姜尚中とメルセデスベンツML350画像は調子はどうだいより、姜尚中と愛車(?)メルセデス・ベンツ ML350。

4月にNHK教育の「日曜美術館」の司会が姜尚中に代わってから半年たちました。
日曜朝から喋りが陰気だとか話がズレまくりだとか悪評芬々です(なかにはマスゴミに洗脳されて支持する信者も少なからずいるようですが)。

常識的に考えた:【メディア】NHK、、「2ちゃんねる」などのネットの反応を「雑音ばかりではないと思っている」と評価…情報還流システムについて
344 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/05/25(月) 22:32:10 ID:tZWI0Vde0
でもさ、
逆に考えたら実況にNHKが入り込むことで人気のねつ造も出来るよ。
自作自演の嵐になって「これが民意です」って大風呂敷広げて、
より自分たちの作りたい、思想の偏った番組作りが可能になる。

そうならないにもせめて実況だけはIP公開方式にした方がいいかもよ。

とりあえずNHKはあの暗くて陰気な姜尚中を干せ。
「日曜美術館」の思想操作は美術芸術に対する冒涜。
あんな陰気くさいうえ胡散臭い人間、二度と出すな。

メモ:姜尚中 狩野博幸 河鍋暁斎 日曜美術館
で、何を言いたいかというと、姜尚中という人が、日曜美術館の司会を春からやっているのだけれど、これが、なんとも、つらい。

日曜は、美術好きにとって、見るにしても、見ないにしても、基本とするべき番組なので、大事にしたいのだけれど、この司会者、分かってんだか、分かってないんだか知らないスタンスで、分かったような分からんようなコメントを繰り返している。司会のスタンスとしては、分かっていても、分かってなくてもよいが、この人、衒学ぶって、混乱をまねいているように思う。
変な低音の声も気になるし、そもそも、美術に興味があるのだろうか?と思ってしまう。

簡単に言えば、姜さん、番組降りて、普通のアナウンサーの司会に代わってくださいとの、1視聴者の要望です。
日曜美術館の関係の方、御一考ください。

ART TOUCH 絵画と映画と小説と:『マンガノゲンバ』(NHK)のやらせ
NHKの「やらせ」はETVだけではない。『激流中国』も『ジャパンデビュー』も言うまでもなくやらせである。不思議なのはなぜこんなヤラセの番組を放送して犯罪にならないのかということである。

日曜美術館が大変なことになっている。山下菊二の特集だったが、これでは中国制作の反日宣伝番組だ。イラストをドキュメンタリー絵画と称して、歴史的真実の記録のごとく見せかけている。油断していたらカンサンジュンさんがあらわれて「悩む力」の抜粋みたいなことを言いだした。あわててテレビを消した。

朝鮮歴史館:元NHK政治部記者「姜尚中を日曜美術館の司会で使うのはおかしい、ふさわしい人物は他にもいるだろ」
私も気持ち悪くて全然視てないんですが、取り上げる内容にも以前に比べて問題があるのではないかと。気になったので調べてみました(放送スケジュール|日曜美術館より、独自集計)。

平成21年4月〜9月
曾我蕭白 妙心寺 三宅一生とルーシー・リー アングル 片岡球子 パウル・クレー 錯視芸術 ヴォーリズ 別府現代芸術フェスティバル ベルナール・ビュフェ ロダン 清宮質文 クリムト 犬塚勉 与謝蕪村 マーク・ロスコ やなぎみわ メキシコ20世紀美術 越後妻有の10年 ゴーギャン 山下菊二 いわさきちひろ・夏目漱石 日本伝統工芸展

全23回中 日本(江戸以前)3 日本(明治以降)7 〔日本美術43.5%〕
東洋(日本以外)0 ヨーロッパ6 南北アメリカ3 その他4

平成20年4月〜9月
ウルビーノのヴィーナス ルオーとマティス モディリアーニ 河鍋暁斎 東山魁夷 池田満寿夫 ゴーギャン マリオ・ジャコメッリ 喜多川歌麿 日本の美・かざりの喜び 三輪田米山 エミリー・ウングワレー 野見山暁治 法隆寺国宝・四天王像 コロー 鈴木其一 石内都 石山修武 千年の森〜北海道 王羲之「蘭亭序」 �癲島野十郎 丸木スマ・大道あや 源氏物語千年 ジョゼフ・コーネル 日本伝統工芸展

