2017年03月16日

【MHXX】根拠なき推測

体験版をちょっとだけやってみた

【ブレイヴ×弓】
剛連射はつよそうだけど、
硬直が伸びる分、G級に対応する立ち回りを再考する必要があり、
収束するまで時間がかかる
何より、ブレイヴ攻撃(剛溜め)のゲージ増加量がおかしいので、
製品版は修正されるだろう
最強候補は間違いない

【ブレイヴ×ガンランス】
AGガンスには及ばないけど、
クイックリロードのガードポイントからフルブラスト、
前作ブシドー双剣並みの手軽さを感じる
少なくともグラビはガンス4人が定番になりそう
これも最強候補として挙げたい

【ブレイヴ×ランス】
こちらも可能性を感じた
ブレイヴ状態さえなれば、イナシ、納刀キャンセル攻撃とガード前進を駆使して、
回避ランサー以上に貼り付けることができると思う
強突きはトレードオフとして許す

【ブレイヴ×双剣】
強いかどうかの前に、双剣の楽しさを感じないのが致命的
連続攻撃の快感もなければ、スタミナと鬼人ゲージの管理もない
双剣のまがい物だこれは

【ブレイヴ×ヘビィ】
効率を無視すれば、楽しい
いや、無視しろ、楽しいから!
通常2、貫通1、貫通2、属性弾でしゃがめるヘビィを作ろう

【ブレイヴ×ライト】
内蔵弾は何だ!ステップ射撃しかないから、
話はそれからだ
LV1状態異常弾を内蔵するライトが出たらワンチャンあり

結論:
優先順位は
通常ガンス=ソロG級
サポ弓=オンライン地雷プレイ
4属性ヘビィ=オンライン効率
を作って楽しむ
趣味程度で、ブレイヴ睡眠ランスを作るぐらいかな

saikenlai at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モンハン 

2016年12月21日

【Steam】ウィンターセール開始時間!

Steamフレンド募集中






イギリス時間の12月22日なので

0時 → 日本時間8時

9時 → 日本時間17時

12時 → 日本時間20時



会社でポチるしかないか

名作とか新作よりも

アーリーアクセスのゲームを買い漁りたい!

最近はやはり話題のYes man's Skyごと、

ASTRONEER



明日安くなってなくても買いだな

saikenlai at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月15日

【Steam】GEM集め その2

12月前半通算実績:

変換GEM:1290GEM

トレード金額:112.51円

10GEM単価:0.872円

ブログ1



これらを使って、DARIUSBURSTのブースターパックを作製



DARIUSBURSTブースターパック:19.64*3=58.92円

DARIUSBURSTブースターパック:20.98+15.02+12.57=48.57円

DARIUSBURSTブースターパック:19.48+14.95+21.85=56.28円



運が悪く12円台のカードを引いてもプラマイゼロ

それ以上のカードを引いたらプラス

saikenlai at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月09日

【Steam】レベル上げにおすすめのゲーム

Steamフレンド募集中



レベルを上げるメリットはブースターパックをもらう確率が上がることと、

フレンド枠が増えること

あくまでも自己満なので余計なものに手を出したくない人はスルーして良い

もっと効率の良いゲームがあれば教えてください!(切実)



2016年12月9日現在:
マーケットからトレカを買い集めてバッジを作る前提
ゲーム名:最低コスト、ゲーム本体価格、ドロップ可能枚数/合計枚数


Why So Evil 2: Dystopia: 17.14、22円、5/9

GooCubelets 2: 18.98、31円、5/9

GooCubelets: The Algoorithm: 19.29、90円、5/9

Rage Parking Simulator 2016: 21.64、38円、5/9

Beast Blaster: 22.74、31円、5/9

Gold Rush! Classic:  24.42、149円、5/10




最低価格なので、レベル5バッジを作る場合コストがどんどん増える

仮にこの6つのゲームで3,000XP(レベル20)を貯める場合

ざっくり600〜900円はかかる

投資するかどうかは財布と要相談



参考になったと思う方、コメントを頂ければ嬉しいです

saikenlai at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月02日

【Steam】GEM集め その1

簡単に言うと

GEMはSteamでブースターパックの作成に使える

ある種の仮想通貨である



GEM入手 その1:現金で買う

(2016年12月2日時点で、10 GEMは約1.07円



GEM入手 その2:インベントリーにあるアイテムをGEMに変換

今回はマーケットからアイテムを買って、

インベントリーからGEMに変換して、

1.07円より効率的にGEMの入手方法を探す



まずはこちらをご覧ください:

