AV批評どっとこむ

エロへの飽くなき探究心を持つ紳士へ送る、AV批評のブログ

タグ:奥田咲

snis00197pl
snis00197-1snis00197-9snis00197-6snis00197-4


奥田咲の新作はひたすらおっぱい揉みっぱなしの揉み乳フェチ作品。

作品内容はタイトル通り愛撫中はもちろん、フェラ中や挿入中も常におっぱいは揉まれっぱなしでマジで揉まれてないときはありません。基本は揉まれ続けながらの絡みがメインでしっかりと奥田咲ちゃんの美巨乳を強調しながらの揉み方、映像の構図がすばらしい。

ほんと彼女のおっぱいは見ていて飽きないくらい美巨乳で揉まれ映えするんですよね。小柄でスレンダーな体型におっぱいだけはしっかりボリュームのある巨乳だから余計におっぱいが強調されて目立つ。華奢な肩、細い二の腕、くびれたウエスト、その間にデカイおっぱいドーン!ってなってますからね、見栄えが違います

それに加えて肌も色白ですごいキレイ。だから乳首もピンク色で、まあとにかく美巨乳。そんなおっぱいが揉まれ続けると乳房がほのかなピンク色に高揚していって、そこがまたいとおかしなんですよね。
でしかも彼女のおっぱいは縦にも横にもボリュームがあって弾力もあるからどんな揉まれ方をしても、というか揉まれれば揉まれるほどおっぱいのお肉が反発して主張してくる感じ?もぎたてフルーツの生絞りみたいな、揉みに負けないおっぱい感がほんとエロかったっす。

そんな常に揉まれっぱなしの美巨乳をおっぱいだけの無駄なドアップにするのではなく、奥田咲ちゃんの顔やカラダのスレンダーな部分とセットに映しているところも好評価で、彼女のスレンダーな四肢と合わせて観ることでよりおっぱいのボリューム感が活きるし、何より、さっきから散々おっぱいおっぱいだけ言ってきましたけど、彼女、顔だけとっても普通にイイオンナです

だからただの巨乳だけが売りのオンナとは違って、奥田咲は顔、スレンダーな四肢、そしておっぱい!が合わさって初めて一つの芸術に・・ということなんですよね。で今作はあくまで揉まれてるいおっぱいを強調しながらもしっかりとこの三位一体の撮り方をしているところもほんと観ていて親指立ちポイントでしたね

あと今作は普通にパケ写もいいしね。パケ写がイイAVはほぼ中身もイイの法則に見事に当てはまった良作でした。間違いなくオススメです!


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

snis00036pl
snis00036-8snis00036-1snis00036-2snis00036-3

ちっちゃい女の子と~、でっかい男が絡むのって~~、何か興奮するー!あると思います
というわけで今作、まさにそんな性癖の紳士たち歓喜の作品です。
両親を事故で無くしてしまったどちらも身長150cm未満の小さな女子校生姉妹、あいかと咲。そんな彼女らが引き取られた遠い親戚の家は、全員が身長180cmはゆうに超える長身男一家だった。そんな進撃の巨人たちにちっちゃな姉妹が性的に駆逐されちゃう(またこのネタかい)といった内容。

まず良かったのが主演の夢乃あいかと奥田咲。どちらも身長が低いというのはもちろんですが、それでいて二人とも痩せ型で顔も小さめ、しかも巨乳とスタイルがよくすべてが均等に小さい(おっぱい以外)な低身長なため、より彼女たちの小人感、男たちの巨人感が際立っていてイイ。犯されるまでの始めのストーリー展開も、小人な彼女たちと同じ低い視点やジャイアントな男たちに合わせた高い視点を切り替えながら観せていく映像の切り取り方、身長差表現も見事。これから彼女たちがこの巨人たちになにをされてしまうのかといういいワクワク感を持続させてくれます。

さて、肝心の小人とジャイアントの絡みのシーンなんですが、良いシーンと微妙なシーンがそれぞれあって非常に惜しかったという印象でした。ここでいう良い、微妙の基準は映像としての身長差表現のこと。いやいやちっちゃい女の子とデッカイ男がそこにいればそれで十分じゃんと思いきや、そうもいかないのが映像作品の難しいところで、特に女の子のカラダがアップになればなるほど、それと反比例して男のカラダは画面に映らなくなるので、女の子のちっちゃさや男のデカさが全然伝わってこなくなっちゃうんですよね。そうはならないようにするにはお互いのカラダが全部画面に収まるような引きの画にするのが一番効果的で、実際そういうシーン、大男二人が立ったままちっちゃな姉妹をひざまずかせてフェラさせるシーンとか、はまさに巨人が小人を犯している見事な画になっていたりしたんですが、、ただね、じゃあ全部そういう引きの画にすればいいかっていうとね、人間は欲張りなもので、だってあいかちゃんや咲ちゃんのカラダや表情もアップで観たいじゃないですか。実際今作はそういうアップなシーンもいっぱいあったんですが、ただそうするとやっぱり身長差は表現できなくて。。

ここら辺の塩梅はかなり難しいところだと思うんですが、個人的にはもう少し身長差が際立つ引きの画が多くてもよかったかなとは思いますね。ただ、作品のコンセプト自体は非常におもしろく、是非今後シリーズ化して欲しい作品です。


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

↑このページのトップヘ