2011年07月14日

原発なくても成立する社会を目指すーー菅総理

「原発なくても成立する社会を目指す」
http://n.m.livedoor.com/a/d/5706402?esid=10 #mova_news

12日、経団連はこれからも原子力発電を推進していくよう提言を発表したばかり。

ダメ総理かもしれないけどかつてこんなこと言った首相はいなかった。保安院を経産省から切り離すとも。
ダメ菅がとうとう決断した。間違いなく歴史的な声明だ。

ダメなやつかもしれないがダメだからこそ孤立させてはいけない。


この声明を支持します。
  

Posted by saihan_kikaku at 02:28Comments(12)TrackBack(0)

【在特会】京都朝鮮学校襲撃事件第6回口頭弁論

b83e981d.jpg
しかし、民事裁判の方には在特会側の傍聴人来ないですねー。いつものかたひとりだけ?諦めてんのかな。

というわけでいつものようにaramaさんによる裁判傍聴記。
http://d.hatena.ne.jp/arama000/20110713

それと3羽の雀さんによる関連ツイートまとめ。
http://m.togetter.com/li/160876


もうそろそろ結審かなって思ってたけどまだまだ続くみたい。少なくともあと3度あるようです(9月、10月、11月)

お互いの陳述の前に被告側から出された準備書面に事実に基づかない誹謗中傷の記述があり公開の場で読み上げないようにと原告側から要望が出された。裁判長は、それも被告側の主張だからと退けたが被告側徳永弁護士は、まあ配慮して読まないようにしましょうと言った。(このあたりのやり取りは原告被告裁判長の事務的なやり取りで傍聴席からは聞きづらかった)

この原告側の要請はツイートのまとめを読んでいただければわかるがヲチャの間でも賛否両論ある。
「京都第一朝鮮学校は50年の間、勧進橋公園を不法占拠していた」という主張だが、僕はこれは読ませてあげてもいいと思う。(裁判後の報告集会で要望を出した方が、あの文書は徳永弁護士の一人称で書かれていたから問題だと言った。「被告らはこう述べている」ならかまわなかったようだ。その方は後で弁護団からお叱りを受けるかもしれない、と言っていたのでどうやら単パネだったようだ)
しかし原告側の主張はわかる。これこそが「虚偽」の「レッテル貼り」による「差別」であるから(法廷であっても)許されないことなんだ、ということを裁判官に理解させるためなんだと僕は理解している。
この裁判は単に勝つだけでは駄目で、裁判官に在日の方の歴史や民族教育の重要性やざいとくの悪質性と、ざいとくというものを産み出してしまった日本社会の問題点を理解させた上で勝たないと意味がない(勝って当然ですから)、
その意味で裁判の相手はざいとくではなく裁判官にことの重大性を理解してもらう、ということ、日本の差別構造を問う裁判なのだということは裁判当初から原告弁護団は言っていて、その点ではブレがないんだと思う。

虚偽によるレッテル貼りこそ差別である、と原告弁護団は主張したのである。


このことで裁判の後半、被告側の徳永弁護士がキレた。
「そちらこそ(被告らに)差別主義者だとレッテル貼りをしているじゃないか」

これには僕は驚いた。
いや、言った内容ではなくーーー弁護士の仕事として反論したというよりも、ちょっと感情的に、キレたっぽかったから。

徳永弁護士、いったいどういう人なんだろう。



それにしても。
2年前のざいとくによる京都デモは150人くらい来ていたと聞く。
彼らはどこへ行ってしまったのだろう。
これだけ巨額の賠償請求がなされている裁判なのだ。
会長の桜井(高田)誠も京都の裁判には来ていない。
一度くらいは公の場(法廷)で意見を言ったらどうなんだろう。


※画像は報告集会でゲトした京都発の脱原発うちわ。
  

Posted by saihan_kikaku at 01:20Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月05日

39回目の七夕コンサート

1973年から始まった七夕コンサート、今回で39回目。拾得でやるようになってから30回目だそうです。

2日間のライブ、初日。
開場から15分ほど経ってから拾得に着くとすでにいっぱい。入り口付近の席に知り合いを見つけたのでそこに陣取る。が、客席見渡したしても知ってる顔は少ない。


