マスコミ不信日記

オーウェルが描いた、じょじょに「ある言葉」が使えなくなり、言論の自由が奪われ、魂が管理されていく、静かで不気味な全体主義の近未来は、支那や北朝鮮よりむしろ現在の日本の姿そのものではないだろうか?
──西村幸祐「『1Q84』ではなく『一九八四』の世界を迎えた日本」〜『メディア症候群』より

読売新聞

また朝日!配達員を「2億円当選女性殺害」で逮捕/読売記者また痴漢

岩手・一関市2億円当せん女性行方不明事件 元新聞配達員の51歳男を殺人容疑で逮捕(10/23 FNN)
2億円当せん女性殺害 岩手県警、知人の男逮捕(10/23 中日)
 2億円の宝くじに当せんした岩手県一関市千厩町、無職吉田寿子さん=当時(42)=が2005年4月、行方不明となる事件があり、県警は22日、吉田さんへの殺人容疑で、知人の東京都台東区松が谷、朝日新聞配達員熊谷甚一容疑者(51)を逮捕した。吉田さんは前年の04年夏に宝くじに当せんしており、県警は大船渡署に捜査本部を設置、動機などを調べる。

 県警が熊谷容疑者の供述に基づき岩手県陸前高田市米崎町の土地を捜索した結果、22日夕、吉田さんとみられる遺体が見つかった。熊谷容疑者は「わたしが殺し、間もなく遺体を遺棄した」と容疑を認めている。

 調べでは、熊谷容疑者は05年5月初旬、当時住んでいた陸前高田市で、何らかの方法で吉田さんを殺害した疑い。

 県警などによると、熊谷容疑者は岩手県住田町出身。陸前高田市で電子部品製造会社を経営し、吉田さんが勤めていた会社に取引で出入りしていた。吉田さんは事件前に会社を辞め、独身で一人暮らしだった。熊谷容疑者は06年ごろ、東京に移り、同年9月から朝日新聞販売所で働いていたという。

 県警は05年5月、吉田さんの親族から捜索願を受理。吉田さんの銀行口座の捜査や聞き込みから熊谷容疑者が浮上した。県警の捜査員が今月21日、熊谷容疑者を警視庁に任意同行した。23日に同容疑者の身柄を岩手県警に移送、遺体を司法解剖する方針。

 朝日新聞によると、熊谷容疑者は22日付で販売所を解雇された。

新聞週間(10月15日から1週間)が終わったとたんにコノザマとは因果応報というか日頃の行いが悪いというか。
ただ朝日新聞販売所で仕事をする前の事件なわけですね。新聞販売業界が犯罪者の巣窟になっているという点では重大な問題ですが…あと販売所長がずいぶん冷静に取材に応じていて何か根回しでもあったんだろうか、とちょっと気になった。
凶悪犯罪が起こると「格差社会が犯罪を生む!」とわめく左巻き連中も、朝日が絡むと何も言えないようです(毒
 ■朝日新聞東京本社販売局の話…熊谷甚一容疑者が、取引先である販売所に雇用される前に、このような事件を起こしていたとして逮捕されたことを大変重く受け止めている。販売所に対して今後、指導を徹底していく。

定型のコメントですが、販売や勧誘の際の犯罪ならともかくこういう場合どう「指導」しようというのだろう? 採用面接で「あんた人殺してないよね?」と聞けとでもいうのか。

金銭めぐる報道に不満も=熊谷容疑者、接見弁護士に−宝くじ当せん女性殺害・岩手(10/26 時事)
 2億円の宝くじに当せんした岩手県一関市の無職吉田寿子さん=当時(42)=が殺害された事件で、逮捕された元新聞配達員熊谷甚一容疑者(51)が金銭問題をめぐる報道に「違いがある」と不満をもらしていることが25日、分かった。同日、盛岡東署で接見した国選弁護人の吉田瑞彦弁護士が明らかにした。

どのへんが違うのかよく分かりません。カネなのか交際のもつれなのか、その両方なのか。

朝日新聞と殺人といえば去年も名古屋で女性会社員殺害事件がありましたが、公判のニュースではもう「朝日」の名前が隠蔽されています。
名古屋拉致事件で被告側、情状酌量を主張へ 公判前整理始まる(2007.12.27 産経)
 名古屋市の会社員、磯谷利恵さん(31)が今年8月、闇サイトで知り合った男3人に拉致、殺害された事件で、強盗殺人や逮捕監禁などの罪で起訴された元新聞セールススタッフ、神田司(36)▽無職、堀慶末(32)▽同、川岸健治(41)−の3被告の公判前整理手続き第1回協議が27日、名古屋地裁(近藤宏子裁判長)で開かれた。検察、弁護側双方が立証方針を明らかにし、争点を絞り込む。

「殺して捨てよう」と方針転換=直前まで一緒の男性証言−名古屋地裁(10/10 時事)
 名古屋市千種区で昨年8月、会社員磯谷利恵さん=当時(31)=が拉致された上、殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた元新聞販売員神田司被告(37)ら3人の第2回公判が10日、名古屋地裁(近藤宏子裁判長)であった。事件直前まで3人と行動を共にしていた男性(31)が検察、弁護側双方の証人として出廷し「神田被告から『顔を見られてやばくなるくらいなら、殺して海に捨てよう』と言われた」などと証言した。

元朝日新聞セールススタッフと明記したのは毎日ぐらいですかね。ただネット規制に話をもっていこうとしていますが、新聞販売が犯罪の温床になっているんだからそちらも規制すべきじゃないんでしょうか。
朝日自身も「元新聞セールススタッフ神田司(37)」と報道。
痛いテレビ:闇サイト殺人から朝日新聞の名前が消えた
奈良の女児が殺害された事件でも、毎日新聞の販売員が犯人だったが、毎日新聞はいつの間にか児童ポルノの問題にすり替え、ネット規制の道具にしている。
身内が起こした殺人事件をネット規制に利用する新聞社の卑劣さにはあきれるほか無いが、そういった新聞やメディアに騙される人たちも軽蔑せずにはいられない。

同感ですね。

読売新聞記者、電車で女子高生に痴漢(10/28 TBS)
 東京都の迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕されたのは、読売新聞東京本社の世論調査部記者・伊藤一紀容疑者(28)です。

 伊藤容疑者は朝8時半頃、東京のJR常磐線上り・快速電車の車内で、18歳の女子高校生のスカートの上から尻を触ったところ女子高校生に腕を捕まれましたが、この際、伊藤容疑者は電車が停車した日暮里駅で逃走。乗客の男性らに取り押さえられました。伊藤容疑者は通勤途中で、容疑を認めているということです。

 読売新聞東京本社は、社員の逮捕について「事実関係を確認し、厳正に対処します」とコメントしています。(28日17:11)

先月の読売ウイークリー記者・山本航(33)に続き2ヶ月連続。今回の事件、読売のサイトには記事が見当たりません。はいはい匿名社会匿名社会<何度目だよ
で、「まあ読売ウイークリーにも廃刊の噂があるので戻ってこられる場所がなさそうですがw」と書いたらそのとおりになりました。
読売ウイークリー、12月1日発売号で休刊(10/29 朝日)
 読売新聞東京本社広報部によると、00年に約40万部を発行したことがあるが、今年は毎号10万500部の発行だった。「最近の週刊誌市場の縮小傾向や、メディアの多様化が進む中で、休刊を決めた」という。

 雑誌に詳しいライターの永江朗さんは「読者減、広告収入減、紙代を中心としたコスト増のトリプルパンチが効いている。週刊誌は10万部がボーダーライン。読者層を明確にし、大胆に変わらないと生き残れないだろう」と話す。

週刊朝日(30万部)やAERA(19万部)は安泰だといいたいのでしょうか。これから広告収入も一層厳しくなりそうですけどね。

あと一応マスコミつながりでこんなのもあったので貼っときます。
同じ女性に何度も痴漢か 京都府警、トーハン支店長逮捕(10/9 産経)
 京都府警七条署などは9日、電車で痴漢をしたとして、府迷惑行為防止条例違反の現行犯で、出版取り次ぎ大手「トーハン」の京都支店長、辻野光洋容疑者(56)=大津市富士見台=を逮捕した。

 同じ女性に何度も痴漢行為をした疑いがあり、七条署は余罪を調べる。

なんかこんな記事に名前があったので偉い人のようです。
個人偲び物故者法要( 2007/11/21 全国書店新聞)
 京都府書店商業組合(中村晃造理事長)は11月7日、「図書まつり」の一環として物故者法要を営んだ。

献杯では、取次を代表してトーハン辻野光洋京都支店長が物故者への感謝の思いを賜った。

大垣和男理事は、往年の京都組合図書まつりを振り返り「現在は読書週間として全国に定着している秋の読書推進活動だが、京都が全国に先駆けて行った図書まつりこそ、その起源と歴史書の記述に残っている。〔後略〕

読書週間(10/27〜11/9)を前に無様な話ですね!

#あ、今年は文字・活字文化の日に批判エントリ上げるの忘れた…

愛媛新聞記者は万引き、読売記者は痴漢、日経部長は酔って警官に暴行し逮捕

本日取れたて!
愛媛新聞記者、万引き容疑で逮捕 国体取材で別府滞在中(10/3 朝日)
 大分県警別府署は2日深夜、愛媛新聞社(松山市)の運動部記者、渡辺嘉奈容疑者(35)=同市花園町=を盗みの疑いで現行犯逮捕した、と発表した。渡辺容疑者は同県内で開催されている大分国体の取材のため、同県を訪れていたという。

 同署によると、渡辺容疑者は2日午後9時20分ごろ、同県別府市内の商業施設「ゆめタウン別府」で、衣類やスポーツバッグ、文具など計17点(9万5千円相当)を万引きした疑いがある。店を出たところで警備員が取り押さえ、駆けつけた同署員に引き渡した。商業施設には1人で訪れ、盗んだバッグに万引きした他の商品を詰め込んでいた、と同署は説明している。

 愛媛新聞社などによると、渡辺容疑者は男性記者2人と大分国体の取材に訪れ、先月26日から同市内で宿泊していた。同社経営企画室は「新聞記者としてあってはならない行為。事実関係を詳しく確認して、厳正に対処したい」としている。

愛媛新聞の記事。35にもなって何をやってるのやら(呆
大分県では7月にも西日本新聞支局長が盗撮で逮捕されてるんですが、「大分では犯罪がしやすい」みたいな業界内の噂でもあるんでしょうか。

