2007年01月07日

 明日は成人の日。俺の実家がある広島の町では今日(日曜日)にあるので、正月遅れて帰省中。そこで町役場が発行している広報誌があるんだけど、成人の抱負というコーナーで同級生3人がコメントしていた。みんな将来のキャリアがはっきりしていて、生き生きしてる。俺は好きなことをするといって堕落する一方で、彼女は福祉の勉強をしてる。なんともいえない虚無感。そんな気持ちの中で成人式に参加するわけです。行きたくない・・・。そもそも実家といっても中学生のときに引越してきたわけで、そんなに仲が良い人がいるわけでもない。むしろ過去と決別するために参加するんだろ。そういうことにしておこう。


 また今日(昨日)は両親と食事に行ってきたんだけど、食事中母が席を外れたときに、父から思いもよらない話を聞いた。今まで俺は長男だから次男よりも厳しくしつけられてきたと思っていたし、他者の目から判断してもそうだったんだろうけど、実はそれは違っていたという。長男だから厳しい、次男だから優しいのではなくて、父親から俺たち兄弟の性格を考えて、今までそのように接してきたとのことでした。俺は面倒くさがりだし、自分にとても甘い。だから厳しく接していたと。その結果、俺は希望の大学に合格することは出来たし、今のところ満足した生活を送っていると思う。今まで口うるさい父親を嫌がっていたし、父親から離れたいという思いも、県外の大学を受験した一因であった。そんなことが一瞬で消えたときだった。


 

(01:00)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