今年は中山ラビさんが芝居の仕事のために欠席。
出演順はいつものように公開くじ引きで決められた。

トップは我らが豊田勇造さん。今回のライブは「だんだんしんみりしてくる」ものになりそう(笑)
勇造さんのギターはギブソンJ―200。初めて聴く歌もあった。テリーさんも言っていたけどギターが冴えていた。いつもギターテクを盗もうと思うのだがうまくいかない。しかも今回は横から見るカタチになってしまったので手元がよく見えない。

今度は真正面で俺もギター持って真似しながらライブを観y←きっと怒られるw


ひがしのひとしさんはピアノの弾き語り(←決してうまくない)で一曲歌ったあと、小さいギター(ミニギターかな)で歌う。まるで自分の部屋で友達に聴かせるようなマイペースなステージ。
聴けば聴くほど味が出る………
ちうか、初めて聴いたときは、きっと酔っぱらってヘロヘロだったんだな、と今にして思う。


古川豪さん。今回はいつものバンジョーの弾き語りと、久々にギター、マーチンD―28。(先日の梅小路公園でのバイバイ原発の時もこのギター)
バンジョーと同じように指にフィンガーピックを着けてのオーソドックスなフォークギタースタイル。

30年ほど前に作られた「原発に未来なし」を歌われた。

♪〜原子力発電、この地に許すな、原子力発電、運転を中止せよ〜♪

30年前の歌が2011年の今、リアルに響く。

活断層とか冷却装置とか、最近になって耳に馴染んでしまった言葉だが当時から問題にされていたという。
30年前から決して「想定外」ではなかったのだ。


最年長の三浦久さんは真っ赤なギターで登場。たしか5年ほどまえに娘さんから還暦のお祝いにプレゼントされたというギター。
この方の歌を舟木一夫さんも歌われてるようで、なんだか凄いなぁ……。

三浦久さんのお名前を初めて知ったのは中学の頃(古川豪さんや中山ラビさんもその頃知った)。たしか「新譜ジャーナル」という音楽雑誌だった。

なんだか歴史を感じるぞ、うん。


客席には「日本のフォークソング」を研究しているというアメリカ人の方が来ておられた。どこかの大学で結構アカデミックに研究されてるらしい。
ライブが終わったあと、彼のまわりで藤村さんとか平賀さんとかの名前が飛び交う。いやこれは研究成果が論文か何かで発表されたら是非とも読んでみたい。
本場ではフォークとかカントリーとかブルースとか、あるいはヨーロッパの音楽とか独自に発展してきた音楽が日本に入ってきて混沌とした中で「日本のフォーク」として作り上げられてきた面がある。もしかしたら本場のアメリカンフォークソングよりもスリリングな歴史があるかも知れない。


来年は歴史的な?40回目。
中山ラビさんも来年は絶対やりたいと言ってるらしいし
今から楽しみである。
  

Posted by saihan_kikaku at 08:40Comments(7)TrackBack(0)

2011年06月27日

バイバイ原発★626京都デモ

d64fee9f.jpg


京都駅から歩いて集合場所の梅小路公園まで行く。「バイバイ原発★京都デモ」に参加するため。
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/

デモコースを逆行するかたちで梅小路公園まで。途中関西電力京都支店前を通る。ここで関電を取り囲みシュプレヒコールをあげる予定のはず。

しかし

日曜日だよなwww
誰もいねえwww
シャッター閉まってるし電気もついてないwww


デモ前の集会のミニコンサートにはザ・ファミリー、楠木しんいち、ジェロニモレーベル、古川豪さんが出演。

・・・・・っと
どうやらコンサート開催の時間を間違えてゆっくりしすぎてしまった。会場に着いたら最後のミュージシャン、古川豪さんのステージが始まっていた。

この時点でザッと会場見渡して、
だいたい200人くらいか。

賛同団体は多いのに、参加者すくないなぁ……
(三条鴨川でいろいろやる時のに毛のはえた程度……)
きっとコンサートやトークは「おまけ」だと思われてる?デモ出発前に参加者は爆発的に増えるにちがいない。いやきっと革命的に増えるはずだ。