読売新聞社員を痴漢容疑で逮捕 警視庁(9/12 日経)
 地下鉄の車内で女性会社員(31)の下半身を触ったとして、警視庁中央署は12日、読売新聞東京本社社員で読売ウイークリー記者、山本航容疑者(33)=東京都江東区塩浜1=を都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕した。容疑を認めているという。

 調べによると、同容疑者は同日午前8時40分ごろ、東京メトロ東西線木場駅―茅場町駅間の車内で、女性の下半身を触った疑い。女性が同容疑者の手をつかみ、茅場町駅のホームで駅員に引き渡したという。

 読売新聞東京本社広報部は「社員が逮捕されたのは誠に遺憾。事実関係を確認した上で厳正に対処する」としている。

いつもこういうニュースで「厳正な対処」がどうなったのかという続報がないですよね。
まあ読売ウイークリーにも廃刊の噂があるので戻ってこられる場所がなさそうですがw

なんか日経の中の人間が「マスコミが同業者に甘いことはない!」とかいってましたけど、これが他の業界なら「なぜ不祥事が頻発するのか」と特集が組まれそうなものです。やっぱり甘すぎでしょう。
「マスゴミ」と呼ばれ続けて続・「マスゴミ」と呼ばれ続けて(友人座談会編)(島田 昇=ITpro)

拾い忘れ。日経には載らなかったようです。
路上で巡査長を背負い投げ…日経産業部長逮捕(8/29 スポニチ)
 警視庁碑文谷署は29日までに、公務執行妨害の現行犯で、日本経済新聞東京本社編集局産業部長斎藤仁志容疑者(48)を逮捕した。

 調べでは、斎藤容疑者は28日午前1時半ごろ、目黒区碑文谷2丁目の路上で、職務質問した同署地域課の男性巡査長を背負い投げしようとして倒した疑い。巡査長にけがはなかった。同署によると、斎藤容疑者は酒に酔っており、大声を上げながらかさで道路をたたいていたため、職務質問を受けた。

またマスコミ社員が酔って暴れたんですか。よほど酒癖のわるい奴が多いんでしょうか。
6/13 朝日新聞本部長補佐・平井隆昭(56)、酔ってタクシー運転手を殴り逮捕
6/27 フジテレビ社員・菊地道元(33)、酔ってタクシー運転手から料金を奪い返そうとして逮捕
6/28 東京新聞立川支局長・中里宏(47)、酔って通行人に暴行し現行犯逮捕
7/10 千葉日報社員・石原治人(43)、泥酔してタクシー代を払わず仲裁した警官に頭突きして逮捕
残念ながら(?)9月は社員の逮捕がなかったので連続記録wが途絶えました。
絶対マスゴミの連中と酒を飲みたくないですね。幸いそういう機会はないけどw

新聞配達員・勧誘員にまで広げれば先月も犯罪大杉、でした。
泥棒二題。
新聞購読料を着服 元本紙販売員逮捕 東京(9/8 産経)
 産経新聞専売所に勤務時代、集金した新聞購読料を着服したとして、警視庁葛西署は7日、業務上横領の疑いで、江戸川区西葛西、朝日新聞販売所「ASA西葛西」販売員、宇佐美誠実(まこと)容疑者(21)を逮捕した。これまでに約100万円を着服していたとみられ同署は余罪を追及する。

 調べでは、宇佐美容疑者は産経新聞亀戸南専売所の販売員だった6月9日、顧客から受け取った新聞購読料5900円を着服した疑い。約4年前から同専売所で勤務していたが、犯行直後に行方をくらまし、ASA西葛西で働いていた。

荒川を越えれば逃げられると思ったのか。頭悪すぎ。
朝日新聞販売店で個人情報など盗難/配達員逮捕(9/30 四国新聞)
 29日早朝、香川県高松市西山崎町の朝日新聞高松販売高松南支店から、「事務所の金庫が盗まれた」と高松南署に通報があった。同署は同日夜、窃盗の疑いで配達員の男を逮捕。金庫には読者約120人分の氏名や住所、電話番号が記載された領収書も入っていたが、施錠されたまま近くの山中で見つかり、個人情報の外部への流出はなかった。

 逮捕されたのは、香川県高松市西山崎町、同支店社員大西隆夫容疑者(41)。

 調べでは、大西容疑者は同支店で勤務中の29日未明から早朝にかけ、すきを見て、領収書や現金約28万円などが入った金庫を自分の車まで運び出し、盗んだ疑い。


 調べに対し、同容疑者は「金に困ってやった。金庫は鍵がなくて開けられず、とりあえず隠していた」と供述しているという。

女性の部屋に侵入。そういえば7月に住居侵入・集団強姦容疑で逮捕された読売配達員米沢真弥・伊藤崇秀も続報がないですね。
女性の部屋に侵入した朝日新聞配達員逮捕 滋賀(9/9 産経)
 1人暮らしの女性の部屋に忍び込んだとして滋賀県警彦根署は9日、住居侵入の疑いで、同県彦根市平田町の朝日新聞配達員、片上秀孝容疑者(33)を逮捕した。

 容疑を認めているという。

 調べでは、片上容疑者は同日午前3時過ぎ、同市の女性会社員(20)のアパートの部屋に侵入した疑い。

 ベランダから1階の部屋に侵入したが、気付いた女性に騒がれ逃走、110番通報で付近を捜索していた同署員に見つかった。

バイクと車で暴走。
読売新聞の配達員逮捕 酒酔い運転の現行犯で 佐賀・唐津(9/29 産経)
 佐賀県警唐津署は29日、道交法違反(酒酔い運転)の現行犯で、読売新聞の西唐津販売店のアルバイト配達員、泉哲雄容疑者(52)=唐津市二タ子3丁目=を逮捕した。「スナックでビールや焼酎を飲んだ」と供述しているという。

 調べでは、泉容疑者は同日午前3時20分ごろ、唐津市八幡町の市道で新聞を配達中、酒に酔った状態でミニバイクを運転した疑い。「新聞配達員が道に寝ている」との住民からの通報で同署員が駆け付け、付近をミニバイクで走行中の泉容疑者を発見。呼気1リットル当たり0.7ミリグラムのアルコールを検知し逮捕した。28日の夕方から29日午前2時ごろまで飲んでいたという。

 同販売店所長は「非常にまじめな従業員だったので、ただただ驚いている」と話している。

ひき逃げ疑いで新聞販売店経営者を逮捕 京丹後市・死亡事故(9/28 京都新聞)
 京丹後署は28日、自動車運転過失致死傷と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、京丹後市大宮町口大野、読売新聞販売店経営松岡経夫容疑者(70)を逮捕した。

 調べでは、松岡容疑者は同日午前4時半ごろ、同市大宮町善王寺の市道で新聞配達中に、同市峰山町長岡の飲食店従業員石原香織さん(27)ら2人を軽トラックではねて立ち去った上、石原さんを頭などを強く打って約7時間半後に死亡させ、もう1人の顔などに軽いけがをさせた疑い。

 同署によると、松岡容疑者は約20分後現場に戻ったといい、当時の状況を詳しく調べている。

 読売新聞大阪本社広報宣伝部は「当社と取引関係にある販売店の代表が逮捕されたことは誠に遺憾。法令順守の徹底を求める」とコメントした。

配達中の死亡事故なのに扱いが小さいのが納得いかないですね。

包丁持って大暴れ。どちらも目黒区の事件なんですがそんな治安悪かったですっけ?
東京新聞販売員を逮捕=警官に刃物振り上げる−警視庁(9/18 時事)
 職務質問をした警察官に包丁を振り上げようとしたとして、警視庁目黒署は18日までに、銃刀法違反と公務執行妨害の現行犯で、東京都目黒区東山、東京新聞専売店員百武拓也容疑者(34)を逮捕した。
 同容疑者は「店長から勤務態度などでたびたび注意され、殺してやろうと思った」と供述。同署は殺人予備容疑でも送検し、調べを進める。
 調べによると、百武容疑者は16日午後5時40分ごろ、同区大橋の同新聞上目黒専売店横の駐輪場で、自転車の前かごに刃渡り約16センチの文化包丁を所持。職務質問をした同署員に包丁を振り上げようとした。
 同容疑者はすぐに取り押さえられ、署員にけがはなかった。
 自転車に乗って刃物を振り回している男がいるとの110番があった。
 加藤久昌・中日新聞東京本社(東京新聞)販売局総務の話 当社と取引のある販売店店員が起こした不祥事で誠に遺憾。再発防止のため教育を徹底したい。

新聞勧誘会社の元社員、社長を刺し逮捕 「解雇され恨み」(9/28 日経)
 解雇された会社の社長を刃物で刺して重傷を負わせたとして、警視庁世田谷署は28日、新聞勧誘会社元従業員、石川之大容疑者(79)=東京都目黒区東が丘=を殺人未遂の現行犯で逮捕した。調べに対し、石川容疑者は「解雇を恨んでいた。やるつもりだった」などと供述しているという。勤務していた勧誘会社は朝日新聞の販売店団体の取引先。

 調べによると、石川容疑者は28日午前11時半ごろ、世田谷区野沢の会社事務所で、男性社長(59)の背中を刃渡り十数センチの調理用ナイフで刺した疑い。同容疑者は書類などの返却で会社に来た際、自宅からナイフを持参したという。

 石川容疑者は血まみれの状態で逃走、通行人からの110番通報を受けた同署員が近くにいた同容疑者を取り押さえた。

79歳にもなって(ry 朝日新聞には記事が見当たりませんでした。
もうね、新聞の戸別配達が犯罪の温床になってることを正面から認めるべきだと思うんですけど。前に取り上げた秋田県の勧誘禁止条例は骨抜きにされそうな雲行きですが、こんなトラブルが多いのは新聞だけだし、業界に自浄能力は一切ないんですから国レベルで対策をとるべきではないかと。
めいわく勧誘禁止条例案 「拒否」登録制度に(9/30 読売)

読売と日テレで捏造報道/朝日販売員、また強姦で逮捕

困ったときのマスコミ不祥事まとめエントリ。

読売記者、取材せず談話を捏造 青森版に掲載、処分へ(8/5 朝日)
 読売新聞青森支局の男性記者(24)が、記事中の談話を取材をせずに捏造(ねつぞう)していたとして、同紙は5日付朝刊の青森版に「おわび 記事中の談話を捏造 本紙記者らを処分」の記事を掲載した。同社は「記者倫理に反する行為」として記者を懲戒処分にし、伊藤学・青森支局長の監督責任も問う方針。

 同紙は「おわび」を同県版のみに掲載。全国版紙面やインターネットの同社サイトでは捏造の事実を公表していない。「捏造部分が及ぼした影響や談話以外の記事が事実だったことなどを総合的に判断した結果」としている。