マーケットから背景を探して、価格順で並び替え

(URLにある「p97」の部分を手動で書き換えれば好きなページに飛べる)

http://steamcommunity.com/market/search?q=%E8%83%8C%E6%99%AF#p97_price_asc

002



一番安いものを選んでみる

001

買う前から、10 GEMに変換できる予想はつくので

単価は0.93/10 GEM(約13%減!)

しかし、0.93円で売っているのは1つだけ…

1円だとしたら、削減率が約6%に落ちる、却下



絵文字で検索してみると

http://steamcommunity.com/market/search?q=%E7%B5%B5%E6%96%87%E5%AD%97#p143_price_asc

003

売っている数から、効率的とは言い難い



今度は40 GEM をターゲットする

0.93円を上回る、3.72円/40 GEM で探してみた

あっ…

005

変換率がわからない

006

これは怪しい

007

購入希望価格から見て、40 GEMの可能性が高い

その場合、単価は0.90円/10GEM(約15%減!)

だとしても、1個しか売っていない

40 GEMではなく、10 GEM のリスクもある



試しに買ってみる

008

009

結果的には良かったけど

リスクがでかすぎる



結論 その1:手間を惜しまず0.93円のアイテムをひたすら集める



課題:

・ 買う前にGEMの変換率を調べる方法を探す

saikenlai at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Steam 

2016年11月28日

Steamオータムセール+Steamコントローラー30%@デジカ

タイトルがわかりづらくてゴメンナサイ

あと、今回amazonのアフィ広告を載せなかった理由がある…


Steamオータムセール開催中!

有名なフランチャイズゲームもあり

インディーズもぼちぼち

購入済み:







悩み中:




【日本上陸記念「Black Friday 限定特別セール」について】(デジカ)

※2016年11月30日 14時まで!

※消費税、送料別

Steamコントローラー 通常価格:6,800円(税抜) 
→ 特別価格:4,760円 (30%OFF/税抜)

Steamリンク 通常価格:6,800円(税抜) 
→ 特別価格:2,720円 (60%OFF/税抜)
(11/28時点で売り切れ)

Amazonでいまだに7千後半で売っているSteamコントローラーが

公式ストアができたことにより6千以下で入手できる!

さらにさらに、公式ストアから購入すれば

「Valve Complete Pack(通常価格:19,864円/数量限定)」がついてくる!

(19タイトルの中、ほとんどが200円以下で売っているのは内緒)

躊躇なくポチってしまった

リンクの次にコントローラーもなくなりそうなのでほしい人は早めに



saikenlai at 14:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Steam 

2016年11月21日

Steamで最近気になってるゲーム

Steamフレンド募集中



「Max Payne」の開発会社Remedy Entertainmentが送る、
TPSとドラマを繋げた超能力バトル


ハードボイルとダークな世界観で有名な「Max Payne」
時間経過を遅くする特殊システム「バレットタイム」はいろんなゲームに影響を与えた
(2003年より先に似たようなシステムを作ったゲームは知らなかった)

(続く)
続きを読む

saikenlai at 19:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム | Steam

2016年11月07日

ようやく【Her Story】をやってきた(感想のみ、攻略なし)

Steam



インディーズ推理ゲーム【Her Story】



3行でまとめると:
・ 英語力必須の、低予算実写ミステリゲーム
・ 600円と約4時間で映画一本を見て一発ネタを買った気持ち
・ ゲーム内だけではなく、ゲームの外で考えたり、調べたりするのが好きな人におすすめ


プレイする前に、メモを用意しよう
これこそが、このゲームの醍醐味である


プレイ前:
(登場人物が一人なら捜査もくそもないけど?)
(検索するだけか、飽きないかな)


