AV批評どっとこむ

エロへの飽くなき探究心を持つ紳士へ送る、AV批評のブログ

タグ:ごっくん

1star00537pl
1star00537-71star00537-111star00537-51star00537-20


紗倉まな初のオールごっくん作品。
パケ写からして求心力マックスの今作ですが、実際に中身もこのルックスレベルの可愛さだから困る。

作品の最初にまずは練習ということで近くにいた現場スタッフの男根を即抜き、ごっくんしてみることに。ここでの私服っぽいメガネ姿のまなちゃんも超キャワイイんですが、そんなまなちゃんの即興エロプレイに男優でもない現場スタッフは即発射。でその射精っぷりがノドチンコ直撃かってくらいの勢いと量で普通に口内射精シーンとして超エロかった。あまりの口内射精の勢いにまなちゃんもちょっとえずいちゃうほどっていう、最初にこんなイキのいいシーンを見せられるとちょっと観てる側としても腕まくりせずにはいられません

で今作のナニが良かったってそれはごっくんの質。相手が射精する前はしっかり舌を出して口内射精を受ける準備をし、射精の瞬間はもちろん舌に乗った精子、口の中に溜まった精子をこれでもかとじっくり見せ、ごっくん。ごっくんした後もまた舌を出してごっくんしたことをアピールし、最後のお掃除フェラまで。

今作は連続SEXからのごっくん、主観ごっくん、素人宅にお邪魔してごっくん、M男相手に淫語責めごっくんと、コーナーごとに趣向が凝らされていて、どのシーンも見ごたえ抜群なところも魅力なのですが、上記の一連のごっくんシーンはほんとに手を抜かずにしっかり押さえられていて、何よりそのときの紗倉まなちゃんの顔ですね。舌を出して射精を待つ顔、口に溜まった精子を見せる顔、ごっくんするときの顔、ごっくんした後の顔、そのどれもが抜群にエロい!

ただでさえアップに耐えうる可愛すぎる顔が、ヤラしい濃厚ザーメンを抜群のエロい表情で受け止めてくれる。でその画をこれでもかって長い尺で楽しめる。
本当に質の高いごっくんとはこのことだと見せ付けてくれた良作でした。オススメ!


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

49nitr00073pl
49nitr00073-449nitr00073-549nitr00073-849nitr00073-20


ド田舎のビッチ
って感じのルックスとモサムチボディがエロい野宮さとみ。
地味で特別美人でも可愛くもないルックスなのに無償にエロく見えるという顔の塩梅は原千草と同じ系譜ですね。美人よりもちょいブサの方が抜けるっていう通好みの女優さんです。

で今作はそんな彼女のド田舎ビッチ要素を最大限まで濃くして下品にしたような作品です
下品な家庭教師、下品なギャル、下品な露出狂に扮した野宮さとみがところかまわずお口を使って男のナニを抜きまくるというごっくんモノで、まあ、言っちゃえばあからさまにやっすい格好したやっすい淫乱オンナのやっすい画を収めたやっすい作品なんですよ

出てくる男優も洩れなく毛深いデブオヤジばっかりでAV男優の中でも底辺のAV男優っていう。。
でそんな底辺男優のちんぽを見境なくしゃぶって見境なくごっくんする野宮さとみの安くて下品な画。

そんな画がハマっちゃう野宮さとみの顔面力!
・・・ってことですよね、今作に関しては。こういうプレイがハマって見える顔とカラダなんですよ。デビュー作では清楚巨乳系だったのにね。。

そういう意味で女優のルックスと作品内容の親和性はすごい高い作品でした。
ただ、女の子のプレイ的な振り切れ感はイマイチだったのは残念。まあこれだけの底辺男優たち相手だと流石にねぇ。。


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

2dfe00019pl
2dfe00019-122dfe00019-42dfe00019-132dfe00019-18


これまでワープエンターテイメントの現役保母さんシリーズでぶっかけごっくんイラマチオアナルとそれぞれに特化した4作品を発表してきた星川麻紀さん。しかもそのすべてがハイクオリティというのがまたすごく、現役保母さんという包容力がありながら抜群に高いAVプレイ適応能力、というかスケベ耐性?があるのが何よりの魅力。
まさに星川麻紀さんは清楚系なのに“濃い”のがイケる、“濃い”のがハマるという今のAV界でも希少な存在なのです。もうそれだけでね、抜けるオンナなのは間違いないわけですよ。星川麻紀、オススメです!

でそんな彼女の新作はワープ現役保母さんシリーズのファイナル。今作を最後に保母さんという職を退職してしまうという彼女がこれまでの現役保母さんシリーズの総決算となる、最高にヤラしい姿を見せてくれます。

作品内容は大きく分けて三部構成で、初中出しSEX、大人の園児ことファン男性たちへの連続ごっくんプレイ、マ○コ・アナル・お口同時中出しの大乱交となっており、なによりどのシーンもね、ホントにイイんです!

これまでの現役保母さんシリーズで培った星川麻紀の一番エロい撮り方をしっかり心得たカメラワークに、シリーズ最終章だからこそ良いモノを作りたいという監督、男優、星川麻紀さんの思いがしっかり映像のエロさにも投影されていて、プレイ自体はこれまでのシリーズでやったような内容でも、これまでの作品以上に単純に画として熱がある、艶がある、つまり超エロい!

その中でも今作で個人的にすごく良かったのがごっくんシーン。ごっくんメインの作品といえば以前に出たゴックン秘密基地 星川麻紀がありますが、この作品、というか彼女のこれまでの作品にもちょいちょいあったんですが、相手の男優やカメラを見つめるときに無意識に目を見開く彼女の癖?のようなものがたびたびあったんですよね。でこの目の見開きが結構エロさ的にはマイナスで、この一点だけでゴックン秘密基地 星川麻紀は個人的にはどうしても100点とは言いがたい作品でした。

な・ん・だ・け・ど、今作ではその癖が直ってる!
その結果どうなったか、全編に渡ってナチュラルな彼女のドスケベごっくん顔を堪能できる!
で今作の監督もわかってらっしゃるから口内射精されるたびに顔のアップで口に溜まった精液をごっくんするまでの麻紀さんの表情を何度も何度もフェティッシュに映像に収めてくれている。

今作を観て星川麻紀は最高のごっくん女優になったと確信できたし、これまでの彼女の作品の中でも今作が最高のごっくん作品でもあると断言できます。しかもごっくんだけじゃなくてマ○コからもアナルからも男根をすっぽり吸い取って合計三穴から精液を“ごっくん”するというザーメン女優っぷり。

そんなハードなザーメン吸引女優でありながら、どこか品のある優しさと包容力を兼ね備えているのも彼女の魅力。上品であり下品、汚しても汚しても汚したりない、そんな言葉がぴったりだったし、そんな彼女のエロさを最大限に引き出せていた作品でもありました。

何点か?って聞かれたら間違いなく5億点ですよ!傑作でした。


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

↑このページのトップヘ