 「おわび」によると、問題の記事は7月28日付青森版に掲載された全日本吹奏楽コンクール青森県大会のスタートを報じたもの。

 記事では、7月24日の岩手県中部地震で震度6弱に見舞われた青森県八戸市から参加した団体について、《一般の部で銀賞を受賞した「八戸ウインドアンサンブル」の斎藤均団長は、「練習に特段の影響はなかったが、『八戸は元気ですよ』という気持ちを込めて演奏しました」と話していた》とあった。

 しかし、斎藤均さんは前の団長だった。記者はコンクール会場には取材に行っており、「地震の被害が大きかった八戸市関係者の談話が必要だ」と、携帯電話でインターネットに接続、八戸ウインドアンサンブルを検索した。

 その後、別の取材が入ったため、同楽団に取材をしないまま会場を後にし、ネットで調べた団長名をもとに架空の談話を書いた。このネット情報が古く、すでに退いた斎藤さんが団長となっていた。

 <読売新聞東京本社広報部の話> 記事の主要部分は事実でしたが、最後の談話は記者が創作したものでした。記者倫理に反する行為であり、記者らを懲戒処分にし再発防止に努めます。関係者や読者の皆様にお詫(わ)びいたします。

ま た 匿 名 か ! どういう処分をしたかの続報もないし。
同業者なら記者の実名ぐらい分かるのでは? 実名を隠蔽するのはマスコミ同士の馴れ合いとしか思えません。
で、また鳥越俊太郎あたりが「ネットが悪い」と責任転嫁する予感。

日テレ大食い番組二十数皿を「48皿」(8/11 日刊スポーツ)
 日本テレビ系報道番組「NEWSリアルタイム」(月〜木曜午後4時53分、金曜午後5時)で、今年1月に「やらせ」と受け取れる放送があったと、11日発売の「週刊現代」が報じている。

 同誌によると今年1月23日放送の「大食い女王対決!」の企画で、エステ三宅として知られる大食いタレントの三宅智子(24)が中華料理の食べ放題に挑戦。実際には二十数皿しか食べていないのに、48皿食べたように放送したという。

 日本テレビは「皿数と品数の表現が混在しており、数え方も明確ではなかった」などと説明。これを受けて、8日放送の同番組の中で「料理の数え方に正確性を欠き一部不適切な手法で制作されていたことが分かり、おわびします」などと謝罪した。

 関係者によると、この件で週刊現代が日本テレビを取材したのは先週半ばのこと。同局は同誌の取材を受けて、雑誌が発売される前の謝罪に踏み切ったとみられる。

大食いで皿の枚数ごまかし=日テレの報道番組「NEWSリアルタイム」(時事)
 日本テレビ系の夕方の報道番組「NEWSリアルタイム」内で1月23日放送された「大食い女王対決!」で、事実と異なる内容の放送があったことが11日までに分かった。同局は番組制作会社との契約を打ち切り、関係者を処分する方針。
 同局によると、問題があったのは、大食いタレントの三宅智子さんが中国料理の食べ放題に挑戦する企画で、39皿しか食べていないのに48皿食べたように放送した。同局が週刊誌の取材を受け事実関係を調査したところ、料理の一部を番組制作スタッフが「味見」と称して食べていたことが分かった。(2008/08/11-13:36)

報道番組ってレベルじゃねーぞ! どうみてもバラエティなんですけど。
下請は切り捨ててどうせスタッフは甘い処分なんだし、他の業界なら「トカゲの尻尾切り」とバッシングは必至ですよね。

朝日新聞販売所の45歳従業員、強姦と監禁の疑いで逮捕(8/8 読売)
 兵庫県警姫路署は8日、「朝日新聞姫路販売」従業員佐々木茂一容疑者(45)(兵庫県市川町東川辺)を強姦(ごうかん)と監禁の疑いで逮捕した。

 発表によると、佐々木容疑者は先月27日夜、同県姫路市の市道を歩いていた会社員女性(36)に声をかけて自分の車に乗せ、同市内を連れ回したうえ、午後10時半ごろ、駐車場にとめた車の中で乱暴した疑い。「ナンパはした」と話し、容疑についてはあいまいな供述をしているという。

 朝日新聞大阪本社販売局の話「取引先である新聞販売所の従業員がこのような容疑で逮捕されたことを遺憾に思います。再発防止のため、従業員教育の徹底を経営者に強く求めます

去年の朝日拡張員らによる拉致殺人事件から一年もたたずにまたですか。
朝日拡張員らの殺人続発!一体この国の新聞販売はどうなっているのか
痛いニュース(ノ∀`)「歩いていたOL風の女性を拉致し、金奪って殺して山林に埋めた」 朝日新聞拡張員ら男3人を逮捕へ…愛知
愛知県警捜査一課と千種署は26日、女性の遺体を岐阜県内の山林に遺棄したとして、死体遺棄の疑いで無職川岸健治(40)、朝日新聞拡張員神田司(36)、無職堀慶末(32)の3容疑者を逮捕した。
県警は3人が名古屋市千種区の路上で女性を車で連れ去った後、現金を奪って殺害したとみて、千種署に捜査本部を設置、強盗殺人容疑で追及する。

朝日新聞名古屋本社販売部のコメント 「取引先である新聞販売所がセールス業務を委託した会社の従業員が、このような事件を起こしたことは大変遺憾。今後、このようなことがないよう改めて関係先に人事管理の徹底などを求めていく

まったく口先だけですね。そういう読売でもついこの前、販売員が強姦で逮捕されたばかりです。
【マスコミ逮捕祭り】元日テレ覚醒剤・千葉日報頭突き・熊本日日のぞき・西日本新聞盗撮・読売配達員強姦・朝日販売店詐欺
 警視庁は、いずれも読売新聞販売所従業員の東京都調布市深大寺南町2丁目、米沢真弥(29)、同市西つつじケ丘1丁目、伊藤崇秀(28)の両容疑者を集団強姦(ごうかん)などの疑いで逮捕したと15日発表した。2人は容疑を認めているという。

 読売新聞東京本社広報部の話 当社と取引関係にある販売店の従業員が行った行為は到底許されるものではありません。極めて遺憾であり、再発防止のための従業員教育を徹底させるよう、雇用主に強く求めます。

遺憾遺憾って全く意味のないコメントですね。もはや法規制で新聞社の連帯責任を追及するしかないのでは?
特殊指定キャンペーンのときはあれだけ「新聞と販売は一体」といっておきながら、販売現場の犯罪に知らん振りなんてまやかしは許せません。

ついでにちょっと珍しい?マスコミ犯罪。
企業CM、勝手に制作 元広告マン「成績上げたくて」(8/2 朝日)
 架空のテレビCMを作って勤務先に損害を与えたとして、長崎県警長崎署は1日、長崎市大手1丁目、元広告会社員古川等容疑者(38)を背任などの疑いで逮捕した。

 調べでは、古川容疑者は07年5〜8月、実在する佐賀県内の仏具会社のテレビCMを無断で作って長崎県内で放映させ、勤務していた広告会社にCM制作費など約115万円の損害を与えた疑い。「営業成績を伸ばして給料を多くもらいたかった」と容疑を認めているという。

 古川容疑者は、仏具会社との契約書類を偽造し、長崎市内のプロダクションに制作を発注。できあがったCMは15秒と30秒で3種類あり、祖母と孫役の4人が登場するという。民放で9回放映された。

 CMを作られた仏具会社は署員に対し「知らなかったので驚いた。売り上げは上向かなかった」と話したという。

以前スポンサーから広告料をとってCMを流さなかったという事件ならありましたが…
結婚詐欺・CM詐欺に酒気帯び運転…民放社員のモラルハザード

毎日新聞が広告会社の実名を報道していました。
背任:架空のCM受注 元広告会社社員、容疑で再逮捕 /長崎(8/2)続きを読む

福田内閣の支持率が安倍内閣を下回っている件 ver.4

安倍・福田内閣支持率の比較(朝日新聞)興味がないとかどうでもいいとか言いつつまたこのネタです(苦笑)

内閣支持横ばい24% 麻生幹事長高評価 本社世論調査(8/3 朝日)
僅差ですが、これで就任からの月別支持率において11ヶ月連続で安倍内閣の支持率を下回る状態が続いています。

 福田内閣の改造を受けて朝日新聞社が1、2の両日実施した全国緊急世論調査(電話)によると、内閣支持率は24%で、前回(7月12、13日)の24%から変わらなかった。不支持率は55%(前回58%)だった。自民党役員人事で麻生太郎氏が幹事長になったことについては、「評価する」51%が「評価しない」29%を大きく上回った。

 内閣支持はガソリン税問題で混乱した4月に20%台に下がって以来、低い水準のままだ。発足当初80%台だった自民支持層の内閣支持も52%まで下がるなど、改造は反転上昇のきっかけに今のところなっていないようだ。

安倍政権のときは「支持率20%台は危険水準」と言ってたはずなんですが、福田になってからそういう話は一切でませんね。

今回は各社の調査結果に大幅なばらつきがでたことが話題になりました。
改造内閣支持率バラバラ マスコミ世論調査信用できるのか(8/4 J-CAST)
一方「大幅上昇」なのが日経新聞と読売新聞だ。日経新聞がテレビ東京と共同で行った調査の結果では、支持率は前回比12ポイント増の38%。理由については「内閣改造が『能力重視』と受け止められたことなどが支持率に好影響を与えたようだ」と分析。また、読売新聞では前回比14.7ポイント増の41.3%という結果が出ている。今回調査が行われた各社では、最大の伸び率だ。別の設問で、麻生太郎氏を自民党の幹事長に起用したことに対して66%が「評価する」と回答したことを受けて、支持率上昇の理由を「実力者の起用による政策実行力向上への期待感が政権への評価を押し上げていたことがうかがえる」と分析している。

福田改造内閣支持率29・3% 政権発足後初の上昇 産経・FNN合同世論調査(8/4 産経)
41%はねーよww 麻生幹事長への期待っていったって、入閣したわけじゃないのに内閣支持につながるというのも変な話ですよね。
「ナベツネの舎弟」与謝野馨の入閣がそんなに嬉しかったんですか?
論功行賞ジャーナリズム(中)誰か与謝野馨の良さを教えてください
相変わらず「政策通」という枕詞がつくんですが、その事例が薬害肝炎対策しかないのってしょぼくないですか? そもそもそれって経済政策じゃないよね? ほかには壊れたレコード(たとえが古い)のように消費税増税ばかり言ってる奴という印象しかないし。
政治とカネの話も福田政権ではとんと聞きませんけど、与謝野が村上世彰から献金を受けていたことはスルーですかそうですか。