全25回中 日本(江戸以前)4 日本(明治以降)10 〔日本美術56%〕
東洋(日本以外)1 ヨーロッパ7 南北アメリカ1 その他2

平成19年4月〜9月
福田平八郎 ピカソ 安井曽太郎 デューラー 山�啗種二と日本画の巨匠たち 洋画家たちのパリ 鳥居清長 菊池伶司 ねむの木こども美術館 モネ ル・コルビュジエ パルマ 國吉清尚 角偉三郎 小磯良平 靉光 インカ・マヤ・アステカの至宝 トプカプ宮殿 「日展」の百年 渡辺崋山 浜口陽三 堀文子 日本伝統工芸展 平山郁夫

全24回中 日本(江戸以前)2 日本(明治以降)15 〔日本美術70.8%〕
東洋(日本以外)1 ヨーロッパ5 南北アメリカ1 その他0

やはり明らかに日本美術の割合が減ってますね。内容まで姜がすべて決めてるわけじゃないだろうから、問題は奴一人だけでなく姜を司会にした上に恣意的な番組作りをするNHKの体質そのものにあるのでしょう。

意外だったのは日本以外の東洋美術が少ないこと。なんでも鑑定団とかみてると小汚い高麗茶碗が何百万もしてコーヒー吹いたりしますが、そういう「封建的」なのはお嫌いですかそうですか。
今まで日本美術が多すぎたといわれればそれまでですけど、個人的に伝統的な作品が好きなので[※]。現代アートとかクソ食らえっていう<そのうち怒られるぞ

だいたいこれ以外にもNHKは姜尚中を使いすぎです。
8/7 ノーモア・ヒバクシャ〜核兵器のない世界を目指して〜
9/11 特報首都圏「“生きづらさ”から抜け出せるか」
10/3 NHKアーカイブス・NHKスペシャル「十月の悪夢 〜1962年キューバ危機・戦慄の記録〜」

NHKには「日曜美術館以外にも必ず姜を月一回以上画面に映すべし」という内部規定でもあるんでしょうか?(皮肉
東大教授の地位と安定した収入(と高級車もか)を持ち、マスコミで好きなだけ発言しながら批判を受けないという特権的な地位にある奴に、自殺を考える人の苦悩の何が分かるというのか!

余談ですが以前、新日曜美術館の司会だったモデルの「はな」は中国人の血が入っているそうで。
徹子の部屋に出演した時に、母方の祖父が中国人であり、父も日中のハーフであると語った。
母方の祖父が中国出身であり、また彼女自身も「日本パンダ保護協会」の“パンダ大使”として活躍するなど、中国にゆかりが深い。(wikipedia

気の利いたことを言うわけでもなく空気でしたが、最近見かけないのでどうでもいいです。
<10/6 更新>
※ちなみに今年4月以降行った展覧会はこんな感じ。
宮内庁三の丸尚蔵館「国の花、華やぐ」
戸栗美術館「柿右衛門展−ヨーロッパを魅了した東洋の華−」
サントリー美術館「まぼろしの薩摩切子」
府中市美術館「山水に遊ぶ−江戸絵画の250年」
山種美術館「美人画の粋 上村松園」
東京国立博物館「伊勢神宮と神々の美術」「染付−藍が彩るアジアの器」
東京藝術大学美術館「コレクションの誕生、成長、変容」
八王子市夢美術館「大河原邦男のメカデザイン」

…偏りすぎだ(苦笑)

そうそう、9月に日曜美術館が取り上げたいわさきちひろが日本共産党員で、夫は共産党衆院議員の松本善明だったというのはわりと有名ですね。
書道家のつれづれ日記:悲しすぎる「いわさきちひろ」の絵の中こどもたち
絵本作家‥‥とんでもない、実は1946年入党の戦後バリバリの共産党員だ‥‥というのが真相だ。
それも、婿に入った夫君を毛嫌いして、その原因が知らぬが夫君がピストル自殺したという事、など諸々「安曇野ちひろ美術館」にはハッキリ書かれている。

元々の岩崎家は、写真(当時あまり撮られなかったスナップ写真などあり)、経歴から見ても中産階級の上位に位置する家庭出身だと分かるようになっている。
戦前の高等女学校、そして美術の勉強など当時の労働者階級(?)では夢の話だ。

よく松本代議士の夫人と紹介して「共産党歴」を隠す事があるようだ。
しかし、中国の共産党の政治家を見れば分かるように、共産党員は夫人とてれっきとした闘士だ。

日本テレビの番組では
「長男が誕生するが、家庭の事情によりやむなく夏からしばらく信州の(母)実家に預ける。」
‥‥と「列車のシーン入りで」説明するが、「家庭の事情」では無く共産党活動に支障が生ずるので「置き去り」にしたと言うのが正しい。
結構非情なところは共産党員ならではだろう。
前の夫君の件、子供の件を見てみると何やら「愛情」の薄い人だったのだろうと想像できる。
そんな印象が「絵本の子供」たちから見受けられるのだ。