AV批評どっとこむ

エロへの飽くなき探究心を持つ紳士へ送る、AV批評のブログ

タグ:女子大生

pppd00300pl
pppd00300-9pppd00300-2pppd00300-6pppd00300-10


今作は作品内容だけ観るとタイトルならではのシチューエーションを活かしたプレイはほとんどありません。強いて言うなら最初の寮の廊下で他の寮生にばれないようにHするシーンくらいで、しかもこれも廊下で全裸になってSEXしてたらさすがにバレるでしょっていうとにかく作品としてはシチュエーションってよりはひたすら絡み重視の内容です。

じゃあ今作のナニがイイかというとそれは主演の原千草の実在感。
女子寮という男子禁制の場所でもお構いなく男を連れ込んでヤリまくりたがる女子大生といしての実在感っていうんですかね。原千草ちゃんって顔は地味で大して可愛くもないけど中身はかなりのスケベでカラダは上物ってバランスで実はスケベな地味ヤリマンっていう役が異常にハマるんですよね。地味なくせに性的なことだけは節操のまったくないビッチ役をやらせればピカイチっていうね

だから今作の役もしっかりハマっていて、で彼女はルックスは地味で美人でもないから女子的なヒエラルキーは低そうというか、ブランドモノのバッグを持ってananとかの女子力特集とかを読んでるような同姓の同級生たちからはたぶん舐められてるんですよ。「千草ちゃんってぇ~、あんまり男っ気ないよねぇ~。もっともオシャレとかしなよぉ~」とか言われてね。「寮とかじゃなくて一人暮らしのほうが遊べるし絶対いいよぉ~」とかね。

でそんな同姓から舐められてそうな女子大生が実は一番・・・っていうエロスですよ!

あ、ちなみに上記のような会話シーンは今作には一切ありません。ただそのような光景、背景をこちらの頭の中で勝手に補完できるほど、今作での彼女の地味隠れビッチ女子大生としての実在感が高いってことです。
でそういう視点で観ると他の寮生にバレないように女子寮に男をつれこんでSEXしまくる千草ちゃんの姿がより背徳的に見えたりもします。

まあそこまで変態的な妄想を働かせて観ないでも、普通に原千草はエロいし、OPPAIっていうメーカーだけあっておっぱい重視の映像で彼女の美巨乳も楽しめるしで、普通に満足度の高い良作です。オススメ!


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

h_794oneg00019pl
h_794oneg00019-2h_794oneg00019-7h_794oneg00019-5h_794oneg00019-11


一応言っておくと今作は“素人騙し撮り”っていう設定のAVであって素人の女の子の出てるAVではありません。もちろんそうだと分かった上で騙されるのが紳士というもの。さあ、今回の素人ちゃんはどんな騙し撮りをされちゃうのかなあ~?

高収入のアルバイトの面接に来たお嬢様系素人ゆいちゃんを脱がし屋が言葉巧みに騙して一気にハメ撮りへ、といった内容なんだけど、まあタイトルにも脱がし屋ってあるくらいだから相当な話術でリアルに女の子を騙していく過程を味あわせてくれる作品なのかなと期待していたわけです。なんてたってただの面接シーンだけで25分近くもあるんだし。

で実際に観てみると、どこら辺が脱がし屋なのか。。これだったら素人の女の子も騙されちゃうなあっていう説得力がまるでない。むしろ話し下手だろこのオッサン。でそんな自称脱がし屋オッサンの話術(ただのセクハラ)に対して今作のまいちゃんは基本ぽけーとうなずいているだけ。いきなりローターでアソコを責められるという暴挙にも、ほとんど拒絶せずにすぐに感じちゃう。ってこの子は催眠術にでもかけられてるの?

みたいな感じで肝心の素人を騙して脱がせるくだりは今作はまったく見応えがありません。主演の藤嶋唯ちゃん自体はすごくエロく、後半のハメ撮りシーンだけ観れば普通に“抜ける”作品ではあると思うんですが、他にも単体作品に多数出演してる女優さんなのであえて今作を観る意義はないんじゃないでしょうか。Hシーンだけにしても最初の無駄な面接シーンのせいでボリュームが少ないし。

彼女目当てなら制服美少女と性交 藤嶋唯がオススメです。


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

shkd00542pl
shkd00542-1shkd00542-3shkd00542-8shkd00542-6


通学途中の電車で初めて痴漢してきた男は…私のお父さんだった! 鶴田かな
が名作だったこともあって、同じ主演が鶴田かなの今作を視聴。
ちょっと久しぶりに彼女の作品を観てみたら、そういえば鶴田かなって元テラスハウスメンバーでグライビアアイドルの筧美和子に似てるなぁと思ったり。巨乳っぷりとかも同じですしね。

作品名を見てわかる通り、今作はレイプモノ。序盤にストーリー的なものはあるけど、はっきり言ってそこは飛ばしてもいいです。あと男優の演技が下手。「これからお前を犯す(棒)」ってどうなのよ。。

で肝心のレイプシーンも、今作はただ雑なだけって印象。雑なんだけど淡々としちゃってるっていうか、一昔前の無修正モノみたいな絵図らなんですよね、終始。これといって感情移入させたり、背徳感を感じさせるようなストーリーや演出もないから、今作はレイプシーンだけでどうエロさを表現するかがミソだと思うんだけど、その場合は基本的に二択しかないと思うんですよ。一つはレイプされる側が泣き叫びながら嫌がって、する側は動物のように激しく犯す展開。もう一つはレイプされてるうちに快楽に目覚めて終盤はオンナのほうから求めだす展開。

で今作はそのどっちでもない中途半端なつくりっていう。鶴田かなは終始嫌がり方も感じ方も中途半端だし、犯す側も上記の通り雑なんだけど淡々としててあまり熱が感じられない。ホント、ただレイププレイをしてるだけって感じなんですよね。それ以上でも以下でもない。

といわけで今作でわかったことは「鶴田かなは筧美和子に似てるなぁ」だけでした。内容に関しては観てるこっちがレイプ目だよってね、うまいこと言った!


この作品のサンプル動画、動画購入はこちら

↑このページのトップヘ