そして「媚中派内閣だな」という批判も。
アジアの真実・福田内閣改造が発足 〜更なる土下座外交シフトか。不安実現内閣へ〜
 また、気になるのは経済産業相とに二階氏が就任していることです。この人物は極度の親中派で、前経済産業相時代には、東シナ海のガス田問題に関して日本の権益を捨てて中国へ譲渡する方向への流れを作った戦犯でもあります。ガス田問題については、今後共同開発の範囲や内容について詰めを行っていかなければならない重要な時期であるにも関わらず、こんな人物が経済産業相に再就任するとは、ガス田を完全な形で中国へ譲渡することになるのではと大変な不安を感じざるを得ません。

 また防衛大臣に就任した林芳正氏。この方はあまり活動などは聞きませんが、日中友好議員連盟の事務局長、北京オリンピックを支援する議員の会幹事とため息が出るような会の要職を務めており、防衛大臣というポストが要職であるだけに、これもただならぬ不安に襲われます。

世論調査で福田改造内閣を持ち上げた読売が、中国国内での毒餃子中毒発生の隠蔽をすっぱ抜いたのが意外でしたが、まあ福田じゃ中国に何も言えないでしょうね。早くも媚中内閣の本領発揮でしょうか(呆

あとこいつは許せないというのが文部科学大臣の鈴木恒夫。
北京オリンピックを支援する議員の会
 青木氏は、このリストを入手する過程で、事務局のある河野洋平の秘書をしていた鈴木恒夫自民党衆議院議員事務所は、公開には積極的ではなかったそうで、ファクスで送られてきたリストには、発信者が誰か特定されないようにとの配慮からレターヘッドが付いていなかった。そして、リストの公開は遠慮してほしいとも言われたそうです。

 流石は河野洋平の秘書をしていた男だけのことはあります。飼い主である河野洋平同様、鈴木恒夫こいつも腐っています。

さらに毎日新聞出身のマスコミ族議員として、新聞特殊指定死守のために議員立法を目論むなどやりたい放題。
【活字利権】自民党新聞販売懇話会
【活字利権】活字文化議連の愚行ふたたび
国民読書年イラネ/元文部官僚の岡本薫ってバカなの?
今期で議員から引退するとかいってますが、それだけに好き勝手なことをやりかねません。マスコミによるチェックも効かないでしょうしね。

最後に、渡辺行革担当大臣の交代は残念だし、この内閣の官僚依存ぶりを象徴してると思うのですがそういう報道は少ないですね。
「官僚の安心実現内閣」 渡辺前大臣こう脅された(8/4 J-CAST)
「官僚はどんな抵抗をするの?一番苦労したことをズバッと言って下さい」には「いろいろ抵抗がありましたリーク、悪口、サボタージュ……」。ここで毎日新聞論説委員の与良正男が補足説明に「リークという話ですが、われわれも騙された。渡辺大臣に都合の悪いことをリークするなど平気でやる」と。

その渡辺前大臣は「ほんとにビックリした」と、就任当初あった次のような出来事を明かした。

「私がピンチヒッター(2006年12月不祥事で辞任した佐田玄一郎大臣の後任)で就任した時、ある政府高官から『天下り規制なんかやると倒閣運動が起きますよ』といわれた。この人は、役所の雰囲気を伝えようとしたのかもしれませんが……。私が板前で、官僚はまな板のコイのはずが、まな板のコイが包丁持って逆に板前に切りつけてくるんですから驚きましたね〜」

何が「騙された」だボケ! 安倍内閣のときは意図的に官僚の情報操作に乗ったんじゃないのか? マスコミも表向き官僚を批判しますが裏じゃ馴れ合ってんじゃね?という疑念を持ちます。
一方で旧通産省出身の町村が残留、旧大蔵省出身の伊吹が入閣してるんですからずいぶん分かりやすいですよね。

泥酔論説委員の日経の読み方:政策の旗を掲げ民意問う覚悟で改造を
これによって、自民の「増税路線」と民主の「バラマキ路線」とで来る総選挙は戦うことになりましょう。
「財源はどうするのか」、民主党が公約とするバラマキ政策に対して自民はこの殺し文句一つで十分、福田首相が描く選挙戦略は相手の矛盾を突くと同時に、「増税やむなし」という世論を形成しようとしています。
元大蔵官僚の伊吹氏を幹事長から財務相に転じさせたことからも、このシナリオを書いたのは財務省だと思います。
(中略)
財務省としては、宿願だった消費税率を上げることさえできれば自民が下野しても構わないとぐらい思っており、例え民主が政権に就いても、「どう転んでも財布の中はスッカラカンです」とバラマキを突き放せばいいのでしょう。
結局、パイの切り分け方を論議しているだけで、パイ自体を大きくする発想が政府与党にも野党にもありません。
経済成長こそ国民の負担を軽くするものである、前向きな目標を設定しインセンティブを与えることこそ政治だと思うのですが。

そういや野党の改造内閣批判でも「官僚依存だ」とはあまりいってないような。もう少しで政権につけそうなので、官僚の機嫌を損ねたくないということでしょうか。
<8/9 更新>

朝日幹部、タクシー運転手殴り逮捕/読売記者、免停中に運転し略式起訴

今日も今日とてマスコミ不祥事。
朝日新聞本部長補佐を逮捕…タクシー運転手殴る(6/15 読売)
 警視庁築地署が、朝日新聞東京本社グループ戦略本部長補佐、平井隆昭容疑者(56)(横浜市青葉区すみよし台)を傷害の疑いで現行犯逮捕していたことがわかった。

 同署幹部によると、平井容疑者は13日午後11時20分ごろ、中央区銀座8の路上に停車していたタクシーの車内で運転手の男性(60)の顔を数回殴って軽傷を負わせた疑い。

 通報で駆け付けた同署員に取り押さえられた。平井容疑者は「もみ合っただけで、けがはさせていない」と容疑を否認しているという。

 平井容疑者は酒を飲んでおり、別の客を降ろしたタクシーに乗り込んだが、乗車禁止場所だったため、運転手から「ここでは乗れません」と言われたことに腹を立て、殴りかかったという。

 朝日新聞広報部は「幹部社員が逮捕されたことを重く受け止めている。警察の調べを待って厳正に対処する」とコメントしている。

朝日の記事はごくごく短い。銀座でさぞかし高い酒を飲んでたんでしょうねー(毒
容疑を否認といっても酔ってたくせに自分のやったことを覚えてんるんでしょうか。全然信用できません。
それにしても朝日新聞、靖国問題で社内乱闘とか血の気の多い社員の多い会社です。とても日本企業とは思えないw

朝日の配達現場でも相変わらず犯罪が絶えません。
配達中、下着に汚物 朝日新聞バイト逮捕 娘2人が執念の張り込み(5/23 産経)
 新聞配達中、民家の軒下に干してあった女性用の下着に汚物をかけたとして、三重県警鈴鹿署は23日、器物損壊の現行犯で鈴鹿市の朝日新聞専売店アルバイト配達員、山田光則容疑者(38)を逮捕した。
(中略)
 女性宅では今月、干してあった洗濯物が汚される被害が4回相次いだため、女性の娘2人が車庫に止めた車の中で軒下を監視。23日未明、犯行を確認してその場で取り押さえ、鈴鹿署員に引き渡した。山田容疑者は4件についても認めているという。

 朝日新聞名古屋本社販売部は「取引先である販売所のアルバイトが事件を起こし、申し訳ない」とコメントした。

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

朝日新聞配達員がひき逃げ事故(6/16 産経)
 神奈川県警平塚署は16日、自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、朝日新聞販売所「ASA平塚西部」の配達員、花輪智之容疑者(27)=平塚市高浜台=を逮捕した。

 調べによると、花輪容疑者は16日午前3時20分ごろ、ミニバイクに乗って新聞配達中、平塚市花水台の市道で酒に酔い道路に横になっていた男性美容師(27)とぶつかり、そのまま逃げた疑い。男性は頭の骨にひびが入るけが。

 花輪容疑者は「男性が頭から出血したのを見て驚き、逃げてしまった」と容疑を認めているという。

まあ被害者にも落ち度はありそうですが、逃げちゃだめですよね。

次も車がらみ。
読売新聞長野支局の記者が免停中に運転、略式起訴(5/27 信濃毎日新聞)
 読売新聞東京本社は27日、同本社長野支局の男性記者(24)が運転免許停止中なのに乗用車を運転し、長野区検から道交法違反の罪で略式起訴されていたことを明らかにした。同社は記者をけん責・出勤停止7日の懲戒処分とすることを決めた。

 同本社によると、この記者は昨年8月に踏切不停止、今年1月には速度超過の同法違反を重ね、4月10日から30日間の運転免許停止処分を受けた。にもかかわらず、同27日に長野市内で私用で車を運転し、一時不停止で摘発され、無免許運転であることが発覚した。

 同本社広報部は「本紙記者が免停中に車を運転し略式起訴されたことは誠に遺憾です。あらためて法令順守の徹底を図ります」とのコメントを出した。

はいはい匿名報道匿名報道。読売のサイトでは記事自体見つけられませんでした。
出勤停止1週間だけってずいぶん甘い処分ですね。4月27日の事件なのに丸1ヶ月隠蔽したというのも悪質です。

「あらためて法令順守」とか言ってますけど、読売は前にも全く同様の事件を起こしているんですが。
2006年12月02日 今週のマスコミ不祥事(博報堂詐欺・NHK横領・神戸新聞盗撮ほか)
 読売新聞高岡支局(富山県)の男性記者が今夏、運転免許停止期間中にもかかわらず車を運転し、一時停止違反で警察に摘発されていたことが分かった。社内調査に対し、この記者は免停期間中に車で取材に出かけたことを認めているといい、読売新聞東京本社広報部は「しかるべき処分をした」としている。

 同社によると、男性記者は昨年入社。富山支局に赴任後、今夏県内の砺波支局に異動、その後、高岡支局で記者として勤務しているという。

会社として全然反省の色が見られない。

おまけで、不祥事じゃないけど何か引っかかる記事。
60年ぶりの「ビフテキ」に笑顔 福井の酒井さん、大地震で食べきれず(6/8 中日)
 「うまいわの」。1948年6月28日、福井市のJR福井駅西口にあった洋食店「あまから食堂」で食事中に福井地震に遭った酒井良信さん(83)=同市大手1丁目=が、60年ぶりに同店(現グリルあまから、同市西谷3丁目)を訪れ、当時注文した「ビフテキ」を味わい、支払わずに過ぎていた代金を手渡した。 