と考えることにしよう(俺も時間間違えてたし)


知り合いはいっぱい来てたよ。うん。


そこで、ちょっと気になった事があったので軽く書いておく。
知り合いのひとりが声をかけてきて、コンサートに出演してたあるバンドが歌詞の中で「キチガイ」という言葉を使ったことに対して批難というか批判というか、そういうことを僕に言ってきた。(おそらくそのバンドはジェロニモレーベルだと思われるが)
これに対しては僕はふんふんと頷いているわけにはいかないのでちょっと反論した。別にこんなところで口論したくないし向こうも僕に同意を求めるつもりで話しかけてきたっぽいのであまり深く突っ込んだ話にはならなかったのだが。

もう特定の言葉を、使われた文脈を無視して「差別語」だと決めつけるのはいい加減やめにしようよ。



コンサートの後のリレートークの時間、Ustやってるっぽい人がいたのでurlを教えてもらい、mixiとTwitterに流す。
http://www.ustream.tv/channel/iwj-kyoto1

いつもケータイじゃ見れないしアーカイブ見れるのかどうかわかりませんが。


デモ出発の時間が近づくにつれて人が増えてきた。
デモ出発時に主催者から700人だというアナウンス。

出発のときにIちゃんに会った。どうやら一人できたっぽい。元気そうでよかった。
Iちゃんが誰かに小さな太鼓を手渡され、叩く。持っていた傘が邪魔っぽそうだったので僕がその傘を持ってジャンベ隊のリズムに合わせてくるくる回す。




デモは平和的だった。
警官とのトラブルもなかった。


最終的にデモ参加者は1000人に膨れあがっていた(主催者発表)


Twitterでソウルフラワーユニオンのアカウントが写真をあげていたのやけど参加していたのかな?



んで、こんな記事にもなっていたので、読んでみてください。↓
※バイバイ原発・京都デモに1000人 − JanJanBlog
http://bit.ly/io7ZnG
  

Posted by saihan_kikaku at 13:59Comments(4)TrackBack(0)

2011年06月25日

番外地

先日の「酔いどれ達の夜【番外地】」、企画が「再犯企画」ではなく「uGWミュージック」だから【番外地】ってだけでなくて、まぁ大城さんの命日だとか、そーゆーなのもありましての番外地なんだったんだよね。
実際にはお客さんを呼べなかったってのはあるけど、【番外地】だからこそ出来たことや出来ることもあると思うし、いろんな可能性はあると思うのね。


今回僕が歌ったのは5曲。
「アルコール依存症のブルース」「ハスリンダン」「フェンスの向こう」「ゴクツブシ」「愛のマシンガン」

「愛のマシンガン」ってじぇっとが随分前に書いた歌だけど、泪くんがカバーしているのを聴いて歌いたくなった。
311以降、歌が作者の最初の思惑を越えて新たな意味を持ち始めた例は何度か見てきたけど、これもそうなんだと思った。


番外地でいろいろやりたいと思ってる。別に番外地でなくてもよいのだけれど。もともと番外地的な思考を持ってる人だし。

鼻炎トリオと寺田町とか。そーゆーのも。


打ち上げでいろいろまた話をしたりで
人のつながりっておもろいなぁ、と。
意外なところで〇〇くんと★★くんが繋がってたり、とか。

うーん、言葉にしにくいこともあるんだけど。


うん。音楽のつながりだけではなくてね。



611新宿デモ、あのいろいろあった(と過去形にしちゃだめだよな)やつですが、僕自身はそのデモや素人の乱やロフトやヘイスピ会とは直接関わってない。んだけど、まわりにいろいろつながりもあるわけで、そこで起こったことに対しても関心や意見はあるわけ。

で、やっぱし関心持ったり意見言ったりすることで新しいつながりとか出来る可能性はあるんだよな。


あ、なんだかまとまらない日記(笑)
  