プレイ前半:
(UIが不親切だけど、ゲーム性を保つために必要だな)
(細かいところに気を取られすぎたかな?でもメモっとこ)
(総当たりはやめよう)


プレイ後半:
(ああはいはいそういうことね、でもさ…)
(順を追って検索しても、ヒットしないものが多すぎる)
(ぶっ飛んだワードを入れるしかないか)


クリア後:
(データをつないで一本化したものを見たいね)
(低予算とストーリーだけの勝負ではなく、システムとプレイヤーの思考もよく考えて作られたゲームだ)
(予想通りプレイヤーが動いてくれないとただただ叩かれるゲームになるねこれ)
ハッ!!
撮り直し、パッチなんか効かないぞ!
(一発ネタではなく、魂を込めた一発勝負だぞッ!!ジョジョッ!


そういうこと
今のゲーム業界って生ぬるい
ソーシャルをやってきた会社が特に
後で直せばいいや、と思っているんじゃあないか


5.98ドルは皆さんにとってどれほど大事かわからないが
『敬意を払うッ!!』のに出すべきではないかと俺は思っている


敬意を払った方々、コメントをどうぞ

saikenlai at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム | Steam

2016年10月27日

突然の広東語

A 「今度入ってくる新人が大学生だって、すごくない?」

B 「看板一個が落ちてきたら半ダースは死ぬもんよ、驚くことなんかない」

広東語: 冧個招牌死半打


招牌=看板

半打=半ダース

使い方: ある種類・タイプの人間が一般的であること、珍しくないことを表現するとき



香港には電飾看板がとても多い。

歩道で見上げたら空が見えないくらい。

今と違って、昔は固定が甘いし、

しっかりしたメンテもないので、

台風の時など看板が落ちることがよくあり、

死亡事故も少なくなかった。

これは、人為的れはなく、規則性のない事故と言える。




それを利用して、無作為、ランダムで選んでも当たる確率が高い、

転じてそれが一般的で珍しくないと表現するときに使う。




半ダースを使った理由は2つあると考える。




ひとつは、香港ではダースという数え方は

特定分野において浸透している。

例えば、卵を買うときは必ず1ダース、半ダースと数える。

看板が落ちるときちょうどいい(?)死亡人数を表すために「半ダース」を使った。




もう一つは、中国に対聯(ついれん)という伝統的な装飾がある。

それは門の左右に飾る文章で、

上聯(先の句)と下聯(後の句)と呼ばれる。

文章はいくつか規則があり。

基本的に上聯と下聯は対句になっている。

例えば、上聯に「山」と書かれたら、

下聯の同じ場所に「海」を使ったり、

類似のものを書く。

数字の場合、「一」に対して「二、三」もよければ、

「百、千、万」も良い。




ここで、前半にある「個=一」に対し、

後半に「半」を入れることで、

文章に美をもたせた。

saikenlai at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2016年10月24日

最近何をやっているかと言うと

モンハン
いややってないっす
プライベートも生放送も
てか3DSの電池もう逝ってるかも

Steam

色々面白そうなゲームがあって
鈍化しているコンシューマー業界の代わりに癒してくれる



最近はこんなのをやっている:

2画面が欲しくなる
あとサウンドがめちゃくちゃいいので
音を出せる環境でのプレイがおすすめ







勘違い(?)和風メタルギア
発想はすごく良かったけど
難易度が高め
ノーアラートとか殲滅とかやらなければスイスイ進めるかも?




レビューの評価が悲惨だけど個人的にはグッド
やはり発想が良かったことと
キャラクターが女性向けというのがポイント




前から欲しかったパズルゲーム
正攻法もあれば奇天烈なブリッジも作れるようなので
初見プレイを放送でするのが楽しみ





3作目が最近リリースされて、ボッコボコ叩かれたけど
1作目と2作目は良かったみたい
バンドルでセールをやっているみたいので
興味があったら是非




仕事だけじゃあ儲からないので
少ない資本で初めて見た
残念ながら3か月やってもほぼプラマイゼロ
センスがないのがネック

しばらくデイトレードを2銘柄に絞ってやってみる
あとはIPO当選を祈るだけ

saikenlai at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム | Steam