 店の常連だった酒井さんは当時、1人でビーフステーキを食べていた。突然の激しい揺れに食べかけのまま飛び出し、直後に店は倒壊した。

 「それっきり“食い逃げ”してしまった」のが長年の心残りだったが、当時の店主=故人=の跡を継いだ長男の野坂和市さん(72)が別の場所で洋食屋を開いていると知り、妻のコンメさん(82)とともに訪ねた。
(中略)
 野坂さんから「ビフテキ代は今の400円程度」と聞いた酒井さんは支払いを終え「ずっと引っかかっていたお金だけに、本当に気持ちがいい」と感慨深げだった。
 (藤共生)

これだけなら( ;∀;)イイハナシダナーで終わるところですが…
【福井】食事中に地震がおき、食べきれなかった「ビフテキ」60年ぶりに完食 支払いもできて「気持ちがいい」続きを読む

NHKインサイダー課徴金/読売社員傷害で逮捕・カメラマンは木棺破損

内外で騒然としてるときにこんなこと書いてていいのかっていうorz
てかマスコミが何やってんのかという話ですよね(逃

NHKインサイダー 記者ら3人に課徴金納付命令(3/19 朝日)
 NHKの記者ら3人が放送前の特ダネ原稿で得た情報をもとに株を買ったインサイダー取引問題で、金融庁は19日、3人に計49万円の課徴金納付命令を出した。証券取引等監視委員会から先月29日に勧告を受け、同庁が審判手続き開始を決定したところ、3人から事実関係を認める答弁書が提出された。関係者によると、3人とも19日に課徴金を納付したという。

 課徴金額は、岐阜放送局放送部記者(30)が26万円、水戸放送局放送部ディレクター(41)は17万円、報道局テレビニュース部制作記者(33)は6万円

 NHKによると、3人はいずれも今月5日付で懲戒休職となり、賃金を4割カットされている。第三者委員会(委員長・久保利英明弁護士)による調査の結論が出た後、正式な処分が決まる。

へぇー、休職でも賃金6割出るんだ。課徴金だって安すぎです。
やり得?インサイダー利得100万円で課徴金40万…(2/22 産経)
NHKによると、3人がインサイダー取引で得た利得はそれぞれ9万8000円、44万8000円、51万4900円にのぼっており、“やり得”の感はぬぐえない。こうした実情を改善するため金融庁は21日、課徴金の金額水準を現行の2倍程度にまで引き上げるなど改正金融商品取引法の概要を自民党財務金融部会・金融調査会合同会議に提示した。3月に国会に提出し、来春の施行を目指す。

 インサイダー取引の課徴金の額は、重要事実が公表された翌日の終値と買い付け株数を掛け合わせた額から、買い付け価格と株数を掛け合わせた額の差となる。今回のケースのように、課徴金の額が利得を上回るケースはほとんどない。

 監視委によると、昨年10月末までに課徴金命令の対象となったインサイダー取引で、株を短期間に売買していた13件のうち9件が課徴金の額を上回る利益を上げていた。平均は約2倍、課徴金額の5倍の利益を上げたケースもあった。

国会もグダグダですからねー。いつ成立するか分かったものではありません。
で、処分を受けたNHK職員の実名報道はないんですか? 日本新聞協会は個人情報に関してこんな主張をしているようですが。
新聞協会:消防広報の「情報隠し」で総務相に対応申し入れ(3/15 毎日)
 日本新聞協会(会長・北村正任毎日新聞社長)編集委員会(代表幹事・粕谷卓志朝日新聞東京本社編集局長)は14日、火災・災害や事故の消防広報で、個人情報の保護を口実にした情報隠しが相次いでいるとして、適正な取材対応を求める増田寛也総務相あての要望書を提出した。

職務を利用してインサイダー取引を行った記者らの実名も重要です。証券監視委にも「情報隠し」の批判をしないのはおかしいですね!!
NHKの社内調査・処分も遅すぎです。なのに他のマスコミの批判がぬるいのは第三者委員会に元共同通信社常務理事の塚原政秀という身内がいるからじゃないんですかね。

派遣型風俗店長に暴行、読売新聞販売局社員を逮捕(3/14 産経)
 派遣型風俗店の店長(48)とトラブルになり、店長を殴ってけがを負わせたとして、奈良署は14日、傷害容疑で、読売新聞大阪本社販売局社員、染川浩容疑者(43)=大阪府高槻市真上=を逮捕した。調べに対し「そんなことはしていない」と容疑を否認しているという。

 調べでは、染川容疑者は14日午前0時25分ごろ、奈良市芝辻町の宿泊先ホテル前の路上で、店長の胸を数発殴ったり押し倒すなどして、胸部打撲の軽傷を負わせた疑い。

 染川容疑者は同日午前0時ごろ、ホテルから風俗店に女性の派遣を依頼。女性が出向いたところ、ホテルが午後10時以降の宿泊者以外の出入りを禁じていたことから入れず、駆けつけた店長と染川容疑者の間で、キャンセル料の支払いをめぐって口論になったという。

これは恥ずかしいw
読売新聞のサイトにはこの事件の記事が見当たりませんでした。他社の事件は載せてるくせに。
これをみると新聞社の販売局って犯罪者の巣窟みたいですね。こんなのもあったし。
2006年02月12日 毎日が「風の息づかい」社説を反省。他方で3ヶ月連続の逮捕者も
 北海道警小樽署は8日、女子中学生に現金を渡し、わいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、大阪府四条畷市の毎日新聞社大阪本社販売局社員藤岡茂載容疑者(33)を逮捕した。

2006年04月14日 【活字利権】「裏金と献金」に依存する新聞宅配
 新聞販売店の親睦(しんぼく)会費40万円を横領したとして、神奈川県警捜査2課は26日、業務上横領の疑いで、横浜市港南区日限山、元毎日新聞東京本社販売局社員、鈴木淳容疑者(38)を逮捕した。

2006年10月07日 日経また助成金詐欺/読売配達員が窃盗/NHK局長は万引き
 日本経済新聞社の元幹部社員が実体のない会社を設立し助成金を詐取した事件で、警視庁捜査2課は4日、詐欺の疑いで新たに同社子会社「日経ピーアール」元部長、田中猛容疑者(64)を逮捕し、日経新聞販売局の元部長相当職、森明容疑者(58)を再逮捕した。

 2人は日経東京本社販売局で先輩後輩の間柄。

2007年02月14日 日刊現代元部長、巨額詐取で逮捕/朝日関連会社部長も強制猥褻で
 タクシーで同乗女性に抱き付きキスしたとして、奈良県警生駒署は13日、強制わいせつ容疑で朝日新聞の関連会社、朝日オリコミ大阪取締役総務部長四方豊容疑者(58)=奈良市敷島町=を逮捕した。「キスや抱き付いたりはしていない」と容疑を否認しているという。

 四方容疑者は朝日新聞大阪本社販売局の社員で、03年4月から出向していた。

やっぱ拡販とかで黒いカネが動くのと関係あるんですかね?

読売新聞ではこんな不祥事も起きています。
[読売新聞]カメラマンが木棺損傷 奈良の遺跡で足滑らせ(3/15 毎日)
 読売新聞大阪本社は14日、奈良県香芝市の下田東遺跡で出土した木棺の底板を撮影中、同社のカメラマンが誤って足を滑らせ、底板の一部を破損したと発表した。同社は「貴重な遺物を傷つけたことを深くおわびします」と謝罪した。発掘調査している香芝市教委は保存処理の専門家に依頼し、損傷の程度を調査する。


 同社によると、14日午後1時20分ごろ、写真部の男性カメラマン(29)が古墳周濠(ごう)から出土した底板(長さ約3メートル、幅約50センチ、厚さ約16センチ)を撮影。周濠は傾斜があり、雨でぬれていたことから誤って足を滑らせ、底板の突起部分に当たって表面が数センチ程度、めくれてはがれたという。はがれた部分は市教委が保存している。

こちらは読売の記事もあります。また各紙とも匿名報道ですけど。
だいたいマスコミってすぐ考古学ネタに飛びつきすぎなんじゃないですかね。そりゃロマンのある話ですが、なんか安易な気がします。

おまけ。
盗撮:元神戸新聞写真部記者に有罪判決 神戸地裁支部(3/18 毎日)
パチンコ店で盗撮の神戸新聞元写真部員に有罪判決(3/18 読売)
 女性を盗撮したとして兵庫県迷惑防止条例違反罪に問われた神戸市西区玉津町水谷、元神戸新聞写真部記者(現総務局付、休職中)、宮井和弘被告(41)に対し神戸地裁明石支部は18日、懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)を言い渡した。松井千鶴子裁判官は「反省の情に乏しく、常習性は顕著」と述べた。弁護側は即日控訴した。

 判決によると、宮井被告は06年2月13日〜9月21日、明石市のパチンコ店で3回にわたり、女性店員のスカート内を携帯電話のカメラで盗撮した。

 弁護側は「携帯電話を貸した知人が撮影した」と無罪を主張したが、松井裁判官は「携帯電話を3回も知人に貸し、3回とも知人が盗撮したというのは極めて不自然」と指摘した。【酒井雅浩】

 判決によると、宮井被告は2006年2月と9月、同県明石市内のパチンコ店で、女性従業員のスカートの中をカメラ付き携帯電話で盗撮し、画像を自宅パソコンに保存していた。宮井被告側は「被害者と特定できない」と主張したが、松井裁判官は「被害者の着ていた制服、体形と矛盾なく合致する」と判断した。

こちらも神戸新聞には記事が無いようです。冤罪というならその旨主張すればよさそうなものですが、そこまで言う自信はないのでしょうか。
それにしても新聞業界って性犯罪がらみの事件が多過ぎです。まるで性犯罪率世界一との噂もある某隣国のようですね!続きを読む

北海道新聞記者、強制猥褻致傷で逮捕/読売記者「記事盗用」で処分

女性をトイレに押し込み強制わいせつ 37歳道新記者を逮捕(BNN)
 北海道警察本別署は6日午前7時55分、北海道新聞釧路支社報道部記者・麻岡光久容疑者(37)を強制わいせつ致傷の疑いで逮捕した。

 道警によると、麻岡容疑者は、1月19日午後10時頃、十勝管内の宿泊施設内で、同管内在住の女性(42)をトイレに押し込み、無理やり下腹部などを触って、全治1週間の擦過傷を負わせた疑い。