Posted by saihan_kikaku at 15:33Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月23日

愛のマシンガン


愛のマシンガン

    作詞作曲/JET菊地


逢いたい事に意地を張らないで
世界はもうじき終わるかも知れない
俺はこの人生持ち合わせたものも無く
冷たい雨にこの身を晒してる
「時間ならまだまだ仰山あるやろ?」なんて
迷うてるうちに奴ら来よった
俺もいずれマシンガンを持たなくちゃア
ならないかも知れないから
せやから・・・よう聞け

今夜、君を抱く
今夜、君を抱く
静寂と暗闇の間で君を抱く
今夜、君を抱く
今夜、君を抱く
静寂と暗闇の間で君を抱きしめる


向こうの空じゃ悪魔が火を吹きよる
覚えない人の命は奪われて
命は?何だ?玩具じゃねエだろう?
見えない敵の足音近づいた
俺は「この人生、全部捨てたろ」思たが
もう皮肉じゃ済まされないから…
あの黒いマシンガンを持たなくちゃア
ならないかも知れないから
せやから・・・よう聞け

今夜、君を抱く
今夜、君を抱く
静寂と暗闇の間で君を抱く
今夜、君を抱く
今夜、君を抱く
静寂と暗闇の間で君を抱きしめる


愛のマシンガン
愛のマシンガン
静寂と暗闇の間で君に撃ちまくる
 Dadadadadadada・・・
  

Posted by saihan_kikaku at 17:11Comments(3)TrackBack(0)

2011年06月21日

酔いどれ達の夜【番外地】(uGWミュージックは全力で寺田町を応援してます。)

今年もまた酔いどれ歌うたい寺田町が京都にやってきます♪

今回の酔いどれ達の夜はいつもの「再犯企画」ではなく「uGWミュージック」の企画です♪


■6月23日(木)
 夜7時半開演
【酔いどれ達の夜/番外地】

◆一乗寺/喫茶のん
 ※京都・叡電一乗寺駅下車東へ、白川通りの少し出前タクシー会社向かい
 TEL:075-721-3260

◆出演/寺田町
  OA/ひでまん
 ※シークレットアクト有り

◆チャージ/2000円
 ※ドリンク別

※企画/uGWミュージック
  

Posted by saihan_kikaku at 12:24Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月20日

狂人企画は全力でAKB48を応援してます。

ついにこの日がやってたのであります。
全国鼻炎同盟行動隊「鼻炎トリオ」の独自企画以外でのデビュー。しかもドラマーつき。

河原町今出川「ソクラテス」は市内でも数少ない爆音の出せるライブスペース。

6月19日「狂人企画vol.21」
10組出演の長丁場。
持ち時間一組20分。
この日はカンチさんもエレキでした。


鼻炎トリオでは未知の「音量」でのライブでありますが、
ドラムのアリマさんは現役パンクバンド「ひみつキング」のリーダーやし、
ベースのキムラさんは「凶器エフェクタの会」に所属してたし、

スナフくんも実は
「ダチュラ」の初代ギタリスト(半年でクビ)、
「虚」のリーダーでギターボーカル(半年で活動停止)、
「ゴータマ」の初代ギタリスト(一年で脱退)、
という輝かしい経歴の持ち主だったりする。


んで、本番一曲目の「花粉症万歳!」←ピストルズの女王様万歳って曲に似てるらしい(笑)
リハではフツーにやってたのにアリマさんが倍速で叩き始める

スナフくん、リハより少し音大きめ


いやあ、
生ドラムはよろしいなぁ。

この音量でのライブはスナフくん、20年ぶり。


いや、6〜7年くらいまえに、軽音の同窓会でセッション大会やったっけ。
でもあれ以来、誘われへんなぁ。。。。


「狂人企画@ソクラテス」、PAさんがしっかりしてて初めてやったけどとてもやりやすかったっす。
遠くから来てくれた人もいてほんまおおきにです。


※さくらさんのライブレポだす。

http://sakurasaku.web.infoseek.co.jp/kanchi/kanchi2011/6.18socrtes/socrates.html


で、ライブ中店の中ではずっとAKB48の映像が流れてたんやけど、mixiの「狂人企画」のコミュの説明の最後に、


「狂人企画は全力でAKB48を応援してます。」って書いてあるのにはワロタ。
  

Posted by saihan_kikaku at 22:04Comments(9)TrackBack(0)

