AV批評どっとこむ

エロへの飽くなき探究心を持つ紳士へ送る、AV批評のブログ

タグ:原千草

pppd00300pl
pppd00300-9pppd00300-2pppd00300-6pppd00300-10


今作は作品内容だけ観るとタイトルならではのシチューエーションを活かしたプレイはほとんどありません。強いて言うなら最初の寮の廊下で他の寮生にばれないようにHするシーンくらいで、しかもこれも廊下で全裸になってSEXしてたらさすがにバレるでしょっていうとにかく作品としてはシチュエーションってよりはひたすら絡み重視の内容です。

じゃあ今作のナニがイイかというとそれは主演の原千草の実在感。
女子寮という男子禁制の場所でもお構いなく男を連れ込んでヤリまくりたがる女子大生といしての実在感っていうんですかね。原千草ちゃんって顔は地味で大して可愛くもないけど中身はかなりのスケベでカラダは上物ってバランスで実はスケベな地味ヤリマンっていう役が異常にハマるんですよね。地味なくせに性的なことだけは節操のまったくないビッチ役をやらせればピカイチっていうね

だから今作の役もしっかりハマっていて、で彼女はルックスは地味で美人でもないから女子的なヒエラルキーは低そうというか、ブランドモノのバッグを持ってananとかの女子力特集とかを読んでるような同姓の同級生たちからはたぶん舐められてるんですよ。「千草ちゃんってぇ~、あんまり男っ気ないよねぇ~。もっともオシャレとかしなよぉ~」とか言われてね。「寮とかじゃなくて一人暮らしのほうが遊べるし絶対いいよぉ~」とかね。

でそんな同姓から舐められてそうな女子大生が実は一番・・・っていうエロスですよ!

あ、ちなみに上記のような会話シーンは今作には一切ありません。ただそのような光景、背景をこちらの頭の中で勝手に補完できるほど、今作での彼女の地味隠れビッチ女子大生としての実在感が高いってことです。
でそういう視点で観ると他の寮生にバレないように女子寮に男をつれこんでSEXしまくる千草ちゃんの姿がより背徳的に見えたりもします。

まあそこまで変態的な妄想を働かせて観ないでも、普通に原千草はエロいし、OPPAIっていうメーカーだけあっておっぱい重視の映像で彼女の美巨乳も楽しめるしで、普通に満足度の高い良作です。オススメ!


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

2dje00044pl
2dje00044-42dje00044-132dje00044-102dje00044-20


原千草という女優は今のAV界でも間違いなく“ガチでエロいオンナ”の一人で、春原未来本田莉子と並んで濃ゆいドMエロ顔三銃士と個人的には呼ばせてもらっているほどの逸材なのですが、今作はそんな彼女の初ぶっかけ作品。

で今作を観てある一つの仮説が立証されたんですが、それは元の顔がエロすぎるオンナとぶっかけの相性がよくないということ。
例えば今作に出演してる原千草なんかは普通にしゃべってるだけでもう“エロい”んですよ。男の下腹部を直に刺激するようなMッ気のある佇まいというか。でSEXになればそのエロさはさらに濃ゆいモノになる。でそんなすでに120%のエロ顔にさらにザーメンをぶっかけるのはエロさの過剰摂取というか、お好み焼きと焼きそばパンとドリアを同時に食ってるような炭水化物ON炭水化物感?があるんですよね

もっとわかりやすくいうと、エロのふり幅がない。例えば無垢で幼い女の子のぶっかけなら、そこで汚れていく“ふり幅”があるじゃないですか。でそれこそが“エロい”だったりするわけですが、今作の千草ちゃんのぶっかけはずっと味が濃いんですよ。彼女自体が元々“濃い”ため、それにいくらザーメンソースをかけたところでイイ意味での「味の化学反応やぁ~」がない。ただ濃くなっていくばかりでたしかにうまい(エロい)けど胃がもたれちゃうよ~っていうね。

そういう意味で今作はぶっかけならではのエロさが個人的にはあまり味わえない作品でした。ただ、「味は濃ければ濃いほうがイイ!」、「胃はもたれてなんぼ、下痢してなんぼ」、「ラーメン二郎とかサイコー!」という硬派な男メシ男児も世の中には存在するので、そういう方々には今作のようなAVの需要もあるのかもしれません。


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

h_102sbnr00361pl
h_102sbnr00361-2h_102sbnr00361-9h_102sbnr00361-7h_102sbnr00361-11


今作はまず主演のエロじじいと淫乱JKの原千草のハマりっぷりがもう完璧。それだけでこの手の作品に必要なハードルはすべてクリアしてたりします

っていうか原千草がイイのは当たり前なんですよ。なぜなら原千草だから。普通にしてるだけで誘ってるようにしか見えない地味だけど淫乱な雌々しい娘なんてもはや素の彼女のままと言ってもいいくらいですからね。

今作の白眉はやっぱりジジイ。いや~、このジジイがね、ホント最高のエロじじいなんですよ!
千草ちゃんとの普通の会話シーンだけでも顔のスケベさが全開になっちゃってるとことか、一緒に住んでるババアが会話に加わってきたときのジジイのマジで邪魔そうな顔とかホント最高!

そんなエロ120%のジジイにも“おこずかい”をくれるからとこれまた淫乱に誘惑しまくる千草ちゃん。この二人の空気感がホントに良くて日常シーンだけでもずっと観てられんだけど、当然ね、Hシーンになればこのジジイはもっとがっつきます。

お前は男子中学生か!?ってくらいの勢いで若いオナゴのカラダをベロベロ舐りまわしてがっつくジジイ。もうカラダの隅々まで舐める舐めるで止まんねぇーなこのジジイ!
コタツにあったみかんの実をオナゴのカラダに擦り付けて果汁と共にお肌をベロベロとかみかんの実を口に含んでのベロキスでお互いの口の中で一つのみかんをもぐもぐとか、挿入後も老化で関節が固まって可動域が狭くなった分やけに細かく早いカクカクピストンとか、これただの尿漏れだろみたいな勢いなさすぎの残念射精とか、イッた後もしつこくオナゴのカラダをベロベロさわさわしてるとことか、ホントこのジジイはどうしよーもねえな!でもそこがサイコー!

抜ける抜けないは別にしてもイイAV観たわーって思えた作品でした。このジジイと千草ちゃんのHな日常をずっと観ていたいと思いましたもん。半分以上はこのエロじじいを観て楽しむAVだときちんと理解していれば、間違いなくオススメです!


この作品のサンプル画像、動画購入はこちら

↑このページのトップヘ