 北海道新聞社の須賀信昭取締役編集局長は「報道に携わる者がこのような犯罪を起こしたとして逮捕されたことを深刻に受け止めています。被害者の方や関係者、読者の皆様に心からお詫び申し上げます。処分については、捜査の進展を見ながら厳正に対処します。今後、記者教育をさらに徹底致します」とコメントした。

1年前にも道新社員が泥酔して事件を起こしていたわけだが。酒癖悪いのか?
八女市係長の暴言を黙殺する西日本新聞/北海道新聞の実名報道ブーメラン(2007年02月12日)
ソースは朝日。
 札幌市白石区の市営地下鉄東西線南郷13丁目駅で1月17日夜、酒に酔って線路内で寝ていて列車と接触し、軽傷を負った男性が北海道新聞社の社員だったことがわかった。この事故の影響で列車12本が運休した。同社は、事故直後に社員であることを確認したが公表せず、翌日の自社の紙面でも「会社員」と報道していた。

 同社経営企画室によると、男性は財務管理室の次長。「事故の態様を見て公表の必要はないと判断した」としている。

記者が事件を起こすと「報道に携わるものが〜」というテンプレのような表現がありますけど意味ないですよね。NHK記者インサイダー問題のときもそうでした。
インサイダー騒動を起こす「記者」って何サマ?〜小野川梓コラム(50)(OhMyNews)
 一連の報道を鼻持ちならないと感じる第2の理由は、関連記事の節々で「記者」を特権階級のように扱っていることにある。

 新聞記者とは、所属する新聞社が「記者」として編集業務を担わせている社員を指すにすぎない。編集職の採用試験は他の総務部門などとは別枠で行われるのが一般的だが、要は新聞社が記者の素質があると認めるかどうかだけの話で、格別な資格を有しているわけではない。ましてや「高い倫理性」を備えているかどうかが、チェックされているわけではない。もちろん新聞記者としてのあるべき姿は、入社後の教育と訓練によって叩き込まれるが、実践するかどうかは個々の責任に委ねられている。

 にもかかわらず、依然として聖人君子かのように振る舞ったり、「高い倫理性」を前提に記事を書いたりするから、どこか報道にいやらしさがにじみ出る。「高い倫理性」どころか、あるいは「記者として初めて」どころか、取材で仕入れた情報を元に、密かに株を売買している「記者」は、他にも必ずいる。今回のNHKの記者のようにデイトレーダーまではしていないだろうし、容易に発覚しないように親族らの名義で取引していて、表面化しないだけのことだろう。

 以上を踏まえれば、自分たちは無謬だと言わんばかりの各新聞社の報道姿勢は、思い上がっているとしか言いようがない。

まあこんな長々と書かなくても「記者の倫理性は一般人より低い」の一言で済む話なんじゃないですかね。
思い切り単純化すれば、言論の自由は記者だけのものだという思い上がり→憲法は法律より上→自分たちは法律なんか超越した存在だ!てな感じ。しかも公権力は手を出せないし、一般の国民がどんなに抗議しても再販制度によって買い叩かれないし新規参入もないから潰れないし。

だからこんな「盗用」も頻繁に起きる。
読売記者、ネット情報だけで記事 休職1カ月処分 金沢(1/31 朝日)
 読売新聞金沢支局の男性記者(30)が取材対象の金沢大学(金沢市)に確認しないままインターネット上の情報だけを基に学位をめぐる記事を書き、同紙石川県版に掲載していたことがわかった。金沢大学は読売新聞に抗議し、同社は31日までに、男性記者を休職1カ月の懲戒処分にすることを決めた。支局長の監督責任も問い、処分するという。

 問題となったのは1月27日付の「非認定学位で教授昇進 金沢大 米の大学で『博士号』」の見出しがついた記事。金沢大の男性教授と女性准教授が、米国で学位と認められていない米国の大学の学位を取得し、経歴として使っていたことや、それに対する同大学の見解を報じた。

 読売新聞東京本社広報部などによると、記事掲載後、金沢大から「取材を受けていないのに大学のコメントが載っている」と抗議があった。調べたところ、朝日新聞が金沢大の教授らの学位取得の経緯などについて報じた26日、男性記者が、朝日新聞のサイト「アサヒ・コム」にも掲載された報道や文部科学省、同大のネット上の公表資料などを参考に執筆。アサヒ・コムの情報を基に同大に取材しないまま、「金沢大は2教員の処分は考えていないとしている」「2教員の昇進は『業績を重視した』とし」などと書いていた。

 読売新聞東京本社広報部は「新聞記者としてあるまじき行為であり、二度とこのようなことがないよう記者教育を徹底します。金沢大の関係者や読者のみなさまにおわび申し上げます」とコメントを発表したが、「創作や捏造(ねつ・ぞう)、無断引用と違うと考えている」としている。

また「記者としてあるまじき」とか無意味な枕詞。自分たちで「違うと考える」っていわれてもそんなの通用しないんですが。しかも読売は自社サイトに事件自体を載せていません。
そしてまた匿名報道。記事に署名がないことがこうしたモラルハザードの一因なのでは? ネットの匿名性を批判する人たちは、このような既存マスコミによる無責任な匿名体質はスルーするんでしょうか。

朝日だけが自社サイトからの盗用だと勝ち誇っているようですが、お前のとこの記者も一年前にネットコピペ記事を載せてただろうが!
朝日が読売記事を盗用―何がジャーナリスト宣言だ!(2007年02月03日)
J-CASTより。
2007年1月31日に朝日新聞社がウェブサイトに掲載した記事が、同1月27日に読売新聞に掲載された記事の盗用だったことがわかった。1月31日のJ-CASTニュースの指摘に、朝日新聞社が盗用を認めた。

問題となったのは、朝日新聞社のウェブサイトに1月31日0時過ぎに掲載された「寒風にさらし『かんもち』作り最盛期」とのタイトルで、富山県立山町でのもちづくりの様子を伝える記事。これが、1月27日付けの読売新聞の表現と酷似していた。

例の朝日・日経・読売共同サイト発足の日にこのざまというのが笑いどころ。
当日の朝日社説がバカ過ぎます。
あらたにす発足―言論の戦いを見てほしい
 「ネットの時代」といわれるが、問題はどんな情報を流すかだ。無責任で不正確な情報があふれる中では、きちんと裏付けを取った正確な情報を発信する新聞の役割がますます重要になる。そもそもネットに載るニュースも、多くは新聞社が取材したものだ。

 ニュースを発掘し、取材し、それをもとに主張を展開する。そうした新聞の強みを生かす新たな場が、今回の共同ネットである。読者の期待に反しないよう、言論の活発な戦いをお見せしたい。

そもそも新聞に載るニュースも、ネットから剽窃したものではないのか」「ニュースを発掘することも、取材することもできない新聞の役割はますます無くなる」と言い換えたほうがよさそうですね(プ

新聞紙利権?―肝炎広報・古紙偽装・段組変更

コネタ集というか、何でも新聞のせいにする陰謀論みたいな?

1.薬害肝炎の政府広報
薬害肝炎の政府広報で申し入れ「発行部数に合った数を」(1/19 読売)
 薬害C型肝炎問題で、血液製剤「フィブリノゲン」の納入先とされる約7500の医療機関を公表した政府広報の折り込み広告が新聞購読家庭に行き渡らず、厚生労働省などに問い合わせが殺到している問題で、読売新聞社は18日、今後はこのような事態を生じさせないため十分な量の政府広報を用意することを政府に求めるよう、日本新聞協会に申し入れた。

 厚労省は17日の一般紙朝刊に3000万部の政府広報を折り込んだ。この部数は、一般紙の発行部数約4500万部(内閣府の推定)から、企業や複数の新聞を購読している世帯を差し引くなどした推計だったが、政府広報が新聞に折り込まれない世帯が続出。読売新聞の販売店では、販売部数の7割前後しか政府広報が供給されないケースが目立ち、本社や販売店には「厚労省の政府広報が入っていない」などの苦情が400件以上寄せられている。

野党議員も新聞と同調しています。
厚労省に問い合わせ殺到 血液製剤納入の医療機関公表で(1/18 朝日)
 山井和則衆院議員(民主)は同日、厚労省内で記者会見し、「発行部数が不十分で、かつ、広告で救済制度にも触れていないなど不備が多い」と政府の対応を批判した。

全面解決 恒久策へ全力 日本共産党 小池参院議員に聞く(1/21 赤旗)
 小池 まず量の問題です。一般紙の発行部数の七割程度に折り込んだだけで届いていない家庭がたくさんありますし、新聞を購読していない人もいます。あらゆるマスメディアを利用して、国民に周知徹底する必要があります。

先週各紙一斉に騒いだようですが、その後沈静化しましたね。新聞があれだけ薬害肝炎ばかり報道したのは政府広報という利権のためだったのか、と疑いたくなるのですが…

こんな指摘もあります、と紹介だけしておきましょう。判断は読者にお任せします(逃
「薬害」に固執したから仕事が増えたわけで・・・。 - 躁うつ病高齢ニートの映画・TV・床屋政談日誌
現在、薬害肝炎弁護団の無料電話相談にも、電話が殺到していてつながりにくいようですが、あきらめずにかけてみてください。そして、納得いくまで、調査を続けて見てください。
原告の中にも、カルテが無いといっていたが、実はあったり、カルテは無いが、カルテと同等の証拠となるものがあったりするケースもあります。
2008年01月21日 無料電話相談 Piquer 〜Ennrico’s room http://blog.livedoor.jp/ennriko555/archives/50992506.html
〔中略〕

はあ・・・「薬害」をとりあえず問わずに「350万人の為の法案」を作る運動をなぜやらなかったの、エリコちゃん? それと、

先日、ブログを見た新聞配達所で働かれている方からメッセージを頂きました。
自分の働いているお店は1500世帯担当しているのに、900枚しか納入されませんでした。
全世帯配布するものだと思っていたので、とても中途半端だと自分も思いました。
日本には約5000万世帯あると言われているのに3000万世帯の配布はありえませんよね。年金の折り込みチラシも同様でした。
これが、国のする仕事でしょうか。
感染に気づいて欲しいのか、欲しくないのか・・。


「押し紙」問題ぐらいはググって調べたら、エリコちゃん?