ファッキン神話、無政府in JP

神話がどんどん崩れていってますね、
なんて。

安全でもなければ平和でもなかったし
民主国家とか主権在民とか嘘でした。

嘘でした←知ってた。
とかね。

体制も反体制もなんだかなあの今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今日も被曝してますか?


さて例の「ヘイトスピーチに反対する会」、
あれから二度ばかりブログを更新しています。
http://livingtogether.blog91.fc2.com/


言ってることはわかるけど違う考えを排除するのはやっぱり違うと思う。

なんだかなあ、です。


で、自民党の石原伸晃が、「最近の脱原発運動の黒幕は中核派と革マル派だ」なんて言ってるそうです。なんでも公安関係者から聞いたとか。

はぁ……
中核と革マルが仲良くお手て繋いで反原発デモを指揮しているとでも言うのでしょうか。
6・11新宿デモは二万人、同日150ヶ所10万人が参加した反原発デモを裏で操る力が中核と革マルにあるとでも?(笑)

新宿デモを主催したのは素人の乱というお祭り集団と共同企画者のロフトという老舗のライブハウスだよ。

でなんで石原伸晃が公安から情報を得ているんだ?
公安が政府関係者でもないやつに情報リークするっておかしくない?

石原伸晃は「反原発は集団ヒステリーでアナーキー(無政府主義)」だとも言ってるみたいで。

ふざけるなっちうの。
推進派のなりふりかまわねぇやり方の方がよっぽど集団ヒステリーで無政府JPだっちゅうの。



反原発が右翼を排除し、推進派が「反原発は極左」だと宣伝する。

どーにかならへんの?


Twitterで「こーなったら反原発集会で自民党の河野太郎に登壇してもらいましょう」って誰かが言ってたけど。

賛成です。

もう中核にも革マルにも右翼にもアイドルにもアナキストにも河野太郎にもとなりのおじさんおばさんにも天皇にもどんどん反原発集会でしゃべってもらいましょうよ。


「人の命を犠牲にしてまで原発利権を守りたいやつら」ははっきり言って人民の敵だし、敵は政治家もマスコミも警察も操っているんだから。
  

Posted by saihan_kikaku at 14:03Comments(8)TrackBack(0)

2011年06月15日

ノンジャンルイベント狂人企画に鼻炎トリオが出演します!

鼻炎トリオのライブのお知らせです!
結成以来、独自企画でしかステージが見られなかった「全国鼻炎同盟行動隊/‘花粉防衛隊’鼻炎トリオ」がノンジャンルイベント「狂人企画」に出演致します!
今回も伝説のパンクバンド「ひみつキング」よりドラマーの有馬氏をメンバーに迎え、よりパワーアップしたおっさんサウンドがお楽しみいただけると思います!乞う御期待!

■6月19日(日)
「狂人企画vol.21」
@河原町今出川ソクラテス
http://sound-powder.com/

Ticket\1000
Drink \500

18:00 open/18:00 start

18:00〜18:20
ゲン&ターシ
18:35〜18:55
ファミリー
19:10〜19:30
幻覚毒キノコオルガングループ
19:45〜20:05
塩川project
20:20〜20:40
鼻炎トリオ
20:55〜21:15
RIVER
21:30〜21:50
ルイリロイグループ(ギターカルテット)
22:05〜22:25
The Flicks
22:40〜23:00
αβ波波βα
23:15〜23:35
らぐの+赤野芝人

DJ おもちゃ箱(塩川&オサカナ)


※鼻炎トリオ
カンチ…ヴォーカル
スナフ…ギター
キムラ…ベース
アリマ…ドラム(ひみつキング)
  

Posted by saihan_kikaku at 15:53Comments(6)TrackBack(0)