ってきて、何を見張ってこなかったのかを市民に明らかにすべきでしょう。

これと前後して、解同系の芦原病院への融資の返還請求をしてますね。なんか泥縄っぽい。
大阪市問題まとめサイト(大阪市職員厚遇問題) - 同和行政編(芦原病院問題)

共産党は別に候補を立てました。結局、見張り番が支援した辻候補は現職に敗れ落選。ブログで逆ギレしてます。
市民グループ「見張り番」:大阪市の腐敗は続く
地域振興町会がすべて関さん支持というのもおかしいが、「見張り番」イコール共産党支持と思い込んでいた人も間違っている。見張り番が共産党を支援しなかったから退会するという。すでに支払ったカンパを返せという。そういう指示が出ているのだろうか?「見張り番」は、一党一派に組しないということを掲げているだけである。

え、代表は公然と辻候補を支援したのに?わけが分からない。

5.市民オンブズマン連絡会議では、これらの選挙での敗北を総括する動きはあったのでしょうか。監視活動と違って、選挙は多数をとらなければ何も勝ち取れません。
マスコミに持て囃されるほどには自分たちが有権者には支持されていないことを、選挙結果から少しは学んだほうがいいんじゃないでしょうか。

<4/7 更新>