「内閣府はすでに『押し紙』の実態を把握しているのではないか?」
こんな推測情報を販売関係者から得た。情報の根拠となっているのは、今月15日に全国73紙に折り込まれた薬害肝炎についての政府広報である。
複数の店主さんたちが、ABC部数ではなくて、ほぼ実配部数どおりの政府広報が店に搬入されたと話している。不足したと話している店主さんも若干いる。
念のために内閣府に問い合わせてみた。その結果、次のようなデータを得た。

発行部数:3000万部
予算:5億5000万円
代理店:大広

販売店を通じて配達される朝刊の部数はおおむね4500万部であるから、3000万部という数字は、その3分の2に相当する。つまり3分の1の新聞には、政府広報が折り込まれなかった。この3分の1の新聞を内閣府が、配達されない「押し紙」と考えている可能性が極めて強い。
「押し紙」率にすると33%だ。YCでは、4割とか5割の店が確認されている(大牟田市、久留米市)。毎日では7割(大阪市)が確認されている。政府が考える33%は、少し数値が低いような気がする。
前回に折り込まれた社会保険庁についての政府広報もやはり発行部数が3000万部だった。その理由として、職員は「水増し部数があるから」とはっきりと言っていた。つまり内閣府は、「押し紙」の実態をおおよそ把握している可能性が強い。
次の段階として、内閣府はABC部数を基準として、紙面に掲載される政府広報の掲載料を決める制度を見直す必要がある。(1月22日)

新聞販売黒書
http://www.geocities.jp/shinbunhanbai/


エリコちゃんも新聞社やTV局には友人知人がイパ〜イいるみたいだし、その人たちに「押し紙」について詳しく聞いてみればいいんじゃないの?

マスコミもあまり騒ぎ立てると、かえって押し紙の問題が表面化してまずいことになることに気付いたのかもしれませんね。
「新聞販売黒書」にもあるように昨年12月25日、「真村裁判」で読売新聞の上告受理申し立てが却下され、読売の押し紙を認めた高裁判決が確定しています。

2.再生紙の古紙配合率偽装
Yahoo!ニュース - 古紙配合率偽装問題
新聞にとっても他人事ではないはずですが、ここでもこんな指摘が。
おおた 葉一郎 の しょーと・しょーと・えっせい古紙偽装、誤解の誤解の誤解の・・
6.新聞社に発言権はあるのか
 新聞紙には70%の古紙が配合されているという。が、新聞によって、紙質が違うような気がしている。パリッとしてやや白っぽく、インクの落ちにくい新聞がある。この逆で、フニャっとして、インクで指が汚れる新聞もある。もちろん、前者の方が電車内で立ち読みするにはいい。だからといって、クォリティ・ペーパーと言っていいのだろうか。もちろん、その発表している配合率に偽装がなければの話であるし、書かれている記事が、「きのうの新聞」並ではしょうがない。

さらに、いくら、配合率が高いからといっても、新聞紙面の50%は記事ではなく広告である。しかも宅配される新聞には、新聞に匹敵するほどの折込チラシが含有されているわけだ。宅配される紙資源のうち、記事配合比率は30%ということなのだろう。

江草 乗の言いたい放題
 新聞報道を見ていて感じたのだが、古紙を混入する割合を減らしたり、古紙を実際には混入していなかった理由として「品質が維持できない」などという社長のコメントがあったくらいでその真相が明らかにされていないじゃないか。社長もまた本当のことを語っていない。事実を知ってるマスコミが報道しないのは何か裏取引が存在するのではないだろうかとオレは勘ぐっているのだ。

 みんな、古紙を混入してる紙の方が安いと思ってるかも知れないがそれは間違いだ。確か原材料に古紙を使った方がコストが高くついたはずである。それは新聞紙だって同様だ。新聞各社は再生紙を使ってると公表しているが、もしかしたらこの新聞紙の再生紙の使用率だってきわめて低いのかも知れないのである。なぜか、ひとえにそれは古紙なんか混ぜるよりもパルプ100%で作った方が安くつくからである。できるだけリサイクル品を使って環境負荷を減らして・・・なんてことはただのお題目であり、企業としては安くついた方がいいのである。その方が収益が向上するからだ。〔中略〕

 この問題が「品質」の問題などではなくてただ単に「ゼニ」の問題であり、製紙業界はこの偽装によって不当な利益を上げていたという事実をどの新聞社も報道しないのは、自分たちが使ってる新聞用紙にも偽装があり、それは新聞社も承知していることだからだとオレはにらんでいる。だからこの報道の中でコストについてどの新聞社も触れていないのである。

私も何か怪しいと思います。ティッシュなどの値上げは容認する一方で、「これ以上報道してもらいたくなかったら新聞用紙の値上げを取り下げろ」という裏取引だってないとは言い切れない。
数パーセント用紙値上げ 不況の大手新聞大ピンチ(1/23 J-CAST)

3.読売・朝日が12段制へ
週刊・マスコミ気象台(JCJ web page)
まだ業界紙しか報道していないようです。
◇朝日、読売が12段制へ〜高齢化社会に対応、地方紙に協力要請

新聞の文字拡大を含む紙面編成改革を研究している朝日新聞社と読売新聞社は、新聞の可読性を高めるため現行の一ページ15段制(読売新聞は14段制)のままでは文字の拡大に限界があり、今年4月以降に紙面制作規格を根本的に変える12段制に踏み切る方針を固めたとして、昨年末から年初にかけて新聞協会加盟各紙とも広く連携する必要があるとの考えから、12段制への移行を検討してもらうよう協力を要請した。この呼びかけに対して地方紙側は、長崎新聞社や大分合同新聞社など現行段数の変更予定はないとしているものの、多くの社では記事面と広告サイズの問題、今後の販売競争面も含め検討を始めたという。他方、他の全国紙では朝日、読売両紙とともに紙面制作規格を研究してきた日本経済新聞社は、2009年春に新社屋の完成と編集制作システムの変更を抱えていることから当面、12段化は見送る方針を決めたが、産経新聞社は12段制を採用する意向を示したという。(「新聞之新聞」1月11日付ほか)

今だけ委員長の独りごと:機能せず国連化する新聞協会を尻目にG7ならぬG3化を極めるANYに読売グループ本社・内山社長が新聞協会加盟数社に送った呼びかけ文。先に文字を大きくした毎日潰しか?

ふーん…って感じですけどね。まあ新聞なんてもはや老人の読み物ということなのでしょう。
「読売 12段制」でぐぐったら2chの古いログがありました。
新聞の活字が大きくなった理由
5 名前: 山師さん 投稿日: 2001/01/20(土) 08:09
活字大きくすると、今まで通りの文字数を載せるには、ページ数をふやさなきゃならないよね。

6 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/01/20(土) 09:12
>>5
それが狙いじゃないかなとおもう。広告も増やせるじゃん。

7 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/01/20(土) 09:50
読売のナベツネが、最近、新聞の字が読みにくくなってきた−−と、
秘書につぶやいたのが、きっかけだろ。業界では有名だ。

今でさえ怪しい広告が多いのに、これ以上広告を増やせますかねー?
かといって文字だけ大きくしてページ数が据え置きだったら、内容が減って実質的な値上げでしょう。「身近な商品やサービスの相次ぐ値上げは、賃金が伸び悩む消費者の心理を冷え込ませ、景気を失速させる可能性がある。」(1/26 朝日)という新聞がまさかそんな言行不一致はしないですよね♪(皮肉

続・どうせマスコミはナベツネに逆らえないくせに

<承前>

なぜこのようにマスコミが渡辺恒雄に怖気づいてろくに取材もできないのかといえば、一つには裁判が怖いからでしょう。
過去にナベツネに訴えられて出版社が敗訴した事例が複数あります。どちらも文春が被告でした。
2005年10月27日 相手にした裁判所もどーかと。。。
 週刊文春に私生活を許可なく撮影した写真を掲載され、プライバシーを侵害されたとして、読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長が発行元の文芸春秋(東京)などに1000万円の慰謝料と謝罪広告掲載などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(貝阿弥誠裁判長)は27日、200万円の支払いを命じた。
 問題となったのは、週刊文春の昨年8月26日号の巻頭グラビアに掲載された写真。自宅マンションでガウン姿の渡辺会長を窓ガラス越しに撮影したもので「ワンマンの末路」という見出しの記事とともに掲載された。
 判決理由で貝阿弥裁判長は「自宅でガウンを着ている姿は社会的緊張から解放された無防備な状態で純粋な私的領域。公共の利害に関する事項といえず、プライバシー侵害に当たる」と述べた。

2006-10-31 読売主筆「不正蓄財」は根拠なし、文春に謝罪広告命令
不正な蓄財をしたかのような記事を週刊文春に掲載され名誉を傷つけられたとして、読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長・主筆が発行元の文芸春秋と同誌編集長に慰謝料などを求めた訴訟の判決が31日、東京地裁であった。

綿引穣裁判長は、「記事は真実と信じる相当な理由がなく、許される推論の域も逸脱し、違法」と述べ、謝罪広告の掲載と慰謝料200万円の支払いを命じた。

週刊文春は、2004年11月18日号と同月25日号で「『10億円不動産』の謎」などの見出しをつけ、渡辺主筆の資産について「収入に比べてあまりにも大きすぎるように見える」などと報じた。〔後略〕

ここでもジャーナリストやマスコミ学者・弁護士は「名誉毀損の高額化は報道を萎縮させる!」というくせに、訴える側が業界の大物だと抗議声明の一つも出せない。

もうひとつの理由はやはり「活字利権」でしょう。当ブログでは再三書いてきたところですが、90年代の再販問題では出版業界もナベツネの政治力に頼りっきりでした。いちばん癒着してたのがイデオロギー的に正反対の岩波書店や井上ひさし、内橋克人というのがもうね。
マスコミ不信日記:お前が言うな!渡辺恒雄〜読売新聞の戦争責任を問う
活字文化振興法批判(1)政官マスコミ癒着の十年史・前編同(2)・後編
こちらも既述ですが、悪名高き文字・活字文化振興法もナベツネ主導の21世紀活字文化プロジェクトに出版業界が乗っかった結果できたものなわけです。

ただそんなナベツネと出版の癒着も一時期揺らいだことがあったみたいですね。
こちらの本より引用。
出版時評ながおかの意見1994‐2002
出版時評ながおかの意見1994‐2002長岡 義幸

ポット出版 2002-02
売り上げランキング : 1025247


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2000年4月 亀裂が生じた新聞業界と出版業界

読売新聞社が一月四日、突如自社の紙面で『週刊現代』と『アサヒ芸能』の広告掲載見合わせを発表した。両誌の広告文に「性を商品化したような過激な性表現」などが目立ち、紙面の品位維持」ができないというのが理由だ。しかし額面通りに受け止めた業界関係者は誰もいなかった。

新聞・出版業界は再版売価格維持制度(再販制=定価販売制度)の維持・存続を目指して共闘関係にあった。維持派の急先鋒が日本新聞協会会長でもある読売新聞社・渡辺恒雄社長だ。ところが渡辺氏は戦術を転換、新聞と出版物を分離して、新聞だけを再販商品として残そうとしているのではないかと業界内ではささやかれている。

渡辺氏の主張の変化は『週刊現代』などの広告掲載見合わせに際して発した「新聞はイエローぺーパーと違って、文化性がある」「インチキ週刊誌を放置しておくのは問題だ」というコメントに端的に現れた。これまでは新聞と書籍・雑誌をひと括りにして「著作物はほかの商品とは違う。読者のために、表現の自由を実現し、文化に貢献しているのだから特別の措置があっても当然だ」と主張していたにもかかわらず、新聞だけの「文化性」を声高に叫びだしたのだから出版業界関係者も心中穏やかではいられない。〔続きは追記〕

徳間と読売・日テレはジブリ作品で仲良しなんじゃなかったでしたっけ。週刊現代は反日勢力の巣窟(笑)外国人特派員協会で泣きを入れていたようですが大勢は変わらず。
ここまでコケにされても、既得権維持のためナベツネにすがりつくしかない出版界の見苦しさってったらないですね。

新聞特殊指定のときにはナベツネは表にでてきませんでしたが、安倍首相(当時)が特殊指定見直しに積極的な公取委の竹島一彦委員長の再任を決定した後、読売の論調が反安倍政権に転じたという興味深い指摘があります。
現代産業情報 「竹島留任」でほとんどのマスコミを敵に回した安倍首相 2007.7.15
「特殊指定」に積極的な意味を見い出せない竹島委員長は、一昨年、指定解除を持ち出した。この時の新聞各社の反応ほど見苦しいものはなく、なりふり構わず特殊指定維持のためのキャンペーンを張り、政治力を使って公取委や竹島委員長に圧力をかけ、解除を引っ込めさせた経緯がある。

 その竹島氏の留任が決まった。任期は5年で2012年8月までだ。「改革の続行」を掲げる安倍首相の鶴の一声だったという。

 この留任に切れたのが、『読売新聞』の渡辺恒雄グループ本社会長である。渡辺氏は、「特殊指定」を含む現体制死守の総権化である。最近、「新聞再販の維持」に理解を示すなど、軟化しているといわれる竹島氏だが、同氏が根っからの競争主義者であるだけに、本音は違うことを渡辺氏は見切っている。

 その自分の意向を知っての竹島留任か——渡辺氏は自分をないがしろにした安倍首相への反発を強めており、「反安倍」に回るのは必至の情勢。これに『日経新聞』も同調、既に紙面では安倍批判が展開されている。もともと『朝日新聞』は、安倍氏自らが不倶戴天の敵としてきただけに、批判には年季と気合が入っている。

特殊指定死守のための紙面の私物化、参院選の全マスコミあげての異常な反安倍報道、その後の三社提携とすべてつながるわけですね。

ちなみに大連立騒動の影で暗躍した森喜朗は産経、中川秀直は日経出身。
そういえば額賀福志郎も産経出身です。証人喚問は逃れたようですが、奴だって「新聞族議員」でなければとっくにマスコミの集中砲火を喰らって辞任に追い込まれてたのでは?(てか過去にもたびたび不祥事起こしてるんだから財務相になんかなれなかったかも)

財務省の広告塔よろしく消費税率引き上げを喧伝する与謝野馨も、後述のとおり渡辺や出版業界と親密です。何としても軽減税率を勝ち取りたい出版業界は今後もナベツネに依存するしかないんでしょう。
反論したかったら言論の力でナベツネを追い詰めてみろ!といいたいですね。そんなこともできないで、いくら報道・取材の自由が重要だメディア規制反対とか言ったって笑わすなって話です。続きを読む

どうせマスコミはナベツネに逆らえないくせに(プ

『論座』2006年2月号色々あって荒れ気味ですよ?

大連立の仕掛け人だという読売新聞グループ会長・主筆の渡辺恒雄について各マスコミが論じていました。
(魚拓)asahi.com:朝日新聞社説 「大連立」仲介―読売で真実を読みたい(11/10)
特集ワイド:前略−−渡辺恒雄様 「大連立」構想、生みの親ってうわさですが… 編集委員 鈴木琢磨(11/12 毎日夕刊)
池上彰の新聞ななめ読み 「福田・小沢会談 拝啓、渡辺恒雄さま」(11/19 朝日夕刊)

何だか知らないけど最近は手紙形式がはやりなのか。朝日の社説も一見もっともな話に思えますが改めて考えると変な話です。一言でいえば、

てめえが取材しろ。

に尽きる。若宮啓文とか仲良しなやつがたくさんいるんだろ? だいたい朝日だって教科書問題とか「従軍慰安婦」とか「NHK介入」とか捏造までして政治を操ってきたわけだし、日経の「富田メモ」も同様。両社が「ナベツネに抗議するため朝日・読売・日経の提携を解消します」とか表明しない限り同類と認定するしかないですね。

「○○なんて日本は世界の笑い者」というのはマスコミがよく使うフレーズですが、どこの馬の骨とも分からぬマスゴミのジジイが政治家以上に権勢を振るヤクザな日本政治こそ世界の笑い者でしょう。
それにこれまでマスコミはさんざん政治家を愚弄して政治不信を煽ってきましたが、誰を選んでも結局密室で談合して物事が決まるなら投票する気なんか失せるんですけど。マスコミこそ政治不信の元凶になってる現実にどう落とし前をつけるんだ?

「ナベツネ政治介入問題」に鈴を付ける読売・朝日記者はいないのか・・・(11/20 livedoor)
 「会長であり、社論を決定する立場の主筆のことを、自社の紙面では取り上げにくいからでしょう。読売新聞記者たちの歯がゆい思いが伝わってきます」と池上氏は読売記者をかばう。だが、どうだろう。この見方は、池上氏がNHKという因習的な組織にどっぷり浸かった結果、サラリーマン的な発想にとらわれてしまったのではないか。組織ジャーナリズムの悪弊がにじみ出ている。

 はてさて、なぜ「ナベツネ政治介入問題」を朝日新聞自ら先頭に立って報じないのだろうか。朝日紙面でこれまで、ジャーナリズムの危機ともいえるこの問題を、大々的に追及した形跡は見あたらない。朝日の月刊誌「論座」が去年、渡辺氏と若宮啓文・朝日論説主幹の対談を発表してから、朝日の読売に対する舌鋒(ぜっぽう)が鈍った。ちまたでは、読売への朝日の屈服宣言だと揶揄(やゆ)されている。権力に対しての共闘ならいいが、業界内のなれ合いではいただけない。これこそ、読売と朝日両社の言論の危機につながる。

 拝啓、読売新聞と朝日新聞の記者殿。PJニュースはナベツネ政治介入問題にもの申す記者にいつでも門戸を開いております。敬具。PJニュース編集長 小田光康【了】

激しく同意ですね。雑誌やフリーのジャーナリストだってそうです。
「主筆ナベツネ会長よ、読売新聞はジャーナリズムにあらず」 週刊ポスト 11/30号
魚住昭、高杉良、大谷昭宏、吉岡忍、岩瀬達哉

じゃあ夜討ち朝駆けだって家族への突撃取材だって、お得意のメディアスクラムをこういうときこそやればいいいじゃないですか。最近もこんなことがあったし。
強姦の財務省職員を釈放(11/14 産経)
 財務省職員による集団強(ごう)姦(かん)事件で、東京地検は14日、逮捕された同省主計局主計官付係長(34)と財務事務官(29)を処分保留で釈放した。被害者の女性(33)が示談に応じ、告訴を取り消したことなどを考慮したとしている。

 地検によると、2人は容疑を認めているが、事件の発覚を受け、女性の自宅などに取材が殺到。女性が精神的苦痛を訴え、事件とかかわりたくないとの強い意向を示したことなどから処分保留にした。地検は「行政処分の結果などをみて最終的な処分を決めたい」としている。

なんでこれがナベツネ相手だと「取材を申し込みました、断られました、はいおしまい」で済ますんだ? 犯罪や事故の被害者のような弱者は「知る権利」を振りかざして取材に殺到するくせに、ナベツネのような権力者には怖気づきやがって、ほんと人間の屑です。

お前ら個人情報保護法案が審議されてたとき、「基本原則といえどもメディアに適用されれば公人への取材規制になる」とかいって大キャンペーンしてたよな?
個人情報保護法案拒否!共同アピールの会Webサイト
今週の「個人情報保護法」(講談社・Web現代)
結果として適用除外になったってろくに取材しないんだから大嘘つきだろ! キャンペーンの主犯格だったジャーナリストの吉岡忍・魚住昭・佐野眞一、上智大教授の田島泰彦、毎日新聞の臺宏士は死んで詫びろ!! 地獄で城山三郎が待ってるぜ←おちけつ

党首会談をめぐる渡辺恒雄氏の行動:識者に聞く(11/13 毎日)
◇ジャーナリストの役割逸脱−−上杉隆さん
◇読売の報道の自由損なわれる−−田中早苗さん
◇記事にし読者に問うこと責務−−有山輝雄さん
◇「構想描き説得」には問題ない−−三宅久之さん

三宅久之も毎日出身なのか。ナベツネを「平成のスーパー老人」などとおだてる岩見隆夫といい、この新聞社は政治屋崩れの巣窟かよ。

渡辺も小沢一郎も、みずから説明責任を果たさず取り巻きが「あの人の真意は××で」といちいち解説する点では同類ですね。小沢は民主党認定機関紙(笑)の朝日で単独インタビューを受けてましたが、仲介者の実名とか公明党の扱いとか山田洋行との癒着疑惑とか、本当に知りたいことには何も答えていない。

ナベツネもそんなに政治に口出ししたければベルルスコーニとかブルームバーグみたいに自分が立候補すればいいだけの話です。それだけのカネと気力はあるみたいだし。

識者の批判もなんかなまぬるい。公権力が言論に介入するのは憲法違反で絶対許されないけど、言論人が政治に介入するのは憲法の問題ではない、というのが法律バカの論理みたいですね。それって創価学会の政治支配を正当化する議論と同じだよなー、って思う。どちらも実際の害悪には見てみぬ振りをするという。

<12/1更新、続く
訪問者数

    Page Ranking

    アクセス解析
    Recent Comments
    Recent TrackBacks
    BlogPeople
    Twitter
    Archives
    Categories
    Counter


    平成20年1月1日より


    • ライブドアブログ